03.二世帯住宅(多世帯住宅)

BLOG一覧

「竣工撮影 梅雨の合間にまとめて〜」

03.二世帯住宅(多世帯住宅)11.ネイチャーデコール12.リノベーション12.店舗併用住宅・いえみせ20.『MAISONS en French・物語を感じる住まい』20.『店舗併用二世帯住宅』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

ホームページサーバーのリニューアルで、しばらくの間ブログも書くことが出来ませんでした。

そんな梅雨の合間にまとめて竣工撮影が行われました。

今回の家も、またまた見応え満載ですよ〜

 

 

◯はじめのお宅は、南青山・骨董通りの裏手に建築した、「店舗併用二世帯住宅」

 

地下一階と一階部分をテナントスペースとして、二階と三階を二世帯住宅として計画しました。

70代の親世帯と40代の子世帯の幅広い生活様式とデザインの指向性を限られた空間の中にすべてモーラされています。

ハイブランドの連なる都会の喧騒を忘れてしまいそうな壁面緑化によるテナントファサード

有機的な質感と相反したモダンな表情、そして眩しいくらいなバラガンピンク!

街に異質なオーラを醸し出している建物です。

 

 

 

サンタフェをイメージした親世帯のエントランスから白いコロニアルシックのリビングダイニング、

階を一層上がり子世帯の住居部分は、モロッコテイストからナチュラルモダンそしてリゾートスタイルのリビングと、

まさに各部屋ごとに色々な国を旅しているような多彩なインテリア空間。世代を超えて自分たちそれぞれの「好き」を凝縮してしまったような楽しい住まいになりました。

 

 

 

 

 

◯次のお宅は、築年数の浅い戸建て住宅の全面リノベーションです。

 

設計の打ち合わせ中も、工事期間中も、オーナーの拘りとその熱量をビシビシ感じたこのお宅。

撮影に訪れてみると、ものの見事にオーナーの世界観が隅々まで滲み出ていました。まあお家愛が物凄い!ここまで徹底してもらえると、本当にこの家の仕事に携われたことを嬉しく思います。

もともとは、庭であった場所をサンルームにして、狭く自然光が取りづらかったLDに広がりと光を取り込むことが出来ました。このアイデアは大正解!

 

 

イメージは「MAISONS en French」

家創りの中での大きなテーマの一つに、オーナーが何年もかけて集めてこられた、アンティークの家具や小物、食器達がデザイン的にしっくりと収まる空間であること。そのひとつひとつにこだわりと思い出が詰まっていて、単なるものを超えたオーナー自身の物語を感じる住まいになりました。

徹底して「自分の好きな・自分だけの世界」にこだわり抜いた結果、洋書からそのまま飛び出してきたような、まるで日本に居ることを忘れてしまう程の、唯一無二な世界が誕生しました!

 

 

この2邸は、近々ホームページWorksにアップしていきます。

まだまだ、お見せしたいアングルやアイデアが一杯です。

10人居れば10通りの顔があり家のデザインも皆、変わってきます。

ネイチャーデコールのデザインスタイルの幅を是非御覧ください!

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

「南青山・テナント併用二世帯住宅 追い込み中」

00.現場03.二世帯住宅(多世帯住宅)20.『店舗併用二世帯住宅』

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

いま進行中の南青山・骨董通り裏手のテナント併用二世帯住宅が

引き渡し間際で、多くの職人達で溢れ現場はまさに追い込み中。

特にこの先1週間が正念場になってきました。。。

 


地下1階〜1階がテナント、2階〜3階が二世帯住宅

そして屋上には素敵なグリーンに覆われたペントハウスが作られます。

 

 

住居までのアプローチの天然石を施工中

明日からまた雨の予報なので、しっかり屋根を付け養生をしながらの施工です。

 

 



住居部分2階のサンタフェをイメージしたゾーン

 

 



住居部分2階のターコイズブルーのドアの先には、

また印象の全く異なる、ローラ・アシュレイのテキスタイルが似合う、

白いコロニアルシックな世界に変わります。

近くに現場事務所を借りていますが、監督も直接現場から指示を飛ばしています。

緊迫した状況がこちらにも伝わってきます。

 

 


住居部分3階

一般フロアから30㎝、二段下がったピットリビングの床を仕上げだしています。

 




電気屋さんは照明器具の器具付け、

横では、タイル屋さんがブリックの目地詰め、そして左官屋さんは

キッチン廻りのモールテックス中塗りと、、

 

時間の迫ってきてる中、お互いに場所をシェアし譲り合いながら、

良いチームワークで綺麗に仕事をしてもらってます。

 

さ〜 まだこんな状態ですが、26日の引っ越しに向けて、

みんな頑張っています!

ラストスパート、よろしくお願いします!!

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

「南青山で地鎮祭」

00.現場03.二世帯住宅(多世帯住宅)20.『店舗併用二世帯住宅』

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

今日は、気持ちの良い晴天の青空のもと、南青山・骨董通りのすぐ裏手という

好立地で地鎮祭が行われました。

今回は、地下1階と1階部分に店舗が入り、2階〜3階を二世帯住宅の住居という内容で、

延べ床面積は、約110坪、

木造在来工法が多いネイチャーデコールではありますが、

構造は、RC造(鉄筋コンクリート造)になります。

 

もともとこの界隈に古くから住まわれていたオーナーさんで、

まさに「終の住処」となる家を計画して欲しい、

ということで、このプロジェクトはスタートしました。

 

親世帯も子世帯もそれぞれ違ったイメージで、

特に親世帯は色々な海外での生活経験が多いお母様の世界観、

そして、アメリカはサウスウエストが大好きでサンタフェスタイルがストライクゾーンの

お父様の世界観、子世帯においてはインダストリアルで若干味付けされた、

ナチュラル&モダンな世界観、

けっして大きな空間ではないのですが、皆さんそれぞれ好きな世界観を融合しながら

インテリアデザインを本当に楽しんで計画していきました。

 

 

 

 

南青山.1

 

南青山.2

 

南青山.3

 

 

「南青山プロジェクト」完成は2019年の秋頃を予定しております。

 

かたちが見えてくるのはまだまだ先ですが、今からとても楽しみなプロジェクトです!

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

「四世代、一つ屋根の下」の家 引渡し

00.現場03.二世帯住宅(多世帯住宅)05.コの字型&L字型の家20.『四世代、一つ屋根の下』

 

杉並区で進めてきた「四世代、一つ屋根の下」の家、本日ようやく引渡し!

 

あいにくの雨で、外観がご紹介出来ませんが、

外観と庭作りは秋の植栽を仕上げた時にまとめてご紹介させていただきます。

 

まずは、LDKを中心とした、室内側を少しだけ、、

 

このお宅は、白を基調に奇をてらわず、シンプルで飽きの来ないインテリアデザインで

ベーシックなネイチャーデコールスタイルの家です。

 

渕.1

天井までの壁面全体がシューズボックスとなっていて、4世代分のたっぷり収納。

 

家具としての存在感を無くし、ひとつの壁装材としてオークの素材感を見せ

上下の間接照明で、室内に誘導していきます。

 

すると、正面にはピクチャーウインドがあり、四季を感じられる坪庭としました、

 

 

 

渕.2

エントランスホールから、古材のオリジナル製作のハンガードアをあけると、

リビングへ。

 

 

渕.3

階段も床材と共材でオークで仕上げました。

 

踏み板も蹴込みもオーク材で、スッキリとシンプルな階段デザインです。

 

 

渕.4

リビング全景

まだ、ソファーもセンターテーブルの設置もしてないのでなんだかガラーンとしてますね〜

 

天井からは、GEROGE NELSONの形状違いの照明がランダムに4灯取付きます。

 

 

渕.5

w.2000×d.900のアイランドカウンターのある、大きなL型キッチン。

 

食洗機はミーレ・ワイド600タイプ、

ご家族の多いこの家、ここにもたっぷりの収納を用意しました。

 

 

渕.6

ダイニングコーナー

椅子は、CARL HANSEN CH36をセレクトし、

テーブルはヘムロックの古材を使いシャビーに仕上げたオリジナル製作品。

サイズも大家族用に、w.2800×d.900のビッグテーブルです。

 

 

渕.7

ダイニング全景

天井からの柔らかい関節照明がブリックのテクスチャーを良い感じに照らしてます。

テーブル上の白いシンプルな照明は、コンランショップ。

 

 

渕.8

リビングの一角には、二畳ほどのこんなお籠もりコーナーもあります。

40㎝あがった下部には、アルバムや本なども収納出来る引き出しを設けてます。

 

 

 

DKシーン

 

リビングシー%s

この、ダイニングシーンとリビングシーンのスケッチは、

はじめてのプレゼンテーション時にオーナーさんに提出したものです。

 

全体の空間構成、素材、家具、照明もすべてはじめにご提案したままで、

もうこの段階から、インテリアも含めてこの家のエレメントをトータルで

イメージしながらご提案していくのが、ネイチャーデコール流です。

 

○ Director:大浦比呂志

○ Designer:岡田美和子(ネイチャーデコール・カナダブランチ)

 

 

 

 

 

 

 

「新しい現場コマーシャルシート出来ました!」

00.現場03.二世帯住宅(多世帯住宅)05.中庭06.断熱06.躯体工事20.『四世代、一つ屋根の下』



あまり住宅メーカー風や設計事務所風じゃ嫌だったので、こんな感じの、
黒板に見立てた様なデザインで作ってもらいました。
はじめてこの新しい現場コマーシャルシートが掛かった現場は、
杉並区で進行中の「四世代が一つ屋根の下に暮らす家」
今は、木工時の真っ最中。
サッシが取付き、壁の断熱材が納められていきます。
断熱材は「アクリア ネクスト」
高性能グラスウールです。
開口部の防水処置も、各部位ごとに
丁寧に施工されておりました。
二階から覗き下ろした、中庭です。
ここまでの段階では、予定よりも一週間以上早いペースで現場を進めていただいてます。
今のところは、、ですが、
一週間分の日にちの貯金が出来ています。