Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

BLOG一覧

  • 2018/11/26

    「祝上棟!アトリエ併用ペット共生住宅」

    00.現場20.『アトリエ併用のペット共生住宅』20.『仕事場併用のペット共生住宅』

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    先日は柏市で上棟式が行われました。

     

    ご夫婦と3匹のネコの居るペット共生住宅になります。

    家創りのスタートはいつものように、細かな「家つくりカルテ」を書いてもらい、

    色々な好きな画像を用意してもらうところから、設計がはじまります。

     

    このお宅で特に印象的だった事が、各部屋ごとの希望の後に、必ず

    ご夫婦の「こうやって過ごしたい」という項目が用意されていて、

    リビングでもダイニングでもそこでやりたいことや、

    細かな生活シーンのディティールをイメージされていたことです。

    そして言葉だけでなくビジュアルでもしっかり伝わる様にまとめてくれていました。

     

    すでにこうしたい!ということが明確に整理されていて、とても感心させられました。

    そして、真剣に家創りと向き合い、それを楽しんでいるご様子が覗えました。

     

     

     

    松本.1

     

    スケッチ-6(アトリエ)

    そんな生活のディテールの中で大切になってくるのが、奥さんのアトリエ。

    自宅で皮革小物のデザイン、制作、販売をされていて、

    そのアトリエ空間にはとてもこだわりをもたれていました。

    要望から、出来上がったデザインがこんな部屋になります。

     

     

     

     

    スケッチ-5(Sunroom)

    そして、グリーンやガーデンで緑に囲まれて暮らしたい、という事から、

    リビングと繋がり、庭にも繋がる中間ゾーンにサンルームを設けました。

    「天気の良い日はサンルームでネコに日向ぼっこをさせてあげたい、

    休みの日は、植物と風を感じながら、イスに座ってのんびりお茶をしたり、

    夕涼みで一服したり、お酒を飲んだりしたい」

     

    なんか、このデザインからも生活の一コマが見えてきますね〜

     

     

     

     

     

    松本.3

     

    松本.4

     

    松本.2

    長〜い下屋が特徴の外観デザインですが、

    しっかりとした、骨組みが表れ、いつもの信頼おける棟梁がこれからこの家を

    形にしていってくれます。

     

     

    家創りは、一生一度の大きなイベント!

    絶対に、楽しんだもの勝ちです!

    自分たち家族の将来の生活シーンをイメージしながら、ワクワクして進めていければ、

    家創りの半分は成功したようなものだと、最近よく感じます。

     

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/11/21

    「下町の小さなパン屋さん・2」

    03.自宅がお店09.NDのオーナーさん09.NDオーナーのライフスタイル20.『下町の小さなパン屋さん』

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    この秋のオープンの予定で進めている「下町の小さなパン屋さん」が諸々の調整があり、

    年内完成〜その後の準備期間を経て、来年1月のオープンへと延期になりました。

    これから仕上げ工事に突入、そんな状況です。

     

    今回は少しだけそのお店の概要をお知らせします。

    以前もこのブログでお話ししましたが、小さなパン屋さんのオーナーさんは、

    ネイチャーデコールで10年前にご自宅を建てられた方で、その自宅の敷地の一角に

    念願だった自分だけで出来る小さなパン屋さんを作る、そんな流れで

    またまた、「住・職に渡ってお手伝いシリーズ」というありがたいお話しをいただきました。

     

    小さなパン屋さんといっても、厨房には本格的なパン焼きオーブンも導入し、

    メニューを絞り込んで、しっかりとした美味しいパンを提供したい!と、

    日々、準備を重ねております。

     

     

    山口様パン屋さん外観提案

    そんな、お店のファサードは沢山の緑の囲まれ、外のテラスにも人だまりが出来るように

    大きなデッキスペースを設けました。

    軒を出さないシンプルでモダンな箱のような建物ですが、外壁にはレッドシダーの板貼りと

    フロント部分はゴツゴツした白漆喰、ブルーグレーをポイントカラーに

    優しい素材イメージで 少し、レトロで懐かしい感じも出しています。

     

     

     

     

    山口様パン屋さん内観提案

    基本は店頭での販売ですが、その脇には多目的な小さなBARカウンターを設けています。

    ここはオーナーのお楽しみスペースで、色々な使い方を企んでいるようです。

     

     

     

    下町.1

    ロゴも決まり、販促ツールのデザインも着々と固まってきました。

    とにかく力の入らない、緩〜いイメージでデザインして欲しい、という意向から

    手書きのような温かいマークになりました。

     

    このロゴや販促ツールをデザインしてもらってるのも、

    ネイチャーデコールの家のOBの方で、家創りを通してネイチャーデコールのOB同士が

    こんなかたちで繋がって仕事出来るのも、本当に嬉しい限りですね。

     

     

     

     

     

     

    下町.2

     

    下町.3

     

    下町.4

     

    さてさて、仕上がりもこれからどんどん形になっていきます。

    進捗はまたこちらからお知らせします〜

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/11/18

    「家とインテリアの特集取材」

    11.ネイチャーデコール11.メディア20.『海外生活経験をベースに』

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

    なんと一ヶ月以上もこのブログから離れていました。。

    そうこうしているうちに、今年もあと僅か、一年なんてあっという間ですね〜

     

    さて、今日は僕の家のすぐ近く、先日お引き渡し後の一年点検を終えたばかりのお宅で

    雑誌の取材&撮影があったので少しだけ顔を出してきました。

     

    山中.1

    晴天にも恵まれ、青空とピカピカの日射しのもと気持ちもあがる撮影風景でした。

    いつも、綺麗にされているこのお宅、

    やはり、見所も満載のようです。

    今回は、「いい住宅と個性的で素敵なインテリアがマッチすれば

    最高に居心地のいい家ができあがります。家とともにインテリアにフォーカスした特集」

    そんなテーマで、このお宅が取り上げられていきます。

     

     

     

     

     

     

    山中.2

     

     

    山中.4-1

    ご家族の、温かく仲睦まじい姿が、写真からも感じとれます。

     

    本来は家とインテリアの特集の筈が、ご主人自慢の外のテラスにまで広がり、

    まさにいつも僕が提唱している、家だけではなくそこにインテリアとガーデンを

    統一コンセプトで創りあげていくことで、その家のカラーがよりオリジナリティとなる、

    そんな一部が切り取られたようです。

     

     

     

     

    山中.4

     

     

    山中.5

     

    編集も、ライターも、写真も女性ばかりのスタッフ構成で白熱した取材でした。

     

    自然素材で構成された家は、どんなインテリアでも受け入れる包容力があります。

    オーナーの持ち込み家具の中には、少しモダンでデザインされたものが流行った時代の家具、

    そんな昔の家具と、今の気分でコーディネートした家具が

    なんの違和感もなくこの家には融け込んでいます。

    そういった点もひっくるめて、居心地の良さが出来上がっていくんですね。

     

     

    この本の発売は来年早々ですが今から楽しみです〜

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/10/08

    「犬とキャンプ・初デビュー」

    03.ペットと暮らす09.大浦比呂志 LIFE

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    台風一過 晴天の秋晴れの中、家からも程近い七沢温泉そばで、

    犬とキャンプ、初デビューをしてきました!

     

    最近知り合い筋の話しから、キャンプの話題になり、

    それからず〜と頭の中はキャンプで一杯。

    思い立ったらすぐ行動! とにかく、良いタイミングでキャンプデビューを計画していました。

    それも、我が家流アウトドアスタイルなら、絶対「犬とキャンプへ!」

    こんなテーマで、雑誌などを買いあさり調べていました。

     

    ただ、調べれば調べるほど、道具は何から調達したらいいのか?

    初体験ではどのエリアが良いのか?

    迷うことばかり、、

    そんな訳で、ちょっとかっこ悪いけど、お試しキャンプデビューとして、

    なにもかも用意されているところで、まずは体感してこよう〜

    そんなスタートでGO!

     

     

    キャンプ.1

     

    キャンプ.2

     

    今回選択したエリアも自宅から、1時間ちょっとで行ける場所。

    近くには歩いてすぐの所に、温泉もあるという。

     

    ちょうど、お昼過ぎの14時くらいにキャンプ場に到着すると、

    すでに、テントは張られ、テーブルも椅子もBBQセットもたき火台まで用意してある状態。

    身一つで利用出来ますよ〜 そんな行き届きようでした。

     

    まあ、お試しだからこれも有りか、、

    そんな感じで、キャンプ初デビューがスタート。

     

     

     

     

    キャンプ.3

    自然の中で、遊びモードになるとわんこたちも顔が笑ってます。

     

     

     

     

    キャンプ.4

     

    キャンプ.5

     

    キャンプ.6

    フィールドアスレチックも併設されてるこのキャンプ場は、

    わんこたちをあそばせるのにも、もってこいの環境。

    BBQをはじめるまえに、しっかりわんこと遊び、発散させておかないと、

    この先、落ち着いてなにも出来ないだろうと思い、力一杯山を満喫。

     

    犬と一緒のハンモック、メチャメチャ気持ちよかった〜!

     

     

     

     

     

     

    キャンプ.7-1

     

    キャンプ.8

     

    キャンプ.7

     

    キャンプ.9

    だんだんと、日が沈みかけてきた頃、いよいよ火をおこし、BBQの用意。

     

    やはりキャンプの醍醐味はこのたき火。

    火を囲みながら、お酒を飲み、犬たちとまったり時間を気にせず過ごす。

    本当に贅沢な時間。

     

    そして小さなテントの中で、犬たちと川の字になって休む。

    あらためて、このファミリーが愛おしく感じる、

    テントでみんなで寝る、という非日常的な行為がかなりあがりました〜

     

     

    結論から言うと、この体験キャンプデビュー 大正解でした。

    実際に体験することで、はじめに何が必要か、

    キャンプと言っても、幅が広く深〜いものだけど、そんなにガツガツとしたアウトドア派

    ではない、我が家のキャンプスタイルは何か? そんなこともなんとなく感じ取れました。

     

    当面は、「犬と過ごす」「火を楽しむ」「おいしい肉を食う」こんな風に

    テーマを絞り込んで、緩く、ゆっくりとキャンプを楽しめれば良いね〜と。

    欲張れば、ビーチキャンプで目がさめたら、犬と目の前のビーチで散歩、

    そのままサーフィンを楽しみ、うまい肉を食らう、、そんなことを妄想してます(笑)

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/10/06

    「久々の再会!」

    09.大浦比呂志 LIFE09.想うこと11.ネイチャーデコール

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    久々の再会!

    再会したのは、以前ネイチャーデコールに10年勤め上げ、

    その後、ステージを替え某出版社の一事業部として、建築事業部を新たに立ち上げ、早9年。

    過去の社員であり、同志であり、戦友のような仲間でもあります。

     

    自分もまだ30代後半で、夢多き頃、一緒に戦い、一緒に苦労し、同じ夢を見てきた、

    人生においても大切な一時代を共有した熱い男達。

    そんな再会だったので、楽しい時間があっという間に過ぎてしまった感じ。

     

    よく、人は生きていると、必要な時に必要な人と、出会うべくして出会う、

    と言いますが、そんな事を強く思う一晩でした。

     

     

     

    カル.2

     

    カル.4

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    カル.5

     

    今の彼らの活躍は目を見張るモノで、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでもあります。

     

    旗揚げ9年目にして、「仕事集」を出し、スタイルブックも継続して売れているらしい。

    世の中的には「カリフォルニアスタイル」というブームを作り出し、

    ハッキリと差別化されたブランディングも構築している。

     

    悔しいけど、そんな若いパワーに刺激を受けてしまうのも、正直な気持ち。

    ご丁寧に、彼らの本までプレゼントされて、、、(笑)

     

     

    ただネイチャーデコールのDNAとして、

    仕事を遊び、遊びの中から仕事を生みだす、といったオンもオフもないスタイル。

    自らが楽しみ、ワクワクしたものの中からしか、人の心に響くモノは無いといった、

    マインドが、離れていても脈々と流れていること、そして受け継がれていること。

    これが、なにより嬉しく思いました。

    ビジネスベースに流されず、このマインドをいつまでも共有できれば、

    これからの活躍も、益々楽しみになってきます。

     

     

     

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop