05.二階LDK

BLOG一覧

「ロフトスタイルの家、引渡し」

00.現場04.ブルックリンスタイル(ニューヨークスタイル)04.ロフト&SOHOスタイル05.二階LDK20.『ロフトスタイルの家・2019』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

「ロフトスタイルの家・2019」本日引渡しでした。

初回のプレゼンテーションから引渡しまで、実にスムーズにクリエイティビティを

高めながら設計者もオーナーも共に満足のいく結果となりました。

本来それが一番良い形の家創りのあり方です。

 

今回の経緯を振り返り具体的にどういうことだったか、というと

初回プレゼン時にオーナーさん側から、かなり明確なデザインのテーマを

いただき、合わせて絶対守っていきたい、という予算のマックスを

ギリギリまで絞り出していただき、後は細部に渡るまでその条件の中で

完成まで引っ張って欲しい、というとてもシンプルだけどお互いの

信頼関係のもと任せてもらう、そんな進め方だったので、

まさに自分の家のように、オーナーになりきりその家族をイメージした

物語を作り、その上で、ゾーニングも、素材も、カラーリングも、

家具もすべてのことを

こちら側でハンドリングできたので、絶対に食い違いや

失敗のない進め方であった。

 

いつも、こんな進め方で出来ていけば間違いなく皆がハッピーな家が

生まれていくはず! とあらためて感じた今回のプロジェクトでした。

 

そんな訳で今回出来上がった家の全体感を簡単にご紹介していきます。

ディテールに付いてはまた、回をあらためてお話ししていきます。

 

デザインのテーマが「ロフトスタイルの家」

 

外観は黒のガルバリウム鋼板と古レンガ、それにスチールといった

素材構成で固め、外に対して窓が無くそれぞれの素材感をもたせながらも、

無機質なイメージでファサードをデザイン。

 

 

床から浮かせたステップをあがり、

亜鉛ドブ付け仕上げのアイアンの無骨なオリジナル門扉

 

 

エントランスポーチから重厚な玄関ドアを見る

このスチールのドアもデザインをおこしたオリジナルの製作品

ガッツリした大きな鉄のノッカーを付けたい、というのは

オーナーの希望。

 

 

 

重厚なスチールのドアを開けると、段差のない土間の

エントランスホール。

そのままシューズストックへとアプローチ出来ます。

 

 

 

2階のストーブのある空間。

この上にロフトがあるため、ここは天井をあえて低く抑えて設計。

ストーブ脇のスチールの螺旋階段からロフトに上がっていけます。

 

 

 

2階にLDKをもっていったのは、

高台の敷地からの、こののどかな眺望を取り入れたかったから。

リビング繋がりの広いデッキは、これからかなり活躍しそう。

 

 

 

巾の広いダメージ加工のオーク材は床から壁に同じ流れで立ち上がって

いき、吹き抜けのリビングは、より広がりを感じます。

 

 

 

 

 

北側のトップライトからの安定した光でいつも日射しが差し込む、

屋根勾配を生かした高天井、

床に高低差をもたせ、ロフトから見下ろすダイニングキッチン、

ロフト下のお籠もりストーブスペース、

ダイニングテーブルからは、リビングの先に抜けの良い眺望

奥行きと長さのあるキッチンがそのままダイニングに繋がる大カウンター

場所を移動するごとに違うシーンがあり、

どの場所でも落ち着いてしまう。

気持ちが良い!と感じる空間のポイントが随所にちりばめられています。

 

 

 

 

パウダールームのドアにもホームグラフィックスを、

期待感でドアを開けてみたくなる、そんなパウダールーム

 

 

 

 

 

薄いグレーの壁、表情のあるタイルはパウダールームの

床からバスの壁に貼り上げ一体感を演出。

水栓やタオルバー、サッシの枠廻りは「黒」で統一。

そしてこのバスタブが特別な感じで、バスに入ると引き込みサッシで

外のデッキに繋がり開放感いっぱいのバスルームです。

 

 

 

さ〜、こんなに可愛い女の子が、この先この家を人生のステージに

どのように感性を養っていくのか、

家が与える影響力は大きなものなので、とても楽しみです!

 

 

家創りは本来生活の質をあげるもの、

家を通してもっと自分自身を楽しもう! ワクワク人生を楽しもう!

そんなことを常日頃から思っている僕を、

最後まで信じてくれてありがとうございました。

お陰で良い結果が残せたことと思います。

 

また、名残惜しい引き渡しとなってしまいました。。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

「雑誌の撮影と取材が行われました」

01.アイアン03.庭で過ごす05.アウトドアリビング(軒下・カバードポーチ)05.ガーデン&外構05.二階LDK09.NDオーナーのライフスタイル11.メディア

 

本日は、雑誌の撮影と取材が行われました。

 

雑誌はハウジング誌で、扶桑社「住まいの設計」

今回の取材テーマは、「ガーデンハウス」

建築とガーデンのコラボレーションによってつくられた家ならではの、

心地よさ、快適さ、楽しさを中心に一軒の家全体を取り上げていく取材です。

 

今回も、初期段階からいつものガーデナー、ガーデン&ファニチャーさんとの

コラボでデザインしていきました。

 

木原.1

ガーデンの写真撮影も多かったので、天候が気になりましたが、

今日は、朝からの青空、晴天に恵まれました。

 

 

木原.2

木原.3

玄関脇からのガーデンスペース。

 

オリジナルデザイン制作品のアイアン門扉から導かれる

パーゴラをかけた、石畳のガーデンアプローチ。

 

この時期なので、お花は見れませんが、

春には、このパーゴラに綺麗なバラで溢れるようです。

 

 

 

木原.4

外から直接、2階のアウトドアダイニングに行ける、外階段回りも

しっかり統一感を出しながらデザインをしています。

 

木原.7

階段を上がりきると、キッチン前のテラススペースへ。

 

キッチンから出て、すぐにハーブを使えるよう、外にはキッチンハーブが。

 

 

 

 

 

木原.5

木.2

階段下は、こんなコーナーで、ガーデン用シンクやガーデングッズがしまえるような

おしゃれなベベルサイディングを使った、ガーデンシェッドになってます。

 

 

 

木原.6

木.1

2階リビングからの、アウトドアダイニングの光景。

 

この家は、緑溢れる西側隣地の公園の借景を取り込むために、

2階LDKで計画されました。

 

外には、緑しか見えず都心でありながら、どこかのリゾート地に来たかのような

この景色は、一番の癒し&リラックスポイントになっているようです。

ここで、ビールを飲んだりホームBBQをしたりが、週末の楽しみとのこと。

 

住み始めてちょうど6年目になりますが、とても温かくコージーな風が流れていました。

 

 

 

「小平の家 引渡し」

00.現場01.アイアン03.ペットと暮らす04.フレンチスタイル05.二階LDK05.階段20.『ワンニャン・ライフ』

 

昨日、「小平の家」 なんとかぎりぎり、外構工事を残す建築側の引渡しを終えることが出来ました。

 

引渡しの翌日には、引っ越しということもあり、現場も慌ただしい追い込みでした。

 

ご夫婦とペットの猫が暮らす、延べ床面積約30坪のコンパクトな家です。

近隣の住宅環境を配慮し、採光と天井高さを確保するべく、

2階LDKのレイアウトにしました。

 

 

荒.1

玄関ホールには吹き抜けを設け、外のパティオと繋がる様な広がりがあります。

 

高さ2400ミリのインパクトのあるアンティークのドア。

 

 

 

荒.2

荒.3

2階へはスチールの螺旋階段で。

 

まだ外構が仕上がってませんが、パティオは2500ミリの高い塀で囲われ

玄関ホールと繋がる、完全なるプライベート空間になります。

正面にはシンボルツリーを配置して、四季を感じられるドライガーデンとします。

 

玄関ホールには南側に設けた大きな高窓からサンサンと日差しが差し込みます。

 

 

 

荒.4

螺旋階段を上って2階に上がると、アイアン手すりのブリッジの様な廊下。

 

 

 

荒.5

各ドアには、猫がどの部屋にも行き来できるように、猫用の開口があります。

 

 

 

荒.6

荒.7

荒.8

2階のLDKの全景。

 

勾配天井による、高い天井高からは、北側トップライトで充分な採光を確保。

2階LDKの利点は、このような事が出来るのが良いですね。

住宅が密集していて、1階にはなかなか日差しを取り込むことが出来ない、

また、1階で吹き抜けを取るほど、全体床面積を確保出来ない、、、

そんな時は、2階LDK案がオススメです!

 

今回のお宅では、壁天井にあまり質感(素材感)を強調したくない、

ということで、白い平坦な面に若干陰影が出せる、フランス漆喰の

「アバナ」を白で仕上げました。

いわゆる珪藻土とも違う、また漆喰や塗装とも違い、フラットで光沢感のある

上品な仕上げが表現出来ました。