Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

BLOG一覧

  • 2017/06/01

    「WONダフル happy days!」

    03.ペットと暮らす03.ホームパーティを楽しむ03.暖炉の火を楽しむ05.ガーデン&外構05.屋上09.NDオーナーのライフスタイル12.ガーデンデザイン20.『地中海の白い家』

     

    昨年から続いている、「N邸・屋上ガーデン計画」

    ようやくガーデンキッチン部分が完成し、先日お招きにあがりました。

    N様は愛犬家のご夫妻、当然ワンコも同伴で、、ということでしたが、

    まだ我が家に来て3日目の「サンディ」、社交界デビューが無事つとまるか?

    不安いっぱいの中、先住犬の「ニコル」と共に、家族皆で参加させていただきました。

     

    屋上ガーデン計画は昨年末に先行して屋上キャビンが完成し、引き続きに今回の

    ガーデンキッチンとガーデンダイニングスペースを作ってきました。

    全体を細かく観ていただいた、ガーデン&ファニチャーズ・長谷川さん

    本当にお疲れ様でした〜

    お陰で、すばらしい空間が思わぬ所に誕生しました。

    そもそも庭のスペースが無かった都心の家。いままで主にモノ干し場としか活用されて

    いなかった場所が、人もワンコも寛げる屋上ガーデン、まるでオアシスのような場として

    生まれ変わりました!

     

     

    屋上.1

    日よけのタープが張られ、大人が6人ゆったり囲える大きなダイニングテーブル。

    日射しの強い屋上にはタープは欠かせませんね。

    そしてテーブルは、汚れも気にせず外部でもタフに使えるモールテックスの天板。

     

    早速テーブルセッティングがされ、冷たい飲み物も沢山冷やされていました。

    こうした外部で使うカトラリーや食器にこだわるのもオーナーNさんの美意識の高さ。

    ちょうど目線を隠すウッドフェンスの高さが、都心であることを忘れさせる完全なる

    プライベート空間になっていました。そこから見え隠れするさりげないグリーンの

    設えがさらにリゾート感を盛り上げてくれます。

     

     

     

     

    屋上.2

    グリル機器も本格的で、これで焼き上がったお肉やオーナー自慢のピザは絶品!

    料理のプロ、Nさんの腕をうならせるプロ仕様のキッチンで、

    外部でも本格的な料理が提供できる設備になっています。

     

     

     

     

     

    屋上.3

    我が家のおてんば娘「サンディ」もすっかり場の空気に癒され、

    「生まれて来て良かった〜!」そんな表情をずーとしていました(笑)

    やはり、犬はひとのエネルギーを敏感に感じる様です。

     

     

     

     

    屋上.4

    オーナーのかつさんは、料理を作ったり犬使いになったりと大忙し。

    ここではだれが料理を出してくれるのかを、即座に見極めるのも犬の本能。

    かつさんのまわりには、いつも犬たちが群がってきます。。

     

     

     

     

    屋上.5

    ハンモックで寛ぐ、奥様のみえこさん。「ラブ君」も笑ってる。

     

     

     

     

    屋上.12

    ここに来ると、なんども見間違ってしまう、Nさんの「ブル君」とうちの「ニコル」

    顔の白さ加減も似ている。

     

     

     

     

    屋上.6

    空は夕暮れ時のマジックアワー。

    一番空が綺麗な時間帯ですね。

    ガーデンキッチン部分から、こんなに綺麗な空が見えていました。

    ほんとうに、「ここはどこ?」 Kona Windが流れてきそう〜

     

     

     

     

     

    屋上.7

    今日もまたサイコーなおもてなしをしていただいた、Nさんご夫婦。感謝です!

     

     

    屋上.8

    そしてネイチャーデコールの家の古いオーナーであり友人のMさんご夫婦。

    Mさんは、いまNさんのお店のロゴデザインなどでも参画してもらっています。

    人の繋がりや縁って面白いですね〜

    Mさんの家のわんこはミニチュアピンシャーの「ルーシー」。

    野犬のようなうちのわんこたちと違って、シルエットの様にお上品(笑)

     

     

     

     

    屋上.9

    空の色を見ると、いつのまにかこんなに夜も更けてきました。。

     

     

     

     

    屋上.10

    暗くなると大活躍なのが、このバイオエタノール暖炉。

    温かくなってきても、外でこの「火」が見れるって幸せです。

    まったりと、時の経つのも忘れてしまいそう。

     

     

     

     

    屋上.11

    ほんとうに、今日はありがとうございました!

    人もわんこも笑顔が絶えない幸せなひとときでした〜

    「WONダフル Happy days!」

    「サンディ」の電池ももう切れてしまったようです。。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/05/25

    「我が家にサンディが来た!」

    03.ペットと暮らす09.大浦比呂志 LIFE

     

    新しい家族の仲間入りをした「サンディ」です。

    サンディ.1

    「サンディ」はラブラドールレトリバーのイエローでメス。

    丁度、4ヶ月になります。

    いままで、訓練士さんのところで簡単なしつけをトレーニングしてきて、

    定期的にこちらからも出向き一緒にトレーニングを受けてきました。

    むしろ、飼い主側のトレーニング、、というところでしょうか。

    我が家も、この仔で三匹目のレトリバーになり、それなりに犬の気持ちもわかるつもりですが

    そうは言ってもやはりここは大型犬、この時期のしつけはとても重要になってきます。

    そんなトレーニングを無事に終え??? ようやく今日から家族の仲間入りをしました。

    「サンディ」の名前の由来、、、この流れでもうお分かりの方もいそうですが、

    我が家の三匹目のわんこだから「サンディ」となりました。(笑)

    ちなみに、先住犬の黒ラブの「ニコル」は、二匹目のわんこだから「ニコル」、、、

    名前だけ聞くと、なんかオシャレ〜な名前ですが、実はそんなもんです。。

     

     

     

     

     

    サンディ.2

    はじめて家に入る前に、この日の記念にメキシカンタイルのベンチの上で、

    先住犬の「ニコル」と一緒に。

    サンディはまだニコルの半分もないくらいの大きさ。かわいいサイズ。

     

    僕は犬と言えばオスの方がかわいいし、イエローより黒ラブの仔を!と主張してきましたが

    「ビリー」の後の仔は、絶対にイエローでメス!と決めていた家の奥さんに

    結局 押し切られました。

    でも、こんな感じに並んでる奴らを見ると、なんか明るくて、、正解でした。

     

     

     

     

     

     

     

    サンディ.3

     

    サンディ.4

     

    サンディ.5

    とにかくこの時期はどんな事にも興味があって、家に居ても落ちつきません。

    家を運動場のごとく走り回り、ニコルにはいつも遊んで、遊んで〜と絡みまくり、

    環境も変わって、トイレの成功率も冷や冷や、、

    ビリーやニコルの子供の頃を思い出します。

    ハイパードッグ! 「かわいい悪魔」そんな言葉がぴったりですね(汗)

     

    あの、いままで数ヶ月のトレーニングはいったい、、(汗)

    すでに、なし崩しのにおいすらしてきますが。

     

     

     

     

     

     

    サンディ.7

    さんざん、飛び回って遊んだ後はニコルを枕にして、こんな感じで寝てしまった。

    なかなか図太い奴です。

     

    僕たちはと言うと、11時前には就寝、そして明け方の3時には起こされ、

    朝の5時から動き出す、、そんな感じではじまりました。

    完全なる寝不足、そしてしばらくこのペースは続くことでしょう。

     

     

     

     

     

    サンディ.6

    こんな感じに一日目にしてすっかり我が家に馴染んでいる「サンディ」

     

    先住犬の「ニコル」もオスだけど、縄張りを主張することなく、

    11才のもう若くない身体で一生懸命お相手してくれてます。優しい仔で良かった。

     

     

     

    新規ご来客のお客様や、これから我が家で打合せをされる方々にとっては、

    しばらくの間にぎやかで、またお見苦しいところが多々あるかと思い、

    なにかとご迷惑をお掛けしてしまいますが、どうかよろしくおねがい致します。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/05/23

    「GARDEN探訪・Le Jardin des Roses」…

    03.ボタニカルライフ03.庭で過ごす04.パリスタイル04.フレンチスタイル05.ガーデン&外構09.NDオーナーのライフスタイル20.『一枚の古い旅行写真から』の家

     

    2015年7月に竣工した横浜市青葉区の「パリStyleの家」

    このお宅は庭でバラを誘引し素敵なローズガーデンを作りたい、というお話しが

    設計段階からあり、バラ好きのご夫婦の週末ガーデンをライフスタイルのひとつとして

    イメージしながら進めてきたプロジェクトです。

     

    一年ぶりくらいにそのガーデンに訪れてみると、細部に手を加えられたウェルカムガーデン

    が、ご主人の手により出来上がっていました!

    そして、バラの誘引は奥様主導で行われているようです。

    時期的には丁度バラも終わりかけの5月の下旬ではありますが、

    まだまだその余韻の感じられる素敵な空間でした。

     

    花.1

     

    花.2

    オープンガーデンらしく、庭の入口には「LE Jardin des Roses IN」というサインまであり

    これも皆、ご主人の手作りらしいです。

    入口から期待感が沸きますね〜

     

     

     

     

     

     

    花.3

     

    花.4

     

    花.5

     

    花.6

     

    花.7

     

    花.8

     

    花.9

     

    花.10

    このテラス、スペース的には30㎡くらいと、決して広いスペースではないのですが、

    各コーナーごとにマルシェ風だったり、花車があったり、小さなカフェテーブルがあったりと

    それぞれ違った印象のコーナーづくりをしていて、どこを見ても楽しい演出がいっぱい。

    出来合いのものでもオーナーがペイントしたり、レタリングすることでオリジナリティ

    が出ていて、独自な雰囲気を出していました。

    奥様のお話では、ご主人自らスケッチしたり図面を引いて、自分でイメージしながら

    お休み毎にコツコツと庭を作っているようです。

     

     

     

     

    花.11

    そしてこれはガーデンの出口、EXITと案内してくれてます。

     

    まさに「BOTANICAL  LIFE」こだわりのGARDEN探訪が出来ました。

     

    ネイチャーデコールにはじめに家創りの相談に来られる方の中にも、

    ハウスメーカーのモデルルームの情報などから、「断熱」「構造」「最新設備」「素材」

    などなど、目に見える家自体のスペックにどうしても興味が行きがちな方もいます。

    いわゆるハード面の事になるのですが、もちろん何十年も守ってもらう家なので、

    ハード面は重要です。ただそれだけでは暮らしが見えて来ない。

    家創りにおいて、実は最も大切なことは、「そこでどのように暮らしていきたいか」

    そういった生活に対するソフトの部分が、より生活を豊かにし、その家だけの独自性と

    なっていきます。

     

    この「パリStyleの家」は、実現したい暮らしのイメージを設計段階から明確に

    伝えていただき、そこにプライオリティをおきながら計画を進めてきました。

    そして、それを下地にしながらオーナーご夫婦が実際に作り上げて

    このようなガーデンが出来上がりました。

     

    これから、毎年毎年パワーアップしていく、このローズガーデン。

    益々、楽しみです!

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/05/16

    「今年もこのお店に来ることが出来ました」

    09.大浦比呂志 LIFE

     

    この自分には不似合いなバラの世界に今年も来ることが出来ました。

     

    そう、今日はWedding Anniversaryで、毎年訪れているお店に予約して、

    美味しいものを食べに来ました。

    もう20○○回目のWedding Anniversary、20回目を越えたあたりから

    なぜか○○回目とぼかしてしまう自分(笑)

     

    うかい.12

     

    うかい.13

    いつも、こんなバラの庭の写真ばかりなので、今年はこのお店でご馳走になった

    おいしい料理の数々を紹介します〜

    、、、こんな浮かれた、料理ブログで良いのか?(汗)

     

     

    うかい.1

    記念日なので、まずはシャンパンで乾杯!

     

    あまりのおいしさに前菜の「ウニとジュンサイのジュレ」の写真を撮るのを忘れてしまった。

     

     

    うかい.2

     

    うかい.3

    そして二品目のサラダは、「初カツオのカルパッチョ」と「特選牛ローストビーフのサラダ」

    お魚と肉をそれぞれ取り、シェアして食べました。

    料理もさることながら、お皿とのマッチングが流石!

    料理の味を更に引き立ててくれる演出です。

     

     

     

    うかい.5

    三品目は「ズッキーニのロースト、ジロール茸の香りで」

    、、、ここで、ズッキーニも椎茸類全般も苦手な自分はワガママを言わせてもらい、

    急遽、アスパラベースの料理に変更してもらいました。

    このアスパラガス、オランダ産ということで見たこともないような太さ・大きさ、、

    うかい.追加1

    それが、これ! 巨大アスパラガス。

     

     

     

     

    うかい.6

     

    うかい.7

     

    うかい.8

    さて、このコースで今回一番の楽しみにしていたのがコレ!

    伊勢エビのブイヤベース!!

    大きな伊勢エビを沢山のお塩とハーブの香り付けで、しっかり蒸し、

    あらかじめ下ごしらえしてあるダシ(スープ)にからめていく。

    これ、本当にうまかった〜!

    なんといっても、このダシ味が最高。

     

     

     

     

    うかい.9

    うかい.追加2

    そして最後は、ここのメインディッシュ「牛」です!

    「特選牛ステーキ」。もうこれはこのお店のテッパン!

    鉄板焼きだけにこれぞ鉄板!(汗)。。

    結構、お上品な盛りつけですが、もう、この頃にはお腹もいっぱい、

    年と共に段々と胃袋も小さくなってきたのか?

     

    当然、締めのガーリックライスまではいけず、さっぱり素麺を選択。

    この締めのさっぱり素麺がすべてを綺麗に流し込んでくれて、

    デザートに向けてしっかりお腹具合を整えてくれます。

     

     

     

     

    うかい.11

    デザートは場所を移動して提供してくれるのも、このお店の特徴。

    この部屋からの外のバラの景色も格別です。

    デザートは二点も選んでしまい、とどめを刺します。

     

     

    んん〜 どうも自分の食のボキャブラリーでは、とても「食レポ」は出来ないな。。

    折角の美味しい料理も、十分に伝えきれないようです。

    やはりこのブログでは、自分に合ったかたちの

    「建築やデザイン」のレポートをさせていただいた方が良さそうですね。(笑)

     

    いかい.10

    そんな感じで、ことしも無事、20○○回目のWedding Anniversaryを迎える事が出来ました。

     

    いつもありがとう〜!

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/05/09

    「このフィット感と心地よさ」

    09.マイセレクション09.大浦比呂志 LIFE

     

    AOR・(アダルト・オリエンテッド・ロック) なんとも都会的で洗練されていて且つ

    爽やかでありながら音が厚い。当時からこのジャンルの音は自分にとっての一番の

    フェイバリットであり、色々なシーンで活用していたように思う(笑)

    ボズスキャグス、ボビーコールドウェル、レイパーカーjr、エアプレイ、

    クリストファークロスにTOTOなどなど、、

    あの当時、遠い先の未だ見ぬ、ウエストコーストの乾いた風を感じる様なイメージで。

    時代的には1976年〜1983年くらいが一番名曲揃いで、約40年経った今聴いてみても

    決して古さを感じさせず、むしろ今でもまったくセンターでいける感じさえする。

     

    そんなAORのコンピレーションアルバムが出た!

    編集は、ダンスクラシックスの火付け役でもあるDJオッシーさん。

    CDタイトルも「TOKYO AOR」と「SHONAN AOR」、わかりやすい!

    まあ〜、これでもかって言うくらいドンズバで当時のツボを抑えてきます。

    うんうん、そうそう〜、、、 笑ってしまう程のこのフィット感と心地よさ。

     

    aor.3

     

    aor.4

    たぶん、同時代を同じようなことに刺激を受けて生きてきたんだろうな〜なんて考えると

    当時のいろいろなシチュエーションが走馬燈のように浮かんできます。

     

     

     

    aor.1

     

    aor.2

    とにかく、この なにも考えなくても良いわかりやすい選曲がすばらしい〜

     

    当時は、自分でシチュエーションに合わせて、カセットテープに一曲一曲音を集め、

    曲の間を波の音で繋いでみたり、そんなMyオリジナルカセットテープを車に積んで、

    特別な人とデートの時に流してみたり、海への行き帰りに流してみたり、、、

    なんか良い時代だったな〜

     

    また、このCDを車に積んで海に行くときに流してみたい、そんな出来映えです。

     

    、、、って、やってることは20代の頃と変わってないなー。。。(汗)

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop