09.NDオーナーのライフスタイル

BLOG一覧

「サンルーム色々・NDオーナーさんのセンスが凄い!」

03.ボタニカルライフ05.サンルーム06.家創りのヒント09.NDオーナーのライフスタイル

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

いままで、色々な用途や条件でサンルームを手掛けてきましたが、

どのサンルームの事例を見ても、NDオーナーさんのセンスが凄い!

そして、おうち愛に溢れ、暮らしを楽しまれている様子が画像からも伝わってきます。今回はそんなサンルームの事例を抜粋して紹介します。

 

 

 

◯猫ちゃん対策も考慮したグリーンルーム

好きなグリーンと猫ちゃんも寛げるスペースということで、吐き出しテラスサッシの室内側に細かい縦ルーバーの木製建具を組み込むことで、テラスサッシを開け放していてもルーバーから風を取り込むことが出来、猫ちゃんが外に脱出出来ない様に対策しました。インドアグリーンや家具のコーディネートもすべてオーナーさんによるものです。

 

 

 

 

◯大好きなインドアグリーンのためだけの部屋

家創りのテーマが「ボタニカルライフ」、約6帖ほどのスペースはまるでボタニカルショップの様に大好きなインドアグリーンで溢れています。水やり用のガーデンシンク、ハンギング出来るアイアンレール、天井も壁も自由にグリーンをフックでハンギング出来るように板張りに、大好きなインドアグリーンのためだけの専用の部屋です。

 

 

 

 

◯セカンドリビングとしてのサンルーム

リビングに隣接したこのスペースでは、明るい時は外を感じながら食事をしたり、夜にはキャンドルを灯しながら、家族で団らんしたり、ガラスに覆われた自然光が溢れる、第二のリビングやダイニングとして活用されてます。また、ここでは奥様の自宅サロンとして、アロマセラピー教室なども行われていて、開放スペースとしてサロンに来客するお客様に、非日常な心地よい異空間を提供しています。

 

 

 

 

◯中庭をサンルームとして増築

イメージは「MAISONS en French」

家創りの中での大きなテーマの一つに、オーナーが何年もかけて集めてこられた、アンティークの家具や小物、食器などがデザイン的にしっくりと収まる空間にしたいということがあり、フランスの郊外のメゾンをサンルームに再現しました。実用性としては雨の日の物干しスペースとしても活用します。

 

 

 

 

◯ルーフトップガーデンと隣接させたペントハウス

南青山・骨董通りの裏手に都会の喧騒を忘れてしまいそうなルーフトップガーデン、それに隣接させて作られたペントハウスです。ガーデンにはトマトやキュウリ、ナスなど野菜が育てられ、冷蔵庫にはキンキンに冷えたビール。暮らしを楽しむためのアウトドアスペースとして計画されました。

 

 

Withコロナで家創りのあり方や、生活におけるプライオリティが明らかに変わってきています。そして家時間の重要性が取り上げられてきています。「サンルーム」そんな暮らしのヒントになれば良いですね。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

「コロナ禍での大変身リノベーション提案!」

03.ホームバーのある暮らし03.自宅がお店04.リゾートスタイル04.和モダンスタイル06.家創りのヒント09.NDのオーナーさん09.NDオーナーのライフスタイル12.リノベーション

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

世の中まだまだ落ち着く気配はなく、むしろ全国的にはコロナ感染者数が増えている状況。ロックダウンをせず、経済活動は動かしながらという日本型の政策が問われるのはこれからですね。老若男女関わらず、国民一人ひとりの意識が大切です。みなさんも三密を守りながら、あと少し辛抱していきましょう!

 

コロナ禍において、家の中での過ごし方や暮らしの価値観、プライオリティが本当に変わってきたな〜と感じる昨今ですが、僕らの業界においても、家での過ごし方をいかに豊かに楽しくしていくか、というテーマでちょっとしたリフォームや模様替えが増えてきている、とも聞いております。

 

そんな中、今回はいまデザインを進めているリノベーションのお宅の事例のお話をさせていただきます。そのお宅は築年数の経った、和のデザインを取り入れた趣のある住宅。外観的にはその佇まいを残しながらも、メンテナンスをしっかり入れ、内部は老朽化した設備を入れ替え、断熱も最新のものとし、趣は残しながらもレイアウトもイメージも大幅に変えていこう、という全面リノベーションの計画になりました。

 

リビングゾーンはいまあるデザインを最大限に生かしながら、「和の印象」を少し「アジアンテイスト」にふっていこうということで、イメージとしては租界時代の文化が融合した世界観をモチーフにしていきたい、というオーナーさんからの要望のもとこのようなスケッチでデザイン提案しました。

 

 

このプランを進めていた時期はコロナも、まだいまほど騒がれていない時期で、はじめのオーナーさんの希望をヒヤリングした頃は、コンセプトの一つにここからこだわった音楽をミニライブで定期的に発信し、気の合う人たちがワイワイと集まってこれるようなそんな場所にしよう、そして街に開かれたサロン的な場所にしよう、インテリアのイメージは外観から発する和のデザインから全く印象を変えた、土っぽいリゾートの様なデザインにしたい。そんなオーダーをいただき、このようなスケッチでサロンのデザインを提案しました。

二階のフロアをぶち抜き、その分天井高のある大きな吹き抜けと、今までは自然光が取り込めなかった空間に吹き抜けからのハイサイド窓を設けることで、日差しもサンサンでいつも明るい空間になるような設計をしました。また大勢の人が高低差のあるベンチでミニライブが楽しめるような変則的なベンチ、そこはデイベッドとしてお昼寝コーナーにもなります。

このように、気の合う仲間たちがワイワイと楽しめるような、開放的な空間を創ろう!というのが当初のコンセプトでした。

 

 

 

ところが、その後コロナが世界的に広まり、その空間のコンセプト自体も一から見直していくこととなりました。まずは、大勢でワイワイと、、ということではなく、しっぽりとしたおもてなしの場にしていこう、というもの。そうなると大きくコンセプトも空間の表現も変わってきます。そこでオーナーから出されたテーマが、品の良い少人数対応のカウンターのある、小料理屋さんの様な空間にしたい、というもの。土っぽいリゾートの様な開放的な空間から、しっぽりとした和風小料理屋空間へ。なんと180度も違うインテリアデザインになってきました

しかし、それをなんなりとやってのけるのがネイチャーデコールマジック!(笑)

そして提案した新たなデザインスケッチがこんな感じです。上のスケッチと同じアングルからの見えがかりです。

開放的に光を取り込むためにぶち壊した天井は閉じ、窓には和風組子の障子を入れて逆に光を殺して、照明の調光で空間を演出。分厚い無垢のカウンター(出来れば桧が良いな〜)にゆったりとしたシート、カウンターの中からお客さんをもてなすような小料理屋スタイル。

要所、要所に和の趣を散りばめた、落ち着いた和モダンスタイルに大変身しました!

 

同じ空間でも、そこでどう過ごしたいか、どう楽しみたいかでデザインの提案は全く変わってきます。自分のライフスタイルをしっかり見つめたリノベーション、それこそが価値のあるリノベーションだと思います。

そして、その人のライフスタイルを空間にデザインするネイチャーデコールは、デザイン提案の巾を持ち合わせてますので、いかようにもデザインで生活に彩りをつけていくことが出来ます。

 

暮らしやすさは勿論のこと、自分にあった、自分だけのデザインを身にまとうことで、暮らしはより一層豊かに生まれ変わります。それがネイチャーデコールの提案するリノベーションのあり方です。

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

「ヒヤシンスハウス・スローな時間」

03.自宅がお店09.NDオーナーのライフスタイル

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

2010年に竣工した店舗併用住宅「Iさん」のお宅にメンテナンスの話で伺いました。

築10年目を迎えたこのお宅は、実に良い佇まいで、

オーナーさんが細かなところまで手をかけていただきながら、

味わい深い雰囲気を創り上げておられました。

 

店舗併用の二世帯住宅ということで、一階には小さなカフェがあります。

そのカフェは、隣にある公園の借景を取り込みながら、

緑と自然光の溢れる中で、こだわりのコーヒーと手作りケーキを提供する、

というコンセプトで生まれた「ヒヤシンスハウス」

 

 

 

 

 

小さいながら、一階と二階で階層を分けて計画されており、

気分を変えて、席が選べるように、

配置や椅子やテーブルのデザイン、ちょっとしたディスプレイを変えています。

どの席にいても、とても落ち着き、

なんか時間が止まっているような、スローな気分になります。

ひとりで長い時間、この空間でくつろいで帰られるお客さんも多いようです。

 

 

 

その中でも今回気になったのが、

オーナーさん自身が手作りされた、照明やちょっとしたディスプレイなどなど、

 

ひとつひとつがアートですね〜

強い主張があるわけではないのですが、

味わい深く、印象に残るもの、

 

サティの「生活の中に溶け込む音楽」の様に、この空間の一部として、

ごく自然に溶け込んでいるものたち。

そんな部分にとてもセンスを感じます。

 

 

 

こんなお店が、散歩して行ける距離で住宅街の中にポツンとあったら、

理想的ですね!

 

スローな時間の中で、週3日だけ営業をしているカフェ、

そして地域と繋がり、小さくても贅沢な時間と空間を提供していく、

こんなオーナーさんのライフスタイル、素敵ですね〜

 

お近くに行かれることがあれば是非、お立ち寄り下さい。

「ヒヤシンスハウス」 http://hyacinthhouse.web.fc2.com/top.html

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

「ライフスタイルと植物の濃密な関係」

03.ボタニカルライフ05.ガーデン&外構05.サンルーム09.NDオーナーのライフスタイル20.『ボタニカル・ライフ』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

2017年3月に竣工した「ボタニカル・ライフ」の家。

僕もお気に入りの家のひとつですが、久々にお呼ばれして行って参りました。

このお家の見所のひとつは、なんと言っても、リビングと繋がるグリーンルーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らし始めて約2年半が経過して、このグリーンルームは益々進化しています。

まさに、ボタニカルショップの様な多彩なグリーンや多肉植物たち。

時々グリーンも入れ替えたりと、今ではご夫婦で手をかけ育てているようです。

 

海や川に行ったときに拾ってきた流木がグリーンルームや部屋のインテリアとして

旅行の想い出と共に、上手にディスプレイされていて、

このグリーンルームを中心に、ライフスタイルと植物の濃密な関係、

本当に「ボタニカルライフ」を満喫されていました。

 

 

そして今日は、ご主人から、

今後のライフワークに関わる、とても意義のある、温かく夢のあるお話しが聞けました。

 

また近い将来、お力添えになれることを心待ちにしております。

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

 

「是非、ご覧になって下さい!」

09.NDのオーナーさん09.NDオーナーのライフスタイル11.ネイチャーデコール11.メディア20.『ミシュラン2スター・鮨の名店』20.『地中海の白い家』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

お知らせです!

ご自宅のリノベーションがご縁で、その後屋上のお庭作り、そして

お店であるお鮨屋さんと、住・職、全てに関わらせていただき、

その後も家族ぐるみで仲良くさせていただいている、

大田区・初音鮨の中治さんご夫婦。

いまではミシュラン連続11年、

海外からのお客が殺到する予約の取れない

人気店となってしまいましたが、

彼らの人生は、山あり谷ありの紆余曲折が、、

 

そんなことが、NHKの「逆転人生」で取り上げられます。

そして、司会はいま逆転人生で話題のやまちゃん、山里亮太。

直前のお知らせとなってしまいましたが、

本日6月10日(月)午後10時〜  NHK「逆転人生」

 

笑いあり、涙ありの感動の50分になるでしょう〜

みなさん、是非是非ご覧になって下さい!

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

https://www4.nhk.or.jp/gyakuten-j/x/2019-06-10/21/19827/1795012/