Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

BLOG一覧

  • 2017/07/15

    「プレゼンからちょうど一年、今日は引渡しの日」

    00.現場20.『海外生活経験をベースに』

     

    「初回のご提案(プレゼン)から一年間で、竣工になります、、」

    はじめて、家創りの相談に来られたお客さんにいつもお伝えしております。

     

    初回提案後に、約4ヶ月の設計期間、そして見積調整〜工事契約、

    工事期間が約5ヶ月、そんな流れでネイチャーデコールの家創りは進められます。

    そして、ちょうど一年前、あの日もかなり暑い日だったと記憶してますが、

    オーナーさんのお宅でプレゼンテーションが行われ、本日無事にお引渡しを迎える事が

    出来たのが、横浜市青葉区で進めてきた「海外生活経験をベースに」の家。

     

    いつもの通り、まだガーデン工事や外構工事といった、お楽しみもまだまだ残している

    状況ではありますが、明日の引っ越しに向けて、先行して建築側の引き渡しです。

     

    本当に、建築〜インテリア〜ガーデンとモノ作りやデザインが大好きなオーナーさんで、

    私も本日まで最高のモチベーションで、気持ちよく仕事をさせていただけました。

     

    そのように、オーナーさんと同じ波長で仕事が出来ると言うことはとても大切なことで、

    その波長が信頼感となり、そこに調和が生まれて良い仕事は出来ていくのだと思います。

    また、このようなモノ作りの機会を与えていただき、感謝に尽きます!

     

     

    まだガランとした空間ではありますが、このお宅のポイントを少しだけ覗いてみましょう。

     

     

    山中.1

    表情のある古レンガの貼られた玄関まわり。

    外構や植栽が7月末には整って参ります。

    ガーデンは建築プランと同時に、いつものガーデン&ファニチャーズ長谷川さんの方で

    計画をしてもらってます。

     

     

     

     

     

    山中.2

    エントランスホール・モダンな横格子のシューズボックスの扉、

    上下の間接照明で正面の中庭まで誘導してくれます。

    モールテックスのベンチはガラスを通して室内から中庭まで繋がっています。

    中庭には四季を感じるシンボルツリーが植えられます。

     

     

     

     

    山中.3

     

    山中.4

    エントランスホールから一枚の重厚なドアを開けて、リビングルームに。

    このドアは以前こちらのブログでも紹介しましたが、丁度この家を計画中の時に

    出逢うことが出来ました!

    19世紀、1850年頃のフランス・ブルゴーニュ地方で使われていたアンティークのドア。

    「ビンテージ」では無く「アンティーク」、このガツン!としたドアだけでも、

    この家のただ者ではない感が伝わってきますね〜

     

     

    山中.14

    そして裏側もこんなに素敵! やはりエージングではこの風格と時代感は出せません。

     

     

     

     

     

    山中.5

    山中.6

    リビングゾーン・造形の擬石WORKSとオリジナルデザインのアイアンシャンデリア。

    勾配天井には古材の大きな梁と板貼りをエージングペイント。

    珪藻土の壁に床は温かい印象のテラコッタタイル。

     

    ネイチャーデコールの伝統的王道スタイル。

    やはり、何年経ってもこの定番のデザインは落ちつきます。

     

     

     

     

    山中.7

    階段スペースと30㎝フロアの下がったミュージックルームを見る。

     

    この変則的な階段、右側の部分にはクリスマスツリーを飾ったり四季の演出も出来る

    ディスプレイコーナーにもなります。そして踊り場からはスケルトン階段で

    軽やかで光を回し込むようなデザインになってます。

    リビングゾーンの印象に比べてこちらは、すっきりとモダンにまとめています。

     

     

     

     

    山中.8

    中庭に面してグランドピアノが置かれています。

    ピアノやバイオリンなど音楽が共通の趣味のご家族のためのミュージックルームです。

     

     

     

     

    山中.9

     

    山中.10

    ダイニングゾーン〜キッチンを見る。

    リビングより150㎜あがったダイニングゾーンはフロアをテラコッタから、

    巾広のオールドオークビンテージフローリング、古材やビンテージ感を出しながら

    イームズのチェアや北欧ペンダントなど、モダンな家具・照明をアクセントに

    インテリアコーディネートしています。

     

     

     

     

     

    山中.12

    2階のパウダールーム

     

     

    山中.13

    お嬢さんの部屋

    マスターベッドルームやお二人のお嬢さんの部屋など、

    プライベートゾーンもそれぞれの趣味指向性により、デザインもカラートーンも変えてます

     

     

     

     

     

    山中.15

    まだ工事途中ではありますが、この間口4メートルの大開口窓、

    木製ヘーベシーベ窓から、外のテラス〜デッキへと繋がるアウトドア空間が、

    この家の最大の魅力のひとつでもあります。

     

     

    引き続き、ガーデンやアウトドアスペースの進捗もお知らせしていきます。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/07/12

    「価値観 あたりまえだけど 人 様々。。」

    09.想うこと20.『三度目の家物語』

     

    「三度目の家物語」

    70代のオーナーさんの家、というのもはじめての経験かもしれない。

    また、誰もが知っている著名な建築家に依頼した2軒目の家に満足いかず、

    本当に終の住処となる家を建てたい!

    そんなスタートではじまったこの家創り、色々な高いハードルを越えながら、

    ようやく竣工撮影が出来るまでに至りました。

     

    実際、工事の終盤戦でも意見の衝突からのバトルもあり、

    途中、「お前の顔は見たくない!」そんな空気にまでなってしまい、

    良い家を創ろう!という同じ方向は向いているのに、

    その思いがお互い強ければ強いほど、

    ちょっとした気持ちのくみ取り方がずれていくと、どんどんと悪い方向に行ってしまう。。

     

    そんな経緯のあった家なので、この家はまたいつもとひと味違う

    特別な思いがある家となりました。

     

     

     

    坂.1

    暮らしはじめて数ヶ月が経過しましたが、ご夫婦のとても温かい愛に溢れた暮らしぶり

    を感じました。

    70才のご主人と年上の奥様が二人で住まわれる家です。

     

    二軒目の家が、作品性の高い美術館のような無機質な建築物。

    この三軒目の家は、「血の通った家にしたい!」と、その作品住宅を最初に見たとき、

    自分の家創りに対するテーマにしました。

     

    そして、「以前の家とは対極の家だよ!うちのかみさんがとにかく気に入ってる」

    とオーナーから温かいお言葉をいただき、

    ようやく肩の荷が下りた、、正直、そんな思いでした。

     

     

     

    坂.2

    写真撮影はいつものウルシーさん。

    炎天下の中、ご苦労様でした〜

     

     

    坂.3

     

    坂.4

     

    坂.5

     

    坂.6

     

     

    坂.7

    この家が、格好いいとかオシャレだとか、今の時代にフィットしてるか、とかよりも、

    そこに住む人にどれだけフィットしているか、

    また、はじめは家に負けている感じでも、

    新しい家でどれだけイメージチェンジしながら、いままでやりたかった暮らしの

    スタイルや自分たちの特別な時間が作れる家になるのか、

    もっというと、家に居ることが自分にパワーをくれ、何より一番のパワースポットに

    なれるのか、それが家創りには一番大切。

    そしてデザインの好き嫌いに良い悪いも無く、皆、いままでの経験や趣味の世界の中で

    実現したいデザインって様々有るけど、それをしっかりくみ取り、

    その人にとってのベストなバランスに整えていくのが自分の役割だと考えています。

    だから、極論言ってしまうと自分には「○○スタイル」などというのはなく、

    求められればなんでもやってしまう、出来てしまう、

    それは今までの自分の引き出しの数と許容量で創りあげていく、

    そんな感じなんだと思います。

     

    自分よりも人生経験の長い70代の家創り。

    その価値観をバランス良くくみ取り、整えていくのに今回は時間が掛かりましたが、

    結果、オーナーの求める世界観が実現出来たと思います。

     

     

     

     

     

     

    坂.8

    最後に、色々とお気使いいただき、また忙しい時間を割いていただき、

    感謝します。

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/07/10

    「この夏・自宅のアートを爽やかに入れ替えました〜」

    08.アート&ディスプレイ08.インテリアコーディネート09.マイセレクション09.大浦比呂志 LIFE

     

    この夏、自宅のアートを爽やかに入れ替えました。

     

    以前は古くからの友人の油タッチの抽象アートを飾っておりましたが、

    今回 同じ場所に、「マインドマップ」でもお世話になった、

    サーファーでありプロカメラマンの「芝田満之」さんの作品にイメージチェンジ!

     

    なんか、世界観がぐ〜と広がり、外に抜けていくような開放感、

    夜見ても、朝見てもすがすがしく、気分が爽やかになります。

    アートの力って、本当に大きいですね。

    部屋の雰囲気も、こちら側の気分も大きく変える力があります。

     

    そしてなんといっても、我が家のこの場所にはこちらの方が似合ってました〜

    以前の抽象アートは、新たに場所を変えてコーナーを演出してもらってます。

     

     

    自宅.1

     

    自宅.2

     

    自宅.3

    この作品は、どちらも日常的な湘南の海の朝に撮影したものらしいです。

     

    「芝田満之」さんご本人は、ハワイ、カリフォルニア、メキシコ、タヒチ、バリなど

    波があるところを世界中旅しサーフトリップしてきた人ですが、

    色んな海を見てきても、やはり湘南の海の表情や色というのが、もっとも美しいと、

    自身の日常である「湘南」をモチーフにして、ここ数年作品を作り続けてきています。

     

    彼の作品にはまだまだ美しい、水彩画の様な表情を独自の写真技術で作り上げたものが

    多数ありますので、ネイチャーデコールの家には是非紹介したいアートのひとつです。

    「芝田満之」さんのHPはこちら → http://www.firstswell.com

     

     

     

     

     

    自宅.4

    今年の4月に装いも新たにスタートしたSURF MAGAZIN一号の表紙も、

    こんなに美しく、飾っておりました。

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/07/03

    「大きなハンガードアを作りました」

    01.ドア02.古材05.玄関・アプローチ20.『コンフォータブル・リゾートの家』

     

    大きなハンガードアを作りました。

     

    サイズは巾が1800㎜、高さが2300㎜ 仕上げはバーンウッドのWAXフィニッシュ。

     

    玄関ホールに設置したのですが、シューズクロークのドアとわんちゃんスペースのドアが

    丁度横並びに二枚重なってしまい、なんかドアがにぎやかになってしまうので、

    ここをスッキリと一枚の大きなハンガードアに変更してしまいました。

     

    ハンガードア.1

     

    ハンガードア.2

    このように、左がわんちゃんスペース、そして右がシューズクロークの入口です。

     

    確かに使い勝手的には、個々のドアの方が使い易いのですが、

    大切なエントランスゾーン、ここはデザインを優先させて頂きました。

     

    ワイドが1800㎜もあり、大きく重量のあるドアにもかかわらず、

    流石にハンガードア、軽くて開閉がとてもスムーズです。

    こんな大きさにも対応出来るのが、ハンガードアのメリットのひとつですね。

     

     

     

     

     

    ハンガードア.3

     

    ハンガードア.4

    質感も、荒々しいバーンウッドをサンディングして、しっとりとしたMAXで仕上げる事で

    一枚一枚、違った表情の古材もシックに大人っぽい使い方で見せています。

     

     

     

     

    ハンガードア.5

    やはり、インパクトありますね。

     

    エントランスホールは家に入った時の第一印象となる場所。

    細かな配慮とデザインは特に大切にしたい場所です。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/06/30

    「無垢フローリングが良い、、は昔の話し」

    02.床材・フローリング20.『casa brooklyn』の家

     

    よく昔は、床に20ミリの無垢のフローリングを使って、、、などとその素材の

    厚さを誇らしげに語ったりもしたものです。

    新建材のフローリングよりも、見た目の質感も温かさも感じるのが無垢材の良さです。

     

    しかし昨今、床暖房の一般的な普及で、無垢材はほとんど使われなくなってきました。

    質感の良い無垢材でも、床暖房の熱によって反りや隙間など木の動きが出てしまう。

    かといって、床暖房の普及と共に出てきた、

    いわゆるメーカー押しの「床暖房専用フローリング」では、価格も高い割に良い素材の

    ものが選べず、なかなか選択の巾が限られていたところに、

    最近では、複合フローリング(エンジニアフローリング)で、あらゆる樹種を扱っている

    メーカーも出てきました。

     

    ネイチャーデコールで作る家で、床暖房があるところはほとんどが、

    その複合フローリングを使用しています。

     

     

    複合フローリング.1

     

     

    フローリングの断面とスペックはこの写真の通りです。

     

    表面には4㎜の無垢材を使い、合板が芯材となっているため、

    大量生産の新建材フローリングとは全く異なり、

    無垢感・木質感の仕上がりでありながら、床暖房でも木が動くことなく安心して

    使用出来ます。

     

    また、あらゆる樹種の中から選べるのも最大の魅力であることと、

    複合フローリングのため、フローリングの板巾も180㎜〜220㎜といった

    存在感のある太い巾で仕上げる事が出来る事もメリットです。

     

     

     

     

     

     

    ○先日竣工した「casa brooklyn」の家の事例でも、この複合フローリングを使用してます。

    複合フローリング.2

     

    複合フローリング.3

    板巾190ミリの巾の広いヨーロピアンオークで、

    ダーク色〜グレー色を基調とし、経年した風合いを表現した床材です。

     

    こうして仕上がりを見ると、とても4ミリの表面無垢材には見えませんよね。

     

    無垢材と比較しても、決して安価な素材ではないのですが、

    あらゆるメリットを考え、この複合フローリングは今後益々、定番化していきそうです。

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop