Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

20.『敷地境界線がなんと 海!』一覧

  • 2018/01/21

    「海が見えるバス&パウダールーム」

    02.モールテックス03.幸せバスタイム03.海のそばで暮らす05.バスルーム05.パウダールーム20.『敷地境界線がなんと 海!』

     

     

    ビーチリゾートのホテルの様な設えのバス&パウダールーム。

    バスルームからもパウダールームからも海が見える計画で、

    部屋同士も透明のテンパーライトガラスで一室空間に見えるような開放性をもたせました。

     

    今回は、この空間を構成するディティールについて、少し触れていきます。

     

    バス.1

    バスルームから外のデッキ〜ジャクジーへ出れるように開閉されます。

    パウダールームの洗面台の背面も透明ガラスFIX。

    ここはどちらの部屋も壁にはしないで、ガラスで外と繋げています。

    この部分のガラスは、ハーフミラー効果があるもので、

    光が反射して昼間の室内が見えにくいので、プライバシーを守ることができます。

    夜はブラインドを閉めれるようになっています。

     

     

     

     

     

    バス.2

    天井材も、床・壁材もバスとパウダーを分けることなく、

    同じ素材で仕上げています。

    それによって、より広がりが感じられるようにしています。

     

     

     

     

     

    バス.3

    給湯リモコンって生活感があって結構目立つモノ。

    かといって、目立たない場所に持っていくと、使いにくくなってしまうし、、、

    そこで、リモコンをスチール製の黒皮仕上げしたボックスでカバーリングしました。

     

     

     

     

     

    バス.4

    有効ワイド1600㎜という、二人で使用しても大丈夫な大きな流し場を、

    天板と一体成形で作りました。

    ここも天板全体を同一素材でシンプルにまとめています。

    天板の厚みは250㎜で素材自体のボリューム感を出すようにデザイン。

    シンプルなだけに、この素材の塊、表情がとても大切になってきます。

     

     

     

     

     

     

    バス.5

    天板から自立したミラー面がスッキリと見えるように、収納は側面からスライド式に。

    洗面台回りの細かなモノはすべてこのスライド型収納に納めていきます。

    反対側にはハンドタオル用のフックを取り付けてます。

     

     

     

     

     

     

    バス.6

    ミラーに直接、工業系レセップを取付け、直径95ミリの大きめのLEDの裸電球を。

    これは、LED電球でもフィラメント電球のように懐かしさを感じる電球です。

     

     

     

     

     

    バス.7

    水栓も蛇口も照明と同様にミラーへ直接取り付ける感じで。

    ミラーから付き出してくるような、水栓がなかなか面白いです。

     

     

     

     

     

    バス.8

    スイッチプレートやコンセントプレートも、トグルスイッチなどシンプルなモノで。

     

     

    住宅の中には数十というパーツがありますが、

    こうした、こまかなディティールの総体が空間にしっくり馴染んでいくと、

    飽きの来ない、エッジの効いたものへとなっていきます。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/11/30

    「難産の末、ようやく竣工撮影が、、」

    05.外観20.『敷地境界線がなんと 海!』

     

    振り返ると、2015年の4月に地鎮祭を行い、その後なんと約2年半、

    諸条件の見直し、そして目線を海レベルに近づける為、固い岩盤を3メートル以上削りだす

    といった大がかりな掘削作業。。

    それ以外にも予期せぬハードルをいくつも乗り越えながら、

    ようやく竣工撮影まで漕ぎ着けることが出来ました。

    難産、、その一言に尽きます。

     

    そしてそれ以上に、この空間の誕生を心待ちに信じて頂き、

    長い時間 私たちにチャンスを与えていただけた、

    寛大なるオーナーさんになによりも一番の感謝の気持ちでいっぱいです!

     

     

     

    油.1

     

    油.2

     

    油.3

    マジックアワーの一瞬を狙ってスタンバイするいつものカメラスタッフ。

    木のシルエットが美しいファサードの撮影に。

     

    この窓の無い閉鎖的なファサードからは、とても視界に広がる海は想像できない。

     

     

     

     

     

    油.4

     

    油.5

    間接照明で奥へ奥へと誘導されるアプローチの計画。

    非日常の広がりを期待させます。

     

    「敷地境界線がなんと海!」の家、

    詳細はWORKSでまた紹介させていただきます。

    お楽しみに!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/11/10

    「ウッドデッキが完成」

    03.眺望を取り込む04.ビーチハウススタイル04.リゾートスタイル05.ガーデン&外構12.別荘20.『敷地境界線がなんと 海!』

     

    「敷地境界線がなんと海!」の家にウッドデッキが完成しました。

    まだ、バスルーム前に取り付く、外部のジャクジーまわり

    のデッキは調整中ですが、全体像が見えてきました。

     

    敷地境界線ギリギリまで、

    海に面したリビング〜ラウンジ〜バスルームとかなり長い部分に

    デッキを取り付けています。

     

    デッキ.1

     

    デッキ.2

    まだ、外回りの工事は進行中で、停泊したヨットまでアクセスするための

    ゴムボートの設置スペースやバスルームから外に出ると直接入れる

    ジャクジーバスなど、これからリゾートを楽しむための仕掛けを

    作っていきます。

     

     

     

     

     

    デッキ.3

     

    デッキ.3-2

    これだけデッキが海に近づいていると気になるのが、満潮時や台風で

    海水が大丈夫か? と言うこと。

    「油壺」という場所は入り組んだ湾になっているので、

    比較的海が静かで、台風時などでも近くの相模湾沿いなどに比べても

    被害が少ない場所。

     

    上の画像が先日の台風の時のものですが、このように近くの漁船が皆

    この油壺に避難してくる、そんな場所なんです。

    それにしても、すごい交通渋滞ですね〜

    ここに、こんなに漁船が集結したのははじめて見ました。

     

     

     

     

     

     

    デッキ.4

     

    デッキ.5

    そして、海に面した開口部には、木製の大開口窓を使ってます。

    窓を全部開くと、なんと9.5メートルの大開口が外のデッキと繋がり、

    その先の海と一体になっていきます。

     

    地階部分をRC構造にしたため、それだけの大開口を可能にしました!

     

    「敷地境界線がなんと海!」の家。

    あと少しで、全貌が見えてきます、お楽しみに。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/11/09

    「アーティスティックな階段」

    02.モールテックス02.壁材・左官02.床材・モールテックス05.階段20.『敷地境界線がなんと 海!』

     

    アーティスティックな階段が出来上がりました。

    「敷地境界線がなんと海!」の家にデザインされたこの階段。

    海に面した地階にあるリビングゾーンにアクセスします。

    階段はシンプルな直線の一本階段。

     

    階段.1

     

     

     

     

     

    階段.2

     

    階段.3

    階段の素材を途中から切り替え、地階の床の仕上げと同化させるために

    「モールテックス」で一体化しています。

     

     

     

     

    階段.4

    階段の照明は下から浮かび上がる間接照明で誘導。

     

     

     

    階段.5

    シンプルなロートアイアンの手すり。

     

     

     

    階段.6

     

    階段.7

     

    階段.9

     

    階段の吹き抜けを横断するガラス床、手すりも強化ガラスで。

    この、ガラス床を渡るとダイニングゾーン。

    下からの間接照明と、天井の間接照明の浮遊感、

    照明による演出効果で気持ちが上がります。

     

     

     

     

     

    階段.8

    一番のポイントはこの圧倒的な素材感の「地層壁」

    立ち上がり5メートル以上にそびえ立つ「地層壁」は圧巻!

    この家を印象付けるメインマテリアルとなっています。

     

    またひとつ、特徴的な階段がデザインされました。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/10/07

    「家具セッティング!」

    00.現場08.インテリアコーディネート08.ソファ08.チェア08.テーブル20.『敷地境界線がなんと 海!』

     

    油壺の家に家具がセッティングされました。

     

    ここは、家具や照明などのインテリアコーディネート以外にも、

    テレビ・冷蔵庫・オーディオ・洗濯機・ワインセラーなどの家電製品も含め、

    すぐに生活が出来る為に必要な全てのものを

    トータルで提案させていただいています。

     

     

    ○ ダイニング・ゾーン

    油.1

    オークの古材を使ったオリジナル製作のダイニングテーブル

    それに合わせたのは、黒のYチェアと白のカラヴァジオペンダント

     

     

     

    ○ キッチン

    油.2

    キッチンカウンターは扉も天板も全てモールテックスで仕上げ

     

     

     

     

    ○ 地階のリビング・ゾーン

    油.3

    油.4

    ゆったりとしたL型のソファはナチュラルな張地、

    アイアンの脚に天板はインドネシアチークの古材のセンターテーブル。

    センターテーブルは同じ形状のモノを二台でフレキシブルに組み合わせられるように

    ライトは船舶モチーフのLEDのフィラメント電球を多灯使いでザックリと。

     

     

     

     

    ○ BARコーナー

    油.5

    カウンター天板は厚みをもたせた、ブビンガ材の無垢材で、

    パシフィックファニチャーサービスのシンプルな木製のBARスツール。

    バックバーの間接照明が効果的に演出されてます。

     

     

     

     

    ○ ラウンジ・ゾーン

    油.6

    バイオエタノールの火を見ながら寛ぐラウンジゾーンには、

    ポール・ケアホルムのPK22ラタンのイージーチェア

     

     

     

     

    ○ ベッドルーム

    油.7

    油.8

    扉もないベッドルーム。

    すのこやマットレスに合わせて、ベッドヘッドとベッドフレームは造作。

     

     

     

     

    各ゾーンごとの空間に合わせ家具をコーディネートしていきました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop