Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

02.タイル一覧

  • 2017/09/18

    「床のタイルでアクセントに」

    02.タイル02.床材・タイル

     

    最近、床のタイルのバリエーションが本当に増えましたね。

     

    モザイクタイルのパターン貼、柄タイルなど、近作の事例の中から

    床のタイルにアクセントを持たせた面白いものを抜粋してみました。

     

     

    1. 小さな6角モザイクタイルの白黒パターン

    タイル.1

    タイル.2

     

     

     

    2. グレートーンのシック目な柄タイル

    タイル.3

    タイル.4

     

     

     

    3. 印象的な多色使いの柄タイル

    タイル.5

    タイル.6

     

     

     

    4. 大判6角タイルの色パターン貼

    タイル.7

     

    床の部分は空間の中でも大きな印象付けになります。

    タイルでアクセントや遊びを入れてみるのはいかがですか。

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/12/09

    「図面の中に表現しきれないモノって、、」

    01.アイアン02.タイル02.ブリック02.古材02.左官02.石04.ロフト&SOHOスタイル09.想うこと11.ネイチャーデコール20.『TOKYO LOFT STYLE』の家

     

    家作りにおいても、ものを事前に目で見て納得して買う、、

    それは、カタログだったり出来ているモノが展示されているショールーム

    だったり、、それが多分世の中の一般的な家の売り方でもあり、しっかりした

    モデルルームを持った、ハウスメーカーなどのやり方です。

     

    ところが、ネイチャーデコールの家には、図面の中の線や仕上げ表で

    表現出来ないモノがとても多いのです。

    実際のモノが、現物として事前に目にすることが出来ない、、

    新規のお客さんにネイチャーデコールの家の特徴を話すときのひとつに、

    そんなことをよく口にしますが、それでは実際にそれってどういうモノなの?

    という部分について、過去の事例から具体例をご紹介します。

     

    図面の中で表現でないもの、光や影・空気感・など感覚的なものも含め

    いくつかありますが、

    その中でも、今回はネイチャーデコールの家で最も特徴的な

    「素材・マテリアル」についての話しをしていきます。

    「素材」もカットサンプルや色見本で部位としての確認はして頂く事は

    出来るのですが、それが空間の中に立ち上がってきて、

    他の素材とどのように影響し合っていくかは、もはやイメージスケッチを

    見ながら、頭の中で想像してもらう、という部分が必要になってきます。

     

    今回の事例は、2011年完成の「TOKYO LOFT STYLE」の家。

    僕の中での自信作の一邸です。

     

    1.木の表現

    描けない.木1

    古材を使ったヘリンボーンの床

     

    カットサンプルを並べて事前に確認してもらいますが、

    古材の配置や色の濃淡、木目の感じや表面のプレーナーの処理で

    表情はかなり変わってきます。

     

     

     

     

    2.左官のテクスチャー

    描けない左官.1

    描けない左官.2

    描けない左官.3

    一番上は、室内の珪藻土のテクスチャー

    真ん中は、外部左官のテクスチャー

    一番下は、フランス漆喰アバナ

     

    これらの素材は、A4サイズの仕上げサンプルで事前に確認頂き、

    実際に現場で仕上げる時に再度立ち合いの上、テクスチャーを最終決定

    していきます。

    A4サイズのサンプル見本からこの左官のボリュームをイメージするのは、

    やはり一般のお客さんには難しい様です。

     

     

     

     

    3.石やタイルのバランス

    描けない石.1

    描けない石.2

    描けない石.3

    描けない石.4

    どれも、ネイチャーデコールの家ではおなじみの石やタイル、ブリック

     

    ここでポイントになってくるのは、素材ひとつひとつに表情があるので、

    それを大きな面に施工した場合の配置や色バランスです。

    同じような色やかたちを近づけ過ぎないで適度にばらしていく。

    目地の巾や色、そして目地の深さなどでも仕上がりの印象が変わります。

     

     

     

     

    4.スチールの表情

    描けない鉄.1

    描けない鉄.2

    描けない鉄.3

    鉄の素地の「黒皮」の状態をどのように自然に見せていくか。

     

    塗装の仕上げで色付けをしない鉄本来の「黒皮」の状態はとても良いもので

    自然素材の家にも馴染みます。

    ただ、素地がそのまま現しになると、鉄の黒い汚れやいずれ錆びてしまう、

    そこで、使う場所場所で鉄の素地感を生かした、仕上げ方を変えていきます。

     

    特に真ん中の写真の様なキッチンカウンターの上などは、光沢の出ない

    ウレタンでコーティングしていくなど、気を使う場所です。

    このような場所では、ウレタンを施してもいずれ色も落ちてきたりどんどん

    変化をしますが、それも楽しめる包容力も必要ですね。

     

    一番下の写真は外部で使用した場合。正直、鉄の素地感というのもからは

    かけ離れてしまいましたが、ここはやはり外部なので錆びや耐久性を優先しての

    選択で、全体的にはハンマートーンの塗装を施しました。

     

     

     

     

     

    5.個々の素材を組み合わせていくと、、、

    描けない組みあわせ.1

    描けない組みあわせ.2

    描けない組みあわせ.

    それらのひとつひとつの部位を組み合わせていき、

    このような空間が生まれていきます。

     

    こうして見てもらうと、ネイチャーデコールの家はひとつひとつの

    素材の持ち味や特徴を吟味し、それを全体に組み合わせたときの

    バランスを俯瞰でイメージしながら、積み上げていく。

    そんな家の創り方になってきます。

     

    確かに「家」とはとても高価なものです。

    そんな高価なものなのに、モノを見て納得して決められない、、、

    そこは勿論わかりますが、大切なのはモノ単体ではなく、

    個の素材がオーナーの求める全体感にマッチした空間であり、

    コーディネートのバランスとセンスです。

     

     

    家創りのコンセプトを明確化し、

    個対応でオーナーの求める独自の世界観を具現化していくためには、

    カタログやモデルルームではわからないもの、見えてこないものが、

    実は一番必要なのではないでしょうか。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/11/26

    「ロイヤルブルーの壁が!」

    00.現場02.タイル02.壁材02.壁材・塗装02.左官20.『藤沢の二世帯住宅』

    年末の引渡しに向けて仕上げ工事の業者さん、大集合で追込みの現場です。

    藤沢市、鵠沼で進行中の二世帯住宅、
    まさにこの一ヶ月は山場!



    隠し部屋のロイヤルブルーの壁が、
    インパクトもって仕上げられました。
    何業者もの仕上げ業者が現場に入っていても、ここはいつものチーム。
    ピリピリすることも無く、譲り合いながら、丁寧な仕事をしてくれてます。
    おなじみの業者さんというのは、
    ここが良いですよね。
    皆、求めるクオリティのゴールがわかってるので、本当にこの部分は安心です。
    さー、あと一ヶ月!
    もう、よろしく頼みます、としか言いようがありません。。
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/08/25

    「カラフルメキシカンタイル」

    00.現場01.造作家具02.タイル05.キッチン05.パウダールーム07.シンク・バスタブ・トイレなど衛生陶器12.リノベーション20.『サンタフェ・リノベーション』の家

    久々に使用した、カラフルなメキシカンタイルの施工事例です。

    いびつで、独特なカラーリング、懐かしさもあるこのタイルは
    やはり、とっても愛らしい ヤツです。

    1.キッチンとアイランドカウンターでの使用。
    1-1

    JPG

    JPG

    JPG

    2.洗面所での使用
    2-1

    2-2

    JPG
    シンクも、タイルの絵柄に合わせてセレクト出来ます。

    コーナーの竹タイルが、昔っぽい。

    3.パウダールームでの使用
    JPG

    JPG
    メキシカンタイルの赤みと合わせるように、
    パウダールームの壁をメキシカンなオレンジで華やかに可愛らしく。

    巾木も同じ色のブルーでまわしています。

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/07/05

    「今日の現場 鎌倉の家」

    02.タイル02.左官05.階段12.リノベーション20.『サンタフェ・リノベーション』の家

     

    まだまだ梅雨ですね、、雨でなかなか現場も足踏み状態ですが、
    先日ようやく木工時も終わり、
    これからいよいよ仕上げ工事に突入!
    そんな「鎌倉の家」の進捗の確認に行ってきました。

    この時期は「紫陽花」で有名な鎌倉ですが、
    雨の日でもしっとりとした、良い環境です。

    トップ
    キッチンの勝手口から、庭を見た景色。

    ところどころに、白い紫陽花「アナベル」が綺麗に咲いてます。

    1

    2
    この緑豊かな環境に合わせて、当初計画していたオレンジがかった茶褐色から、
    色を落ち着かせ自然なカラーに変更して、やはり正解でした。
    違和感なくまわりの緑に馴染んでいます。

    そして大胆な鏝を動かした左官のテクスチャーと肉厚感を持たせた
    コーナーのアールもイメージ通り。

    1

    2

    3
    室内は、左官壁の下塗りが終わった段階でこれから仕上げの
    珪藻土が塗られます。

    前回ダメ出しで、大工さんに作り替えてもらった
    階段のスタートのアールも良いラインに出来てます。

    これから左官の仕上げをする前に、
    更にコーナーをもっと大きなアールをとってもらうよう
    ここで再度、左官屋さんに下地調整をしてもらいます。

    1

    2
    今回のテーマが「The Santa Fe」ですが、
    サンタフェには欠かせないアイテムがこのメキシカンタイルです。

    なんともいえない、この歪なかたちと、鮮やかな色味。

    ここのところ、しばらく使っていなかったマテリアルですが、
    やはり、ホッコリしたこの感じ。
    本来、自分は大好きなんだな~ と再確認しました。

    アール

    完成まであと、一ヶ月くらい。

    これから現場は仕上げに向けてどんどん様変わりしていきます。

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop