06.家創りのヒント

BLOG一覧

「ボブ・マーリーの名言をパネルにしました!」

01.ホームグラフィクス04.ブルックリンスタイル(ニューヨークスタイル)04.ロフト&SOHOスタイル06.家創りのヒント08.アート&ディスプレイ20.『ロフトスタイルの家・2019』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

平塚市で進めてきた「ロフトスタイルの家」もいよいよ竣工です。

先週から竣工に向けて、室内クリーニングや家具の納品、

備品関係の設置など、最終フィニッシュに入ってます。

 

そこで、今回ご紹介するのは、この家のオリジナルのひとつでもある

ホームグラフィックス、デザインパネルについて。

 

ボブ・マーリーの歌詞にもある、心に響く言葉をパネルにしました。

まずは、気に入った歌詞のパートを選び出し、

文字をデザインしていきました。

イメージは、ロフトスタイルの家にフィットするようなデザインで、

ブルックリンスタイルのポスターをイメージして、、

 

大型プリンターからの出力では面白くないので、

特注寸法で額を作り、ベースの色を塗り、手書きで表現しています。

 

 

 

 

ストーブ脇のスペースには、

赤をベースにした1400×800のパネル

古材の床や古レンガ、全体のインダストリアルな雰囲気に赤がアクセントに

 

「どうやって生きるかなんてことは、

誰も他人に教えられないよ。

それは、自分自身で見つけるものだ。

神様はこの地球を創り、

人間をみんな平等な生き物として創った。

だから、誰もが自分の望む生き方で、

自分の人生を、精一杯生きていこう」

 

そんな、意味があります。

 

 

 

ダイニングには黒をベースにした1000×1600という特大サイズのパネル

 

 

 

エントランスから階段部分には、

450×450の小さめのパネルを3枚

白と黒ベースのパネルを規則的に並べてみました。

 

ホームグラフィックスの事例ですが、

家の中にグラフィックを効果的に用いることで、

特別なオリジナル感が生まれてきますね。

 

自分の好きな言葉、大好きなアーティストの歌詞、賢人の名言

色々広がってきますが、

文字をデザインし、パネルにしていくことで、

その家の中に特別なコーナーが生まれます。

 

ちなみに今回の家のボブ・マーリーは僕の方で勝手に提案させて

いただきましたが、、(笑)

 

ホームグラフィックスはもっともっと取り入れていきたいですね〜

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

「土地を決めるところからはじまりです」

06.コスト06.土地について06.家創りのヒント

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

今回は土地探しについてお話しさせていただきます。

よくはじめてのお客さんは、設計を依頼するときに土地を決めてから相談に来た方が良いのか

まだ土地が決まってないけど、まずはその段階から相談に来ても良いのか、

そんな事を聞かれることがあります。

そういう場合は、「一緒に土地を決めていきましょう」そんな事を言ってます。

その理由は、

1. 不動産さんが言う良い土地や一般的に言われる良い土地と、設計者目線での良い土地

とは相違があるという事。

はじめに、どんな広さでどんな家にしたいのかを簡単にでも聞いておくことで、

それが実現出来る出来ないも含めてプロの目線で土地を見れるという点、そして

お客さんのライフスタイルに合ってる環境かどうか、先の完成形をイメージしながら

その土地の善し悪しを判断できる点。

そう考えると、不動産さん的には悪い土地でも、実はそれを設計の特徴として生かせる

良い土地、なんてのも有ったりします。

 

2. 家創りは「土地」も「家」も全体の予算バランスで考える。

よく、「もう土地は契約してしまって、銀行の住宅ローンで借りれるのは

あとこのくらいだからその範囲で家の方を考えて欲しい」。。

そうなると、なかなか実現したいものも出来なくなってしまう。

自分たちの実現したいものをあらかじめ整理しておくことで、土地と家に掛ける

予算の配分をした上で、土地を探していくことはとても大切なポイントです。

 

この様な点で、土地の段階からご相談いただき、一緒に土地を探していくことを

おすすめしています。

 

今日も、お客さんと一緒に候補となる土地を二カ所回ってきました。

この土地だと、こんな事が出来そうだ〜

建物があることで解体費用がそんなに掛かるなら、その建物を生かして思いっきり

リノベーションするのも一つの手か。

目の前が公園なら、この景色は変わらないから、リビングに繋がる庭をそちらに向けて

公園を借景に計画してみてはどうか?

その土地にたつと今までの経験の中で色々なアイデアも沸いてきます。

物理的な建築条件はもとより、工事的な諸問題が関わってきそうな場合は、

工事業者への立ち合いもお願いしながら、色々な目でその土地を見ていく、

そんなケースもあります。

 

先日も、土地を決める段階からお声かけいただき、その土地を決断されたお客さんが居ます。

その時の大きなポイントは

1. 総額予算から考えた土地に掛けれる金額の範囲で探していく

2. 希望の建坪が可能な土地の広さ

3. 駅近にはこだわらないので、1.2をクリアしながら眺望や抜け感が欲しい

そんな内容でした。

 

自分たちも実際土地を見てのチェックポイントとしては、

 

○ 全面道路との関係はどうか?

土地.1

 

 

 

○ 検討の土地に盛り土されているがそれによる地盤改良等に掛かる費用は?

土地.2

 

 

○ 土地の一部に高低差のある擁壁があるが、これに対する規制や計画に対しての影響は?

土地.3

 

 

○ 盛り土による隣地との境界の境はどうする? そこに掛かる費用は?

土地.4

 

実際、その土地の販売価格以外でどんな費用が初期投資で必要なのか?

そこを掴んでいくことも大切なポイントになってきます。

 

大きな買い物だけに、失敗しない土地選び、

当たり前のことですが、土地をきめるところからはじまりです。

そんな訳で、まずは土地を探すところから是非、お声かけ下さい!

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

「寝室からのスキップフロアでDEN」

04.シャビーシックスタイル05.DEN・仕事部屋05.スキップフロア05.マスターベッドルーム06.家創りのヒント20.『コンフォータブル・リゾートの家』

 

寝室(マスターベッドルーム)の天井高が3550㎜。

とても贅沢な天井高さですが、高さを生かして寝室からのスキップフロアで、

奥様専用のDENを作りました。

 

DENの広さは4帖ほどのスペース、そして天井の高さは2200㎜ですが、

自分専用の籠もり感としても丁度良い広さになってます。

 

小部屋.1

 

小部屋.2

 

小部屋.3

このスペースは、1階部分のリビング吹き抜けの天井高さを抑えて確保しました。

ちょうど、1階のリビングの上に重なるようにあるのがこのDENスペースです。

そしてDENの奥には広めの納戸も設けました。

 

吹き抜けというのも、高すぎては逆に落ち着かない感じになってしまうので、

部屋の広さに適正な吹き抜け高さを設定したときに、

このようなスペースがオプションとなって

生まれて来たわけです。

 

そしてこの奥様専用のスペースは、

シンプルでナチュラルリゾートな他の部屋のインテリアとはイメージを変えて、

奥様お好みのフレンチ&シャビーシックなインテリアで

これから少しずつ世界観を作っていかれるようです。

一日の仕事を終え、ひとりゴロンと柔らかいクッションとラグにリラックスして、

雑誌を見たり、本を読んだり、、と良いスペースですね。

 

 

 

「白い家に彩りをする小物達」

06.家創りのヒント08.アート&ディスプレイ08.インテリアコーディネート20.『コンフォータブル・リゾートの家』

 

白を基調に色々な素材感で見せていくシンプルでナチュラルな家。

 

床も淡いベージュトーンのモールテックス、少し無機質で無表情になりがちな

空間に、アートや小物で彩りを。

 

この場合、有機的な形のモノや彩りの鮮やかなアートなどで、

あえて対比を見せていくようにインテリアコーディネートしました。

 

 

 

小物.1

小物.2

素材の異なる白い壁には、連続して鮮やかな色をアートで取り入れてます。

海をモチーフにした、芝田満之さんの作品。

 

 

 

 

小物.3

小物.4

小物.5

小物.6

流木や古材を使った照明や家具、ディスプレイなどで、形や質感からくる

温かさを加えてます。

 

無機質な床には、天然素材のジュートで。ソファも質感のあるシンプルなもので。

 

空間全体にあたたかい温度が加わってきましたね。

 

 

 

 

 

 

「プレゼンに至らなかった6つのケース」

06.家創りのヒント09.想うこと11.ネイチャーデコール

 

今回も、設計契約前の初回面談からプレゼンテーションについてのはなしです。

 

なんの宣伝も広告も無く、ネイチャーデコールを探していただき、

お会い出来るまでに至った方は、

やはりなにか会うべくして会えた、、と言うようなご縁を感じます。

なので、そんな小さな点の様な接点でお会い出来ただけでも運命と信じ、

どんな形であっても力を発揮して、喜んでいただける、

ライフステージを共に創りあげていきたい!

いつもそんな想いでおります。

 

しかし、そうは言っても人と人。

本当のところはお会いして話しをしてみないと、なかなかわからないもの。

 

お互いに価値観が共有出来、そこに求めているものが存在しなければ、

これは縁が無かった、と言う以外にありません。

 

前回のブログでは、プレゼン後の成約率は99%とお話ししましたが、

それでは実際にプレゼンまでに至らなかった場合のケースをいくつかお話しします。

 

 

1. 実物を全て見ないと納得して決められない。

 

私たちはショールームやモデルハウスを持っていません。

一軒一軒お客さんに合わせた違う顔を持つオーダーメードの場合、

それは不可能なんです。

全てを一から創り上げていくわけでは無いですが、

その使い方や組みあわせ方も千差万別。

なので、見本や現物が全て見て確認出来ないと不安と思う方は適さないと思います。

むしろ、そこを楽しみ新しく生まれてくるものをポジティブに捉える姿勢が

家創りをより面白くするポイントと考えます。

 

2. 一緒に創り上げていくという事。

 

お客さんの求める空間をそれぞれの専門家が経験と最善の選択で

創りあげていくのがネイチャーデコールの家です。

数十、数百という決め事の中には間違いやリスクも出てくる場合があります。

まずはお互いの信頼関係がありきですが、そこをも共有していきながら、

共により良い改善策を見いだしていく。

「自分の家」の最高のゴールに向かって一緒に創り上げていくという事が大切です。

 

3. 人が創るもの。

 

ものや道具では無く、人が考え人が創り上げていくもの。

当たり前のことですが、オーナーご家族の新しい家での暮らし方、

また将来の姿を想像し、愛と想いをもって考えていきます。

オーナーも設計者もお互いの尊重と思いやりが無くして、気持ちは通じ合いません。

仕事だから、当たり前でしょ、、では残念ながらこちらの気持ちが動きません。

 

4. 任せるものは任せる。

 

もう25年以上 家創りの実績があります。

それは自分の作品ということでは無くお客さんの希望に

耳を傾けてきた数々の結果です。

そんな経験の中から言える事や見える事があります。

デザインに迷ったり予算の配分に迷ったり、、そんな時は任せる気持ちが大切。

任せきれず、自分たちで無理に結論を出そうというのは良い結果が生まれません。

 

5. 掛けないとならない予算がある。

 

「家」「インテリア」「庭」がトータルにバランスが取れたのが、

ネイチャーデコールの提案するライフステージです。

一般的に言われる坪単価とは違う、総合的な費用を私たちは予算と言ってます。

お金の事は包み隠さずお伝えいただき、決して無駄使いする訳では無く、

その中でそのお客さんにとってのプライオリティを明確化しながら、

お客さんに最適なものを提案していくのが、ネイチャーデコールの家です。

そこには、ある程度 掛けないとならない予算があります。

 

6. まずは「絵」を見せて。

 

一生一度の大きな買い物。これから一生家族が住まうライフステージ。

そんな決断をされる事は当然、迷いも多いことと思います。

しかし請ける以上はこちらも誠心誠意、本気で取り組んでいきます。

なので、軽い気持ちでプランしてみて、まずは「絵」を見せて、

他も検討しながら考えてみるよ、、という方はお断りしています。

結婚と同じで、あれもこれも浮気しているうちは、

良いご縁は無いと思いますので。

 

以上の6つのポイントを事前に確認しあって、いよいよプレゼンへと駒が運ばれます。

 

この中には、独りよがりで都合の良いことを言っている様に、

感じるものがあるかとおもいます。

でも、実際に過去にはこれらの点を無視して進めた事での、

行き違いやトラブルもあります。

 

そこで「最終的には人と人とが創るもの」という原点に立ち返って、

自分のキャラクターを通して潤滑に進めていく為のポイントを整理してみました。

 

私の家創りは、年間に限られた軒数しか出来ません。

また、「仕事」という枠組みの中で出来るものではなく、それを越えた部分で

心が動かされ、かたちになっていくものです。

 

これらのポイントは、

縁で出会いが持てたお互いにとって、より有意義で価値のあるものにするための、

大切な導入部分と考えております。

逆に、この6つの点をしっかり確認し合っていけば、

間違いなく、あなたにとっての、

ジャストフィットなライフステージを創りあげていくことが可能です。

 

家創り 一生に一度のことなら目一杯楽しんだもの勝ちです!

 

さあ皆さん、僕たちと楽しいセッションをしませんか!