08.インテリアコーディネート

BLOG一覧

「ステージング・という仕事」

08.アート&ディスプレイ08.インテリアコーディネート08.カラーリング(色について)09.想うこと

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

「ステージング」「ステージ」、、聞き慣れない言葉ですが、北米の建築業界やインテリア業界では、

建物をデザインして、インテリアをデザインして、最後にフィニッシュワークで小物の飾り付けから、

ラグやタペストリー、クッションなどの生地系全て、インテリアグリーンやアートや調度品のディスプレイまで、

要はその家のイメージに合わせて、すべてをトータルでコーディネートする仕事を「ステージ」と

呼んでいて、しっかりと確立した仕事になっているようです。

よくNetflixなどで、海外のインテリアものを観ていると、お客さんにはじめにご要望をお伺いして、

その後、お客さんは途中の現場には一切来ないで、完全にステージングされた家に目隠しして連れてこられ、

「ハイ!こんな家に生まれ変わりました!」「うっわー!! なんてこと!AMAZING!!」

そんなシーンをご覧になった方もいるかと思います。

 

さてさて、、日本の住宅・インテリア事情としては。。

「家と庭があって、はじめて家庭です」なんて、大手メーカーの受け売りのようなコピーは出回ってるものの、

結局の所、家は設計家?、庭はガーデンデザイナー、インテリアはスタイリスト、と、お客さんの

こうしたい!というオーダーは、一貫性のないままそれぞれに分業化されて予算との兼ね合いの中、

妥協しながら決めていく。。こんな状況ではないでしょうか?

お客さんに寄り添う営業担当者も、笑顔に言葉巧みであっても、まったく感性がついていけてない。

これでは、多額のお金を掛けても満足な家や空間なんて出来るわけがないですよね、

でも、残念ながらこれが多くの日本の家の現状です。

 

ネイチャーデコールではどうしているかというと、

初回プレゼンテーションの段階から、家のプランはもちろん、そこから繋がるガーデンのデザイン、

そしてインテリアにおいては、家具、照明、などを一貫したコンセプトに即しトータルに練り上げていきます。

ガーデンや家具などは後でも良い、ではダメなんです!

空間におけるバランスというものは、そこに置かれる家具ひとつで全てが台無しになることもあります。

それを、お客さん任せにしないで、

トータルのプランをしながら、個々の予算バランスも考え、出来る限り予算に組み込んでいけるように

初期の段階から、椅子一脚のコストも把握してプランニングしていきます。

 

ただ最近、それでもまだまだ空間がゆるい。。それってなんだろう? そんなことを考えていたら、

細部に出てくる生活感、その生活感とは、せっかくセレクトした家具の上に置かれているもの、

なにも飾られずそのままの退屈な壁面、壁をくり抜いて作ったニッチに置かれてるもの、

食器棚から見える煩雑でバラバラな食器、真っ白にデザインされたおしゃれなパウダールームに、

無造作に置かれた柄のマットや、派手なタオル、、、

これって本当にもったいないですよね、

あれだけ情熱的に創り上げた家なのに、あと少しのところで、なんかご家庭感が出てしまう。。

 

そこでこれから、ネイチャーデコールのメニューにも加えていきたいのが、この「ステージング」

というフィニッシュワークのコーディネート。

ここ絶対にやったほうが良い! 最近強烈に思っております。

 

ちょっと、ボヤキのような独り言です。。

でも、真剣に考えていますので、そこまでまとめてどーん!と投げかけてみてください。

 

*コーディネート提案事例は、ネイチャーデコール・カナダブランチのOKADA

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主催)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com

 

 

 

 

「独自の世界観でこだわりのインテリア」

08.アート&ディスプレイ08.インテリアコーディネート09.NDのオーナーさん20.『プリンスが出てきそうな家!』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

前回のブログでは、「仮称 プリンスが出て来そうな家」の外構〜ガーデン工事の様子を紹介させていただきましたが、

今回は昨年末から新しい生活がはじまり、とても素敵に暮らされているこだわりのインテリアをご紹介します。

 

インテリアのテーマとしては「クラシカルモダニズム」。

ただ、クラシカルモダニズムといいましても、あえてカテゴライズすれば、、ということで、

これは、一つの様式にはとらわれない、完全なるオーナー独自なスタイルとなりました。

 

そもそも家創りのはじまりは、インテリア好き、建築好き、デザイン好きのオーナーが、

いままで自宅マンションにコレクションしてきた家具や照明、ディスプレイを中心に

それらがバッチリと空間に納まるような家にして欲しい、というオーダーからスタートしました。

お持ちの家具も、自分でデザインして作ってもらったものや、アンティークなど、

とにかく濃厚でオリジナリティに溢れたものばかり。

 

住宅デザインが中心ではなく、オーナーのコレクションが一番いいかたちで溶け込むような家、

という点を第一に求められた家創りとなりました。

そのための、素材、色、照明計画、空間構成、そして新たに加えていく造作家具や照明をデザインしていきました。

 

そうして出来上がったのがこんな感じです。

 

 

◯リビングゾーン

 

 

 

◯ダイニングゾーン

 

 

 

 

 

◯サロン&ライブラリー

 

 

 

◯ギャラリーコリドー

 

 

 

 

 

 

◯ベッドルーム

 

 

 

なになに風の、、とはカテゴライズ出来ない独自なインテリアとなりました。

 

次回は、この空間を静かに引き立てた素材や色などのディティールに注目してご紹介して参ります。

 

 

自分の大好きなコレクションに合わせた家創り、ネイチャーデコールマジックで必ず具現化していきます!

他では話が伝わらない、どうも違和感を感じてしまう。。

そんな時は是非、ネイチャーデコールにお声掛けください!

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主催)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com

 

 

「イメージは、MAISONS en PROVENCE その.2」

00.現場04.フレンチスタイル08.インテリアコーディネート08.ソファ20.『MAISONS en PROVENCE』

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

横浜市都筑区の家にフランスのアンティーク窓が設置されました。

 

 

下.1

階段室の廊下の壁に採光と通風、そしてデザインとして、

フランスでよく見る、縦に長い格子の窓を二連で並べて取り付け。

 

 

 

 

 

下.2

 

下.3

 

しもしも

インテリアがセットされ、良い雰囲気が出てきました。

白い窓を開けると、パリの街並みが見えてきそう〜(笑)

以前書いたブログ、「パリのアパルトマン体験」を思い出します。

→ https://www.nature-decor.com/blog/40918186-2/

 

デイベッド型のソファも暖色寄りの濃いグレーをセレクトし、

全体にシックなイメージでまとめています。

 

 

 

 

 

 

下.4

今回はグレーのソファに、アクセントとなるピンクと千鳥格子をスパイス。

このクッションのセレクトもうまくマッチング出来ました。

 

 

 

 

 

下.5

玄関のドアのアイアンの装飾です。

やはり、アンティークのものには重みがありますね。

 

小ぶりな家ながら、イメージは「MAISONS en PROVENCE」

これからエントランスの擬石作業に取りかかります。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

「家具セッティング!」

00.現場08.インテリアコーディネート08.ソファ08.チェア08.テーブル20.『敷地境界線がなんと 海!』

 

油壺の家に家具がセッティングされました。

 

ここは、家具や照明などのインテリアコーディネート以外にも、

テレビ・冷蔵庫・オーディオ・洗濯機・ワインセラーなどの家電製品も含め、

すぐに生活が出来る為に必要な全てのものを

トータルで提案させていただいています。

 

 

○ ダイニング・ゾーン

油.1

オークの古材を使ったオリジナル製作のダイニングテーブル

それに合わせたのは、黒のYチェアと白のカラヴァジオペンダント

 

 

 

○ キッチン

油.2

キッチンカウンターは扉も天板も全てモールテックスで仕上げ

 

 

 

 

○ 地階のリビング・ゾーン

油.3

油.4

ゆったりとしたL型のソファはナチュラルな張地、

アイアンの脚に天板はインドネシアチークの古材のセンターテーブル。

センターテーブルは同じ形状のモノを二台でフレキシブルに組み合わせられるように

ライトは船舶モチーフのLEDのフィラメント電球を多灯使いでザックリと。

 

 

 

 

○ BARコーナー

油.5

カウンター天板は厚みをもたせた、ブビンガ材の無垢材で、

パシフィックファニチャーサービスのシンプルな木製のBARスツール。

バックバーの間接照明が効果的に演出されてます。

 

 

 

 

○ ラウンジ・ゾーン

油.6

バイオエタノールの火を見ながら寛ぐラウンジゾーンには、

ポール・ケアホルムのPK22ラタンのイージーチェア

 

 

 

 

○ ベッドルーム

油.7

油.8

扉もないベッドルーム。

すのこやマットレスに合わせて、ベッドヘッドとベッドフレームは造作。

 

 

 

 

各ゾーンごとの空間に合わせ家具をコーディネートしていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「白い家に彩りをする小物達」

06.家創りのヒント08.アート&ディスプレイ08.インテリアコーディネート20.『コンフォータブル・リゾートの家』

 

白を基調に色々な素材感で見せていくシンプルでナチュラルな家。

 

床も淡いベージュトーンのモールテックス、少し無機質で無表情になりがちな

空間に、アートや小物で彩りを。

 

この場合、有機的な形のモノや彩りの鮮やかなアートなどで、

あえて対比を見せていくようにインテリアコーディネートしました。

 

 

 

小物.1

小物.2

素材の異なる白い壁には、連続して鮮やかな色をアートで取り入れてます。

海をモチーフにした、芝田満之さんの作品。

 

 

 

 

小物.3

小物.4

小物.5

小物.6

流木や古材を使った照明や家具、ディスプレイなどで、形や質感からくる

温かさを加えてます。

 

無機質な床には、天然素材のジュートで。ソファも質感のあるシンプルなもので。

 

空間全体にあたたかい温度が加わってきましたね。