03.幸せバスタイム

BLOG一覧

「海が見えるバス&パウダールーム」

02.モールテックス03.幸せバスタイム03.海のそばで暮らす05.バスルーム05.パウダールーム20.『敷地境界線がなんと 海!』

 

 

ビーチリゾートのホテルの様な設えのバス&パウダールーム。

バスルームからもパウダールームからも海が見える計画で、

部屋同士も透明のテンパーライトガラスで一室空間に見えるような開放性をもたせました。

 

今回は、この空間を構成するディティールについて、少し触れていきます。

 

バス.1

バスルームから外のデッキ〜ジャクジーへ出れるように開閉されます。

パウダールームの洗面台の背面も透明ガラスFIX。

ここはどちらの部屋も壁にはしないで、ガラスで外と繋げています。

この部分のガラスは、ハーフミラー効果があるもので、

光が反射して昼間の室内が見えにくいので、プライバシーを守ることができます。

夜はブラインドを閉めれるようになっています。

 

 

 

 

 

バス.2

天井材も、床・壁材もバスとパウダーを分けることなく、

同じ素材で仕上げています。

それによって、より広がりが感じられるようにしています。

 

 

 

 

 

バス.3

給湯リモコンって生活感があって結構目立つモノ。

かといって、目立たない場所に持っていくと、使いにくくなってしまうし、、、

そこで、リモコンをスチール製の黒皮仕上げしたボックスでカバーリングしました。

 

 

 

 

 

バス.4

有効ワイド1600㎜という、二人で使用しても大丈夫な大きな流し場を、

天板と一体成形で作りました。

ここも天板全体を同一素材でシンプルにまとめています。

天板の厚みは250㎜で素材自体のボリューム感を出すようにデザイン。

シンプルなだけに、この素材の塊、表情がとても大切になってきます。

 

 

 

 

 

 

バス.5

天板から自立したミラー面がスッキリと見えるように、収納は側面からスライド式に。

洗面台回りの細かなモノはすべてこのスライド型収納に納めていきます。

反対側にはハンドタオル用のフックを取り付けてます。

 

 

 

 

 

 

バス.6

ミラーに直接、工業系レセップを取付け、直径95ミリの大きめのLEDの裸電球を。

これは、LED電球でもフィラメント電球のように懐かしさを感じる電球です。

 

 

 

 

 

バス.7

水栓も蛇口も照明と同様にミラーへ直接取り付ける感じで。

ミラーから付き出してくるような、水栓がなかなか面白いです。

 

 

 

 

 

バス.8

スイッチプレートやコンセントプレートも、トグルスイッチなどシンプルなモノで。

 

 

住宅の中には数十というパーツがありますが、

こうした、こまかなディティールの総体が空間にしっくり馴染んでいくと、

飽きの来ない、エッジの効いたものへとなっていきます。

 

 

 

 

 

 

「遊び心いっぱいの洗面スペース!」

03.幸せバスタイム05.バスルーム05.パウダールーム07.シンク・バスタブ・トイレなど衛生陶器

 

どうしても、機能や実用性を重視で考えがちな洗面スペースですが、遊び心いっぱいの楽しいデザインの事例を紹介します。

 

このお宅では、楽しい、心地良い、デザイン性が良い、そんなことをポイントに細かなディティールにこだわりながら計画しました。

洗面.1

洗面.2

洗面スペースとバスルームは透明のテンパライトガラスで繋がり、

天井材はチーク材、そして壁は鮮やかな藍色ブルーのタイルで素材を通していくことで洗面スペースとバスルームの一体化を図りました。

 

洗面.3

そしてこの大小様々なラタンで出来てるミラー。

このミラー使い、面白いですよね〜

家族の身長に合わせて、ミラーの位置を変えランダムに形状も違うミラーをちりばめています。

洗面のミラーは四角い大きなもの、という固定概念を取り払い、これでも充分機能は満たせるはずです。

 

洗面.4

バスルームの中から見た感じはこんなイメージ。

空間もゆったりと贅沢に使い、リゾートホテルの様な設えになっています。

 

洗面.7

そして、浴槽からの外の景色はこんな感じで遠くにはオーシャンビュー!

バスタブの足下のガラスは、引き込みで全開口になり、露天風呂の様に外を感じて入浴出来る様になってます。

 

んん〜、こんなバスタイム 長生き出来そう。

 

 

 

ネイチャーデコールでは珍しい「和」のバスルーム

02.石03.幸せバスタイム04.和モダンスタイル05.バスルーム20.『COZYな時間の流れる家』

 

今、計画中の「湯河原の家」、いつものサーフポイントに程近い住宅ですが、
そこで、ネイチャーデコールでは珍しい「和」テイストのバスルームを提案しています。

湯河原は昔からの有名な温泉宿が点在している、そんな場所でもあります。

オーナーの希望もあり、他の空間とは違った趣のあるバスルームにしたい、と言うことで、
パウダールームからバスルームを、落ち着いた和モダンな空間としました。

1

2

今回は、床から浴槽も同じ石で作り上げました。

そして、壁には檜。
いわゆる檜風呂といわれる、檜の良い香りが快適なバスタイムへとしてくれそうです。

3

4
その中でも、今回特にご紹介したいのが、この石。

「伊豆石」という石で、この土地の湯河原から産する石で、
淡い青緑色の石は、温泉などでも良く使用される「十和田石」と、
見た目も、その特性も似ています。

その特性には、以下のものがあげられます。

1.多孔質の石のため、断熱効果と保温性を併せ持っている。
2.水に濡れても滑りにくい。濡れると足がくいつくような滑らかな質感です。
3.カビが苦手なアルカリ性なので防カビ、抗菌機能がある。
4.体を芯から温めてくれる、蓄熱機能がある。
5.水質浄化機能がある。

まさに、お風呂に適したマテリアルであることが分かります。
温泉場などでも度々見かけるのは、こういった効果があるからなんですね。

近くに流れる川のせせらぎを聞きながら、檜の香りに癒され、
こんなモダンな「和」のお風呂も良いですよね。

「湯河原温泉」の完成が今から楽しみです。

 

「ガラスモザイクタイルで統一した水周り」

02.タイル03.幸せバスタイム05.バスルーム05.パウダールーム05.収納20.『ホーム・スィート・ホーム 2』

ゆったりとした、バス&パウダールームを15ミリ角の白いガラスモザイクタイルで統一して仕上げた事例です。

画像1

画像1

画像1

洗面台~バスルームの中まで、

壁面全体を天井部分まで使用してます。

洗面台はお馴染みの、大きなミラーの三面鏡。ミラーが扉になっていて、たっぷり収納量を確保しております。

画像1

画像1

ミラーの下も、収納の壁面まで、すべてガラスモザイクタイルで統一。

収納は、オープンの棚だけにして、そこに無印良品のラタンボックスをはめてるだけの、とてもシンプルでフレキシブルな収納です。

画像1

使用したガラスモザイクタイルはこんな感じ。

上品で飽きのこない、マーブル調の色目のタイルです。

「バスと繋がる庭」

03.ホームシアターのある家03.幸せバスタイム04.ミックススタイル05.ウッドデッキ・バルコニー05.バスルーム

 

今回はネイチャーデコールの事例の中から、バスルームとそれに繋がる外部空間の関係性を異なるタイプで比較しながら紹介させて頂きます。

タイプ 1「中庭と隣接」
画像1

画像1

このお宅はフルオープンサッシを開口すると、大きな中庭に繋がっています。
お風呂に入りながら、正面の白壁に大型プロジェクターで画像を映し出す事が出来ます。サッカー観戦や映画なども楽しめる…といったとても贅沢なバスルームです。

タイプ 2「デッキと隣接」
画像1

画像1

ここはフルオープンサッシを開くと、デッキスペースに繋がる事例です。
二階にバスルームとLDKを作り、外部からの視線を気にせずオープンエアーなバスタイムが楽しめます。リゾート型のデザインでまとめた家です。