02.壁材・左官

BLOG一覧

「フランス壁 セニピエール」

01.アイアン02.壁材・左官02.左官04.パリスタイル04.フレンチスタイル07.アンティーク&ヴィンテージ20.『フレンチミックススタイル』の家

 

何年か前にPARISに行った時、建設中の新しいアパートメントを見て、凄くひかれる素材に出くわした。

画像1

画像1

画像1

景観条例の厳しいPARISでは、街並みの色や素材に揃えて新しい建造物を造っていく。という事が徹底されていて、そこで目についたのが、この石のような壁。

これは石積みではなく、なんと左官で作っているのです。

この自然なリアリティ 日本でも是非実現したい!
そして、帰国後早速近い素材を探しあてました。

 

画像1

その名は「フランス壁 セニピエール」
それで仕上げた事例がこの家のエントランスゲートです。

このセニピエールという材料は、鏝で削る様に施工していき、更にサンダーで磨き押さえして光沢感を出して、石をイメージして仕上げていく。

湿度、気候、を読みながら乾燥時間を計算し、経験と勘、そしてセンスの要求されるとっても気まぐれな、まさにフランス人の様な素材です。

 

画像1

画像1

今 進行中の現場ではこの気まぐれな素材を暖炉回りの壁で施工してます。

何パターンかの仕上げイメージサンプルを事前に作ってもらい、それを手掛かりに、いざ施工開始!

この寒い中、なかなか良いタイミングを測れず、昨日は四時間待ってもまだまだ固まらず、翌日に持ち越されてしまいました。

気まぐれな素材とのお付き合いは、
ホント大変ですね。。

「定番 !白のバリエーションの世界」

02.古材02.壁材・ブリック02.壁材・左官05.リビング08.カラーリング(色について)

画像1

もう20年も前からのネイチャーデコール定番の組み合わせ。
「白いバリエーションの世界」

左官の壁の白。天井の板貼りの白。
白いブリック。古材の梁や柱の白。
同じ「白」でも、様々な素材から発するハーモニー。

「White on White 」は時代が変わっても普遍的ですね。

画像1

この家のリビングは、
「White on White」の世界にオーナーが大好きな、

トラックの家具をコーディネートした事例です。

「サンタフェスタイルでほっこり空間」

01.アイアン02.古材02.壁材・左官02.左官02.床材・テラコッタ04.サンタフェスタイル05.リビング08.照明

 

 

画像1

「サンタフェスタイルでほっこり空間」
角のとれた、厚みのある左官の壁に同じく左官で塗り込まれたベンチ。
有機的な大きなアーチの壁。
素焼きのテラコッタタイルと存在感のある古材の梁。

天井からはロートアイアンの照明器具。

 

サンタフェスタイルは人を優しく包み込んでしまう、温かさと包容力があります。

 

時代に左右されない普遍的な心のよりどころが、サンタフェの家にはあります。
2011年の事例からのご紹介です。