20.『プリンスが出てきそうな家!』

BLOG一覧

「難航を重ねた航海ですが、ようやく引渡しに漕ぎ着けました!」

00.現場20.『プリンスが出てきそうな家!』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

葉山の地で建設していました「仮称・プリンスが出てきそうな家」

ようやく、室内側が完成し昨日引渡しを迎えることが出来ました。

 

この家は、設計の段階から工事の間まで本当に難航した航海でした。

そして、まだ外構工事も残っているので、まだまだ継続中ではありますが、一旦はオーナーさんの希望をほぼほぼ形にし、室内側を完成させることが出来ました。

コスト、土地探し、構造、住宅性能、メンテナンス性、デザイン、導線、眺望、照明計画、空間の波動、耐久性、ランニングコスト、細かな素材選び、等々、、ソフトな面からハードな面まで多方面のこだわりと希望、そこにオーナー独自のこだわりとライフスタイルを反映させていく。通常はプライオリティを整理しながら内容を精査して固めていくのですが、このオーナーさんにとってはそのどれもが大事。そして情熱的! こうなると、ハウスメーカーの様な規格の家では納まりきらず、また固定化したスタイルを持っている様な設計事務所では対応できず、、それが注文住宅だ、と言ってしまえばその通りではあるが、ハッキリ言えることは、それを実現するにはネイチャーデコールのプロジェクトチーム以外では絶対に成し得なかったということ。これだけは断言できます!

 

はじめてやることも含めトライアンドエラーを繰り返し、いろいろな意味で想い出がてんこ盛りの家創りとなり、ひとつひとつの過程にすべてストーリーが満載。「難航した航海」とはそんなところからでしょうか。 *いままでのブログ記事も御覧ください。

 

この仕事が始まる前にいただいた、オーナーのKさんからの熱いメッセージが今でも忘れられません。それは長い長いメッセージのなかのほんの一節ですが、「大浦さんの人生物語の登場人物の中に僕ら夫婦もキャスティングしてもらいたいので、宜しくおねがいします」というもの。

この引渡しの日を迎えて感じることは、しっかりと僕の人生物語の中のキャスティングとして深く刻み込まれました、ということでしょう(笑)

 

なかなか画像では、出来上がりの過程までが表現しきれないのですが、そのお宅をダイジェストでご紹介します。

 

 

◯エントランスホール

間口を広く取り、一直線に奥にのびるこの部分は「廊下」とは呼ばず、「ギャラリーコリドー」として、オーナー自身が今まで集めてきた絵や調度品、ランプや家具などをこれからこの壁面にディスプレイしていきます。

 

 

◯ゲストルーム

エントランスホールの脇にゲストルームをレイアウトしました。重厚感のあるアンティークの蔵戸を開けると、京土壁の稲荷山黄土と半畳畳、繊細な組子の書院戸、ここは純和風空間。

 

 

 

 

◯ダイニング〜キッチン

2階に上がると、まずダイニング〜キッチンゾーン、ダイニングとリビングもオープン型の造り付け壁面収納を通して繋がって見えてきます。モダンでソリッドな空間に質感のあるアンティークバンブーフローリングで柔らかさを調和させています。ガラスの外の景色を取り入れた緑あふれるオープンキッチンは「kitchenhouse」のもの。トーンや質感を変えたグレーの配色がこの空間の特徴で、その下地にはすべて麻炭石灰プラスターを塗っていて、これが高波動空間として作用します。

 

 

 

◯リビング〜2ndリビング〜サロン&ライブラリー

屋根勾配を生かした高天井のリビングゾーン、77インチの大きなモニターが迫力満点。そこから30センチ下がったところにお籠りスペースとしての2ndリビング、更にリビングから170センチ上がったところに、葉山の眺望を取り込むためのサロン&ライブラリーゾーン。3層のスキップフロアがこのコーナーの特徴で、それぞれに違った過ごし方が出来ます。

 

オーナーがいままで自宅マンションにコレクションしてきた家具や照明、ディスプレイがバッチリと新しい空間に納まるようにして欲しい、というオーダーも具現化しました。

 

この家では店舗並みのライトコントロールの切り替えスイッチが随所にあり、夜のライティングの演出ではかなり細かな調光バリエーションで組むことが出来ます。

 

 

 

 

 

これは、初回プレゼンの時のスケッチ。

リビングもダイニングも細かな微調整はありますが、ほぼはじめに想定した通りの世界観を創りあげることが出来ました。家具がトータルでセットアップされえるのが今から楽しみです。

 

 

 

◯パウダールームまわり

ご希望のグリーン系カラーを盛り込み、パウダールームなど水回りも印象的なタイルを使いデザインしています。広さ感もゆったりしていて、これも人を迎え入れる商業施設のようですね(笑)

 

 

 

 

 

 

水回りも、ほぼファーストプレゼンの構想通りに出来上がりました!

どれだけ難航しても必ずはじめに決めた行き先まで行くのが、ネイチャーデコールの家です。

 

 

 

これから、年末〜来年に向けて外構計画、ガーデン計画を実施していきます。

まだまだ物語は続きそうです 汗、、

 

引き続き、こちらからご紹介して参りますので、お楽しみに!

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「この眺望を手に入れるために」

00.現場03.眺望を取り込む20.『プリンスが出てきそうな家!』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

昨日、葉山の住宅「仮称・プリンスが出てきそうな家」の内部引渡し前の施主&設計検査が行われました。

そもそもこのオーナーさんとのはじめての面談が2017年の6月。土地探しからスタートしたこの家創り。その当時から場所は、緑も海もある自然環境に恵まれた「葉山」の地を希望されていて、その間何件も土地を一緒に見て回りました。

 

いつの間にか外は暗くなっていて、午前中から夕刻まで掛けての検査でした。

 

外から見た夕景の家はキラキラとしていました。

まわりにあまり強い光がないせいかこのあたりは星も凄くきれいです。

 

 

 

 

 

何件もの土地を見ながらこの場所に決めた一番大きな理由が窓からの眺望です。

近隣との視線を避けるため、2.5階のSALON&LIBRALYを作り、少し高い位置から外が望めるような計画にしています。

2階にあるリビングゾーンから約1700ミリ上がったフロアーにSALON&LIBRALY、そしてその下には天井高さを抑えたお籠りゾーンとして、2ndリビングを設けました。勾配天井を生かした大空間のリビングゾーンとそれぞれが印象の違うエリアとなります。

 

 

 

そして、2.5階のSALON&LIBRALYからの窓からの眺望がこれ!

遠くに相模湾、天気のいい日には富士山も望めます。

近すぎず遠すぎず、落ち着いた静かな海と周りの景色も合わせて楽しむのに丁度いい距離感。

マジックアワーのこの時間帯、絵画のような風景ですね。

 

 

 

 

ガラス越しの景色はまさにピクチャーウインド、

この眺望を手に入れたオーナーさんもご満悦です。

思えば、まだ計画段階のとき解体前の家の二階から屋根に登り、スケールを伸ばしながら四人がかりで窓の位置や大きさを検討していきました。あれは結構怖い想い出です。

 

「仮称・プリンスが出てきそうな家」、この家ははじまりからず〜と、濃厚な想い出とともに創り上げてきた感じです。小さなことから大きなことまで、オーナーさんの様々な理想を具現化するために、家の隅々まで関わった人の想いとそこにまつわるストーリーで埋め尽くされている、そんな家になりました。まだまだ終わったわけではありませんが、この夕景を見ながらここまでの長い長い道のり、少し感慨深くなってしまいました。。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

 

「高波動空間をつくる」

00.現場02.左官06.家創りのヒント20.『プリンスが出てきそうな家!』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

いま進めている、葉山の住宅「仮称・プリンスが出てきそうな家」では、オーナーさんの希望により、麻炭を使った高波動な空間をつくろう、ということでまた新たな試みをしております。

 

決して怪しい通信販売ではございませんので最後までお付き合いくださいね(笑)

 

まず、「波動」とはどういうものか、というところから説明させていただきます。

この世に存在する全ての物質(人間・生物・物体等)は、素粒子によって構成されています。そして、これらはすべてなんらかのエネルギーを出しています。エネルギーは、光や音、電波などと同じように固有の周波数と波長を持っています。これが「波動」です。波動は共鳴によって伝達されます。我々人間の想いや意識も波動であり、同様に伝達されます。つまり、全ての物質及び人の想いや意識もこれらに影響しあっている訳です。

 

そして「高波動空間」とは、世の中に様々な方法やツールを使って場の波動をあげる方法があるが、ここでは「炭」と「微生物」を使って高波動空間にしていこう、というものです。

今回使われる「麻炭」は、麻を炭にすることで、赤外線効果と麻独自のエネルギーと浄化力が高められると言われています。

 

その作業工程を順を追ってご紹介します。

 

 

◯ 土地からの波動を改善

土地のエネルギーを調整し大地と空間を結ぶことが目的

この作業は地鎮祭が終わり、基礎コンクリート工事の前に行います。

泥団子のような麻炭の塊を円を描くように埋め込み、その中に麻炭を水に溶かしサークル状に撒きます。結界を張っていくイメージですね。

 

 

 

◯室内の床下地にサークルを描く

土地のサークルと同様に、今度はもっと直接肌に近い、室内の床下地にサークルを描きます。

素材は麻炭石灰クリームで、この上からフローリングやタイルなど内装の仕上げをしていきます。

 

 

 

◯壁・天井に麻炭を塗る

室内の居室部分全ての壁・天井に麻炭石灰プラスターを塗っていきます。

部屋ごとに、左官仕上げ・タイル仕上げ・塗装仕上げと内装は変わってきますが、どの仕上げにおいても、下地にこのグレーの麻炭石灰プラスターを塗っていきます。

 

これが一連の作業工程になるのですが、では「高波動空間」をつくることで、実際にどんな作用があるの?というのが気になるところですよね。自分自身も今回の現場が初めてのことなので、まだ実体験として語れる話では無いのですが、この「炭と微生物と空間」を推奨し実践し続けている左官職人さんのお言葉を要約すると、心が整い、穏やかで幸せなエネルギーに満ちた空間になるようです。そして心が整うと体も整い、自分のリズムを本来の姿に戻してくれる、というものらしいです。

 

僕におきかえると波乗りで海に入水すると海のリズムで浄化され心が整う、そんな感じに近いのかもしれません。

 

いずれにしても、とてもネイチャーデコールのコンセプトに近いものを感じます。

 

 

「高波動空間」の作用をまとめると

●心身に付着したマイナス波動の浄化しリセットする

●心身のエネルギーを高めて活性化する

●マイナス波動からの保護

●感情の癒し・精神の安定

●自分らしさを表現できるようになる

●仕事や勉強など作業や思考に集中できるようになる

 

また、今後が楽しみなお宅ですね!

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主催)

 

 

 

 

 

 

 

「気密性能測定結果 C値0.5!」

00.現場06.断熱11.ネイチャーデコール20.『プリンスが出てきそうな家!』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

ここのところ、このブログでも気密断熱に関する、住宅性能についての話が多くなってしまってますが、今日はいよいよ今までやってきたことが、数値となって試される日です。

ネイチャーデコールの新しい住宅性能基準では、気密性能測定(C値測定)を「気密断熱工事完了時」と「工事完成時」の2回行い、気密性能の確保を標準として行います。今日は進行中の葉山の家で、その1回目の気密性能測定の日です。

それもオーナーさん立ち会いということも有り、朝から現場も緊張感漂うムードです。^_^;

 

 

 

 

 

気密性能測定(C値測定)は専門の気密測定業者が上のような測定器を使い、換気口など計画的にあけた穴を全部ふさぎ、室内の空気を送風機で強制的に外に排出します。この時に生じる気圧差と風量でC値を算出します。

値が小さいほど気密性能が優れている、ということです。

C値に関しては、どんなに最高の建材を使っても、腕の悪い職人が施工すると精度が低く、隙間の大きい家になってしまいます。

C値を測定することは、その家を施工した職人の腕が試されるということなんです。

 

 

 

測定がはじまりしばらくすると、壁も天井も気密シートがパンパンに膨らみ引っ張られていく様子がわかります。他に隙間や穴があるとそちらから引っ張れれていくため、いかに隙間が少ない家であるかが既に感じ取れますね。

 

 

 

 

気密測定1回目の結果です。

 

やりましたC値0.5!

 

0.5という数値がどういうことかというと、1階も2階も合わせた、建物全体に対してハガキサイズの半分程度の隙間しか無い、ということです。更にそれを1回目の測定ではじき出した数値であるということ。本来は何度かの測定をしながら隙間の感じるところを手直しして塞ぎながら行っていくようです。この結果を見たときはオーナーさんはじめ、現場で関わってくれた大工さん、監督、設計監理者みなで歓喜しました。

正直、はじめての取り組みで、この結果が出せたということは本当に驚きでした。

数々の測定をしてこられた、気密測定の業者さんも、エコ住宅とか気密断熱工事を付加価値にしている建設会社でもなかなかここまでの数値は出せない、と驚いていました。特にネイチャーデコールの家の場合は変形していたり、ロフトやスキップフロアがあったり、開放性が良いデッキ繋がりの大きな掃き出し窓があったりと、、要はプライオリティの一番を気密断熱で設計した家ではなく、あくまでも快適でかっこいいデザイン性を何より尊重させた設計でのその結果であったからです。ブログをご覧になってるみなさんも、是非「大手ハウスメーカーC値ランキング一覧」なるものを見てください。気密断熱好きなみなさんがご存知の「某・◯条工務店」でも、平均測定値0.5は出ていないようです。

 

今回の葉山の家では、デザイン性・住宅性能・コストバランス・メンテナンス性と多岐にわたるご要望をいただき、設計段階からそして現場でもひとつひとつハードルを超えながらここまで来ましたが、ひとえにオーナーさんの高い理想と熱意が自分たち皆を引き上げてくれています。

この気密C値においても、1は切って欲しい、できれば0.5以下を目指したい!はじめにこれを要求されたときは皆で頭を抱えてしまいました。更にいうとお金をかけて専門業者を入れて現場発泡ウレタン吹付け断熱を使えばある程度の数値は見込めるが、お金を極力かけずに、大工さんがグラスウールと気密シートを使ってそのクオリティを目指して欲しい、というリクエスト。。そうなると、いつもの大工さんの腕を総動員して職人の技で最大限に出来ることをやるしかないね!そんな意気込みでこの工事を進めてきました。なのでこの結果は、設計監理力と施工技術力の確かな証明にもなるということですが、なによりこの結果を見てだれよりも先にオーナーさんが、現場で同じことを言ってくれたことが、皆にとっても一番のねぎらいのお言葉となりました。本当にオーナーさん、そして技を見せてくれた大工さんには感謝しかありません!

 

誤解がないように言いますが、当たり前ですがネイチャーデコールは気密断熱に一番の付加価値をおいた設計事務所ではありません(笑)

2020年4月から社内で改定された新しい住宅性能基準を設けたので今後はそれらを標準として大切に考えていきますが、あくまでも私達はデザインで豊かになる暮らし、ここがなによりも一番肝心だと思っております。デザインが人に与える力って本当に凄いことなんです。数値やスペックで測れないものだからこそ、価値のあるもので、ここは誰でもが出来ることではないんです。そんな想いとまたこれからの決意をあらためて感じ取れた、この気密測定の結果でした。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

 

「プリンスがでてきそうな家!」

09.NDのオーナーさん20.『プリンスが出てきそうな家!』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

以前こちらのブログでも紹介しましたが、

「クラシカルモダニズム」を希望されているお宅「K邸」

クラシカルモダニズムといいましても、あえてカテゴライズすれば、ということで、

一つの様式にはとらわれない、完全なる独自なスタイルになってきます。

ネイチャーデコールでもこの領域ははじめてなので、

デザインを進めていきながら、はやく具現化してみたい!

そんなおもいで、素材選びやデザイン、ディティールなどワクワクしながら

進めております。

 

これは初期段階の打合せで、オーナーのKさんが自分の実現したいイメージを

スケッチで説明してくれている様子です。

オーナーの熱量がビシビシ伝わってきますね〜

 

 

 

今回はインテリア好き、建築好き、デザイン好きのオーナーが、

いままで自宅マンションにコレクションしてきた家具や照明、ディスプレイを

中心にそれらがバッチリと空間に納まるような家にして欲しい、というオーダーから

はじまりました。

お持ちの家具も、自分でデザインして作ってもらったものや、アンティークなど、

とにかく濃厚でオリジナリティに溢れたものばかり。

今、計画している新しい家に納める家具などの一部をご紹介します。

 

 

なんかプリンスでも出てきそうですね〜

そう、はじめからプリンスのイメージが僕の中にはあって、

「プリンスがでてきそうな家!」 そんなことを頭の片隅に置きながら

プランの提案をさせていただきました。

 

 

そして初回提案のプランがこれ!

ファサードだけは、二度目の提案ですが、それ以外のインテリアシーンは

ほぼこのスケッチのイメージをベースに

更に肉つけしながら進んでおります。

 

 

 

 

 

 

 

図面にもこんな感じで、持ち込まれる家具や照明など実寸法で落とし込みながら、

スケールバランスをイメージできるように仕上げていきます。

 

自分の大切にしている、大好きな家具からはじまる家創り。

そんな流れも面白いですね!

 

この仕事が始まる前にオーナーのKさんからの熱いメッセージが今でも忘れられません。

それは長い長いメッセージのなかのほんの一節ですが、

「大浦さんの人生物語の登場人物の中に

僕ら夫婦もキャスティングしてもらいたいので、宜しくおねがいします」というもの。

こんな感じに、また熱量いっぱいの思いを共有しながら、

熱烈家創り、人生ドラマがはじまります。(笑)

 

 

場所は、遠くに海を臨む葉山。

工事は3月からのスタートで完成は10月以降の予定です。

こってりと濃厚な「プリンスが出てきそうな家!」

進捗はまたこのブログからお知らせしてまいります。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)