20.『台湾コネクション』

BLOG一覧

「台湾ブランチ いよいよ始動します」

01.エージング・ペインティング01.ドア02.古材05.バーコーナー07.アンティーク&ヴィンテージ11.ネイチャーデコール11.メディア11.台湾ブランチ20.『台湾コネクション』

 

大浦比呂志事務所の台湾ブランチ

「レディース&ジェントルマン」が、
11月からいよいよ動き始めました。
このプロジェクトは、台湾の住空間やショップなどへ日本のきめ細かく斬新なデザインと技術、生活提案を紹介し具現化していこう、という考えのもと、そこに白羽の矢が立ったのが、ネイチャーデコールのデザインでした。
そしてその拠点となる、オフィスでありショールームスペースを今回はじめにデザインしてきました。



エントランスの重厚なドアを開くと、
スペースの中心には、間接照明でフロアから60センチ程上がったBARカウンター
スペース。



スチールパーテーションで仕切られたオフィススペース。
まだガラーンとしています。
グリーンにエージングされたハンガードアを開くとオフィスに隣接されたプレゼンテーションルーム。
いつもネイチャーデコールで使っている様々な素材がサンプルとして使われています。
BARの前は打合せと展示スペース。
家具なども日本でやっていることを、
出来るだけ忠実にこちらで表現しました。
「MIND MAP」はプロモーションツール
として大活躍しています。
BARの左は回転式のスチールパーテーションで仕切られたソファコーナー。
この家具コーディネートは、日本からの
もう一人のこのプロジェクトメンバー、
「パシフィックファニチャーサービス」
のものです。
天井までの背の高いライブラリーには、
これから沢山のデザイン関連資料が
並びます。
お披露目の当日は、新聞社、雑誌、ブロガーなど様々なメディアにとりあげて頂き、大手新聞には大きな紙面で紹介され、そしてなんと翌日にはその紙面を見たテレビ局の撮影があり、お昼の情報コーナーで紹介されました。
台湾はホント日本ブームなんですね。
最後の晩は台湾側スタッフと今後にむけて、全員で懇親会。
若いパワーに溢れた良いメンバーが集まってきました。
さ~ 新天地で今までのスタイルを、
しっかり発信していくぞーー!

「台湾ブランチの全貌が見えてきました」

11.台湾ブランチ12.リノベーション20.『台湾コネクション』

 

予てより計画しておりました

ネイチャーデコールのもうひとつの拠点となる、台湾ブランチの全貌が見えてきました。
予定よりも一ヶ月近く遅れてのラストスパート。
あとは、家具の配置や演出ディスプレイを行うラストスパート。
中央にBARコーナーと展示スペース。
奥に見えるのが、製作&デザインスペース。

スチールパーテーションで仕切られた デザインスペース。

間接照明の階段を登った高い位置、
このスペースの中央にBARコーナーを設置。
オフィスに必ずBARをもってくるのが、ネイチャーデコールSTYLE!
打合せスペースには天井までのマガジンラックを配置し、まるで図書館の様。
家具は、今回コラボレーションしている
「パシフィックファニチャーサービス」のもので、コーディネート。
細かなディテールも見せ場が沢山。
来月から最終調整で台湾に乗り込みです。
また、進捗はこのブログでお知らせします。

「台湾オフィスデザイン 現場風景」

00.現場11.ネイチャーデコール11.台湾ブランチ20.『台湾コネクション』

 

ネイチャーデコールの新しい拠点のひとつとなる、台湾オフィスの工事が、
10月上旬の完成に向けていよいよ追い込みの時期となってます。

出来る限り、現地の素材で構成していこうというものの、

なかなか日本の様にはいかないのが現実です。

素材ひとつ、仕上げ方法、ディティール、現地では初めてのことばかりなので、
当然と言えば当然ですが、現地の監督と建築工事の方々が、
こちらからのスケッチや図面、サンプルを見ながら、
一生懸命にそれを具現化しようと奮闘中です。

 

住宅業界にショップデザインの手法をはじめて導入し、
今でこそ当たり前の「エージング」や「古材」「アーティストワーク」
「海外からの輸入品」を住宅の中で表現し、やり慣れない施工会社と大喧嘩しながら
第一軒目の住宅を創り上げた20年前を思い出してしまう、そんな感じです。

 

はじめて新しい扉を開いていく時というのは、どんな事でも同じなんだな?と、
あらためて、そのワクワク感と迫り来るリスクをポジティブに捉えていく、
気持ちの切り替えの大切さに気付かされます。

1
全景
床
書棚
トイレ

台湾でのオフィス名が「Ladies&Gentlemen」

レディース&ジェントルマンのオフィスデザインでは、
まず中心の核となる部分にBARカウンターを設けました。
ロフトの様な空間には様々なシーンを想定した接客&プレゼンテーションコーナーがあります。
そこに置かれた、家具やマテリアル、ディスプレイにおいても、全てこれから台湾で提案していく
住空間に取り入れていけるようセレクトしております。
一日のうちで、過ごす時間の長い部屋、そして仕事場、
だからこそ、自分らしく自然体で居れる空間が欲しい。
その結論が「暮らしに遊び心を」。

 

…そんな、バックストーリーでオフィスデザインを進めております。

進捗は、またこのブログからお知らせします。 お楽しみに!