20.『お菓子屋 ビスキュイ』

BLOG一覧

「緑がやさしい、下町のケーキ屋さん」

04.サンタフェスタイル05.ガーデン&外構05.外観09.NDのオーナーさん12.ショップデザイン20.『お菓子屋 ビスキュイ』

行列の出来る、下町のケーキ屋さん

「お菓子やビスキュイ」も
バームクーヘン工房を作り、3度目のリニューアルを行いちょうど一年が経ちました。
その頃は、まだ若々しかったガーデンの
緑もすっかり根付き、ファサードに良い感じで馴染んできました。
いつも季節の花を添えながら、定期的に
このガーデンを管理しているのが、
軽井沢のガーデン&ファニチャーズ。
ネイチャーデコールの建物には欠かす事の出来ない、強力なパートナーです。
建物も庭も気をかけて、手を加えていくと、いつも生き生きとしています。
ファサードに緑や四季の花を添える事で、ホッと癒されるものです。
オーナーのお店に対する愛情が感じ取れますね。

お菓子や ビスキュイさん、遂にリニューアルオープン!

00.現場01.アイアン01.サイン・看板・ロゴデザイン04.サンタフェスタイル05.ガーデン&外構05.外観09.NDのオーナーさん11.ネイチャーデコール12.ショップデザイン20.『お菓子屋 ビスキュイ』

 

三回目のリニューアルで引き続きショップデザインを手掛けさせて頂いていた、
柴又の「お菓子や ビスキュイ」さんが昨日リニューアルオープン しました!

丁度10年前にケーキ店の新築を行い、その3年後 イートインコーナーを併設した
カフェを増築し、そして今回はバームクーヘン工房の新設とケーキ店の増築を
行いました。

ビスキュイ
これは、ケーキ店のファサードです。
モダンサンタフェをテーマにファサードはデザインしています。

このビスキュイさんでは、
建築デザインからサイン計画、そしてガーデンデザインとトータルにデザイン提案
させて頂いてます。

 

 

1

JPG

受付
そして、2014年10月11日 リニューアルオープン当日。

まだ、お店がオープンする9時前から、新柴又の駅を降りるやいなや
この行列、、
前回のオープン時も1000人の人が並んだという伝説が、
また塗り替えられるか、今回の最高時にはなんと、4時間待ちにもなったようです!

ディズニーランドのアトラクションでもそんなに並ばないですよね!

普段の土日でも、ポーターさんを付けてお店に誘導するとのことですが、
そのお客様の愛されてる一番の秘訣は、なんといっても老若男女を問わない、
広いターゲットに向けて、誰でも美味しい!と言える、そんな昔ながらの
素朴な味をベースにしながら、日進月歩 常に新しい驚きをトッピングしているところに
あるようです。

ビスキュイさんは、数あるオシャレなケーキ屋さんの中でも、
いつも東京の売れてるお店ベスト10に入っている、
そんな人気のケーキ屋さんです。

ショップ全景

1

2

3

新しくなったショップの全景と、ガーデンを含めた外観のデザインを
少し紹介します。

ショップを彩どるガーデン計画はやはりかかすことは出来ませんね。

ガーデンは、いつものガーデン&ファニチャーズさんが
軽井沢から駆けつけ施工して頂きました。

1

2

3

天井

そしてオリジナリティのある、サインとグラフィックデザインを加えて
ようやくお店らしい構えが出来上がってきます。

ビスキュイさんのケーキをモチーフに 、ロートアイアンで作った
正面の大きなアイアンサインが特に美味しく表現出来ました。
また、天井に描いた「バームクーヘン物語」も、
可愛らしく、プスッ!と笑えるものになりました。

 

この爆発的な発進力と話題性は、住宅デザインとは
またひと味違ったショップデザインの醍醐味です。

ネイチャーデコールの掲げてるコンセプトのひとつに、
「お店のような家 家のようなお店」…というのがあります。

お店において、家に居るときの寛ぎ感や居心地の良さというのは欠かせない付加価値に繋がります。
また家においては、お店のような非日常性やホスピタリティというのが、
生活感の伴う家の中での、大切なスパイスにもなります。
それは、単に表層の色や素材の目先を変える事ではなく、
人の心理をも左右する内面的なものをデザインしていくことだと考えます。

ネイチャーデコールの他とは視点の違う、
住宅デザインのベースというのは、こんなところから生まれています。

 

「住まいの様なお店、お店の様な住まい」

04.サンタフェスタイル05.外観11.ネイチャーデコール12.ショップデザイン20.『お菓子屋 ビスキュイ』

 

柴又ビスキュイは老若男女に愛されてきた人気のケーキ屋さんです。
住宅雑誌でネイチャーデコールの事例を見て、そのイメージを店舗へ、
というオーダーで2004年に母屋の一期工事が竣工しました。

画像1

画像1

外観は「モダンサンタフェ」というテーマでデザインしました。
下町にいきなりこのファサードが出現した時は、皆 かなりの衝撃だった様です。

画像1

画像1

その後、第二期工事として、2007年にカフェとイートインコーナーそして、外でも買ったものがすぐに食べれる様に、ガーデンとデッキスペースを増築しました。

画像1

画像1

画像1

様々なサインデザイン、そしてガーデンデザインまでトータルにデザイン提案し、実現しました。

そして、2014年6月から、バームクーヘン工房として、いよいよ第三期目の工事が着工します。

完成したらまた、インパクトのあるファサードとして生まれ変わります。

お店の成長とともに、息の長いお付き合いを頂き、感謝の一言に尽きます!

画像1

なにより、それを支え続けてるのが、
このみんなに愛されてる美味しい
ケーキ達です。

ここでは、気取ってスイーツとは言わず、
温かい下町の手作りケーキ、という方がピッタリときそうです。