Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

02.左官一覧

  • 2014/02/24

    「川崎 T邸 現場仕上げ打合せ」

    00.現場02.ブリック02.左官02.石

    画像1

    今日は今 進行中の川崎T邸の仕上げ打合せ。
    この様に、床 壁 などの素材や色を現場で並べて行き、オーナーさんを交えて再確認していきます。

    画像1

    アクセント壁にパターン貼りされる、ブリック。これを組合せて貼り、その上から白ペイントを薄っすらとかぶせていきます。

    画像1

    お馴染みの琉球石灰岩 サウスサンドストーンと穴あきブロックの外壁

    画像1

    左官壁のテクスチャーの決定。

    画像1
    画像1

    足場板に白で仕上げされた壁材

    画像1

    間接照明のアーチを通ってリビングへ

    完成は、4月を目指し現場が着々と進んでいました。

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2014/02/14

    「この角Rが 肝!」

    02.左官20.『ホーム・スィート・ホーム 2』

    画像1

    画像1

    画像1

    壁にボリューム感(厚み)をもたせたい時の肝はコーナーのRです。

    左官の下地をしっかりとり、仕上がりをイメージしながら、その大きさを場所ごとに決めていきます。

    そして、大きな壁の面を仕上げる前に、まずは、すべてのコーナーを先に仕上げていきます。

    このお宅は重なり合うアーチがデザインのポイントのひとつでもあるので、特に左官壁のボリューム感を演出したく、現場での細かな指示と確認が繰り返されました。

    左官職人の匠の技が、存分に発揮されます。

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2014/02/11

    「フランス壁 セニピエール」

    01.アイアン02.壁材・左官02.左官04.パリスタイル04.フレンチスタイル07.アンティーク&ヴィンテージ20.『フレンチミックススタイル』の家

     

    何年か前にPARISに行った時、建設中の新しいアパートメントを見て、凄くひかれる素材に出くわした。

    画像1

    画像1

    画像1

    景観条例の厳しいPARISでは、街並みの色や素材に揃えて新しい建造物を造っていく。という事が徹底されていて、そこで目についたのが、この石のような壁。

    これは石積みではなく、なんと左官で作っているのです。

    この自然なリアリティ 日本でも是非実現したい!
    そして、帰国後早速近い素材を探しあてました。

     

    画像1

    その名は「フランス壁 セニピエール」
    それで仕上げた事例がこの家のエントランスゲートです。

    このセニピエールという材料は、鏝で削る様に施工していき、更にサンダーで磨き押さえして光沢感を出して、石をイメージして仕上げていく。

    湿度、気候、を読みながら乾燥時間を計算し、経験と勘、そしてセンスの要求されるとっても気まぐれな、まさにフランス人の様な素材です。

     

    画像1

    画像1

    今 進行中の現場ではこの気まぐれな素材を暖炉回りの壁で施工してます。

    何パターンかの仕上げイメージサンプルを事前に作ってもらい、それを手掛かりに、いざ施工開始!

    この寒い中、なかなか良いタイミングを測れず、昨日は四時間待ってもまだまだ固まらず、翌日に持ち越されてしまいました。

    気まぐれな素材とのお付き合いは、
    ホント大変ですね。。

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2014/01/10

    「今日の現場」

    00.現場02.左官20.『ホーム・スィート・ホーム 2』

    画像1

    「今日の現場」
    いつもの信頼おける左官屋さん。

    アール多いこの現場で、下地の段階で角のアールの取り方を、色々な鏝を変えながら、決めて行く…そんな図です。

    人の手の熱の伝わる そんな現場です。

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2013/12/22

    「床が抜けなければ、、是非!」

    01.造作家具02.古材02.左官08.テーブル

    画像1

    この存在感のあるテーブル。
    存在感だけでなく重量感も相当なもの。

     

    画像1

    まず脚は350角のオークの古材を二本立てただけのとてもシンプルなもの。
    ただ、丸ごと古材の木の塊なので、重量もなかなかなもの。

    画像1

    天板は厚さ100mmの左官の天板。
    材料はフランスの左官材で「セニピエール」というもので、金鏝で削り出すように何度も鏝をあてながら、材料を塗り重ねたもの。そして程よい手跡感を残しながら、最後は専用のワックスで仕上げ。

    画像1

    人の手跡を感じるこの質感はしっとりとして温かくなんとも言えない、とても良い表情を出します。

    オブジェの様でもある、このオリジナルテーブル。床の強度があれば是非!

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop