BLOG一覧

「今回も楽しいセッションでした!」

09.NDのオーナーさん20.『ロフトスタイルの家・2019』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

ネイチャーデコール新作事例WORKSのアップとあわせて、

オーナーズボイスをいただきました。

同じようなものが二つとないネイチャーデコールの家、

それはそこに住まうオーナーさんご家族の個性と同じで、

実に個性の強いNDオーナーさんの集まりが 結果、家の顔を形作っています。

そういう意味では、今回もまた超個性派オーナーさんとのセッションでした。

でも、なんか楽しかったな〜!

 

いつもの通り、初回プレゼンで全体構想と共に予算書を提示したものの、

オーナーOさんの希望を具現化するために積み上げていったデザインも

Oさんの予算と大きくかけ離れてしまった提案となり、

それが、Oさんを悩ませる事となってしまう。

なにをどう削減していけば、よりそのイメージに近い家に着地出来るか、、

そんな感じに、設計段階では毎回毎回予算の話しが中心となる。

本来であれば初回提案の構想をより詳細に詰めて、肉付けし

確認しあっていくのが設計期間であるが、はじめに提出したスケッチから

なかなか先に進んで行かない。

結果的には、初回提案のスケッチが、空間も素材もパーツも

全てそのままのかたちで具現化されることとなった。

オーナーのOさんも、最終的には覚悟を決めて自分の人生を通しての

プライオリティを整理した結果、僕を信じてくれて飛び込んできてくれた。

 

毎度のことですが、このコストプラニングって本当にむずかしい。

家創りを何軒経験してもここはむずかしい。

自分のクリエイティブを満足させるだけものであれば、それは整理しやすいが

個人住宅はオーナーさんの要望を聞けば聞くほど、また関係が深まれば深まるほど

もっと良くしてあげたい、こんな事を提案したらこの人は絶対喜ぶだろうな〜

そんな風にず〜と、オーナーさん家族をイメージしながら自分の中で

生活シーンのストーリーを組み立て、妄想の世界を楽しむ。

しかし実際は、そこに予算を重ねながら、本当はこれが好きなんだろうけど、

予算オーバーになるから提案を控えよう、

など引き算の提案とどこで折り合いをつけていくか、、

だから、自分の事のようには簡単には整理出来ないもの。

経験を積んで、色んなものを見れば見るほど引出しも増えてくるが、

それとは反比例に、多くの選択肢の中から精査していくことって

本当にむずかしいことなんです。

 

そういったプロセスの中、今回の様な最終判断をしていただいたオーナーの

Oさんは、表層の部分ではない本質的なところをご理解いただき、

家創りの提案とは何たるかを、受け止めていただけたんだと思いました。

 

 

 

 

 

 

色々と、悩ませてはしまいましたが、長い人生を通して最善のご判断であり、

そういう価値が、「家」にはあると僕は信じています。

この家は、Oさんファミリーの為だけに仕立て上げた、

世界にひとつだけの家だから。

 

家は人生のステージ

ふたりのかわいいお嬢さんと、ご夫婦の素敵な人生を刻んでいってください。

 

家創りの経緯を振り返り、少し熱くなってしまいましたが、(笑)

今回のオーナーさんご家族との出会いに感謝し、この「オーナーズボイス」

ありがたくいただきます。

 

○ オーナーズボイスはこちらから →

https://www.nature-decor.com/works/works124/

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

「熱量で動かされる」

09.NDのオーナーさん09.想うこと11.ネイチャーデコール20.『MAISONS en French・物語を感じる住まい』20.『プリンスが出てきそうな家!』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

いま ちょうど来月の二軒のプレゼンに向けて奮闘準備中です。

この対照的なリクエストの二軒。

ひとつはあえてテーマを決めるなら「クラシカルモダン」?

もうひとつは「スタイリッシュな南仏オーベルジュ」

まったくもって、近しい要素が無い二軒の家ではありますが、

どちらもとても楽しくのめり込んでいます。

 

自分の性格的に好きでもないものをお世辞で良いですね〜とか言えない性分なので、

好きなものは好きだし、苦手なものは仕事であれ好きです!とは言えない、

そんな自分は簡単には変えられないものです。

だから器用に何でも出来るタイプとは決して言えないのですが、

リクエストの内容の先にあるオーナーの強いこだわりだったり、

こうしたい!という絶対的な熱い熱量に興味が沸き、動かされていくようにも感じます。

 

一軒目の「クラシカルモダン」がリクエストの家。

膨大な画像と、書き殴りの手書きの、これまた膨大なスケッチ。

スケッチというのは、本来絵がうまい下手というより、

自分はこうしたいんだ!という想いが

強ければ強いほど相手に共感を与える、

書き慣れない絵でも一生懸命相手に伝えようとする熱量、これには迫力すら感じます。

線の強弱や、デフォルメされたバランスから、話しを聞く以上に、

このオーナーの実現したい世界観がそのスケッチを通して見えてきます。

 

 

 

 

そして二軒目の「スタイリッシュな南仏オーベルジュ」。

一般的には南仏の田舎の家にパリっぽいエッジの効いたスタイリッシュな要素を融合させて、、

なんてリクエストを他社でしたら、多分ちんぷんかんぷんでまとめようもないのでしょうが、

ここは自分の得意ジャンルの、融合スタイル、

オーナーのこうしたい!が、手に取るように理解出来ます。

そして嬉しい事に、僕の20年以上も前の作品をスクラップしてくれていて、

この感じが今でも好き!

といって分厚い丁寧なスクラップブックを見せられると、もう自分以外にだれが出来るんだ、

そんな使命感のような気持ちが動きます。

 

 

予算は無いより有った方が色々な面白いことが実現出来る。

ロケーションも住宅地の狭小地より、海の見えるひらけた土地の方が気持ちは盛り上がる。

それは設計者として正直な話しです。

でも、それ以上になんとかこれを実現したいんですよ!とか

これはあなたにしか出来ないですよね、とか

一緒にワクワクした家創りをしたい! なんて言葉をいただけると、

諸条件よりなにより、自分の気持ちが嘘をつかないんだな〜と。

 

やはり、最終的にはお客さんの熱量と自分を信頼してくれる気持ちが、

すべてを動かすんですね。

 

そんなわけで、最近なにかとバタバタでブログからも離れてしまっておりましたが、

また進捗をお知らせしますね〜

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

「心地よい家創りのために」

00.現場02.古材06.断熱20.『ネイチャーデコールで建てる二度目の家』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

いま、代々木上原で進行している「ネイチャーデコールで建てる二度目の家」

 

現場の途中経過ですが、徐々に特徴的な要素が見えてきています。

このお宅、全体的には昔ながらのネイチャーデコールの王道スタイルで、

自然素材と古材を多用したコージーでナチュラルなデザインテイストな家ですが、

気密・断熱などの住宅性能にもこだわった住宅でもあります。

今回はそんな点も紹介させていただきます。

 

 

○古材を多用したインテリア




壁面や床材に古材を使う事は多いのですが、ここでは天井面にボリュームのある

古材を使ってみました。普段はどちらかというと天井はあまり意匠を強く

もってこないで、左官などでシンプルに仕上げる事が多いのですが、

床や壁で出てくるくらいの圧倒的な古材の存在感を天井に表しています。

一方、床はモールテックスでシンプル&モダンにスッキリと仕上げていく予定です。

主となる大きな古材の梁に対し、小梁も60㎝ピッチでかなり細かく入れてます。

またベースとなる天井面にも、幅の広い味わいのある古材板を使い、

全体的に質感のある重厚な天井に仕上がりました。

 

 

 

○大開口木製窓・ヘーベシーベ




南に面した窓は、大開口木製窓のヘーベシーベを採用

三枚の窓は引き込みになっていて、開ききると約4600㎜の

大開口となります。開口はそのまま奥行き2700の外のテラスと繋がり、

中と外に一体感が生まれます。

ガラスは、Low-Eの遮熱ガラスを使い、真南の強い日射しに対応しています。

 

 

 

○発泡断熱材・アイシネン




壁・天井には発泡断熱材のアイシネンを使用しています。

壁には105㎜、天井には200㎜の厚さで吹き込んでいますが、このアイシネンの

特徴としては、躯体に隙間無くしっかり吹き込めることです。

上の画像の通り、壁面にもパンパンに吹き込まれているのが分かると思います。

これにより、高気密高断熱を可能にします。

また、部屋の中の温度差を大幅に縮小し、ヒートショックの無い環境になります。

エアコンなどの電気代を削減できるのも大きなメリットですね。

 

 

デザイン面・性能面・経済面を兼ね備え、感覚的にも物理的にも心地良い家、

そういった、生活の質を高める家がこれからは益々求められてきます。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

「ON THE HILL COFFEE この秋で4年目になります」

20.『ON THE HILL COFFEE』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

久しぶりに「ON THE HILL COFFEE」に行ってきました。

この秋で丁度4年目になるこのお店。

もともとは自宅の一角を改装して家みせとしてスタートしたのですが、

以前からこの緑の中に溶け込んで存在していたかのように、

落ち着きと安定感を感じました。

 


 


 


自分たちのペースでゆっくりとやっていきたい、というオーナーのお言葉通り

ご夫婦二人で目が行き届き、心が通う範囲で温かなサービスを提供しています。

 

お客様もリピーター率が高く、おいしいコーヒーを求めて、

植物やガーデン好き・インテリア好き・野鳥好きな人達が集まってきて

静かな時を過ごしていくようです。

 

 

 


 


ここには、この絵にあるような、野鳥たちが集まってきて、

川崎市とは思えない、緑に溢れた環境でちょっと避暑に来た感じで

気持ちも解放されるのでしょう。

ピクチャーウインドの外に広がる里山も、いつものネイチャーデコールチームの

ガーデナーさん、テラシエラの山本さんがまるで自分の庭を手入れしていくかの様に

定期的に来ては、丁寧に作り込んで行ってくれるようです。

 

 

 

 


外のテラス席は犬連れもOK!

 

これからの暑い時期も、こんな近場で緑に溢れた環境で避暑を感じながら

美味しいコーヒーを楽しんでみて下さい。

 

「ON THE HILL COFFEE」  川崎市麻生区黒川136

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

「都会に緑のオアシスを」

00.現場05.ガーデン&外構12.ガーデンデザイン20.『店舗併用二世帯住宅』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

南青山・店舗併用二世帯住宅の1階〜地階の階段ホールの壁面一体に

グリーンウォールを作っています。

ガーデンスペースも郊外の様に十分に確保出来ない都市部での

グリーン計画においては、とても有効的な演出です。

もともとは、自然光がなかなか地階まで届きにくい環境であることと、

1階と地階のテナントさんへの、豊かな空間を提供したい、という

オーナーさんの取り計らいで、計画に至りました。

 

 


 


間口は約3メートル、高さは6メートルの階段ホールの吹き抜け部分に

このグリーンウォールは作られています。

時間帯によっては光が届きにくい環境のため、紫外線投光器を設置。

見えない様にスプリンクラーも仕込んでおります。

階段脇など影になってしまう部分には、フェイクのグリーンも織りまぜつつ

全体の約1割くらいはフェイクグリーンを入れ、

グリーンウォールの面を繋げていくように工夫されています。

 

 

 


 


グリーンを乗せていくパネルでこの計画のためにオリジナルで考えられている

新しい試みとしては、通常は平に並べていくパネルに角度をもたせて、

グリーンが広がり、重なり合って見えていくような仕掛けをしている事です。

ウォールになってしまうと、実際は隠れてしまって見えない部分ですが、

角度をもたせることで、見えがかりはかなり変わってくるらしいです。

 

植栽自体は、山野草を中心に出来るだけ自然感を出すように構成され、

配置バランスをあらかじめ細かく計画しながら一鉢一鉢並べていきます。

 

ガーデナーさんの細かな気配りが、細部に渡り感じとれますね。

 

 

 

 


一通りの配置が終わると、たっぷりと水やりをして、

また、明日フィニッシュワークが行われます。

 

ホッと、都会に緑のオアシスが、そんなみずみずしいイメージが加わりました。

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)