Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

01.アイアン一覧

  • 2018/07/04

    「30年ぶりに訪れた工房」

    01.アイアン09.想うこと

     

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    いま進めているショップの提案に向け、なんと30年ぶりに伺った、とある工房。

    デザインの世界に入り独立前のまだ駆け出しの頃、

    このアトリエに行けばなにかヒントがあるのではないかと、何時間もこの工房で

    素材を手に取りながら、気さくな工房の主と時間を費やした。

    そんな感じで、ここには今も昔もモノ作りに熱心な若者が後を絶たないらしく、

    いまでは、主の孫よりも若い学生がなにかを学びに来るらしい。

    そしてこの工房からは、誰でもがどこかで目にした事がある、トレンドショップの

    オブジェや造作物、アイアンワークが誕生し世に送り出されている。

    数々の著名なインテリアデザイナーのお抱えの工房でもある。

     

     

     

    さい1-1

     

    さい2

     

    さい3

     

    さい4

    アトリエの入口も、2階への階段も、置いてあるもの一つ一つがなにか語りかけてくるよう。

    40年も前にこの空間は自分で手作りし生み出したものらしい。

    時間を掛け丁寧に作られたモノ達は有機的で動きのある唯一無二なかたち。

     

     

     

     

     

     

     

    さい5

    30年前に来た頃と一つも変わらないこの空間。

     

    気さくでアーティスティックなご夫婦との打合せはとても楽しく、

    色々な素材を手にしながら、工房をまわり打合せしていくうちに、

    あっという間に4時間も経っている。。 このスローな流れが懐かしい〜

    そして、打合せの中盤頃には大瓶のビールを開けながらのスタイルもその頃のまま。

    いまはノンアルコールビールになってしまったが(笑)

     

    工房の隣にダイニングがあり、2階のアトリエの脇には寝室がある、

    まさにモノ作りとともに密着した生活。

     

     

     

     

     

    さい7

    この工房の主も、今年でもう73才とのこと。

     

    主の言葉で、

    「ものごとのブームは10年の周期でくるように感じてる。

    はじめになにかに動かされ5年6年で落ち着きまた次の流れがくる、

    それでもそれを続けていくと10年目にまた解釈を変えてそのブームが戻ってくる。

    どうもその繰り返しのように思う。そうして自分の幹を少しずつ太くしていく。

    商売的には大きな爆発はないけどね、、、笑 」

     

    自分には、なんかとても身にしみる言葉であった。

    こんな風に年を重ねられたら、なんて幸せなことか。

     

    帰りしなに工房の奥さんから掛けられた言葉

    「楽しんでますね〜」

    、、、そんな事を言ってもらえることが、嬉しかったなー

     

     

    30年ぶりのお手合わせがいまからとても楽しみになってきた。

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/08/26

    「定番化している人気のアイテム・アイアン&ガラスパーテーショ…

    01.アイアン02.ガラス06.家創りのヒント

     

    ネイチャーデコールの家では、定番化している人気のアイテムのひとつ、

    それが「アイアン&ガラスパーテーション」です。

    私どもの過去の作例をご覧になったお客さんから、設計のオーダーの中で

    是非組み込んでもらいたい、そんな要望が多いものです。

     

    価格的にもかなり高額になってしまうアイテムですが、

    それでもその意匠性と空間に与える役割としてもまだまだ人気があります。

     

    以前のブログの中でも、効果的な活用法とインテリアデザインにマッチさせた

    事例を細かく紹介させていただいてます。

    「まだまだ人気のアイアン&ガラスパーテーション」

     

     

     

     

    そしてここ最近の事例もご紹介します。

     

     

    1. 玄関ホールの風除室部分に設置. 1

    アイアン.1

     

     

    2. 玄関ホールの風除室部分に設置. 2

    アイアン.6

     

     

     

    2. 玄関脇のホームオフィスのパーテーション&ドア

    アイアン.2

     

     

     

    3. 皆が集まるダイニングからも見える、音楽ルームのドア

    アイアン.3

    アイアン.4

     

     

     

    こんな感じに、色々な用途で使われているのが、

    「アイアン&ガラスパーテーション」です。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/03/03

    「まだまだ人気のアイアン&ガラスパーテーション」

    01.アイアン02.ガラス06.家創りのヒント

     

    ネイチャーデコールの家で人気のアイテムのひとつに「アイアン&ガラスパーテーション」

    があります。ここ10年くらい前から人気でもう定番化されそうなものですが、

    アイアン&ガラスパーテーションは、パリスタイル・カフェスタイル・

    ロフト&SOHOスタイル・フレンチスタイルと色々なデザインスタイルに

    融け込みマッチします。

    キリッとしたスチールの細いラインとその質感が空間を引き締めてくれます。

     

    それでは、どのような場所でアイアン&ガラスパーテーションを利用しているか、

    効果的な活用法とインテリアデザインにマッチさせた過去の事例をもとに、

    ケース毎に見ていきましょう。

     

     

     1. 階段ホールや廊下の仕切りとして利用したケース

    パーテ.1

     

    パーテ.2

     

    パーテ.3

    なかなか光が取り込みにくい階段ホールや廊下の仕切りなどの大きな面に使用。

    ガラスにすることで、他の窓から室内へ光を取り込んだりする場合に効果的です。

    また、ガラスを使い部屋を繋げて見せていくことで、階段ホールや廊下により広がりを

    感じさせることが出来ます。

    この写真から、想像して下さい。これが普通の壁であったらこのような開放感は

    感じられないと思います。

     

     

     

     

    2. キッチンの間仕切りとして利用したケース

    パーテ.4

     

    パーテ.5

     

    パーテ.6

    キッチンにこもって、ひとり黙々と料理を、、なんて楽しくないですよね。

    キッチンに居ても、ダイニングの様子が感じ取れたり、声を掛け合えたり、

    そんなイメージで緩く仕切る時に効果的です。またキッチンってどうしても作業してると

    散らかりやすい場所。そんな場合でもアイアン&ガラスパーテーションがあることで、

    手元を隠してくれたりと、オープンなキッチンに比べて気を使わずにキッチンで作業できる

    そんな利点もあります。

     

     

     

    3. キッズルームの間仕切りとして利用したケース

    パーテ.7

     

     

     

     4. ホームオフィスの間仕切りとして利用したケース

    パーテ.9

     

     

     

    5. わんちゃんのドッグスペースとして利用したケース

    パーテ.10

     

     

     

    6. 吹き抜けを見下ろすDENとして利用したケース

    Exif_JPEG_PICTURE

     

    このように、アイアン&ガラスパーテーションは、

    その家のライフスタイルに合わせた色々な用途としての利用法があります。

    ポイントとしては、壁として完全に仕切ってしまうのに比べ、

    人の気配が感じる程よい距離感と

    ガラスにより緩く空間を繋げていく事で部屋自体が広く感じます。

    そして、アイアン&ガラスパーテーションを使う事でその場所はその家の特別な場所にもなり

    空間のアクセントになってくることは間違いないでしょう。

     

    機能を満たすだけでなく、デザインスタイルに合わせて

    よりデザイン性をアップさせていく役割が、

    「アイアン&ガラスパーテーション」ではないでしょうか。

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/12/09

    「図面の中に表現しきれないモノって、、」

    01.アイアン02.タイル02.ブリック02.古材02.左官02.石04.ロフト&SOHOスタイル09.想うこと11.ネイチャーデコール20.『TOKYO LOFT STYLE』の家

     

    家作りにおいても、ものを事前に目で見て納得して買う、、

    それは、カタログだったり出来ているモノが展示されているショールーム

    だったり、、それが多分世の中の一般的な家の売り方でもあり、しっかりした

    モデルルームを持った、ハウスメーカーなどのやり方です。

     

    ところが、ネイチャーデコールの家には、図面の中の線や仕上げ表で

    表現出来ないモノがとても多いのです。

    実際のモノが、現物として事前に目にすることが出来ない、、

    新規のお客さんにネイチャーデコールの家の特徴を話すときのひとつに、

    そんなことをよく口にしますが、それでは実際にそれってどういうモノなの?

    という部分について、過去の事例から具体例をご紹介します。

     

    図面の中で表現でないもの、光や影・空気感・など感覚的なものも含め

    いくつかありますが、

    その中でも、今回はネイチャーデコールの家で最も特徴的な

    「素材・マテリアル」についての話しをしていきます。

    「素材」もカットサンプルや色見本で部位としての確認はして頂く事は

    出来るのですが、それが空間の中に立ち上がってきて、

    他の素材とどのように影響し合っていくかは、もはやイメージスケッチを

    見ながら、頭の中で想像してもらう、という部分が必要になってきます。

     

    今回の事例は、2011年完成の「TOKYO LOFT STYLE」の家。

    僕の中での自信作の一邸です。

     

    1.木の表現

    描けない.木1

    古材を使ったヘリンボーンの床

     

    カットサンプルを並べて事前に確認してもらいますが、

    古材の配置や色の濃淡、木目の感じや表面のプレーナーの処理で

    表情はかなり変わってきます。

     

     

     

     

    2.左官のテクスチャー

    描けない左官.1

    描けない左官.2

    描けない左官.3

    一番上は、室内の珪藻土のテクスチャー

    真ん中は、外部左官のテクスチャー

    一番下は、フランス漆喰アバナ

     

    これらの素材は、A4サイズの仕上げサンプルで事前に確認頂き、

    実際に現場で仕上げる時に再度立ち合いの上、テクスチャーを最終決定

    していきます。

    A4サイズのサンプル見本からこの左官のボリュームをイメージするのは、

    やはり一般のお客さんには難しい様です。

     

     

     

     

    3.石やタイルのバランス

    描けない石.1

    描けない石.2

    描けない石.3

    描けない石.4

    どれも、ネイチャーデコールの家ではおなじみの石やタイル、ブリック

     

    ここでポイントになってくるのは、素材ひとつひとつに表情があるので、

    それを大きな面に施工した場合の配置や色バランスです。

    同じような色やかたちを近づけ過ぎないで適度にばらしていく。

    目地の巾や色、そして目地の深さなどでも仕上がりの印象が変わります。

     

     

     

     

    4.スチールの表情

    描けない鉄.1

    描けない鉄.2

    描けない鉄.3

    鉄の素地の「黒皮」の状態をどのように自然に見せていくか。

     

    塗装の仕上げで色付けをしない鉄本来の「黒皮」の状態はとても良いもので

    自然素材の家にも馴染みます。

    ただ、素地がそのまま現しになると、鉄の黒い汚れやいずれ錆びてしまう、

    そこで、使う場所場所で鉄の素地感を生かした、仕上げ方を変えていきます。

     

    特に真ん中の写真の様なキッチンカウンターの上などは、光沢の出ない

    ウレタンでコーティングしていくなど、気を使う場所です。

    このような場所では、ウレタンを施してもいずれ色も落ちてきたりどんどん

    変化をしますが、それも楽しめる包容力も必要ですね。

     

    一番下の写真は外部で使用した場合。正直、鉄の素地感というのもからは

    かけ離れてしまいましたが、ここはやはり外部なので錆びや耐久性を優先しての

    選択で、全体的にはハンマートーンの塗装を施しました。

     

     

     

     

     

    5.個々の素材を組み合わせていくと、、、

    描けない組みあわせ.1

    描けない組みあわせ.2

    描けない組みあわせ.

    それらのひとつひとつの部位を組み合わせていき、

    このような空間が生まれていきます。

     

    こうして見てもらうと、ネイチャーデコールの家はひとつひとつの

    素材の持ち味や特徴を吟味し、それを全体に組み合わせたときの

    バランスを俯瞰でイメージしながら、積み上げていく。

    そんな家の創り方になってきます。

     

    確かに「家」とはとても高価なものです。

    そんな高価なものなのに、モノを見て納得して決められない、、、

    そこは勿論わかりますが、大切なのはモノ単体ではなく、

    個の素材がオーナーの求める全体感にマッチした空間であり、

    コーディネートのバランスとセンスです。

     

     

    家創りのコンセプトを明確化し、

    個対応でオーナーの求める独自の世界観を具現化していくためには、

    カタログやモデルルームではわからないもの、見えてこないものが、

    実は一番必要なのではないでしょうか。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/09/10

    「雑誌の撮影と取材が行われました」

    01.アイアン03.庭で過ごす05.アウトドアリビング(軒下・カバードポーチ)05.ガーデン&外構05.二階LDK09.NDオーナーのライフスタイル11.メディア

     

    本日は、雑誌の撮影と取材が行われました。

     

    雑誌はハウジング誌で、扶桑社「住まいの設計」

    今回の取材テーマは、「ガーデンハウス」

    建築とガーデンのコラボレーションによってつくられた家ならではの、

    心地よさ、快適さ、楽しさを中心に一軒の家全体を取り上げていく取材です。

     

    今回も、初期段階からいつものガーデナー、ガーデン&ファニチャーさんとの

    コラボでデザインしていきました。

     

    木原.1

    ガーデンの写真撮影も多かったので、天候が気になりましたが、

    今日は、朝からの青空、晴天に恵まれました。

     

     

    木原.2

    木原.3

    玄関脇からのガーデンスペース。

     

    オリジナルデザイン制作品のアイアン門扉から導かれる

    パーゴラをかけた、石畳のガーデンアプローチ。

     

    この時期なので、お花は見れませんが、

    春には、このパーゴラに綺麗なバラで溢れるようです。

     

     

     

    木原.4

    外から直接、2階のアウトドアダイニングに行ける、外階段回りも

    しっかり統一感を出しながらデザインをしています。

     

    木原.7

    階段を上がりきると、キッチン前のテラススペースへ。

     

    キッチンから出て、すぐにハーブを使えるよう、外にはキッチンハーブが。

     

     

     

     

     

    木原.5

    木.2

    階段下は、こんなコーナーで、ガーデン用シンクやガーデングッズがしまえるような

    おしゃれなベベルサイディングを使った、ガーデンシェッドになってます。

     

     

     

    木原.6

    木.1

    2階リビングからの、アウトドアダイニングの光景。

     

    この家は、緑溢れる西側隣地の公園の借景を取り込むために、

    2階LDKで計画されました。

     

    外には、緑しか見えず都心でありながら、どこかのリゾート地に来たかのような

    この景色は、一番の癒し&リラックスポイントになっているようです。

    ここで、ビールを飲んだりホームBBQをしたりが、週末の楽しみとのこと。

     

    住み始めてちょうど6年目になりますが、とても温かくコージーな風が流れていました。

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop