09.NDのオーナーさん

BLOG一覧

「嬉しいお知らせが届きました〜」

09.NDのオーナーさん12.ショップデザイン20.『下町の小さなパン屋さん』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

このブログでも進行中をなんどかお届けしている、

「下町の小さなパン屋さん」、「住・職にわたって設計をお手伝いシリーズ」の

オーナーさん、そのオーナーさんのお店が2月にオープンしております。

 

SNSやその他、風の噂でオープン前からの行列をつくる賑わいで

地元でもかなりの繁盛店になっている、との嬉しいお知らせが届きました〜

 

 

 

 

お店の名前は「やまパン+」

ここは、小さな窓口からの店頭販売のみで、

その日、その時に焼き上がってるパンを、ショーケースの中から選び、

「コレ!」と言って店頭で買う、というスタイル。

行ってみないと、どんなパンがショーケースに並んでいるのかも分かりません。

そんなスタイルも、またかえって評判になり、

お目当てのパンが無くても、ショーケースの中を覗き込み、

ごそっと買い占めてしまうお客さんもいるらしい。

何を食べてもおいしい! と口コミでどんどん評判になっているようで、

このお店の名物の「やまパン」は、

一日二回焼いていても、いつも売り切れてしまう、そんな状況。

 

 

オーナーの「Yさん」

12年前、ご自宅の設計をやらせて頂いた頃は、会社勤めをされていましたが、

一念発起して、何年もパン屋の修行を積み、色々なお店を食べ歩き、

そして今回、自宅の敷地の一角に約10坪の小さなパン屋さんを開業しました。

すっかり、パン屋さんらしい風貌にもなっています(笑)

ネイチャーデコールのオーナーさんは、

本当に素敵な方が多いですね〜

 

小さなパン屋さんと言っても、厨房には本格的なパンのオーブンが

設置されていて、そんなポテンシャルの高いお店でもあります。

なので、どんなパンを食べてもおいしいのは当然と言えば当然、

そんな感じがします。

ただ、このオーナー曰く、スローにのんびりと自分のペースでやりたかった

様ですが、想定外の繁盛ぶりに目下寝るまもなく、厨房に籠もりきって

いるようです。。

 

 

店名の「やまパン+」のプラスは、

パンの営業販売以外の日に、カフェにしたり夜はそのままBARにしたり、

厨房を開放してちょっとした料理を提供したり、

街に発信していくフレキシブルなサロン的なものを、、

と考えていたようですが、このプラスのブルーのドアが開かれ

準備が整うのはまだ先のようですね。。

 

「やまパン+」は、水・木・土・日の朝10時から売り切りまでが営業です。

可愛いお店においしいパン!

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さいね。

住所 葛飾区東水元6丁目2-1

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

 

「新年早々オーナーズボイス いただきました!」

09.NDのオーナーさん20.三階建て住宅リノベーション

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

新年早々、事例WORKSに大変嬉しいお言葉「オーナーズボイス」をいただきました!

丁度、一年前の年末にお引き渡しを済ませた、

都心に建つ、3階建て住宅リノベーションの家です。

 

そう考えると、本当に一年なんてあっという間ですね〜

年を取るのも早いわけだ。。

そして、毎年毎年良いことも悪いことも、色々な事がありますが、

とにかくこの仕事の糧となるのは、出来上がった家に住まわれてからの、

オーナーさんの温かいお言葉だったり、新しい家で生き生きと暮らされてる姿だったり、

なによりそれが自分にとっての一番のパワーの源です!

 

今年も愛に溢れる素敵な場を沢山創っていきたいと思ってます。

みなさん、新築に限らず、リノベーションでもお店作りでも、お声かけ下さいね!

 

 

 

杉田画像

外観は既存を大きく変えることなく、新しくリビングに繋がるベランダを加えたり、

レッドシダーで統一した、大型外部収納を作ったりした程度で、

主には内部を中心に断熱や構造のやり直し、

主要なLDKを大胆にデザイン変更するなど、

都心にありがちな3階建ての縦に伸びる住空間を、

リノベーションにより様変わりさせました。

 

 

 

また、今回のオーナーさんご家族との出会いに感謝し、このオーナーズボイス

ありがたくいただきます。

 

○ オーナーズボイスはこちらから →

  https://www.nature-decor.com/works/detail119.html

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

「3度目の冬を迎える時期に」

09.NDのオーナーさん20.『ワンニャン・ライフ』

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

ネイチャーデコールの事例WORKSに「オーナーズボイス」をいただきました。

ちょうど、ネイチャーデコールの家に住みだして、3度目の冬を迎える時期となり、

新しい家も、段々と自分達流にフィット感が出てきた頃だと思います。

 

今回はなんと! ご主人と奥様 お二人から心のこもった温かいお言葉がいただけました。

 

よく思うのですが、成約に至るお客さんというのは、

不思議なもので、お互い出会う以前に、どこかで繋がっているように感じることがあります。

ひとつひとつの偶然のような出会いも、スピリチュアルな「縁」なのではないかと。

 

 

 

 

わんにゃん

 

 

 

 

また、今回のオーナーさんご家族との出会いに感謝し、この「オーナーズボイス」

ありがたくいただきます。

 

○ オーナーズボイスはこちらから →

 

https://www.nature-decor.com/works/detail110.html

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

「ネイチャーデコールで建てる二度目の家!」

04.ナチュラルスタイル09.NDのオーナーさん11.ネイチャーデコール20.『ネイチャーデコールで建てる二度目の家』

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

いままで何件もの家をデザインしてきましたが、

同じオーナーさんの家を二度作る、というのはこれが初めてのケースです。

そんな、ありがたく貴重なお声かけをいただき、

本日二度目の家創りのプレゼンテーションを行って参りました〜

 

そもそもそのオーナーさんとのはじめての家創りは5年前に設計をはじめ、

その計画で新しい家が出来、そこで暮らしはじめて4年の歳月が流れました。

そう、まだ築4年目にして二軒目の家を建てられる、というなんとも贅沢なお話。

 

はじめての家には愛着がいっぱいで、とても大切にされていましたが、

今回急遽、ご実家の母屋の隣の土地に引っ越しをされることとなり、

泣く泣く愛着のある家ともお別れし、新しい家を計画する、そんな流れから

この動きが出てきた次第です。

 

4年も経つと、育ち盛りの子供も大きくなり、また新しい家族が加わったり、

家にいる時間も、そこでの過ごし方にも若干の変化が出てくるものです。

そこで今回の二度目の家創りでは、5年前に作っていただいた、家創りのオーダーシートを

お互いに見直すことからはじめました。

その頃のコンセプトや家族の価値観、プライオリティと、今を比べてどうか?

オーダーシートに連ねた、「自分たちはこうしたい!」

が実際に今までの家では実現出来たのか?

そして、それは暮らしてみて自分たちファミリーに必要な事だったのか?

そんな感じで、過去を振り返り、いまの家での生活と比べてみること、

更に自分たちの価値観の確認とそれを昇華させることが

今回の新しい家では大きなポイントとなります。

 

 

5年前にいただいたオーダーシート。

実に端的でわかりやすい表現で伝えてもらったことに、その時も感心しました。

 

和.1

こんなキーワードを連ねた、自分たちが好きなこと、大切にしてること。

家創りのコンセプトの骨格になる部分です。

このあたりは大きく変わって居らず、むしろこれらが今の家のDNAとして、

これからも不同なエレメントであることが確認できました。

 

 

 

 

 

和.2

そして、奥さんの「新しい家では、こんな事をしたい〜」の吹き出し。

その吹き出しの脇に、実際できた、出来ない、

もっとなんとかしたいなど書いて頂きましたが、

ほぼほぼ実現出来た!と聞けたときは本当に嬉しかったな〜

 

 

 

 

 

和.3

そしてこれも一目瞭然でとてもわかりやすい、プライオリティバランス。

実に伝達能力に長けているな〜 と感心させられます。

ただそれ以上に、4年5年経ってもファミリーの家創りに対するコンセプトが

ブレないことになにより感心させられました。

新たに加筆されたオーダーシートを見て

一過性のトレンドに流されない、一本通った芯がしっかり感じとれます。

 

こんなことが一番デザイナー心に火を付けてしまうんですね〜

更に前よりも、もっともっと良い空間を創っていこう!と。

 

 

 

 

そして、パワーアップした二度目の家の提案がこんな感じ。

ほんの一部ですが少しだけ、、、

 

 

和.4

 

和.5

 

和.6

13.ガーデン計画-1

 

裸足が一番似合い、コージーでナチュラルで、過ごしやすい。

そして家族みんながワクワクするような、、

これ、ネイチャーデコールのキーワードなんですね〜

そう、もう何十年も変わらないキーワード。

 

そんな訳で、THE NATURE DECOR!な家の提案が出来ました。

 

 

「ネイチャーデコールで建てる二度目の家」

またこのブログから進捗を引き続き、お知らせさせていただきます。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「下町の小さなパン屋さん・2」

03.自宅がお店09.NDのオーナーさん09.NDオーナーのライフスタイル20.『下町の小さなパン屋さん』

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

この秋のオープンの予定で進めている「下町の小さなパン屋さん」が諸々の調整があり、

年内完成〜その後の準備期間を経て、来年1月のオープンへと延期になりました。

これから仕上げ工事に突入、そんな状況です。

 

今回は少しだけそのお店の概要をお知らせします。

以前もこのブログでお話ししましたが、小さなパン屋さんのオーナーさんは、

ネイチャーデコールで10年前にご自宅を建てられた方で、その自宅の敷地の一角に

念願だった自分だけで出来る小さなパン屋さんを作る、そんな流れで

またまた、「住・職に渡ってお手伝いシリーズ」というありがたいお話しをいただきました。

 

小さなパン屋さんといっても、厨房には本格的なパン焼きオーブンも導入し、

メニューを絞り込んで、しっかりとした美味しいパンを提供したい!と、

日々、準備を重ねております。

 

 

山口様パン屋さん外観提案

そんな、お店のファサードは沢山の緑の囲まれ、外のテラスにも人だまりが出来るように

大きなデッキスペースを設けました。

軒を出さないシンプルでモダンな箱のような建物ですが、外壁にはレッドシダーの板貼りと

フロント部分はゴツゴツした白漆喰、ブルーグレーをポイントカラーに

優しい素材イメージで 少し、レトロで懐かしい感じも出しています。

 

 

 

 

山口様パン屋さん内観提案

基本は店頭での販売ですが、その脇には多目的な小さなBARカウンターを設けています。

ここはオーナーのお楽しみスペースで、色々な使い方を企んでいるようです。

 

 

 

下町.1

ロゴも決まり、販促ツールのデザインも着々と固まってきました。

とにかく力の入らない、緩〜いイメージでデザインして欲しい、という意向から

手書きのような温かいマークになりました。

 

このロゴや販促ツールをデザインしてもらってるのも、

ネイチャーデコールの家のOBの方で、家創りを通してネイチャーデコールのOB同士が

こんなかたちで繋がって仕事出来るのも、本当に嬉しい限りですね。

 

 

 

 

 

 

下町.2

 

下町.3

 

下町.4

 

さてさて、仕上がりもこれからどんどん形になっていきます。

進捗はまたこちらからお知らせします〜

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)