Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

02.ブリック一覧

  • 2016/12/09

    「図面の中に表現しきれないモノって、、」

    01.アイアン02.タイル02.ブリック02.古材02.左官02.石04.ロフト&SOHOスタイル09.想うこと11.ネイチャーデコール20.『TOKYO LOFT STYLE』の家

     

    家作りにおいても、ものを事前に目で見て納得して買う、、

    それは、カタログだったり出来ているモノが展示されているショールーム

    だったり、、それが多分世の中の一般的な家の売り方でもあり、しっかりした

    モデルルームを持った、ハウスメーカーなどのやり方です。

     

    ところが、ネイチャーデコールの家には、図面の中の線や仕上げ表で

    表現出来ないモノがとても多いのです。

    実際のモノが、現物として事前に目にすることが出来ない、、

    新規のお客さんにネイチャーデコールの家の特徴を話すときのひとつに、

    そんなことをよく口にしますが、それでは実際にそれってどういうモノなの?

    という部分について、過去の事例から具体例をご紹介します。

     

    図面の中で表現でないもの、光や影・空気感・など感覚的なものも含め

    いくつかありますが、

    その中でも、今回はネイチャーデコールの家で最も特徴的な

    「素材・マテリアル」についての話しをしていきます。

    「素材」もカットサンプルや色見本で部位としての確認はして頂く事は

    出来るのですが、それが空間の中に立ち上がってきて、

    他の素材とどのように影響し合っていくかは、もはやイメージスケッチを

    見ながら、頭の中で想像してもらう、という部分が必要になってきます。

     

    今回の事例は、2011年完成の「TOKYO LOFT STYLE」の家。

    僕の中での自信作の一邸です。

     

    1.木の表現

    描けない.木1

    古材を使ったヘリンボーンの床

     

    カットサンプルを並べて事前に確認してもらいますが、

    古材の配置や色の濃淡、木目の感じや表面のプレーナーの処理で

    表情はかなり変わってきます。

     

     

     

     

    2.左官のテクスチャー

    描けない左官.1

    描けない左官.2

    描けない左官.3

    一番上は、室内の珪藻土のテクスチャー

    真ん中は、外部左官のテクスチャー

    一番下は、フランス漆喰アバナ

     

    これらの素材は、A4サイズの仕上げサンプルで事前に確認頂き、

    実際に現場で仕上げる時に再度立ち合いの上、テクスチャーを最終決定

    していきます。

    A4サイズのサンプル見本からこの左官のボリュームをイメージするのは、

    やはり一般のお客さんには難しい様です。

     

     

     

     

    3.石やタイルのバランス

    描けない石.1

    描けない石.2

    描けない石.3

    描けない石.4

    どれも、ネイチャーデコールの家ではおなじみの石やタイル、ブリック

     

    ここでポイントになってくるのは、素材ひとつひとつに表情があるので、

    それを大きな面に施工した場合の配置や色バランスです。

    同じような色やかたちを近づけ過ぎないで適度にばらしていく。

    目地の巾や色、そして目地の深さなどでも仕上がりの印象が変わります。

     

     

     

     

    4.スチールの表情

    描けない鉄.1

    描けない鉄.2

    描けない鉄.3

    鉄の素地の「黒皮」の状態をどのように自然に見せていくか。

     

    塗装の仕上げで色付けをしない鉄本来の「黒皮」の状態はとても良いもので

    自然素材の家にも馴染みます。

    ただ、素地がそのまま現しになると、鉄の黒い汚れやいずれ錆びてしまう、

    そこで、使う場所場所で鉄の素地感を生かした、仕上げ方を変えていきます。

     

    特に真ん中の写真の様なキッチンカウンターの上などは、光沢の出ない

    ウレタンでコーティングしていくなど、気を使う場所です。

    このような場所では、ウレタンを施してもいずれ色も落ちてきたりどんどん

    変化をしますが、それも楽しめる包容力も必要ですね。

     

    一番下の写真は外部で使用した場合。正直、鉄の素地感というのもからは

    かけ離れてしまいましたが、ここはやはり外部なので錆びや耐久性を優先しての

    選択で、全体的にはハンマートーンの塗装を施しました。

     

     

     

     

     

    5.個々の素材を組み合わせていくと、、、

    描けない組みあわせ.1

    描けない組みあわせ.2

    描けない組みあわせ.

    それらのひとつひとつの部位を組み合わせていき、

    このような空間が生まれていきます。

     

    こうして見てもらうと、ネイチャーデコールの家はひとつひとつの

    素材の持ち味や特徴を吟味し、それを全体に組み合わせたときの

    バランスを俯瞰でイメージしながら、積み上げていく。

    そんな家の創り方になってきます。

     

    確かに「家」とはとても高価なものです。

    そんな高価なものなのに、モノを見て納得して決められない、、、

    そこは勿論わかりますが、大切なのはモノ単体ではなく、

    個の素材がオーナーの求める全体感にマッチした空間であり、

    コーディネートのバランスとセンスです。

     

     

    家創りのコンセプトを明確化し、

    個対応でオーナーの求める独自の世界観を具現化していくためには、

    カタログやモデルルームではわからないもの、見えてこないものが、

    実は一番必要なのではないでしょうか。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/09/15

    「好きなモノはガレージに一杯!」

    02.ブリック02.古材02.壁材・板貼02.床材・その他04.ロフト&SOHOスタイル05.ガレージ07.パーツその他

     

    「ビルトインガレージ」憧れる響きですよね〜

    そんな中に、自分の好きなモノを沢山詰め込んで、、、

    子供の頃の秘密基地ではないけど、大人になってもいつもそんな事を考えています。

     

    今回は、自分だけの趣味のガレージを実現した事例の紹介です。

     

    ガレ.1

    ガレ.2

    ガレ.3

    六年ほど前に竣工したお宅の事例ですが、このガレージには車は入れないようです。

     

    設計段階から、主にバイクを仕舞えるスペースを、、ということで進めて参りました。

     

    ガレージドアはウッドパネルの木製ドアを採用。

     

    このガレージは、そのまま玄関に繋がっています。

     

     

     

     

     

    ガレ.4

    ガレ.5

    サーフィン、スノーボード、バイク、アウトドア好きなオーナーの趣味に溢れた空間。

     

    サーフコーナーには、グッズを水洗い出来るシンクやワックスが掛けれる台。

    そしてボードも複数並べられるようにラックも一緒に作りました。

     

    壁面には一面に足場板を使い、男臭いガレージ感を出しています。

     

     

     

     

    ガレ.6

    床材は、木に見えて木でない。木を型どりした

    「スタンプコンクリート」を採用。

    これなら、傷も付かず重量物にもしっかり耐えられます。

     

     

     

     

     

    ガレ.7

    露出配管にアメリカンスイッチ。

    白ブリックにはこんな、ロフト&SOHOのイメージが合いますね。

     

     

    男は、いくつになっても、こんな秘密基地のような

    子供の頃の夢を追い求めているものなんです。

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/08/23

    「シャビーな仕上げで、造作キャビネット」

    01.エージング・ペインティング01.造作家具02.ブリック02.古材04.シャビーシックスタイル05.収納20.『四世代、一つ屋根の下』

     

     

    「四世代、一つ屋根の下」の家で納めた、造作キャビネット。

     

    巾4500㎜の大型サイズで、家の全体イメージに合わせて、シャビーな仕上げで製作。

     

    大家族のこの家、

    そのダイニングルームに設置し、オーディオ機器類や生活雑貨、プリンターや

    扉ごとに場所を決めて、子供達の学校の宿題や勉強道具が仕舞えるなど、

    ダイニング回りがモノで散乱しないようにと造り付けで用意したものです。

     

    シャ.2

    シャ.1

    シャ.3

     

    素材はオークの古材を使い、その上から素地を生かす感じに

    エージング塗装を施し、シャビー感を演出。

     

    背面のアクセントウォールも柔らかい印象と色味のブリックで仕上げました。

     

     

    シャ.4

    なかなか大きな材料は無くあばれや反りが生じるため、天板は一枚板では無く、

    同じ素材とエージング塗装したものを接ぎ合わせています。

     

    こういった一枚一枚の材料の並べ方ひとつで、仕上がりの見えがかりも

    変わってきてしまうものです。

     

     

    シャ.5

    DVDなどリモコンの操作が必要な場所はガラスを使い、

    扉を閉めたままでも、リモコン操作が出来るようにしています。

     

    いちから計画する、造り付けの家具には、こうした機能性とデザイン性を

    また、その場所にピッタリと合わせた寸法などを加味して、

    その家に合ったものを作っていくことが可能です。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/07/03

    「ブリックを決める」

    02.ブリック02.壁材・ブリック

     

    ネイチャーデコールの家にはよく、アクセントウォールにブリックを使用します。

    今回はそのブリックを選定していくまでのプロセスを簡単に紹介します。

     

    ブリックといってもその種類は多種多様にあります。

    はじめに、その家全体のインテリアイメージに合わせたものを、
    数ある中から方向性のしぼり込みをおこなっていきます。

     

    今回はどちらかというと、赤系や白系のブリックではなく、
    グレーや黒に振られたカラー がインテリアに求められていましたので、
    まずは、カラーのしぼり込みを中心に以下のブリックを選定。

    写真 5

    写真 4
    色の方向性が一緒でも、並べたときの印象が随分異なりますね。

    色も濃い~薄いでかなり巾がありますので、
    一枚だけを見ていても分かり難いので、
    メーカーさんに依頼してこのように一部貼りあげたサンプルボードを
    依頼して検討しています。

     

     

    ◯今回セレクトしたもの タイプ.1
    写真 1
    これは、オランダタイプのブリックで、細く形も不揃いで、
    とても、アンティーク感のある仕上がりになっていきます。

    細いブリックで、あえて目地を広くとって仕上げていくと、
    より、この素材の良さが引き出せるでしょう。

     

     

    ◯今回セレクトしたもの タイプ.2
    写真 2
    タイプ.1に比べてブリック自体の形状はスタンダードな物になります。

    全体的に薄グレーの色味で、クラシカルな印象に仕上がります。

    目地も広めに取り、ブリックの表面にかぶさるように入れていくのが
    ポイントです。一般的な目地の納め方としては、ブリックよりも
    少し抑えていれていきますが、ラフさ古びた感を出すために、
    ここをあえてかぶせるように意識して仕上げていきます。

     

     

    ◯今回セレクトしたもの タイプ.3
    写真 3
    これは、タイプ.2と同じ貼り方、目地のバランスですが、
    ブリック自体に白い粉をふいたものが含まれているタイプです。

    グレー系でも若干、白いものが加わることでまた印象が少し変わります。

    タイプ.2もタイプ.3もこの貼り方をイギリス貼りといいます。
    小さいサイズのブリックを列を交互に入れていく貼り方です。

     

    アクセントウォールのブリックを計画するのにも、
    1.全体のインテリアにあわせたカラーリングを決める。
    2.ブリック自体の種類を決める。
    3.貼り方のパターンを決める。
    4.目地の色を決める。
    5.目地の入れ方を指定する。
    ざっと、これだけのことを、サンプルボードをつくるうえで検討していきます。
    そして、出来上がってきたサンプルボードをオーナーさんにも見てもらいながら
    それを、空間にあてはめたときの、全体感を今度は俯瞰して考えていくわけです。

     

    家をつくるうえで、このように決めることがなんて多いことでしょう。

     

    同じ家が絶対に出来ない、ということは
    壁ひとつをとっても、このようなプロセスがあるからなんです。

    ブリック
    5年前に竣工した事例 カウンターバーの背面のブリックウォールです。

     

    上記のプロセスで決めたブリックに対して、
    トップライトの自然光や下からの人工的な間接照明を用いて、
    昼でも夜でも、ブリックのテクスチャーがより表現出来るような
    工夫を加えて、この事例を納めました。

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/01/30

    「都心の狭小住宅にシンボルツリーが!」

    02.ブリック05.ガーデン&外構05.外観20.『仕事場併用のペット共生住宅』

     

    都心の狭小立地で計画していたお宅が、

    昨年末ギリギリに竣工を迎え、
    先日、外部の小さな植栽スペースに
    シンボルツリーが植えられました。
    なんと15坪の敷地に、延べ床面積24坪の
    三階建ての住宅です。
    外観はドッシリと存在感をアピールする為、一面重厚なグレーのブリックで仕上げました。
    庭の取れない都心の住宅街の中、
    お隣さんもこの植栽を借景にして頂けた様で、工事が終わった時、
    ガーデナーさんに「うちも一緒に愉しませてもらいます」と、お声掛けがあったようです。^_^
    今回使用したシンボルツリーは、
    山採り天然樹のアオハダで高さが5m程
    あるものです。
    樹肌が美しく、株周りのボリューム感と
    充分な高さもあって、近隣のシンボルツリー的な存在感があります。
    そして、足元の宿根草は八重咲きのクリスマスローズとニューサイランなどの、
    カラーリーフに合わせて、通年彩りを
    楽しんでいただける趣向にしている様です。
    今回のガーデナーさんは、お馴染みの
    「テラシエラ 山本さん」に依頼しました。
    家と一体化しながら、
    主張しすぎず、お互いを高めあえる…
    そんな大人のガーデン計画、なかなかうまくいったと思います。
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop