BLOG一覧

「好きな時間 朝焼けの海」

09.大浦比呂志 LIFE

 

 

「好きな時間 朝焼けの海」

画像1

この時期は早朝の海、
朝焼けの海が好き。
刻々と変わる海の色。

 

 

画像1

今日は穏やか過ぎて、
良い波は期待出来そうもない…
スローライフ メローサーフ。
のんびりいこう

 

 

「ヘリンボーンの床 no.2」

02.床材・フローリング04.ロフト&SOHOスタイル07.アンティーク&ヴィンテージ

画像1

「ヘリンボーンの床 no.2」
今回は少し粗削りなハードタイプのヘリンボーンの床を紹介します。
LOFTSTYLEでデザインした住宅での事例ですが、巾が150㎜のオークの古材で、表面にはプレーナーの跡を残したテクスチャの豊かな素材です。スチールを使ったハード目の空間やカフェSTYLEの家などのマテリアルに似合います。

「リサイクルなライト」

02.ブリック08.照明09.マイセレクション

 

 

画像1

「リサイクルなライト」
Parisのライフスタイルショー「メゾン エ オブジェ」で見つけてきたもの。
水道管をジョイントして出来ている、スタンドライトです。
間接が動いたり、頭が電球になっていてクリアの丸いボール球を装着するとロボットが出来上がり!
とっても可愛いヤツです。

グレーのブリックタイルに似合います。

 

これはポルトガルのデザイン集団の作品で、ここのアトリエでは、使われなくなったプラスチックのハンガーでシャンデリアを作ったり、

廃材の木で家具を作ったりと、リサイクルをテーマにモノ作りしてます。

 

「墨田区 スカイツリーの見える家 引渡し」

00.現場01.擬石・擬木・造形05.階段05.高天井06.採光

画像1

墨田区で建設中の「スカイツリーの見える家」が無事完成し引渡が行われました。
狭小立地でのこの建物は、螺旋階段で縦に広げた三階建です。
吹抜けの開放的な玄関ホール。
正面の壁には、ヨーロッパの古城をイメージした擬石で天井まで仕上げました。
ディズニーランドなどで目にする、あの技法を住宅で取り入れてます。

画像1

螺旋階段を登り切ると、正面には暖炉風のガスストーブがあり、3階部分にLDKをもってきました。
風の流れ、一日中射し込む自然光、勾配天井を生かした、高い天井。
三階のLDKは正解でした。

都心でありながら、リゾートを感じる。
そんな空間です。

「少し涼しくなってきてシエスタ」

02.床材・テラコッタ03.ペットと暮らす05.スキップフロア09.大浦比呂志 LIFE

 

 

画像1

「少し涼しくなってきてシエスタ」

 
我が家のラブラドールのビリー&ニコル。

 
今日は朝から爽やかな日、テラコッタの床に並ぶようにして、

べったり横になって気持ち良さそうにシエスタ。

 

我が家は床に150ミリ程度の段差があり、緩くフロア分けをしてるのですが、
その段差に頭をのせ、くつろぐのがビリーの一番の定位置です。