Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

09.NDオーナーのライフスタイル一覧

  • 2018/06/10

    「好きなモノだけに囲まれた暮らし」

    08.アート&ディスプレイ09.NDオーナーのライフスタイル20.「サファリスタイルの家」

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    昨年の年末に完成した、「サファリスタイルの家」

    竣工写真の撮影に行ってきました。

    台風の接近、ということもありギリギリまで天候が気になりましたが、

    何とか雨は回避出来、むしろ室内は安定した光の中、綺麗な撮影が出来ました。

     

    さふぁ.1

    今日も早朝から遠方撮影、ご苦労様です!

    いつものウルシーさんと板垣ちゃんの登場〜

     

     

     

     

     

     

    ネイチャーデコールのオーナーさんには、いつも感心させられます。

    どなたも皆、家の設計に合った、スタイルをもった暮らしをしています。

    この家のテーマは「サファリスタイルの家」ということで、家の設計が進められてきました。

    住み始めてまだ、半年なのにその空間はすっかり自分たちの好きなスタイルで

    隅々までディスプレイされていました。

     

     

    さふぁ.2

    サファリバンガローの自由な感じで、外にも中にもハンモックが。

     

     

     

     

     

     

    さふぁ.3

    さふぁ.4

    さふぁ.5

    さふぁ.6

    さふぁ.7

    さふぁ.8

    さふぁ.9

    各コーナーごとに、テーマを決めたアフリカンアートや、

    サファリをイメージさせる小物達で演出。

     

    お部屋の中のどこを切り取っても、

    自分たちの好きな世界観で統一された、こだわり。

     

     

     

     

     

     

    さふぁ.10

    リビングから繋がる、カバードポーチの下で、寛ぐファミリー。

    奥さんのお腹には第二子が、

     

    好きなモノだけに囲まれた暮らし! 生活をエンジョイしてますね〜

     

    近々にホームページ内WORKSに事例をアップしますのでお楽しみに!

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/05/27

    「にぎやかな家族が加わりましたー」

    03.ペットと暮らす03.ホームパーティを楽しむ03.庭で過ごす04.サンタフェスタイル09.NDオーナーのライフスタイル09.大浦比呂志 LIFE

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    新緑の鎌倉、

    以前リノベーションをさせていただいた「サンタフェリノベーションの家」の

    オーナーさんにBBQのお誘いをうけ、家族皆で遊びに行ってきました。

    三方向が緑で囲われたこの地は、近隣の視線も一切気にならない

    完全なるプライベート空間。

     

     

     

    鎌倉.1

    到着した頃には、大勢の人達で賑わっていました。

     

     

     

    鎌倉.2

    カバードポーチからも緑が溢れています。

     

     

     

     

     

    鎌倉.3

    ニコルもサンディも、かまってくれる人が沢山で、

    終始笑顔の大満足の様子。 犬も笑うんですね〜

     

     

     

     

    鎌倉.4

    そして、本日の一番の目玉はこの家の新しい家族に迎え入れられた

    バーニーズ・マウンテン・ドッグの2頭の子供達、「トントン」と「ドール」

    まだ3月に生まれたばかりの赤ちゃんで男の子と女の子の兄妹。

    なんと、宮崎県まで会いに行って引き取ってきたらしいです。

     

     

     

    鎌倉.5

     

    鎌倉.6

     

    鎌倉.7

    もう、やわらかくフクフクで目が優しく、本当にかわいい!

    みんなでメロメロでした。。

     

    実は昨年、この家の愛犬イエローラブの「りんちゃん」が亡くなり、

    後を追うようにまだ若かったバーニーズ・マウンテン・ドッグの「ナナちゃん」を亡くし、

    しばらく寂しい日々を送っていましたが、今度はまた賑やかなパートナーが仲間入りです!

     

    わんこはいつも場の空気を柔らかく、癒してくれますね。

     

     

     

     

     

    鎌倉.8

     

     

    喧噪から離れ、この場だけ時間が止まっているよう。

    人も犬も楽しく、リラックスした一日でした。

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/05/04

    「アーティスティックな暮らしぶり」

    03.ウィークエンド・ハウス03.ギャラリーハウス(趣味の家)08.アート&ディスプレイ09.NDオーナーのライフスタイル09.大浦比呂志 LIFE12.別荘

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    完成して10年目を迎える伊豆高原のウィークエンドハウス

    毎年この時期になると、別荘(アトリエ)を開放してアートギャラリーへ、

    伊豆高原では5月1日〜20日ころまで、地域全体でアートフェスティバルが行われます。

     

    以前、このブログで紹介しましたが、

    毎年、高原の新緑の中このオーナーさんに会いに写真展に行く、

    というのが我が家の恒例行事にもなってます。

     

     

     

    伊豆.1

     

    今年から、「伊豆高原アートフェスティバル」というイベント名が、

    「伊豆高原 五月祭」という名前になったようです。

    緑溢れる、高原の中にしっとり佇む外観。

     

     

     

     

     

    伊豆.2

    今回のイベントは二人展で、モノクロ写真が作風のオーナーさんとは対極に

    色鮮やかな風景写真が作品の女性フォトグラファーとの展示。

    エントランスホールはそのコーナーとなって迎えてくれました。

     

     

     

     

    伊豆.3

     

    伊豆.4

     

    伊豆.5

     

    伊豆.6

     

    伊豆.7

     

    伊豆高原.2

     

     

    家全体がこのようにギャラリーとなるように当初から計画され、

    モノクロの写真が生きてくる、色使い・素材構成で考えてます。

     

    大作が納まるような大きな壁、

    白壁とは表情を変えて見せたい作品のために、

    アクセントとなる色を配した壁など、壁にも表情をもたせています。

     

    ギャラリーで見るような、作品にスポット照明を当てるようなことは極力避け、

    自然光で生の色を感じられるように、家全体が自然の光で溢れるようにしました。

     

     

    このアトリエが完成して10年経ちますが、

    作品の展示・発表の場としての「ギャラリー」、

    製作活動やワークショップの場としての「アトリエ」

    そして自然の中、精神の解放の場としての「別荘」として

    十分に生活を謳歌されていました。

     

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/03/23

    「下町の小さなパン屋さん」

    03.自宅がお店09.NDのオーナーさん09.NDオーナーのライフスタイル

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    今から10年前に竣工した、親子二人のための小さな家

    設計の打合せをしていた頃は、小学生の娘さんが今では立派な大学生に。

    そのオーナーさんから再びお声かけいただき、

    今度はご自宅の敷地内の一角に「小さなパン屋さん」を作りたいとのお話。

    しばらく勤められていた会社を退社し、一念発起しての決断らしいです。

    会社退社と同時にパンの学校に通い、実際パン屋さんで経験を積みながら、

    いよいよ自分のペースで、自分らしいパン屋さんを作る。

     

    家創りからはじまったご縁で、今度はそんな夢のお手伝いができるなんて、

    とてもありがたい事です。

     

    町に愛される、小さなスタンド型のパン屋さん。

    今年の秋を目指してこれから進めてまいります。

    また、進捗はこのブログでお知らせしますね。

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

    小さなパン屋さん

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/12/14

    「雑誌掲載のお知らせ」

    09.NDオーナーのライフスタイル11.メディア20.『ボタニカル・ライフ』

     

    雑誌掲載のお知らせです。

    12月はじめに既に書店・コンビニエンスストアでは並んでおりますが、

    光文社「VERY 1月号」に横浜市の「ボタニカルライフの家」

    4ページに渡り掲載されました。

     

    ご存じの通り「VERY」は、子供をもつ30代〜40代の主婦層を

    メインターゲートとした女性ファッション誌。

    この雑誌の中で連載されている「日曜日の風景」というコーナーで掲載されましたが、

    実はこの連載も今回で77回目となり、ファッション誌の中において

    自然な家族のライフスタイルのワンシーンを切り抜いていく企画として人気の連載コーナーにもなってます。

     

    以前にもご紹介しましたが、この連載のムック本も出ており、

    その中にネイチャーデコールの家も4件ほど紹介されております。

    うちのオーナーさんもよくこの本に付箋を沢山付けて打合せの時に持ってきたりと、

    かなりその世代の奥さま層に支持されている本のようです。

     

    今回取材された横浜市の「ボタニカルライフの家」の奥さまも、まさにこの連載が

    以前から大好きだったようで、このムック本が打合せでも大活躍でした。

    しかし今度は見る側ではなく、取材されて載る側となって、

    ご本人にも大変喜んでいただけました。

     

     

     

    ベリー.3

    ベリー.1

     

    ベリー.2

     

    テーマはやはり、この家の一番の特徴である「グリーンルーム」が中心で、

    ご家族の幸せそうな笑顔が本当に良く写し出されています。

    将来振り返って見ても、素敵な思い出になるワンシーンですね。

     

    細かなインテリア小物の紹介などもありますので、是非手にとってご覧になって下さい。

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop