Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

01.ドア一覧

  • 2017/04/18

    「今日はお宝探しに!」

    01.ドア07.アンティーク&ヴィンテージ07.パーツその他09.マイセレクション

     

    今日は、朝から現在進行中の家に納めるアンティークのドアを見つけに、

    遠方の友人のアンティークショップまで車を走らせる。

    物色.1

    ショップのエントランスはこんな雰囲気でとても日本とは思えない佇まいです。

     

     

    物色.2

    大きな倉庫を改装したこのショップは、あるはあるは、、所狭しとドアや窓、

    フェンスなどお宝の山のようです。

     

    こういうものが大好きな自分は、もう何時間でも居れる感じです。

     

     

     

     

    そして今回巡り会えたのはこの3点のドア。

    物色.3

     

    物色.4

     

    物色.5

    どのドアも、19世紀・1850年頃のフランスはブルゴーニュ地方のものらしく、

    その時代のモノにしてはコンディションが良く、リペアを入れれば新築住宅の中でも

    一番の目玉としてインパクトが出る面構えのモノばかりです。

    これ、写真よりも現物の方が遙かに素晴らしく、ネットで検索して、、、ではなく

    やはり、自分の目で見て質感を感じて来れたのは正解です。

     

    素材はオークなどが多く、その重量は観音扉の場合だと80キロ〜100キロはあり、

    存在感に勝るとも劣らない重量物です。(笑)

     

    この年代のモノになると、古材での製作やエージングを駆使しても、

    やはりこの雰囲気を越えるものを表現出来ません。

     

    これらのドアとの出会いは大収穫でした!

    今から、ドアが取り付くのが待ち遠しく、本当に楽しみです。

     

     

     

     

     

    物色.7
    物色.6

    ここには、ドアに合わせてドアノブやヒンジ、年代物の錠なども豊富で

    ドアを決めたら今度は金物をセレクトしていきます。

    いや〜 楽しいですね、ワクワクします!

     

     

     

     

     

    物色.9

    今日は良い仕事が出来ました!

    その後は、友人のオーナー宅に招かれ夜通しワインで祝杯をあげました。(笑)

    本当にマニアックで人生をフルスロットルで楽しんでる73才現役バリバリのオーナー、

    こんなオヤジになれたらいいな〜、なんて僕の憧れの人なんです。

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/01/16

    「ハンガードア デザイン色々」

    01.ドア

     

    ここ最近の現場で製作した、オリジナルハンガードア。

     

    様々なバリエーションのハンガードアをデザインしています。

     

     

    1.ヘリンボーン貼りのハンガードア

    ドア.2

    全面に古材のグレーウッドを使用し、ヘリンボーン貼りで仕上げたドア

    質感のインパクトもさることながら、ヘリンボーン貼りがとても印象的。

     

     

     

     

    2.デザインガラスを組み込んだハンガードア

    ドア.1

    古材をきれいめに仕上げた框タイプのドアにデザインガラスを

    スチールの格子で挟み込んだもの。

     

     

     

     

    3.シンプルな古材のハンガードア

    ドア.3

    古材のボリューム感だけ、素材感だけでみせたハンガードア。

    シンプルだけどインパクトがあります。

     

     

     

     

    4.スチールのハンガードア

    ドア.4

    ドア.4-2

    間仕切りを兼ねたスチールパーテーションに取付けたハンガードア。

    重量のあるスチールドアも開閉がスムースです。

    取っ手はレザー巻。

     

    エントランスホールから居室に入るところなどで、

    アクセントドアとして取り入れることが多いのですが、

    さて、このドアを開けるとどんな空間に導かれるのだろう〜といった、

    期待感を演出するのにも、デザインされた「ハンガードア」はうってつけです。

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/09/26

    「木製製作玄関ドア はじめにお話ししておくこと」

    01.ドア09.想うこと

    ドアデザイン

     

    ドアドア

    ネイチャーデコールでは、いままで数々の玄関ドアを提案してきました。

     

    その家の数だけ玄関ドアも様々で、まさにその家の顔。

     

    玄関ドアにもいくつかの選択肢があって、そのあたりは設計段階でオーナーさんと

    打合せしながら、それぞれのメリット・デメリットを説明し自分たちの家族に合った

    玄関ドアが出来ていきます。

     

    大きな選択肢としては、

    1.その家に合わせてオリジナルでデザイン、製作していくパターン。

    2.アンティークを見つけ、それをリペアして使っていくパターン。

    3.比較的シンプルな木製ドアの既製品にカラーオーダーしていくパターン。

    4.木風のアルミ製既製玄関ドアを使用するパターン。

    この、4番目は非常に少ない例で、やはり最近一番多いのが3番目の既製品の木製ドアを

    使用していくパターンでしょうか。

     

    ネイチャーデコールの過去の事例から、個性的で印象深い玄関ドアを想像している方に

    とっては意外かも知れません。

     

    勿論、室内のインテリアドアに関しては、自由なデザイン、自由な素材で製作提案

    しておりますが、ここはやはり外部に面した玄関ドア。

    オリジナルで製作を決める前に、いろいろな注意点と覚悟も必要になってきます。

     

    そんなわけで、今回はオリジナルデザインで製作された木製玄関ドアについての

    私どもの過去の失敗も踏まえて、その留意点を少しお話しさせていただきます。

     

    一般的には日本のどの家を見ても、そのほとんどがどこそこメーカーの

    既製アルミ玄関ドアが使われています。

    やはり、日本の気候風土にあった材料で気密性、断熱性、そして日々使うものなので

    その開閉性のスムースさや、表面も劣化しにくいメンテナンス性、

    更には、セキュリティ性を考慮した鍵 等々、そういったポイントを総合的に

    試験〜計画されたのが既製アルミ玄関ドアなので、それだけで何も文句なく採用

    していくのが、世の中ごく一般的なことなんでしょう。

     

    ただし、デザインのされたネイチャーデコールの家において、

    その既製アルミ玄関ドアが付いたシーンをイメージしてください。

    、、、相当の妥協の上でないと、これは成り立たないことは一目瞭然にお解りと思います。

    なので、うちで既製アルミ玄関ドア選択するオーナーさんは、1割にも満たないでしょう。

     

    なぜ、世の中にはオリジナルデザインで製作された木製玄関ドアが少ないのか?

     

    簡単に言ってしまうと、そこには相当なリスクが伴うからです。

     

    ただ、リスクがあるからといって、すぐにそれを止めるでは、

    ネイチャーデコールスピリットに反してしまうし、住宅建材にしてもパーツにしても

    使い勝手や安全性を最優先してしまえば、

    デザインされた家なんてそもそも出来上がりません!

     

    それではそのリスクをどう、ヘッジしていくかについて話しを進めていきます。

     

    まず一番大事なのは、オーナーさんに起こりうる色々な事や過去の事例でのことを

    十分説明し、単に格好いい!とかオシャレ!だけではないことを伝えていく。

    それを理解頂いた上で、一緒に作っていくことの同意をいただく。

     

    そこで、具体的にデザイン〜製作の中でどうリスクヘッジしていくか。

     

    1.乾燥度合いの高い木を選定していく。

    2.くるいの少ない堅木を選定していく。

    3.木の風合いは生かしつつも、無垢は使わず、積層したり下地に金物を使ったりしていく。

    4.後々の木の伸び縮みの調整が可能な枠納まりにしておく。

    5.デザインも大切だが、框や木の組み方を考慮したデザインにする。

    6.極力雨をしのげるように庇をのばしていく。

    7.ポーチなどを作り、直射日光が直に当たらないような環境設計にしていく。

    大きなポイントとしては、以上を更に細かく考慮しながらデザイン〜製作しています。

     

    このようなプロセスを踏んで製作したものであっても、完全とは言えません。

     

    その時期の雨が多い、少ない、湿気が多い、少ないによって木も変化します。

    毎年同じ時期に木が膨張して開きにくくなったり、また乾燥してドアに隙間が生じたり、

    そういう規則的なことでもありません。

    また逆に、さほど不具合なく普通につかえてみたり、、

    使う人によってもストレスの受け方も、これまた様々です。

     

    その様な理由から、正直 なかなか想定できないことが多々あるのが、

    オリジナルデザインで製作された木製玄関ドアなんです。

     

    なので、カッコだけじゃない!デザインだけじゃない!ということを事前に

    話した上で採用いただくようにしています。

     

     

    そういうことがあっても、その家だけのオリジナルデザインで製作された木製玄関ドアは

    インパクトのある家の顔となってきます。

    お仕着せる訳ではありませんが、ここは多少手間と維持費用が掛かっても、

    愛着もってケアしながら、長いお付き合いをしていただきたい。

     

    これが僕の思いでもあります。

     

    僕の家もようやく16年が経過しましたが、

    やはり気まぐれな玄関ドアは時々やせたり太ったりを繰り返してくれます。(笑)

    なんか、人間のようですね〜

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/09/12

    「テレビは隠して、、、」

    01.ドア05.リビング05.収納06.家創りのヒント07.アンティーク&ヴィンテージ12.リノベーション20.『ジュエリーデザイナーの家』

     

    リビングのテレビ、、ほとんどの方にとって、どうしても必要なモノではありますが、

    その存在感はなかなかなもので、空間の中で主張してくるのは否めません。。

     

    海外の事例などを見ると、リビングの真ん中にはドーンと暖炉などがあり、

    テレビが目立たない家、なんていうのもよく目にしますが、

    現実にはそうはいかないものですね。

     

    そこで今回は、そんなテレビの存在を感じさせることなく、

    上手にリビングに組み込んだ事例をご紹介します。

     

    テレビ.1

    テレビ.2

    こんな重厚なアンティークの扉を開けると、中にテレビが。

     

    扉を閉めてる状態では、そのアンティークの扉のインパクトが

    このリビングの大切なインテリアのエレメントとなってきます。

     

    テレビの上部に可動棚を増やしていけば、充分な収納にもなってきますね。

     

     

    このお宅、WORKSに新作事例としてアップされました。

    「ジュエリーデザイナーの家」→ http://www.nature-decor.com/works/detail104.html

    是非 ご覧下さい!

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/04/02

    「二世帯住宅のエントランスも様々」

    01.ドア03.二世帯住宅(多世帯住宅)05.ガーデン&外構05.玄関・アプローチ07.アンティーク&ヴィンテージ

     

    二世帯住宅のエントランスのお話。

     

    最近は二世帯住宅のご相談をうけることも増えてきましたが、

    皆さんがはじめに気にされるのは、完全に分離した二世帯なのか、

    何かを共用していく二世帯なのか、と言う点。

     

    そんな中でも導入部分のエントランスをまずどうしていくか。

    玄関を分けてしまうのか、それとも大きな玄関ホールとして

    その部分を共用にしていくか、、

     

    それはご家族の距離感や生活サイクルの違いなどにより、

    アプローチの仕方は変わってくるものです。

     

    ネイチャーデコールの過去の事例から、エントランスのイメージを

    膨らませてください。

     

     

    1.完全分離型のエントランスの事例


    稲垣邸

    玄関ドアの前のエントランスポーチにゆとりを持たせ、

    玄関ドア、ポスト、インターフォンもそれぞれが別々で

    完全に分離型のエントランスの事例です。

    それぞれの世帯でドアの色やデザインなどを変えてみても面白いですね。

     

     

    2.玄関を共有にした事例. その.1

    1

    2

    まず、アイアンゲートが共有でここから長いアプローチを通って

    玄関ホールへ向かいます。

    インターフォンもポストも別々に用意しました。

    そして一枚の玄関ドアを開けると、二世帯共有の玄関ホールとなります。

    広い玄関ホールはそのまま、共有のガーデンへと繋がります。

    この玄関ホールから、それぞれの世帯への入口のドアがあります。

    玄関前のポーチ、玄関ホール、ガーデンを共有にした事例です。

     

     

    3.玄関を共有にした事例. その.2


    長谷川

     

     

    やはり、ネイチャーデコールの事例で多いのは、

    このように、玄関ホールを二世帯で広く取り、そこから外に繋がり、

    ガーデンも共有にしていく、というケース。

     

    限られたスペースを最大限に生かし、

    くっつきすぎず、離れすぎず、程よい距離を持ちながら、

    お互い目を配っていける、そんな繋がりをもてるつくりかたが

    ストレス無くて良いのでしょうね。

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop