Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

02.左官一覧

  • 2018/03/31

    「経年劣化した室内珪藻土のメンテナンスについて」

    02.壁材・左官02.左官

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    我が家も建築して今年で丁度18年目に入ります。

    家も10年を過ぎると、屋根・外壁・露出してる防水・設備回りなど諸々と

    メンテナンスチェックすることで、その後の家の寿命にも大きく関わってきますので、

    是非10年あたりをひとつの目安として、気にして見てあげることをオススメします。

     

    そう言いながらも僕自身は給湯器が寿命がきたから、、

    木製窓の外側が劣化してきたから、、と

    かなり行き当たりばったりで、あまり皆さんの手本とならない様な

    家とのつきあい方をしてしまっています、、汗。

     

    そこでひとつくらいは、なにか先駆けてお知らせ出来るメンテナンス情報は無いかと

    考え、室内の珪藻土(左官壁)のメンテナンスをテストケースとしてやってみました。

     

    自然素材をベースとしたネイチャーデコールの家では、

    経年劣化を経年美化として、その汚れ自体も今までの生活の足跡であり味わいとして、

    時間と共に変化していくものを素材として楽しんでしまおう、

    そんな事をいつもオーナーさんには言っているのですが、

    汚れてきた室内の左官は外壁のように塗り替えられるの? などと、たまに質問

    される事があります。

     

    確かに外壁のメンテナンスと違って、生活している室内ではモノも多く、

    片付けながら、養生をこまめにして、、と考えただけでも大変そうです。

    それと、我が家も「珪藻土」で仕上げていますが、その珪藻土本来の素材の効果、

    調湿性・脱臭&消臭・独特のテクスチャ等を損なうことなく、

    メンテナンス出来るのか? そうただ綺麗にしただけではダメなんですね。

     

     

     

     

     

     

    左官.1

     

    左官.2

    18年も経過すると、このように確かに汚れが気になります。

    大型犬を飼ってる我が家では、犬は壁に身体をすりつけて歩く習性があるので、

    その部分だけ特に黒く汚れています。

    あと、ちょうど手をかけてしまう位置にある腰壁などの汚れも目立ちます。

     

     

    室内左官のメンテナンスにはいくつか方法があります。

     

    大げさにしないで、とにかく汚れだけを綺麗にしたい。

    そんな場合は、左官の上から無機系の塗料をローラーで仕上げるという方法。

     

    価格的にも一番安価であるのと、住みながらのメンテナンスとしては左官で

    仕上げるよりも散らからず、日数も短く出来ることはメリットです。

    また、塗料も色々ありますが、極力左官の風合いを残していくためには

    光沢などが出ない無機系の塗料で仕上げる事が良いでしょう。

     

    我が家では、同じメーカーの珪藻土でメンテナンスしました。

    犬を飼っているので、脱臭&消臭という珪藻土の効果はどうしてもキープして

    おきたかったのがその一番の理由です。

    塗料で仕上げてしまうと、本来呼吸する壁、と言われている珪藻土に

    塗膜が掛かってしまい息が出来なくなり、

    結果 珪藻土の効果が損なわれてしまう様です。

     

     

     

     

     

     

    左官.3

    ただ、室内全体を、、となると相当散らかってしまうので、

    比較的綺麗な天井は手を付けずそのままにし、

    特に汚れのひどい部分の壁や欠けてしまったコーナーの補修、

    そして場所によっては、珪藻土の顔料を薄めて塗料のようにシャブシャブにした

    材料でトップコートだけを施したりと、

    必要最低限の手間で綺麗にしていく、という選択をしました。

     

     

     

     

    左官.4

    それにより、新築時のようなピカピカの感じでは無く、

    建物全体の時の流れとマッチさせながら、経年美化を残し程よい加減で

    手を加える事が出来たのではないかと思います。

     

    メンテナンスの仕方もその家のデザインやスタイルによって変わってきます。

    勿論 構造に関わる部分や設備の劣化に対しての対応は同じであっても、

    こと意匠に関わる部分は、新築時のようにピカピカにしてしまっては、

    ミスマッチなのがネイチャーデコールの家ではないでしょうか。

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/03/28

    「イメージは、MAISONS en PROVENCE」

    00.現場02.古材02.左官04.フレンチスタイル

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    今、横浜市都筑区ですすめている延べ床面積34坪の、狭小型3階建て住宅。

    小ぶりながら、イメージは「MAISONS en PROVENCE」

     

    玄関のドア、室内ドア、窓などの建具類にフランスのアンティークを多用し

    小さなプロヴァンスの家を再現していこう、そんな家を作ってます。

    アンティークの建具と一緒に、古材やリアルな擬石などを使うことで、

    かなり本物感が演出されます。

     

     

     

    途中経過の現場ですが、プロヴァンスの家のポイントにもなる天井の意匠を少々、、

    プロ.1

     

    プロ.2

     

    プロ.3

    天井には太い古材の梁、

    その間に小梁が不規則に組まれ、左官材を塗り重ねるように仕上げてます。

    この自然なランダム感、ラフさ加減が大切になってきます。

     

     

     

     

    プロ.4

    壁から左官で一体に作られた造作のベンチ。

    このベンチはデイベッドも兼ねていて、奥行きもゆったりと85センチの巾に設定。

    大きくアールがとられた厚みのある腰壁も特徴です。

     

    この開口部には、フランスのアンティーク窓が取り付きます。

     

     

     

     

     

    プロ.5

    階段も、ポッテリと肉厚感をもたせています。

     

     

    住宅のインテリアも時代時代で流行があり、最近このようなプロヴァンスSTYLEも

    オーダーとして少なくなってきましたが、

    好きなものは、トレンドに左右されることはありません。

     

    飽きの来ないしっかりとした、本物を創りあげていきたいものです。

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/03/28

    「色々な場所で活躍してます!」

    02.モールテックス02.左官02.床材・モールテックス20.『ボタニカル・ライフ』

     

    最近お気に入りの万能マテリアルの「モールテックス」

     

    デザインコンクリートの塗り床は、海外の住宅事例では以前からよく目にする材料で、

    まだ日本には上陸して久しいのですが、店舗などを中心に最近では住宅などでの

    施工事例でも使われ出しています。

    ただ、まだまだ一般住宅の床として使用してる例は少ないようです。

     

    その「モールテックス」を今回完成した家では、色々な場所で使用しました。

     

     

    1. リビングの床や階段に使用

    モール.1

     

    モール.2

     

    モール.3

    このお宅では、玄関前のアプローチ〜玄関ホール、そしてリビングルーム〜階段と

    シームレスで使用しています。リビングの床では床暖房も敷設。

    クラックが出るモルタルと比べて薄い塗り厚でも、割れが出ないのが最大の魅力かも

    しれません。クラックを逃がすための化粧目地も入れる必要が無いので、

    空間の一体化が視覚的に図れます。

    写真からは分かり難いですが、これはSAND LIGHTというカラーです。

     

     

     

     

     

    2. プランター台の棚に使用

    モール.4

     

    モール.5

    これは、床と色を変えてグレー系のモールテックスで仕上げてます。

    プランター台の棚として、ここにはグリーンが陳列されます。

    防水性が良いので、直接水やりして水がかかってしまっても問題ありません。

     

     

     

     

     

    3. 玄関脇のベンチとして使用

    モール.6

     

    モール.7

    床にも使用できる強度、耐久性があるので、ベンチなどの使用でも大丈夫。

    床と同じ色・表情で玄関脇の靴を履いたり、ちょっと荷物を置いておけるようにと

    ベンチを作りました。

    ベンチには100㎜という厚みを持たせ、なかなかの存在感が出ています。

     

     

     

     

     

    モール.8

    大きな床面においては、トップコートの保護材によって汚れ防止加工をしていますので、

    神経質に汚れを気にせず、ガシガシ使えるのがノンストレスです。

     

    僕が一番好きなのは、このニュアンス。

    飽きの来ない、独特な表情と質感はどんなインテリアにもマッチしますね。

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/12/17

    「全長4.6メートルのキッチン&ダイニングカウンター」

    00.現場02.モールテックス02.左官03.こだわりのキッチン03.眺望を取り込む05.キッチン20.『casa brooklyn』の家

     

    全長4.6メートルのキッチン&ダイニングカウンター、そしてその先には

    大開口窓から遠くに富士山が!

     

    一般のお家で全長4.6メートルのカウンターというのは、流石にボリューム感、

    とインパクトがあります。なんと贅沢なスペースでしょう。

    このお宅はクリスマスイブの日に引き渡しの

    藤沢市片瀬の「casa brooklyn」の家。 本日施主検査が行われました。

     

    キッチン.1

     

     

     

     

     

     

     

     

    キッチン.2

    カウンターは、最近お気に入りの素材「モールテックス」で仕上げました。

     

    天板を仕上げていく過程です。

    モールテックスは薄い塗り付けが可能で、接着性能が優れているため、

    色々な下地に仕上げていく事が出来ます。

    モルタルなどと比べて、クラックがおきない、というのも魅力です。

     

     

     

     

     

     

    キッチン.3

    天板には90㎜の厚みを見せボリューム感を出し、

    それを木の化粧脚で支えています。

     

     

     

     

     

    キッチン.4

    モールテックスには耐水性があるため、シンクもカウンターと一体型で

    つくりました。

    メーカー側ではモールテックスだけでも大丈夫という話しでしたが、

    使用頻度の高いシンクですので、一旦下地にFRP防水を

    施してからの仕上げにしています。

     

     

     

     

     

     

    キッチン.5

    ダイニングテーブルとキッチンとでは必要な高さが変わってくるため、

    キッチンスペースは180㎜の段差をつけて下げています。

     

    カウンターの奥行きは900㎜あるため、

    キッチンカウンター部分は両面から収納が使えます。

     

     

     

     

     

    キッチン.6

    毎日、こんな眺望を見ながら食事が出来るなんて素敵です。

     

    相模湾に沈む夕日も、もの凄く綺麗に見えます。

    なんか、長生き出来そう〜

     

     

     

     

    ○そしてこのカウンターキッチンの仕上がりはこんな感じに!(竣工後画像)

    モール.1

     

    モール.2

     

    モール.3

     

    モール.4

     

    モール.5

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/12/09

    「図面の中に表現しきれないモノって、、」

    01.アイアン02.タイル02.ブリック02.古材02.左官02.石04.ロフト&SOHOスタイル09.想うこと11.ネイチャーデコール20.『TOKYO LOFT STYLE』の家

     

    家作りにおいても、ものを事前に目で見て納得して買う、、

    それは、カタログだったり出来ているモノが展示されているショールーム

    だったり、、それが多分世の中の一般的な家の売り方でもあり、しっかりした

    モデルルームを持った、ハウスメーカーなどのやり方です。

     

    ところが、ネイチャーデコールの家には、図面の中の線や仕上げ表で

    表現出来ないモノがとても多いのです。

    実際のモノが、現物として事前に目にすることが出来ない、、

    新規のお客さんにネイチャーデコールの家の特徴を話すときのひとつに、

    そんなことをよく口にしますが、それでは実際にそれってどういうモノなの?

    という部分について、過去の事例から具体例をご紹介します。

     

    図面の中で表現でないもの、光や影・空気感・など感覚的なものも含め

    いくつかありますが、

    その中でも、今回はネイチャーデコールの家で最も特徴的な

    「素材・マテリアル」についての話しをしていきます。

    「素材」もカットサンプルや色見本で部位としての確認はして頂く事は

    出来るのですが、それが空間の中に立ち上がってきて、

    他の素材とどのように影響し合っていくかは、もはやイメージスケッチを

    見ながら、頭の中で想像してもらう、という部分が必要になってきます。

     

    今回の事例は、2011年完成の「TOKYO LOFT STYLE」の家。

    僕の中での自信作の一邸です。

     

    1.木の表現

    描けない.木1

    古材を使ったヘリンボーンの床

     

    カットサンプルを並べて事前に確認してもらいますが、

    古材の配置や色の濃淡、木目の感じや表面のプレーナーの処理で

    表情はかなり変わってきます。

     

     

     

     

    2.左官のテクスチャー

    描けない左官.1

    描けない左官.2

    描けない左官.3

    一番上は、室内の珪藻土のテクスチャー

    真ん中は、外部左官のテクスチャー

    一番下は、フランス漆喰アバナ

     

    これらの素材は、A4サイズの仕上げサンプルで事前に確認頂き、

    実際に現場で仕上げる時に再度立ち合いの上、テクスチャーを最終決定

    していきます。

    A4サイズのサンプル見本からこの左官のボリュームをイメージするのは、

    やはり一般のお客さんには難しい様です。

     

     

     

     

    3.石やタイルのバランス

    描けない石.1

    描けない石.2

    描けない石.3

    描けない石.4

    どれも、ネイチャーデコールの家ではおなじみの石やタイル、ブリック

     

    ここでポイントになってくるのは、素材ひとつひとつに表情があるので、

    それを大きな面に施工した場合の配置や色バランスです。

    同じような色やかたちを近づけ過ぎないで適度にばらしていく。

    目地の巾や色、そして目地の深さなどでも仕上がりの印象が変わります。

     

     

     

     

    4.スチールの表情

    描けない鉄.1

    描けない鉄.2

    描けない鉄.3

    鉄の素地の「黒皮」の状態をどのように自然に見せていくか。

     

    塗装の仕上げで色付けをしない鉄本来の「黒皮」の状態はとても良いもので

    自然素材の家にも馴染みます。

    ただ、素地がそのまま現しになると、鉄の黒い汚れやいずれ錆びてしまう、

    そこで、使う場所場所で鉄の素地感を生かした、仕上げ方を変えていきます。

     

    特に真ん中の写真の様なキッチンカウンターの上などは、光沢の出ない

    ウレタンでコーティングしていくなど、気を使う場所です。

    このような場所では、ウレタンを施してもいずれ色も落ちてきたりどんどん

    変化をしますが、それも楽しめる包容力も必要ですね。

     

    一番下の写真は外部で使用した場合。正直、鉄の素地感というのもからは

    かけ離れてしまいましたが、ここはやはり外部なので錆びや耐久性を優先しての

    選択で、全体的にはハンマートーンの塗装を施しました。

     

     

     

     

     

    5.個々の素材を組み合わせていくと、、、

    描けない組みあわせ.1

    描けない組みあわせ.2

    描けない組みあわせ.

    それらのひとつひとつの部位を組み合わせていき、

    このような空間が生まれていきます。

     

    こうして見てもらうと、ネイチャーデコールの家はひとつひとつの

    素材の持ち味や特徴を吟味し、それを全体に組み合わせたときの

    バランスを俯瞰でイメージしながら、積み上げていく。

    そんな家の創り方になってきます。

     

    確かに「家」とはとても高価なものです。

    そんな高価なものなのに、モノを見て納得して決められない、、、

    そこは勿論わかりますが、大切なのはモノ単体ではなく、

    個の素材がオーナーの求める全体感にマッチした空間であり、

    コーディネートのバランスとセンスです。

     

     

    家創りのコンセプトを明確化し、

    個対応でオーナーの求める独自の世界観を具現化していくためには、

    カタログやモデルルームではわからないもの、見えてこないものが、

    実は一番必要なのではないでしょうか。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop