05.スキップフロア

BLOG一覧

「寝室からのスキップフロアでDEN」

04.シャビーシックスタイル05.DEN・仕事部屋05.スキップフロア05.マスターベッドルーム06.家創りのヒント20.『コンフォータブル・リゾートの家』

 

寝室(マスターベッドルーム)の天井高が3550㎜。

とても贅沢な天井高さですが、高さを生かして寝室からのスキップフロアで、

奥様専用のDENを作りました。

 

DENの広さは4帖ほどのスペース、そして天井の高さは2200㎜ですが、

自分専用の籠もり感としても丁度良い広さになってます。

 

小部屋.1

 

小部屋.2

 

小部屋.3

このスペースは、1階部分のリビング吹き抜けの天井高さを抑えて確保しました。

ちょうど、1階のリビングの上に重なるようにあるのがこのDENスペースです。

そしてDENの奥には広めの納戸も設けました。

 

吹き抜けというのも、高すぎては逆に落ち着かない感じになってしまうので、

部屋の広さに適正な吹き抜け高さを設定したときに、

このようなスペースがオプションとなって

生まれて来たわけです。

 

そしてこの奥様専用のスペースは、

シンプルでナチュラルリゾートな他の部屋のインテリアとはイメージを変えて、

奥様お好みのフレンチ&シャビーシックなインテリアで

これから少しずつ世界観を作っていかれるようです。

一日の仕事を終え、ひとりゴロンと柔らかいクッションとラグにリラックスして、

雑誌を見たり、本を読んだり、、と良いスペースですね。

 

 

 

「スキップフロアの家」

05.スキップフロア05.高天井06.家創りのヒント

ネイチャーデコールでは少ない事例ですが、都心部でのスキップフロアの計画で、
延べ床面積30坪以下を五層のフロアで構成し、
自然光溢れる伸びのある空間に仕立てたお宅をご紹介します。

地階に天井高4mのリビングルームをとりました。
地階にも関わらず、ドライエリアとトップライトからの明るい陽射しが充分に取り込めました。
ドライエリアには「サウスサンドストーン」
を貼り、都市型のリゾート感のある演出をしております。
地階であることを忘れてしまいそうな、
明るく開放的な空間。
リビングから、更に90センチ下がった階層に、ワークルーム&ファミリールームがあります。
ここはこもって、本を読んだり家族の団欒スペースとしても重宝しています。
天井高はぐっと低めに2.1m程度に設定しています。
おこもりにはもってこいの、落ち着ける高さですね。
1階のダイニングゾーンから見下ろした
リビングルーム。
それぞれの階で、目線の広がりが変わり、実際の床面積よりも広く感じ取れるのが、
スキップフロアの良さであり、
面白さでもあります。
敷地面積に制約のある都心部や、
遊び感覚を取り入れて計画したいお宅に
是非、スキップフロアをオススメします!

「少し涼しくなってきてシエスタ」

02.床材・テラコッタ03.ペットと暮らす05.スキップフロア09.大浦比呂志 LIFE

 

 

画像1

「少し涼しくなってきてシエスタ」

 
我が家のラブラドールのビリー&ニコル。

 
今日は朝から爽やかな日、テラコッタの床に並ぶようにして、

べったり横になって気持ち良さそうにシエスタ。

 

我が家は床に150ミリ程度の段差があり、緩くフロア分けをしてるのですが、
その段差に頭をのせ、くつろぐのがビリーの一番の定位置です。

 

「間接照明のアプローチ」

02.左官02.床材・テラコッタ05.スキップフロア05.玄関・アプローチ

画像1

「間接照明のアプローチ」
長い廊下を天井の間接照明で誘導するプランです。天井面はダウンライトをはずし、スッキリと。。間接照明の落ちる壁面はフランス漆喰の「アバナ」を使用してます。自然なムラ加減が上品な仕上がりとなります。床はお馴染みのグレーテラコッタ。

「ホームオフィス」

01.アイアン04.ロフト&SOHOスタイル05.スキップフロア05.家事室&ワークスペース06.動線06.家創りのヒント20.『SOHOが部屋の中心』の家

投稿写真
「ホームオフィス」
自宅に仕事を持ち込む人の為のホームオフィス。 リビングの一角に、床に段差を持たせ、スチールのパーテーションで仕切り、緩くLDKと繋げたレイアウトです。