BLOG一覧

「Surf Shacks 作りました!」

05.収納09.大浦比呂志 LIFE

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

自宅の一角に「Surf  Shacks」を作りました! Surf  Shacksとはサーフ小屋の意味です。

そう、以前からロングボードの収納に困っていて、それを上手に整理したい!というのが自分の中では結構

引っかかっておりました。

自宅を建てた時に一緒に計画するのが、導線的にもスペース的にも一番いいのですが、

50歳の手前ではじめたサーフィン。そんなわけで後付けでのこととなりました。

 

以前、カーポート用に作ったパーゴラを利用して、その下にサーフ小屋を作りました。

はじめから有ったように、結構建物に遜色なく一体化していませんか〜

外壁はおなじみの、レッドシダーのベベルサイディングです。

早く、日に焼けて色が褪せると、良い感じにSurf  Shacks化していくでしょう。

 

 

 

中もこんな感じに、ロングボードやウェットスーツなどがしっかり収納できます。

実は先日、ひっそりと、、還暦の真っ赤なボードを新調したばかりです、、^^;

 

 

 

50歳を迎える直前ではじめたロングボード。

我流でやっているので、10年経ってもまったくへタックソで上達しません。。

でも、今の自分のライフスタイルの中では欠かせない柱になっていることは確かです。

 

NO SURF NO LIFE

いくつまで続けていけるかな?

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com

 

 

「週末のアンティークギャラリー」

03.ギャラリーハウス(趣味の家)03.自宅サロンとお教室06.家創りのヒント09.NDオーナーのライフスタイル20.『中庭のあるアトリエ併設の家』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

お引き渡し後、しばらく経過した「中庭のあるアトリエ空間併設の家」に、メンテナンスでお伺いしてきました。

ちょうどその日は、ご自宅の一角にあるアトリエでアンティークギャラリーをオープンしていました。

 

アトリエの目的は、オーナーの趣味であるアンティークを展示販売したり、

レンタルギャラリーとして開放していくような、街に開いたオープンスペースにしていくことであった。

現在はコロナ禍の影響で、定期的にオープンすることは出来なくなっていましたが、そんな中

今回のアンティークギャラリーは約一年ぶりのオープンとのことでした。

 

 

 

 

ここでは、お住まいの玄関とは別に、来客者が自由に出入り出来るようアトリエ専用の入口を設けました。

ブルー・グレーのドアを開け、アプローチを歩きアトリエの入口へとアクセスします。

スチールの両開きドア、足元のモザイクタイルで「HELLO」と迎えてくれるのがアトリエです。

 

 

 

アトリエの広さは、約12帖。落ち着いた淡いグレーの壁面はクラシックなものと上手に調和します。

オーナー自身が、世界中から厳選して集められたアンティークが品良くディスプレイされていました。

今回は、同じ様なコレクションの友人との共同開催とのことでした。

 

 

 

 

 

ご自宅の玄関側のエントランスも開放されていて、こちらから直接中庭のゾーンにアクセスさせ、

中庭もガーデン関連やグリーンの展示の場として使われていました。

 

 

 

季節柄、緑も青々していてバラも壁面に上手に誘引していました。

これからのバラの時期が楽しみですね。

こちらのグリーン計画と定期管理は、ネイチャーデコールのパートナーである、テラシエラの山本さんに

お願いしました。この中庭、緑に包まれ静かな時間が流れ、快適でとても過ごしやすそうな空間です。

 

ネイチャーデコールのオーナーさんの、素敵なライフスタイルが覗えるお宅です。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今更ながら、インスタグラム・頑張ります!」

09.想うこと11.ネイチャーデコール

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

インスタグラムをはじめてしばらくたちますが、特に広告を打つわけでもなく、戦略を練るわけでもないので

なかなかフォロワー数も伸びていきません。。 正直これではダメですね。^^;

今までの投稿を振り返って、ここに投稿した画像を並べてみました。

 

自分で言うのも気恥かしいですが、それにしてもこのデザインの守備範囲の広さ!

これコラージュされたピンタレストではないですよ! 笑  すべてがネイチャーデコールの事例です。

スタイルに囚われず、オーナーさんの希望をひとつひとつ丁寧に具現化した結果がここにあります。

多分ここまでやれるところって絶対に無い!と自信を持って言えます!

もしあるのなら、並べてもらいたいくらいです。

インダストリアル・ロフト・ナチュラル・リゾート・モダン・南欧・ミッドセンチュリー・スパニッシュ・

サンタフェ・ミニマム・フレンチシック・パリ・シャビーシック・ZEN・サファリ・・・・ etc

無いですよね、ここまでの住宅デザインのバリエーションをもって発信しているところなんて!

 

良い家の定義なんてありません!

どうしたら、あなたたちにとっての気持ちの良い暮らしができるのか、

その理想を具現化するために、ネイチャーデコールの役割があると思います。

 

ただ、この画像を並べて気付いてしまいました。

これらはオーナーとともに創り上げた作品としての切り抜きであって、

そこにはネイチャーデコールが最も大切にしている、ライフスタイルが覗えない!

ここでオーナーさんがどんな暮らしをしているのか?

家は人、そのもの! デザインの数だけオーナーさんの顔があり、そこには様々なライフスタイルがあります。

これって最も大切なことです。

 

自分が自身の家創りに求めたものは至ってシンプル。

自然の素材に囲まれたコージーな暮らし、

暖炉があって、大きな犬が居て、BARがあって、小さな中庭とロングボードが立つほどの吹き抜け、

大勢の人が集まれるダイニングテーブル、、、

それらはすべて人生を楽しむためのツールであった。

そうして出来上がったのが、20年前に建てた自分の家であり、そのデザインがひとつの顔になっています。

 

なので、これから少しずつインスタグラムもリニューアルを図っていこうと考えています。

「犬との暮らし」や「おいしそうなお酒や食事」「ロングボード」「海」「仕事風景」「アロマライフ」、etc

そんな我が家の日常のささやかなことも織り交ぜつつ、

もっと生活が香るインスタグラムにしていきたいと思っています。

 

世の中、今の旬は間違いなくユーチューブの時代ではありますが、、^^;

みなさん、是非インスタグラムの方も楽しみにしてください。

そして、まだ登録をされていない方は是非、よろしくおねがいします。

インスタグラムはこちらから → nature_decor_japan

 

 

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「D E T A I L S」

02.その他の素材07.パーツその他09.想うこと11.ネイチャーデコール20.『プリンスが出てきそうな家!』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

空間の神はディテールに宿る

設計図面の中では、線や面でしか現れてこない部分にこそ、

製作者の意図や職人さんの思い、関わった皆の熱が宿っています。

素材やテクスチャ、色、納まり、光の当たり方でも表情を変えていきます。

 

「DETAILS」 今回は一軒の家のディティールに注目して紹介します。

延々ディティールの画像です。

空間の中のひとつのピース、ピース同士の掛け合い

そのマリアージュが空間に奥行きと深みを生み出していきます。

 

「仮称 プリンスが出て来そうな家」

どの画像を見ても、決定に至るまでの打合せの光景が今でもしっかり刻み込まれています ^^;

*素材名、そのコメントは控えます。

 

 

 

これからの時代、住宅性能の数値化も計測器で計る快適性も重要ですが、

人 本来の五感に訴える感覚

時代がどのように変わっても、その感覚だけは信じていたい

それがネイチャーデコール基準の心地良さとおもって、空間創り・場創りをしております。

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com

 

 

 

「独自の世界観でこだわりのインテリア」

08.アート&ディスプレイ08.インテリアコーディネート09.NDのオーナーさん20.『プリンスが出てきそうな家!』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

前回のブログでは、「仮称 プリンスが出て来そうな家」の外構〜ガーデン工事の様子を紹介させていただきましたが、

今回は昨年末から新しい生活がはじまり、とても素敵に暮らされているこだわりのインテリアをご紹介します。

 

インテリアのテーマとしては「クラシカルモダニズム」。

ただ、クラシカルモダニズムといいましても、あえてカテゴライズすれば、、ということで、

これは、一つの様式にはとらわれない、完全なるオーナー独自なスタイルとなりました。

 

そもそも家創りのはじまりは、インテリア好き、建築好き、デザイン好きのオーナーが、

いままで自宅マンションにコレクションしてきた家具や照明、ディスプレイを中心に

それらがバッチリと空間に納まるような家にして欲しい、というオーダーからスタートしました。

お持ちの家具も、自分でデザインして作ってもらったものや、アンティークなど、

とにかく濃厚でオリジナリティに溢れたものばかり。

 

住宅デザインが中心ではなく、オーナーのコレクションが一番いいかたちで溶け込むような家、

という点を第一に求められた家創りとなりました。

そのための、素材、色、照明計画、空間構成、そして新たに加えていく造作家具や照明をデザインしていきました。

 

そうして出来上がったのがこんな感じです。

 

 

◯リビングゾーン

 

 

 

◯ダイニングゾーン

 

 

 

 

 

◯サロン&ライブラリー

 

 

 

◯ギャラリーコリドー

 

 

 

 

 

 

◯ベッドルーム

 

 

 

なになに風の、、とはカテゴライズ出来ない独自なインテリアとなりました。

 

次回は、この空間を静かに引き立てた素材や色などのディティールに注目してご紹介して参ります。

 

 

自分の大好きなコレクションに合わせた家創り、ネイチャーデコールマジックで必ず具現化していきます!

他では話が伝わらない、どうも違和感を感じてしまう。。

そんな時は是非、ネイチャーデコールにお声掛けください!

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主催)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com