12.ショップデザイン

BLOG一覧

「デイジイ麹町店 プレオープン!」

12.ショップデザイン20.『街で人気のパン屋さん』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

デイジイ麹町店が、昨日4月15日にプレオープンしました!

プレオープン期間中は10時オープンということで、

通常よりも遅めのオープンになりますが、

5月GW明けのグランドオープンに向けて、諸々な

オペレーションを実販売しながら、掴んでいくための期間、

それがプレオープンです。

 

 

 

実際にパンが並んでみると、

街に融け込みながらも、しっかり個性を主張した

良い佇まいのファサードになりました。

 

 

 

 

 

まだオープン準備中にも間違えてお客様が入ってくる感じで

12時のお昼前には、すでに麹町や紀尾井町界隈のOL層を

中心にこのオープンを待ちわびたかのごとく、

沢山の人達がお店に集まってきました。

 

 

 

 

 

陳列されたパンも、瞬く間にどんどん掃けていき、

キッチンからは焼きたてのパンが次から次と運ばれていくが、

オープンキッチンもてんてこ舞いなご様子。

 

なかなか良いスタートです。

そして一週間後には、2階のイートインコーナーもスタート。

 

 

今回は、このお店のキャラクター「デイジイくん」も

FRPで立体化しました。大きさは40㎝。

デイジイくんは、イギリスの衛兵をモチーフにしていて、

以前までは、銃を抱えていましたが、これを機に

キャラクターも見直し、もっと優しく平和な印象に

銃からバゲッドに持ち替えました。

1962年誕生の「デイジイ」

新たに、ロゴもキャラクターもこのお店から一新しています。

 

デイジイ麹町店 グランドオープンに向けて

いよいよ動き出しました。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

「デイジイ麹町店・引渡し検査」

00.現場12.ショップデザイン20.『街で人気のパン屋さん』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

去年2月にオープンした、東京八重洲店に続き「デイジイ麹町店」の

引渡し検査が先日行われました。

「街で人気のパン屋さん.デイジイ」もこのお店で丁度4店舗目の

デザインをやらせて頂く事になりました。

 

埼玉・川口発のデイジイ そのおいしさが評価されファンを増やし、

これからもどんどん出店予定の計画があります。

 

今回は、今後の多店舗展開を見越し、1962年創業のお店ではありますが

ロゴマーク・キャラクター・包材関係・店舗カラー・共通マテリアルなど

ブランディングを図るべく新たにご提案し、このお店から

心機一転生まれ変わりました。

まだ微調整はあるものの、基本ベースはこの麹町店を皮切りに

今後統一感をもたせたお店創りになっていきます。

S Iデザインをトータルで担当されたのは、

ネイチャーデコールの家の古いOBでもある、Mさん。

こんなかたちで、一緒に仕事に関われるなんて、有りがたい話です。

 

 

 

 

 

 

ファサードはオーセンティクなブリティッシュスタイルでデザイン。

ガラス面のロゴは「ゴールドリーフサイン」、

ゴールドリーフは古くから使われてきた手法で、金箔を使って文字を彩る。

手間と時間は要しますが、クラシカルな風合いと風格が生まれて来ます。

結構、良い感じにかっこよくなったと思います。

 

 

 

 

エントランスのドアを入ると足もとには、

ニューヨークヘキサゴンの白と黒のモザイクタイルでロゴをあしらう。

 

 

お店のはじめの顔となるレジカンター

ここをしっかりデザインしておく事で、お店としての初対面の印象が

お店のグレード感として左右します。

レジの位置をハッキリ印すために足下にモザイクタイルを。

オーバーサイズのエナメルペンダントライトがピッタリはまる。

 

 

 

 

 

1階部分は販売ゾーン、

階段をあがり、2階部分がイートインゾーンとなります。

 

 

 

デイジイのオーナーをモノクロ写真でパネリング。

職人の風格、渋いです!

 

 

 

 

 

 

イートインの客席は32席

スタイルの違う4つのコーナーがあり、

その日の気分で席をチョイスすることが出来ます。

外には8席のバルコニー席(喫煙ゾーン)も用意されています。

 

 

 

 

トイレはグリーンのアンティークのドアを開けると、

内部は深いブルーを基調とした内装で。

 

これからオペーレーション、最終的な微調整を済ませて、

プレオープンが4月15日の予定です。

プレオープン期間中は朝10時スタート予定で、

その後正式なグランドオープンは5月のGW明けとなります。

 

おいしいパンを求めに、是非麹町まで足を伸ばして下さい!

場所は麹町駅前 麹町プリンス通り沿い

千代田区麹町4-3 紅谷ビル1.2階

 

よろしくおねがいします!

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

「嬉しいお知らせが届きました〜」

09.NDのオーナーさん12.ショップデザイン20.『下町の小さなパン屋さん』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

このブログでも進行中をなんどかお届けしている、

「下町の小さなパン屋さん」、「住・職にわたって設計をお手伝いシリーズ」の

オーナーさん、そのオーナーさんのお店が2月にオープンしております。

 

SNSやその他、風の噂でオープン前からの行列をつくる賑わいで

地元でもかなりの繁盛店になっている、との嬉しいお知らせが届きました〜

 

 

 

 

お店の名前は「やまパン+」

ここは、小さな窓口からの店頭販売のみで、

その日、その時に焼き上がってるパンを、ショーケースの中から選び、

「コレ!」と言って店頭で買う、というスタイル。

行ってみないと、どんなパンがショーケースに並んでいるのかも分かりません。

そんなスタイルも、またかえって評判になり、

お目当てのパンが無くても、ショーケースの中を覗き込み、

ごそっと買い占めてしまうお客さんもいるらしい。

何を食べてもおいしい! と口コミでどんどん評判になっているようで、

このお店の名物の「やまパン」は、

一日二回焼いていても、いつも売り切れてしまう、そんな状況。

 

 

オーナーの「Yさん」

12年前、ご自宅の設計をやらせて頂いた頃は、会社勤めをされていましたが、

一念発起して、何年もパン屋の修行を積み、色々なお店を食べ歩き、

そして今回、自宅の敷地の一角に約10坪の小さなパン屋さんを開業しました。

すっかり、パン屋さんらしい風貌にもなっています(笑)

ネイチャーデコールのオーナーさんは、

本当に素敵な方が多いですね〜

 

小さなパン屋さんと言っても、厨房には本格的なパンのオーブンが

設置されていて、そんなポテンシャルの高いお店でもあります。

なので、どんなパンを食べてもおいしいのは当然と言えば当然、

そんな感じがします。

ただ、このオーナー曰く、スローにのんびりと自分のペースでやりたかった

様ですが、想定外の繁盛ぶりに目下寝るまもなく、厨房に籠もりきって

いるようです。。

 

 

店名の「やまパン+」のプラスは、

パンの営業販売以外の日に、カフェにしたり夜はそのままBARにしたり、

厨房を開放してちょっとした料理を提供したり、

街に発信していくフレキシブルなサロン的なものを、、

と考えていたようですが、このプラスのブルーのドアが開かれ

準備が整うのはまだ先のようですね。。

 

「やまパン+」は、水・木・土・日の朝10時から売り切りまでが営業です。

可愛いお店においしいパン!

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さいね。

住所 葛飾区東水元6丁目2-1

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

 

「ミシュラン2スター・鮨の名店 Worksアップしました!」

11.ネイチャーデコール12.ショップデザイン20.『ミシュラン2スター・鮨の名店』

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

 

いままでお店の詳細情報や全貌は、オフレコのためお見せすることは出来ませんでしたが、

ようやくSNS解禁となり、早速ネイチャーデコールのWorksにも作品をアップしました!

このお店は、創業125年、4代目大将の東京・蒲田の初音鮨です。

10年連続ミシュラン2スターを取るという鮨の名店中の名店で、

今では、超人気店として、予約の取れないお店になってしまいました。

 

もともとこのお店のデザインを依頼いただいたきっかけは、

2013年に手掛けた住宅の全面リノベーションからのご縁になります。

また、住まいも職場も住職ともに手掛けることが出来ました!

 

そんな訳でいつも以上に、熱も気合いも入る仕事になりました。

 

 

 

photo by 飯塚昌太

ステンドグラス

 

 

 

 

 

初音.2

初音.3

初音.4

初音.5

初音.7
初音.10

毎度のことですが、こうして完成し自分の手から離れ、

引き渡してしまうのはとても残念でなりません。

 

 

自分自身、仕事を越えて「場・創り」というのが本当に好きなんです。

人が集まる場・恋人達が集まる場・家族が集まる場・

だから、お店でも家でも街でも、そこに人が集まり、何かがはじまり、何かが生まれ、

そんな場を仕掛け、仕込み、デザインし、創りあげ、その後の成長を見届ける、、

そんなことを考えるとワクワクします。

 

 

 

 

 

 

初音.12

そして、なんと この初音鮨が本になります!

「蒲田 初音鮨物語」1月25日の発売予定です。

 

「客足もまばらで、つぶれかけていた場末の鮨屋「蒲田 初音鮨」。

それが突然、“奇跡の名店”として名を馳せるようになった背景には、

ある夫婦の愛のドラマがあった。
当初は「銀座に負けたくない」と、競争・闘争の世界にいた中治勝氏が、

妻の余命宣告と闘病をきっかけに、店を大きくするこだわりを捨て、利益も見栄も捨て、

ただ妻とお客のためだけに鮨を握りはじめた時、究極の鮨に開眼することになったという、

これは、魂の成長の物語。
これから夢に挑みたい人、人生をあきらめかけている人、

そうしたすべての人に贈る、感動のノンフィクションストーリー。
“「蒲田 初音鮨」の成功の核は、「徹底した顧客主義」にある――

これは言葉にすれば簡単だが、実際は、多くの企業にとって難しい。

「顧客第一で働きたい」社員の足を引っ張る組織、経営者がいかに多いことか。

” AppleやAmazon、Google等の成功法則にも詳しいITジャーナリストが、

膨大な取材をもとにつづる感動の実話と、普遍的に活かせるビジネス的教訓とは?」

 

こんな紹介文になっていて、いまから発売がとても楽しみです。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「デイジイ東京駅八重洲店・内装検査」

00.現場12.ショップデザイン20.『街で人気のパン屋さん』

 

埼玉発のベーカリー・デイジイさんの東京進出店舗!

お台場フジテレビ主催の「全国パン祭り」などでも

常に上位の人気のパン屋さんが、いよいよ首都圏進出。

 

デイジイさんは「東川口店」「西川口店」とリノベーションを手掛けさせていただき、

それに続くこのお店は、東京駅内八重洲北口に2月7日オープン予定。

 

まだサイン等も取付く前ですが、今日は内装工事完成検査に行ってきました。

 

 

東京1

 

東京2

 

東京3

 

東京4

東京5

東京6

今までの「東川口店」や「西川口店」と比べ装飾を極力排除し、

主役のパンが引き立つように、きわめてシンプルなショップデザインに。

 

ベーカリー&カフェとして、店内にはイートインコーナーも設けてあります。

 

隣は紀伊國屋さんで、東京駅北通路周辺が

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催前に約6300㎡の店舗が

商業エリアとしてオープンをしていきます。

その第一弾として2018年2月に「NIPPONのベーカリー」をコンセプトに

先行開業します。