Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

08.インテリアコーディネート一覧

  • 2017/04/20

    「やはりこの世界観には魅了されます」

    08.アート&ディスプレイ08.インテリアコーディネート11.ネイチャーデコール

     

    SURF MAGAZINEが装いも新たに、4月10日に創刊されました。

    そしてなんとその記念すべき創刊号の表紙を飾った一枚の写真が、

    写真家でありサーファーの「芝田満之」さん。

     

    さすが、レジェンド! こういう場面には必ず登場します。

     

    本当にこの独特な世界観、水平線をまるで抽象画のごとく、

    写真に表現していく芝田さん独自の表現方法。

     

    芝田.1

     

     

     

     

     

     

    そして、この芝田満之さんの全面的な協力により、僕の本「MIND MAP」の中の

    「12の言葉」が出来上がりました。

    じぶんの言葉にどうしてもこの世界観が欲しくて、友人でもある芝田さんにお願いして

    彼の作品を使わせていただきました。

     

    芝田.2

     

    芝田.3

    今、振り返ってもこのコラボレーションは必然であり、この写真の力強さにより

    本全体を深く、魅力的にしていただきました。

    まさに感謝の一言に尽きます!

     

    以前このブログでも紹介しましたが、

    「ネイチャーデコールの家に似合うアートって?」

    http://www.nature-decor.com/blog/39156640-2/

    芝田満之さんは、このシリーズでインテリア用に作品を用意していますので、

    是非、ネイチャーデコールの家のアートとして検討してみてはいかがですか?

    シンプルな白壁に、このどこまでも続く水平線、、

    そこには、すばらしい世界が生まれます。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/02/21

    「ベッドルームのコーディネート 色々」

    02.壁材・塗装05.マスターベッドルーム06.家創りのヒント08.インテリアコーディネート08.カラーリング(色について)08.カーテン

     

    ネイチャーデコールの実例などではあまり大きく取り上げられないベッドルームですが、

    ここにもその家ごとの、こだわりやテーマがあります。

     

    ベッドルームは家の中でも特にプライベート色の強い場所だからこその、

    オーナーさん達のお気に入りのカラーやインテリアコーディネートを見ることが出来ますね。

     

    今回は、ネイチャーデコールのよくあるベッドルームの傾向と、

    ここ数年のオーナーさんの指向性をまとめてご紹介します。

     

     

     

     

     

    1. 淡いグレートーンでまとめていく、グレイッシュなベッドルームの事例

    ベッド.グレー.1

     

    ベッド.グレー.2

     

    ベッド.グレー.3

     

    ベッド.グレー.4

     

    ベッド.グレー.5

    全体的にシックで落ち着いたインテリアが多いですね。

    「フレンチシック」「シャビー」「エレガント」、そんなキーワードで表現出来そうです。

     

    淡いグレートーンをアクセントカラーとして壁面や天井などに使い、

    その同一トーンで、カーテンやベッド廻りのリネンなどを組み合わせていく。

    照明器具やドレッサーなどの家具も、女性らしい優しいコーディネートが多いです。

     

     

     

     

     

    2. 暖色系の温かい色をアクセントにした事例

    ベッド.暖色.1

     

    ベッド.暖色.2

    ゆっくりと休む場所なので、心が落ち着く温かい暖色系の色味も好まれます。

     

    カラーサンプルでご提案していくと、少し色がきついかな〜と思われる事が多いのですが、

    この様な優しい暖色系を持ってくる場合、壁四面、、といった広い面での使い方ではなく

    窓の無いフラットな壁や、規則的に窓が配置された場所にアクセントを効かせると

    より効果的です。

     

     

     

     

    3. プライベートゾーンなので自分な好きな色でまとめたい!といった事例

    ベッド.ラベンダー

    「ラベンダーカラー」「優しいピンク系〜パープル」そんな色がお好みのオーナーさん。

    ベッドルーム全体を「ラベンダーカラー」のトーンでまとめたお部屋です。

     

    アクセントウォールの色に合わせた、カーテン。優しいピンクのベッド廻りと

    差し色でクッションにも近い色を取り入れたり、、

    シャンデリアも含めて、ガーリーな優しいベッドルームです。

     

     

    色々なベッドルームの事例を見ると、特にネイチャーデコールのオーナーさんの場合、

    ベッドルームのイメージの決定権は奥様にあるように見えるのは、

    僕だけでしょうか、、、 (笑)

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/02/12

    「インテリアがイメージチェンジされました!」

    04.地中海スタイル05.リビング08.インテリアコーディネート09.NDオーナーのライフスタイル20.『地中海の白い家』

     

    以前リノベーションさせていただいた、「地中海の白い家」のリビング。

     

    インテリアがイメージチェンジされました。

     

     

    ○ イメージチェンジ後のリビング

    中.1

     

     

    ○ 以前のリビング

    中.1-2

    今回は、造作ソファの張地を変え、クッションカバーを変え、そしてアクセントに

    大きなカラフルラグを入れてもらいました。

     

    結構、部屋の印象が変わりましたね。

     

    ブルー系の色がお好みのオーナーの希望もあり、ソファー全体を鮮やかなブルーで

    整えてもらってます。

    今回のインテリアコーディネートの提案は、いつもネイチャーデコールの家で

    カーテンなどのフィニッシュワークに関わってもらってる、

    ロブジェの吉野氏によるものです。

     

     

     

     

     

    中.3

     

    中.4

    ソファに使用されている素材は「アルカンターラ」といって、車のシートなどに

    使用されている素材で、天然スエードに近い触感ですが、

    ポリエステルとポリウレタンから出来ているもので、耐久性とクリーニング性が

    利点の素材です。

    このお宅の大きなわんちゃんがソファーが大好きでいつもこの場所でお昼寝

    したりしてるので、そういった点でも丁度良い素材です。

     

    クッションの色添えのくずし加減も、なかなかセンス良いですね〜

    流石カーテンの魔術師(笑)

    ネイチャーデコールの家のフィニッシュワークで

    カーテンやクッションの提案に参加してもらってる吉野氏は

    いつも、皆さんに喜んでいただけ、とても評判の良いセンスの持ち主なんです。

     

     

     

     

     

    中.5

     

    中.6

    このお宅には、いつ伺っても綺麗な花が飾られ、ニッチやカウンターなどで

    季節感と彩りが感じられます。

     

    インテリアにこだわり、部屋を綺麗に掃除すると気持ちが上向きになってくると言って

    いつもきれいに整理整頓され、花を絶やさない。

    日々、とても丁寧に暮らされてる様子が隅々から覗えます。

     

    こんなに愛着をもって暮らされてる姿を見ると、

    この家のデザインに関わらせていただけたこと、本当にありがたい限りです。

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/02/03

    「最近製作したオリジナルダイニングテーブル」

    01.造作家具02.モールテックス02.古材05.ダイニング08.インテリアコーディネート

     

    最近オリジナルで製作して納めたテーブルをご紹介します。

     

    ダイニングテーブルやセンターテーブルなど、良いアンティーク家具との出会いがあり

    その空間にマッチさせたり、既製品やブランド・デザイナー家具などで

    コーディネートさせていくことも、勿論良いのですが今回の2件の家は、

    ピッタリのサイズや兼ねる機能のモノが、出来上がってるものでは無かったため

    オリジナルで製作することになりました。

     

    1. ちょっと大きめサイズの8人掛けテーブル

    テーブル.1

     

    テーブル.2

    テーブルのサイズは、L.2400×d.900で8人でもゆったりと使え、
    人が大勢集まり皆でテーブルを囲むことを想定したものです。
    天板はスッキリと薄さを見せていくのと対照的に、存在感のある脚の部分が特徴的な
    デザインです。
    天板にも脚の部分にも古材を使用しています。

    天板には古材のオーク材を使用し、古材特有の木のシミやの釘の抜き跡などは残しながらプレーナーで滑らかに磨きあげ、クリアウレタンの艶消しで仕上げてます。

    やはりダイニングテーブルの場合は日々の使い勝手を考えウレタンの艶消しでフィニッシュしておくのがオススメです。

     

    そしてこの存在感のある脚の部分。

    材料には古材のヘムロックを使用しておりますが、

    流石にここまで太い大きな古材はなかなか手に入らないため、古材同士を抱き合わせ

    大きな柱状のものを一度作った上で、旋盤機で削りだしこのかたちを作ってもらいました。

     

    お宅に納まってるテーブルを見るとなんの違和感もなく、空間に融け込んでいますが

    製作過程にはいろいろなストーリーがあるんですね。

     

     

     

     

    2. キッチンカウンターと一体型のダイニングテーブル

    テーブル.3

     

    テーブル.4

    なんと全長4550ミリの大迫力のキッチンと一体型のダイニングテーブルです。

     

    このキッチンと繋がる大きなカウンターテーブルを素材を変えずまた段差を付けずに

    見せていきたい、と考え仕上げ材には「モールテックス」を採用しました。

    そして段差を付けない為に、キッチン部分は床を150㎜落として、

    作業台の高さも、テーブルの高さも不具合無く使える様にしました。

    ダイニングテーブルには、6人〜7人が座れます。

     

    この長いカウンターテーブルに対して天板も厚みを100㎜持たせ、

    カウンターテーブル自体がダイニングキッチンの中心になるような設えにしています。

     

    「モールテックス」のカウンターテーブルの背面には天井までの大きなブックシェルフがあり、趣味性の高いインテリアデザインは、この家のテーマでもある

    「ブルックリンスタイル」にピッタリはまってます。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/10/09

    「最近製作したオリジナルダイニングテーブル」

    01.造作家具02.古材05.ダイニング08.インテリアコーディネート08.テーブル

     

    ネイチャーデコールでは、住宅の完成間際に

    トータルインテリアコーディネートの一環として、ダイニングのテーブルも

    オリジナルで製作しています。

     

    その空間に合った、サイズ・色味・素材感などのバランスを考えながら

    最近製作したオリジナルダイニングテーブルの一例をご紹介します。

     

    ダイニングゾーンにコーディネートされた、その空間ごとの

    ダイニングチェアや照明、なども合わせてご覧下さい。

     

     

    1.大家族用のテーブル-1

    テーブル.1

    テーブルのサイズは、L.2400×d.1000で8人でもゆったりと使える

    二世帯住宅に納めたものです。

    比較的厚みをもたせた天板と、存在感のある脚の部分が特徴的な

    デザインです。

    天板にも脚の部分にも古材を使用しています。

     

    天板の処理としては、古材を使用しても表面はかなり滑らかに仕上げ

    また、汚れ防止やこぼれたものが拭きやすいようにウレタンで

    半艶程度に仕上げています。

    ここでは、このグロスなテカリ感を狙いました。

     

    以前は、極力古材の質感を生かすために、ウレタン塗装を使用せず

    WAXなどで自然に仕上げていたものも多かったのですが、

    日々の使い勝手を考慮して、最近ではウレタンフィニッシュが

    多くなってきました。

     

     

     

     

    2.大家族用のテーブル-2

    テーブル.2

    テーブルのサイズは、L.2800×d.900で10人でもゆったりと使える

    これも二世帯住宅に納めたものですが、はじめのお宅の事例より

    更に40㎝も大きいビッグテーブルです。

    こういう規格外の寸法になると、やはりオーダーしかないでしょうね。

     

    このクロスさせた古材で作る存在感のある脚のデザインはここのところの

    マイブームでよくオリジナルで使っているものです。

     

    素材は乾燥させたヘムロックの古材を使用して、淡い白ベージュを

    木の木目を生かしながら全体に薄めに着色しています。

    天板の最終処理は、これもやはりウレタンでコートしているのですが、

    艶を極力抑え底艶になるよう、品良くマットな仕上がりです。

     

     

     

     

    3.オーナーさんとの共同製作で出来たテーブル

    テーブル.3

    テーブルのサイズは、L.2100×d.850で6人は腰掛けたい、というオーダーで

    製作したテーブル。

     

    このテーブルは、突然オーナーさんがアンティークショップで

    使い込まれた古い手すりを気に入ってしまい、それをうまく脚に使えないか? そしてその風合いに天板も合わせてオリジナルテーブルが出来ないものか? というオーダーから生まれたとてもイレギュラーな例です。

     

    かなり脚の塗装も剥げ落ちていて、まさに本物のシャビー。。

    そこで、天板には古材のオークを使用し、その脚の風合いに合わせて

    白い塗装を自然にムラを出しながら

    馴染ませていくような、エージング塗装で仕上げました。

     

    こうして出来上がりを見ると、はじめからこんなテーブルが

    あったかのようにも見えますね。

     

    とても、愛着ある一品が仕上がりました。

     

     

    そう、ネイチャーデコールの家では

    テーブルひとつにも色んなドラマがあるんですよ〜。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop