05.玄関・アプローチ

BLOG一覧

「二世帯住宅のエントランスまわり」

01.アイアン05.玄関・アプローチ05.階段05.高天井

 

二世帯住宅のエントランスまわりについて、

3年程前に竣工したお宅の事例からの見所を紹介します。

この家は完全分離型の二世帯住宅で、
延べ床面積約100坪というかなり大型の計画でした。
ファサードはネイチャーデコールらしい、アイアンのオリジナル門扉で
迎えてくれます。
二世帯分のそれぞれのインターフォンとポストが設置されています。
ファサードのホールは高い天井と天井からのアイアンのシャンデリアが象徴的です。
回廊の様な長いアプローチを歩き、
玄関まで誘導されます。
玄関のドアは共用で、一枚ドア
重厚な木製オリジナルドアは、
濃い目に染色した古材に、鉄の鋲を打ち込んだ、ワイルド感溢れるデザインにしました。
ドアを開けると、2.5帖程のシューズストック、

そして、天井吹抜けのエントランスホール。ホールの広さは8帖強でファサードと同様、

天井からはアイアンのシャンデリアがインパクトをもたせてます。

このエントランスホールまでが、共用のゾーンとなっており、
デザインされたモダンな階段で上下左右に独立した二世帯空間があります。

そして共用ゾーンのもうひとつの目玉としては、このエントランスホールから直接、

庭にアクセス出来ることです。

間口2500mmの大開口折れ戸を開くと、
この広いエントランスホールが更に、
外へと繋がり、開放的でリゾート感溢れる、非日常な世界へと広がります。
二世帯共用の庭は、大きな屋根のある

カバードテラスと芝生のゾーンとで構成されていて、雨の日でも外の空気を感じられる、

このカバードテラスはとっても重宝されている様です。

家族皆でのBBQや仲間を大勢集めての
ホームパーティが多いこの家では、
この庭で過ごす時間が多いそうです。
程よい距離感のある、二世帯住宅、
「生活を楽しむための家」。
参考にしてください。

「二世帯住宅 サプライズエントランス」

01.アイアン03.二世帯住宅(多世帯住宅)05.玄関・アプローチ06.家創りのヒント

今回は今から11年前の2003年の事例から、二世帯住宅のエントランスを紹介します。

完全分離型のこの二世帯住宅ですが、
エントランス部分を共有にし、
そこにとても贅沢でサプライズなスペースを演出しました。
まず、両開きのアイアンのエントランスゲートが、この御宅のファサードとして
迎え入れてくれます。
アイアンの格子から、奥の様子が少しだけうかがえ、奥への期待感が高まってきます。
エントランスゲートを開けると、
玄関ホールの前室的な空間があり、
インパクトのある、重厚な木製の玄関ドアが目に飛び込んできます。
アイアンエントランスゲートも
木製の玄関ドアもこの家の為にデザイン
された、オリジナルのハンドメードです。
そして、重厚な玄関ドアを開けると、
約8帖の玄関ホールとなります。
季節柄、玄関には大きなクリスマスツリーがディスプレイされていました。
この玄関から、親世帯、子世帯とそれぞれのドアがあり、ここがお互いの共有ゾーンとなっています。
外部から連続して貼られた素焼きのテラコッタタイルが、外~中を一体感として
繋ぎ、より奥行き感を演出します。
そして、正面には全開口の木製折れ戸があり、そのままガーデンへと誘導されます。この二世帯住宅では玄関ホールとガーデンを共有ゾーンとして計画されました。
更に、この玄関ホールは吹き抜けの勾配天井になっていて、高窓の大開口からは、南の光を存分に取り込み、いつも
自然光に溢れています。
天井からは、オリジナルデザインの
アイアンシャンデリアが吊られています。
ストーリー性のある、サプライズなエントランスホールの事例です。

「住まいはご家族を映し出す鏡」

03.こだわりのキッチン04.フレンチスタイル05.玄関・アプローチ09.NDオーナーのライフスタイル11.オープンハウス20.『ホーム・スィート・ホーム 2』

 

今日は、横浜市で人数限定の内覧会(オープンハウス)が行われました。

お天気はあいにくピカピカの太陽には味方されませんでしたが、「フレンチシック」をテーマの今日のお宅には、
こんなお天気の方が、似合ってました。
最近のネイチャーデコールのオープンハウスは、人数を限定し家創りを真剣に考えられてる人達に、しっかりお話をしながら、時間をかけてタップリその空間を体感してもらおう、という趣旨で行われています。
ネイチャーデコールのオープンハウスが、他のオープンハウスと大きく違う点。
それは、出来上がったばかりの家の内覧会では無く、住み始めて数ヶ月~一年間以上経過したお宅を、ご家族の方の協力のもと、特別にお披露目させて頂いてる点だと思います。
それは、建築だけでは表現出来ない、
トータルなものとして「家」をご覧頂きたいからです。
「建築」、「インテリア」、「庭」を一貫したコンセプトで創作しているのが、
ネイチャーデコールの家創りです。
そして、これから家を建てる人達に見て頂きたい本当のところは、
そうして出来上がった家を、その人らしく住みこなしている、暮らしぶりなんです。
いつも話してる事ですが、家は建てて終わりでは無く、建ててからそこをその家族の人生のステージとして、育んでいくものなんです。
無理が無く自然体でその家族にフィット
した家を見てもらうことが、
ネイチャーデコールの内覧会で一番ふさわしい姿です。
家や庭の大きさとか、デザインも様々ですが、大切な事はその家族の物差しで、
着せられてる家では無く、来こなしている家であること。
そうすると、いつの間にかネイチャーデコールの作品としての家から、
その家族にバトンが渡され、成長して行く家になっていく訳です。
家ってまさに、その家族を映し出す鏡の
様ですね。

「門扉まわりのデザイン」

01.アイアン05.玄関・アプローチ

画像1

このお宅は2010年に世田谷区で竣工した
事例です。
今回はエントランス門扉まわりのデザインとアイテムを紹介します。

画像1

お馴染みの、アイアン門扉です。
家のイメージに合わせてオリジナルでデザインしたものです。

ここでは、ロートアイアンに曲線を入れた柔らかいデザインが施されました。

画像1

ポスト、インターフォンプレート、照明を綺麗に整理して並べていきます。

インターフォンプレートは表札を兼ねたもので、渋めの赤錆仕上げです。

それに真鍮古色のマリンライトを色合わせしました。

ポストはアンバー色で全体に同化させながら、シンプルなポスト口だけを設置しました。

画像1

そして、ネイチャーデコールで手掛けた家には必ずある、ネイチャーデコールプレート。
定礎のようでもあり、その家を手掛けた証しと保証を意味するものです。

こんなかたちで、門扉まわりもスッキリと
デザインしていきます。

「シューズボックス 出来上がり!」

01.造作家具02.古材05.玄関・アプローチ

画像1

画像1
画像1

先日、パネルが現場に届いた時にお知らせしましたが、それを組み立てシューズボックスがこんな感じで出来上がりました!

様々な古材をパッチワークの様にパネリングしてます。

素材は、オーク、イエローパイン、ダグラスファー、ポンデロッサパインなどの古材のミックスです。

壁面として、成り立つ意匠性を求めました。

オンリーワンのオリジナルが完成!