Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

03.ペットと暮らす一覧

  • 2017/06/01

    「WONダフル happy days!」

    03.ペットと暮らす03.ホームパーティを楽しむ03.暖炉の火を楽しむ05.ガーデン&外構05.屋上09.NDオーナーのライフスタイル12.ガーデンデザイン20.『地中海の白い家』

     

    昨年から続いている、「N邸・屋上ガーデン計画」

    ようやくガーデンキッチン部分が完成し、先日お招きにあがりました。

    N様は愛犬家のご夫妻、当然ワンコも同伴で、、ということでしたが、

    まだ我が家に来て3日目の「サンディ」、社交界デビューが無事つとまるか?

    不安いっぱいの中、先住犬の「ニコル」と共に、家族皆で参加させていただきました。

     

    屋上ガーデン計画は昨年末に先行して屋上キャビンが完成し、引き続きに今回の

    ガーデンキッチンとガーデンダイニングスペースを作ってきました。

    全体を細かく観ていただいた、ガーデン&ファニチャーズ・長谷川さん

    本当にお疲れ様でした〜

    お陰で、すばらしい空間が思わぬ所に誕生しました。

    そもそも庭のスペースが無かった都心の家。いままで主にモノ干し場としか活用されて

    いなかった場所が、人もワンコも寛げる屋上ガーデン、まるでオアシスのような場として

    生まれ変わりました!

     

     

    屋上.1

    日よけのタープが張られ、大人が6人ゆったり囲える大きなダイニングテーブル。

    日射しの強い屋上にはタープは欠かせませんね。

    そしてテーブルは、汚れも気にせず外部でもタフに使えるモールテックスの天板。

     

    早速テーブルセッティングがされ、冷たい飲み物も沢山冷やされていました。

    こうした外部で使うカトラリーや食器にこだわるのもオーナーNさんの美意識の高さ。

    ちょうど目線を隠すウッドフェンスの高さが、都心であることを忘れさせる完全なる

    プライベート空間になっていました。そこから見え隠れするさりげないグリーンの

    設えがさらにリゾート感を盛り上げてくれます。

     

     

     

     

    屋上.2

    グリル機器も本格的で、これで焼き上がったお肉やオーナー自慢のピザは絶品!

    料理のプロ、Nさんの腕をうならせるプロ仕様のキッチンで、

    外部でも本格的な料理が提供できる設備になっています。

     

     

     

     

     

    屋上.3

    我が家のおてんば娘「サンディ」もすっかり場の空気に癒され、

    「生まれて来て良かった〜!」そんな表情をずーとしていました(笑)

    やはり、犬はひとのエネルギーを敏感に感じる様です。

     

     

     

     

    屋上.4

    オーナーのかつさんは、料理を作ったり犬使いになったりと大忙し。

    ここではだれが料理を出してくれるのかを、即座に見極めるのも犬の本能。

    かつさんのまわりには、いつも犬たちが群がってきます。。

     

     

     

     

    屋上.5

    ハンモックで寛ぐ、奥様のみえこさん。「ラブ君」も笑ってる。

     

     

     

     

    屋上.12

    ここに来ると、なんども見間違ってしまう、Nさんの「ブル君」とうちの「ニコル」

    顔の白さ加減も似ている。

     

     

     

     

    屋上.6

    空は夕暮れ時のマジックアワー。

    一番空が綺麗な時間帯ですね。

    ガーデンキッチン部分から、こんなに綺麗な空が見えていました。

    ほんとうに、「ここはどこ?」 Kona Windが流れてきそう〜

     

     

     

     

     

    屋上.7

    今日もまたサイコーなおもてなしをしていただいた、Nさんご夫婦。感謝です!

     

     

    屋上.8

    そしてネイチャーデコールの家の古いオーナーであり友人のMさんご夫婦。

    Mさんは、いまNさんのお店のロゴデザインなどでも参画してもらっています。

    人の繋がりや縁って面白いですね〜

    Mさんの家のわんこはミニチュアピンシャーの「ルーシー」。

    野犬のようなうちのわんこたちと違って、シルエットの様にお上品(笑)

     

     

     

     

    屋上.9

    空の色を見ると、いつのまにかこんなに夜も更けてきました。。

     

     

     

     

    屋上.10

    暗くなると大活躍なのが、このバイオエタノール暖炉。

    温かくなってきても、外でこの「火」が見れるって幸せです。

    まったりと、時の経つのも忘れてしまいそう。

     

     

     

     

    屋上.11

    ほんとうに、今日はありがとうございました!

    人もわんこも笑顔が絶えない幸せなひとときでした〜

    「WONダフル Happy days!」

    「サンディ」の電池ももう切れてしまったようです。。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/05/25

    「我が家にサンディが来た!」

    03.ペットと暮らす09.大浦比呂志 LIFE

     

    新しい家族の仲間入りをした「サンディ」です。

    サンディ.1

    「サンディ」はラブラドールレトリバーのイエローでメス。

    丁度、4ヶ月になります。

    いままで、訓練士さんのところで簡単なしつけをトレーニングしてきて、

    定期的にこちらからも出向き一緒にトレーニングを受けてきました。

    むしろ、飼い主側のトレーニング、、というところでしょうか。

    我が家も、この仔で三匹目のレトリバーになり、それなりに犬の気持ちもわかるつもりですが

    そうは言ってもやはりここは大型犬、この時期のしつけはとても重要になってきます。

    そんなトレーニングを無事に終え??? ようやく今日から家族の仲間入りをしました。

    「サンディ」の名前の由来、、、この流れでもうお分かりの方もいそうですが、

    我が家の三匹目のわんこだから「サンディ」となりました。(笑)

    ちなみに、先住犬の黒ラブの「ニコル」は、二匹目のわんこだから「ニコル」、、、

    名前だけ聞くと、なんかオシャレ〜な名前ですが、実はそんなもんです。。

     

     

     

     

     

    サンディ.2

    はじめて家に入る前に、この日の記念にメキシカンタイルのベンチの上で、

    先住犬の「ニコル」と一緒に。

    サンディはまだニコルの半分もないくらいの大きさ。かわいいサイズ。

     

    僕は犬と言えばオスの方がかわいいし、イエローより黒ラブの仔を!と主張してきましたが

    「ビリー」の後の仔は、絶対にイエローでメス!と決めていた家の奥さんに

    結局 押し切られました。

    でも、こんな感じに並んでる奴らを見ると、なんか明るくて、、正解でした。

     

     

     

     

     

     

     

    サンディ.3

     

    サンディ.4

     

    サンディ.5

    とにかくこの時期はどんな事にも興味があって、家に居ても落ちつきません。

    家を運動場のごとく走り回り、ニコルにはいつも遊んで、遊んで〜と絡みまくり、

    環境も変わって、トイレの成功率も冷や冷や、、

    ビリーやニコルの子供の頃を思い出します。

    ハイパードッグ! 「かわいい悪魔」そんな言葉がぴったりですね(汗)

     

    あの、いままで数ヶ月のトレーニングはいったい、、(汗)

    すでに、なし崩しのにおいすらしてきますが。

     

     

     

     

     

     

    サンディ.7

    さんざん、飛び回って遊んだ後はニコルを枕にして、こんな感じで寝てしまった。

    なかなか図太い奴です。

     

    僕たちはと言うと、11時前には就寝、そして明け方の3時には起こされ、

    朝の5時から動き出す、、そんな感じではじまりました。

    完全なる寝不足、そしてしばらくこのペースは続くことでしょう。

     

     

     

     

     

    サンディ.6

    こんな感じに一日目にしてすっかり我が家に馴染んでいる「サンディ」

     

    先住犬の「ニコル」もオスだけど、縄張りを主張することなく、

    11才のもう若くない身体で一生懸命お相手してくれてます。優しい仔で良かった。

     

     

     

    新規ご来客のお客様や、これから我が家で打合せをされる方々にとっては、

    しばらくの間にぎやかで、またお見苦しいところが多々あるかと思い、

    なにかとご迷惑をお掛けしてしまいますが、どうかよろしくおねがい致します。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/04/02

    「ワンコも大切な家族」

    03.ペットと暮らす04.ブルックリンスタイル(ニューヨークスタイル)20.『casa brooklyn』の家

     

    昨年のクリスマスイブの日にお引き渡しをした、藤沢市片瀬の

    「casa brooklyn」の家に、本日竣工撮影にお邪魔しました。

     

    植栽関係は冬の寒い時期を避け、植え込みの良い時期を狙って丁度二週間ほど前に

    まだ植えられたばかりですが、やはり植物が加わると建物もより一層引き立ちますね。

     

     

     

    内村.8

    内村.1

     

    内村.7

    黒いファサードの脇には、樹形の美しいサルスベリの株立ち。

    この家のシンボルツリーになっています。

     

    そしてファサードのドアをあけると、玄関ドアに繋がる長いポーチが。

    このポーチは、なかなか多目的に活用出来そうです。

     

     

     

     

     

     

    内村.3

    そして、2階のLDKに上がると、床一面にコルクマットが敷き詰められていました。

    前回下見に来て、はじめてこのコルクマットを見たとき、驚きとともに

    少しウルッときてしまいました。。。

    もう、14才になるイエローラブの「やまと君」。フローリングの床では足腰に負担が

    掛かると言うことで、そんな「やまと君」を気使って、この家のオーナーが広いLDK一面に

    このコルクボードを敷き詰めた、との事。

     

    確かに折角の新しい家、いろんな素材や色にこだわってようやくできた家。

    そこにコルクマットを敷き詰める、という事はオーナーにとっても

    苦渋の選択だったと思います。

     

    「やまと君」君は本当に愛されてるな〜、この家にパートナーとして飼われて幸せだね。

     

     

     

     

    内村.4

     

    内村.5

    前回来たときよりも、また足腰が弱くなったようで、歩くのも大変そう。

    それでも、おトイレは外でやるようで、ご主人が毎日階段を持ち運んで、

    外に連れ出し用を足してるとのこと。

    2階からの眺望を大優先で計画した家ですが、そんな話しを聞くと考えさせられて

    しまうものですね。

    ワンコも大切な家族ですから。。

     

    去年 天国に行った我が家のイエローラブのビリーを思い出してしまう。

     

     

     

     

     

     

    内村.6

    撮影はコルクマットを外させてもらい行いました。

     

    細部のディスプレイにもこだわり、まるで洋書から抜け出したような暮らし方。

    「家」が大好きな、オーナーの思いが細部からも伝わってきました。

     

    この家は、後日ホームページ内「WORKS」の新作物件で細かく紹介させて頂きます。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/03/02

    「ニコルと海 - 2017・March」

    03.ペットと暮らす09.大浦比呂志 LIFE

     

    今日は折角の休みの日だけど、波はフラット!

    どうも、サーフ出来る状況では無さそうです。

    いつもなら、早朝からボード積んで海に繰り出すのが休みの日の日課だけど、

    そんな訳で今日は、ニコルを連れていつものホームビーチへお散歩。

    そう、ニコルも大の海好きなんです。

    小さいときから、冬でも海につれて行き泳がせたり、海の沖の方にボールを投げては

    なんどもなんども取りに行かせたり、そんな風に遊ばせていたので、

    車が海のそばに近ずいて来ると、それを察してもう車の中でも落ち着かない様子。

     

     

     

    ニコル.1

     

    ニコル.2

    波は無いけど、青空の晴天でもう春を感じる暖かい日。

     

    今年で11才になるニコル、流石に若い頃のようなハイテンションっぷりは

    無くなりましたが、ビーチでのボール遊びはやはり大好き。

    大型犬はこちらも力一杯遊べるのが何より良いですね〜

     

     

     

     

     

    ニコル.3

    散々遊んで、体もびっしょりだけど、ご満悦なご様子。

    なんだろう〜 このドヤ顔は。

     

    ニコル.4

    よく、こんな風に海の風を感じています。

    ニコルも本当に気持ちが良さそう。

     

     

     

    ニコル.5

    暖かくて風が心地よい3月のお休みの日。

    ビーチの砂の上で、ニコルを枕にずいぶんと長い時間 居眠りしてしまった。

     

    海外に行くと、よくこんな感じで犬と放浪してる宿無しの自由人を見るけど、

    今の時期こんな風にビーチに居ると、なんかそう見えてしまうのかも、、、、

     

    ま〜どうあれ、今日も緩やかな時間が流れた、幸せな休みだ。。

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/12/20

    「屋上CABIN・夜編」

    03.ギャラリーハウス(趣味の家)03.ペットと暮らす03.庭で過ごす05.アウトドアリビング(軒下・カバードポーチ)05.ガーデン&外構05.屋上09.NDオーナーのライフスタイル20.『地中海の白い家』

     

    先日完成した大田区の屋上CABIN、夜の感じを伺いに遊びに行ってきました。

    日射しのサンサンとした明るい時とは違う、

    シッポリとした落ち着いたお籠もり感があり、

    根が生えた様に、ず〜と居たくなってしまう、そんな「場」でした。

     

    屋上.1

     

    屋上.2

    キャンプファイヤーのように、「火」を囲んで寛ぐ、というのが

    この屋上CABINのコンセプトのひとつでしたが、

    今回導入したバイオエタノール暖炉、これ大正解でした!

    サイズは直径1200㎜、大勢の人でこの火を囲むことが出来ます。

    そして、この日も寒い日でしたが、この火だけでもなかなか暖かく、

    自然に火の回りに集まってしまいます。特に冬の時期には大活躍ですね。

     

    屋上.7

    こんな感じにマシュマロなんかも焼いてしまい、楽しむことが出来ます。

     

     

     

     

     

     

     

    屋上.3

     

    屋上.4

     

    屋上.8

    ライトアップされた植栽やボールライトもなかなかムーディ。

    この家のわんこたちも、この屋上スペースが大お気に入りの様です。

    今の時期、ハンモックはちょっと寒いかな?

     

     

     

     

     

     

    屋上.5

    CABINの中はこんな感じ。

    本当にこのお籠もり感がサイコー。

     

     

    屋上.6

    今日も沢山美味しいものいただきました、ありがとうございます!

    そして、ワインでもうすっかり酔っ払い、

     

    この家の愛犬、黒ラブのブルも人間のように馴染んでます(笑)

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop