Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

05.ガーデン&外構一覧

  • 2017/11/10

    「ウッドデッキが完成」

    03.眺望を取り込む04.ビーチハウススタイル04.リゾートスタイル05.ガーデン&外構12.別荘20.『敷地境界線がなんと 海!』

     

    「敷地境界線がなんと海!」の家にウッドデッキが完成しました。

    まだ、バスルーム前に取り付く、外部のジャクジーまわり

    のデッキは調整中ですが、全体像が見えてきました。

     

    敷地境界線ギリギリまで、

    海に面したリビング〜ラウンジ〜バスルームとかなり長い部分に

    デッキを取り付けています。

     

    デッキ.1

     

    デッキ.2

    まだ、外回りの工事は進行中で、停泊したヨットまでアクセスするための

    ゴムボートの設置スペースやバスルームから外に出ると直接入れる

    ジャクジーバスなど、これからリゾートを楽しむための仕掛けを

    作っていきます。

     

     

     

     

     

    デッキ.3

     

    デッキ.3-2

    これだけデッキが海に近づいていると気になるのが、満潮時や台風で

    海水が大丈夫か? と言うこと。

    「油壺」という場所は入り組んだ湾になっているので、

    比較的海が静かで、台風時などでも近くの相模湾沿いなどに比べても

    被害が少ない場所。

     

    上の画像が先日の台風の時のものですが、このように近くの漁船が皆

    この油壺に避難してくる、そんな場所なんです。

    それにしても、すごい交通渋滞ですね〜

    ここに、こんなに漁船が集結したのははじめて見ました。

     

     

     

     

     

     

    デッキ.4

     

    デッキ.5

    そして、海に面した開口部には、木製の大開口窓を使ってます。

    窓を全部開くと、なんと9.5メートルの大開口が外のデッキと繋がり、

    その先の海と一体になっていきます。

     

    地階部分をRC構造にしたため、それだけの大開口を可能にしました!

     

    「敷地境界線がなんと海!」の家。

    あと少しで、全貌が見えてきます、お楽しみに。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/09/12

    「これからの季節、活躍しそう〜」

    03.庭で過ごす05.ガーデン&外構09.NDオーナーのライフスタイル20.『海外生活経験をベースに』

     

    だいぶ、朝晩空気が涼しく感じてきた今日この頃ですが、

     

    横浜市青葉区で手掛けた「海外生活経験をベースに」の家、

    ようやく外構や植栽も整ってきました。

     

    山.1

    夕暮れ時期の良い時間帯。

    なんか、温かさというか幸せな感じが外から見ても覗えるような佇まい。

     

     

     

     

     

     

    山.2

    山.3

    山.4

    山.5

    出来上がったのは、こんなスペース。

     

    ウッドデッキ部分のアウトドアテラスの広さは約15帖程度。

    パーゴラにはオーナー自らが簾をかけて、またカーテンを閉めてしまうと

    完全にプライベート空間となります。

     

    アウトドアテラスは、低いシートのリビングゾーンとテーブル席のダイニングゾーン

    に分けて、シーンを変えながらゆったりと使っています。

     

    これからの時期、こんなスペースが活躍しそうですね〜

     

     

     

     

     

     

    山.7

    室内側からは、間口4メートルの大開口窓・木製ヘーベシーベ窓と外部が

    このように繋がっていき、視覚的に外部を内部にも取り入れてしまうことで、

    本来の○○帖〜といった、リビングやダイニングの実際の広さを遙かに超えた、

    開放感や大きさを感じさせます。

     

    そして、観賞用の庭ではなく、「過ごせる庭」として

    外部スペースを第二のリビングやダイニングとして活用していく良い事例です。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/09/10

    「ボタニカルライフ!」

    03.ボタニカルライフ05.ガーデン&外構05.サンルーム09.NDオーナーのライフスタイル20.『ボタニカル・ライフ』

     

    晴天の青空に恵まれ、本日 横浜市金沢区で手掛けた「ボタニカル・ライフ」の家

    竣工撮影が行われました。

     

    ボタ.9

    この家は、奥様の一番の希望でもある植物と暮らす、

    「ボタニカル・ライフ」というテーマで築き上げられました。

    そして、竣工してほぼ6ヶ月、想像通り家の中は緑でいっぱいになっています。

     

     

     

     

     

     

    ボタ.1

     

    ボタ.2

     

    ボタ.3

    ボタ.11

    リビングと庭を繋ぐ部分に設置したグリーンルーム。

    約6帖ほどのそのスペースは、オシャレなボタニカルショップの様です。

    多肉系を中心とした観葉植物が、ハンギングされたり

    いろいろなテイストの鉢とともに、バランス良く飾られています。

     

    なにも置かれる前は、少し派手さを感じた柄タイルですが、

    みずみずしいグリーンと良い具合にマッチングしています。

     

     

     

     

     

    ボタ.4

    グリーンルーム内に設けたシンクスペースも大活躍。

    モールテックスの天板に古材のグレーウッド、

    これまたグリーンとよく調和しています。

     

     

     

     

     

    ボタ.5

     

    ボタ.6

    グリーンルームから、折れ戸を開けるとこのように外の

    ガーデンスペースと繋がります。

     

    奥のゾーンはまたシーンを変えたガーデンスペースで、パーゴラの下には

    可動のオーニングがセットされ、光を遮りながらも風を感じられる

    野外のリビングの様な設え。

     

     

     

     

     

     

    ボタ.10

    ダイニングから庭を見る。

    背の高い白い板塀に囲われ、お隣からの視線もシャットアウトでき、

    プライベート空間として確保されています。

     

     

     

     

    ボタ.8

    室内にも、要所要所に大ぶりな観葉植物が。

    抜けの良いLDKでは、緑が部屋のパーテーションになっているようです。

     

     

    豊かなライフスタイルですね〜

    こんな暮らし方を実現したい!をイメージしながらはじまる家創り。

     

    これぞ、ボタニカルライフ!

     

    このお宅は、近々ホームページ内の「WORKS]で紹介します、お楽しみに!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/09/07

    「ウォーターガーデン 難航中。。」

    00.現場05.ガーデン&外構05.水盤・ウォーターガーデン20.『コンフォータブル・リゾートの家』

     

    先日室内側のお引き渡しは終わり、すでに新しい家で生活がスタートされている

    千葉県 習志野の「コンフォータブル・リゾートの家」。

    実はまだ、外構&ガーデン工事が完成して居らず、特にウォーターガーデンの

    工事が難航中。

     

    池.8

    それぞれ表情の違う二カ所のガーデンに面したダイニングゾーン。

    庭に繋がる開口部は全開口の木製ヘーベシーベ窓で、

    その大きな窓を開くと、室内と二つの庭が一体化する、、というとても贅沢な作り。

    ここは、この家の、一番の「肝」となる重要な部分です。

    なので、外構&ガーデンが出来ないとこの家は完成しません。

     

     

     

     

    そんな中、細かな行き違いから要のウォーターガーデン(水盤)に

    手直しを加えていかねばなりません。

    池.1

     

    池.2

     

    プライベートを確保するためRCの白い高い塀で囲われたスペース。

    水の青々した色を強調するために「クリスタルストーン」という細かなガラスを

    透明とブルーを織り交ぜながら敷き詰め、モダンでミニマムな空間。

    、、と、デザイン的には狙い通りの雰囲気になってます。

     

     

     

     

    池.3

    池.4池.5

    しかし、吐水口の取り付け位置、落ちる水の流れ、水中照明の高さと光の広がり

    等々、意図している事との違いが生じ、手直しが必要になってきました。

     

     

     

     

    池.6

    完成まで、あともうひと頑張りです!

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/06/26

    「都会の中のオアシス」

    05.ガーデン&外構05.屋上09.NDオーナーのライフスタイル20.『TOKYO LOFT STYLE』の家

     

    2010年に竣工した、大田区「TOKYO LOFT STYLE」の家。

     

    昨年、屋上部分と寝室に繋がるベランダ部分にちょっとした小庭を作り

    大分 緑も根付いてきたとの事で見せて頂きました。

    ここは、都心部の大田区でありながら敷地面積が110坪くらいある家なので、

    庭作りにもこだわって作り込んできましたが、

    さらに屋上やベランダ部分にまで癒しのグリーンスペースを増やしてきました。

     

     

    オアシス.1

     

    オアシス.2

     

    オアシス.3

    これは2階の寝室から繋がるベランダ部分に作り込まれたグリーンスペース。

    池からしたたり落ちてくる水の音がまた涼しげで、

    寝室に居てもかすかに聞こえてくるその音は、都会の中のオアシスの様。

     

    一年ちょっとで、こんなに緑が自然に育ってきてます。

     

    日射しが強い屋上部分なので、すべて自動灌水装置が水やりをしてくれるようです。

     

     

     

     

     

    オアシス.4

    この家のエントランスアプローチ。

     

    大きなジャカランダの木をくぐり、水盤を飛び石で渡って玄関まで入っていきます。

    とてもワクワクとドラマチックな演出でアプローチされます。

     

     

     

     

    オアシス.5

    途中の、バラガンピンクの壁も印象的。

    「アパガンサス」も綺麗に色付いていました。

     

     

     

    オアシス.6

    最近では、かなり見間違うくらいに良くできた人工芝も出ていますが、

    やはり、手を掛けれれば自然芝の方が良いですよね。

    ここにも、しっかり自動灌水装置が設置されています。

     

     

     

    オアシス.8

    犬も伸び伸び、、

     

    庭には温水シャワーも用意してあるので、温かい時期はわんこ達を庭で洗えます。

    そして、なんとここの家のわんこ達はタオルを敷いてあげると、

    お風呂の後は自分達で勝手にカラダを拭くようです。(笑)

     

     

     

    この家、インテリアデザインは「LOFT STYLE」でかなり極め込んでいますが、

    それとは相反した感じの癒しのグリーンスペース。

    都会の中のオアシス、なんて言葉がぴったりハマリそう〜 そんなお宅です。

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop