Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

BLOG一覧

  • 2018/05/04

    「アーティスティックな暮らしぶり」

    03.ウィークエンド・ハウス03.ギャラリーハウス(趣味の家)08.アート&ディスプレイ09.NDオーナーのライフスタイル09.大浦比呂志 LIFE12.別荘

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    完成して10年目を迎える伊豆高原のウィークエンドハウス

    毎年この時期になると、別荘(アトリエ)を開放してアートギャラリーへ、

    伊豆高原では5月1日〜20日ころまで、地域全体でアートフェスティバルが行われます。

     

    以前、このブログで紹介しましたが、

    毎年、高原の新緑の中このオーナーさんに会いに写真展に行く、

    というのが我が家の恒例行事にもなってます。

     

     

     

    伊豆.1

     

    今年から、「伊豆高原アートフェスティバル」というイベント名が、

    「伊豆高原 五月祭」という名前になったようです。

    緑溢れる、高原の中にしっとり佇む外観。

     

     

     

     

     

    伊豆.2

    今回のイベントは二人展で、モノクロ写真が作風のオーナーさんとは対極に

    色鮮やかな風景写真が作品の女性フォトグラファーとの展示。

    エントランスホールはそのコーナーとなって迎えてくれました。

     

     

     

     

    伊豆.3

     

    伊豆.4

     

    伊豆.5

     

    伊豆.6

     

    伊豆.7

     

    伊豆高原.2

     

     

    家全体がこのようにギャラリーとなるように当初から計画され、

    モノクロの写真が生きてくる、色使い・素材構成で考えてます。

     

    大作が納まるような大きな壁、

    白壁とは表情を変えて見せたい作品のために、

    アクセントとなる色を配した壁など、壁にも表情をもたせています。

     

    ギャラリーで見るような、作品にスポット照明を当てるようなことは極力避け、

    自然光で生の色を感じられるように、家全体が自然の光で溢れるようにしました。

     

     

    このアトリエが完成して10年経ちますが、

    作品の展示・発表の場としての「ギャラリー」、

    製作活動やワークショップの場としての「アトリエ」

    そして自然の中、精神の解放の場としての「別荘」として

    十分に生活を謳歌されていました。

     

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/04/28

    「住・職にわたってお手伝い」

    00.現場09.NDのオーナーさん20.『海外のドラマをヒントに』の家

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    以前、こちらのブログ → http://www.nature-decor.com/blog/「住職に渡ってお手伝い、、」/

     

    でもお話ししましたが、

    ご実家の医院を継ぐために実家に戻ることとなり、そのタイミングで親子四世代

    が住まう家として2016年2月に大型リノベーションをしたお宅が、

    今度は、その医院をリノベーションしたい、ということでまたまたお声かけいただき、

    現在その改装工事の真っ最中です。

     

    この地で代々営まれてきた医院も老朽化し、それを引き継ぐ事となった娘さんの代で

    イメージも新たに再出発。

    花と緑に包まれた、外に開いたカフェの様な医院を作りたい、

    そんな希望でデザイン計画はスタートしました。

     

     

     

    関.1

    今回は外にデッキスペースを設けたり、

    以前自宅のリノベーションの時はガーデン工事までは出来なかったので、

    初期段階からパートナーの軽井沢、ガーデンアンドファニチャーズ長谷川さんにも

    参画してもらい季節の花や、植栽も随所に提案してもらってます。

     

     

     

     

     

    しかし、長い工事の期間中医院の営業を休むわけにはいかないので、自宅の一角に

    仮診療所のスペースをつくり、通常通り診療は行っております。

    関.2

    裏口から入り、自宅の中庭を入口に。

    季節も良いし、なんかいつもと違ってイベント的です。

     

     

     

     

    関.3

    関.4

    リノベーションした自宅の一角も、こんな感じに診察室として

    使用されています。

    明るいサンルームのある診察室、なんていうのもなかなか良いものですね〜

     

     

     

     

     

    関.5

    そして、待合コーナーには次の医院のイメージスケッチが貼られていました。

     

    地域の人達も、新しくなる医院を楽しみにしているようです。

     

    いままで長い間使われてきたサインも、

    ロゴデザインから一新し内装も外装もトータルで新しく生まれ変わります。

     

    医院の完成は6月の予定で、現在着々と進行中です。

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/04/24

    「右に行ったり左に行ったり、、、」

    03.ペットと暮らす09.大浦比呂志 LIFE

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

     

    ちょうど、一年くらい前に我が家に向かえた「サンディ」も

    すっかりパートナーとして家族に仲間入り。

    もう何年もこの家に居るかのように堂々としていますが、

    三匹目になると育て方もかなりゆる〜くなってきてるのか、ワガママすぎです 汗、、

     

    そんなサンディも年の離れたニコル君が大好きで、

    いつもべったりくっついて過ごしてます。

    中庭の見えるリビングの日当たりの良い場所が、ニコル君とサンディの場所。

    そこで、昼も夜も一緒に右に行ったり左に行ったり、のびのびしています。

     

    流石にニコル君も少々うざったそうにしていますが、

    彼も同じように先代のビリーにはしつこくしてきた訳なので、

    これは順繰りで仕方のないことですね。

     

    そんな彼らの日常に一コマを、、

    またまた親ばかフォトですみません。。汗

     

     

     

    犬.1

    犬.2

    犬.3

    犬.4

    犬.5

    犬.6

    犬.7

    犬.8

    犬.9

    犬.10

     

    どうですか、サンディ かなりのびのびし過ぎてませんか? 笑

     

    こんなお馬鹿なわんこたちを毎日見てると、本当に癒されます。

     

    ニコル君は、この五月で13才になります。

    あんなにやんちゃ小僧だったニコル君ももうかなり年をとってきました。

     

    元気で長生きが一番!

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/04/20

    「イメージは、MAISONS en PROVENCE その.…

    00.現場04.フレンチスタイル08.インテリアコーディネート08.ソファ

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    横浜市都筑区の家にフランスのアンティーク窓が設置されました。

     

     

    下.1

    階段室の廊下の壁に採光と通風、そしてデザインとして、

    フランスでよく見る、縦に長い格子の窓を二連で並べて取り付け。

     

     

     

     

     

    下.2

     

    下.3

     

    しもしも

    インテリアがセットされ、良い雰囲気が出てきました。

    白い窓を開けると、パリの街並みが見えてきそう〜(笑)

    以前書いたブログ、「パリのアパルトマン体験」を思い出します。

    → http://www.nature-decor.com/blog/40918186-2/

     

    デイベッド型のソファも暖色寄りの濃いグレーをセレクトし、

    全体にシックなイメージでまとめています。

     

     

     

     

     

     

    下.4

    今回はグレーのソファに、アクセントとなるピンクと千鳥格子をスパイス。

    このクッションのセレクトもうまくマッチング出来ました。

     

     

     

     

     

    下.5

    玄関のドアのアイアンの装飾です。

    やはり、アンティークのものには重みがありますね。

     

    小ぶりな家ながら、イメージは「MAISONS en PROVENCE」

    これからエントランスの擬石作業に取りかかります。

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/04/14

    「雑誌掲載のお知らせ」

    11.メディア20.『ボタニカル・ライフ』

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    雑誌掲載のお知らせです。

    今回は光文社「VERY」のインテリア連載「日曜日の風景」のムック本です。

    その第二弾目。

    一号目は本当に人気が高く、

    その中に、ネイチャーデコールの家も4軒ほど紹介されていて、

    設計打合せで、こんな家が好き!なんていう場面でもちょくちょく持参される

    そんな実用性の大きなコミニュケーションツールでもありました。

     

    今回の二弾目の中には、横浜市の「ボタニカルライフの家」が掲載されています。

     

    子供を持つ30代〜40代がターゲットの女性誌らしい、

    いまの女性が好むテイストの住まいがギュ〜と集まっていますね。

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

    日曜日

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop