12.リノベーション

BLOG一覧

「The東京の眺望を生かした、空の家 完成!」

00.現場03.眺望を取り込む12.リノベーション

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

豊洲で進めていたタワーマンション37階のフルリノベーションが完成しました。

この家のテーマは、Hacienda del cielo、スペイン語で「空の家」。

まさに東京一望の眺望を取り込み、空から見下ろした様なロケーション!

そこにインテリアデザインは、メキシコ好きのオーナーさんからのリクエストで

徹底したメキシカンスタイルの不思議なアンバランス感が楽しめる、そんな住まいです。

 

 

 

 

 

アーチ天井の長いエントランスはすでに都心のマンションであることを忘れさせてしまいます。

手作りの重厚なアイアンドアを開けると、この家のテーマであるHacienda del cielo(空の家)の文字が!

この字は奥様が何百枚も書いた直筆の字をそのままアイアンの文字で作りました。

 

 

 

 

 

眺望を取り込む、リビング&ダイニング部分の全景です。

当日は生憎な曇り空でしたが、「空の家」のテーマにピッタリなロケーションですね。

大きな窓部分を囲うように奥行きのある造付けのソファとベンチシートを造作しました。

それぞれに張地を変えて、雰囲気を違えて見せています。

窓のアルミサッシフレームに違和感あったので、古材で巻き込み太い古木のフレームにアレンジ、

天井にも素材感を出すために、古材の梁と板貼で仕上げました。

そしてメキシカンスタイルといえば、定番のテラコッタタイルの床、左官の壁という

王道スタイルの組み合わせです。

 

 

 

 

 

 

そして、奥様がこだわった、主寝室からのウォークインクローゼット。

旅行して巡ったメキシコのイメージを色や素材で表現していきたい、ということで

このゾーンには打合せでもかなり時間を掛けて作り上げてきました。

まずは、オリジナル製作によるアイアンのベッドヘッド。これは一枚のメキシコのホテルの一室の画像をもとに

デザインして、アイアンの工房にも何度も足を運びながら形にしていきました。

その背景のフランス漆喰アバナも現場進行中に色の変更をして最終的にこの仕上がりに落ち着きました。

主寝室から繋がるウォークインクローゼットも、単に収納を満たすためのものではなく、

どこよりもお気に入りの場所にしたい!というリクエストにより、

壁の仕上げや造付け家具もアレンジしながら、バックヤードといえども妥協なき空間に仕立てていきました。

ここに設置されたステンドグラスも、奥様の友人によるオリジナル制作品で、その値段を聞いてビックリ!

「ブランドのバッグにお金をかけるなら、自分はこういうところこそお金を掛けてこだわりたい!」

そんな奥様のお言葉、サイコー素敵です!

 

 

 

 

 

壁も天井もバラガンピンクによる、メキシカンで印象的なトイレ、

思い描いた通りの、良い色が出ました!

一枚のタイルのセレクトにおいても、ふんだんに思い出が詰まっています。(笑)

 

 

 

 

ここはご主人のこだわり所の、バス&洗面ゾーンです。

メキシカンスタイルの他のゾーンから一転、ここは和モダンなインテリアデザインで。

ユニットバスには、タイルや黒いシャワーセットを使うなどの洗練された「WABURO」を採用。

従来の機能優先したユニットバスとはまったく異なる、シンプルな和の高級感。

価格的にはなかなか使いやすいものではありませんが、これ、かなり良いですね!

ユニットバスも洗面ゾーンも同じタイルで床を繋げているので、

一体感のある洗練された和モダンゾーンになりました。

 

 

 

ダイジェストでご紹介させていただきましたが、いかがですか?

 

都心の無機質なマンションでも、フルリノベーションすることで、命が吹き込まれたように

有機的で温かさを感じる空間に仕立て上げることが出来ました。

家創りは、その体験すべてが一生一度のサイコーのエンターテイメントです!

悩んで決められないこと、思わぬハプニング、想像以上に時間がかかってしまうこと、

諸々の制約でどうしてもイメージ通りに具現化できないこと、

そんな事が毎回訪れます、想定通りにいかなくなってきたときに

そこをどうプラスに転換していくか、物事をポジティブに捉えていくことが成功の秘訣だと思います。

 

そうして出来上がった、Hacienda del cielo、「空の家」

そこは間違いなく、心が満たされる時間、そして人生の質をあげる空間に生まれ変わりました。

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主催)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com

 

 

 

「デザインで暮らしを豊かにしよう!」

00.現場04.和モダンスタイル09.NDのオーナーさん09.NDオーナーのライフスタイル12.リノベーション

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

すっかりブログをサボってしまい、なんと二ヶ月以上ぶりの投稿です^^;

その間に、世の中はなんだかんだ言われてきましたが、オリンピックの日本金メダルラッシュに盛り上がっていますね〜、一方でコロナの感染者数は益々増加傾向で、皆さんワクチンはもうお済みでしょうか?

激しい猛暑が続いていますが、熱中症対策、感染症対策は万全に自分の身は自分で守る、という姿勢でこのつらい時期をなんとか乗り切っていきましょう!

 

 

以前このブログでもお知らせしましたが、「コロナ禍での大変身リノベーション」

そのお宅が、先日無事引き渡しされました。

築年数の経った家を、構造補強から断熱工事、設備工事とすべて一新しましたので、新築工事以上の日数が掛かってしまいました。

 

和の趣を散りばめた、落ち着いた和モダンの割烹屋スタイルのデザイン、そんなテーマでリノベーションしたお宅です。

 

 

外観も、既存のデザインをきれいに再生してRe Design

黒と白を基調に、黒い杉板に白壁といった蔵のような設えで、

青い空にくっきりとコントラストされています。

玄関ドアは、気密性・断熱性のある現代の引き戸に交換しました。

 

 

今回は、人をおもてなしすることを目的に作られた割烹風サロンのコーナーを中心にご紹介します。

 

 

ここは、もともとは日が当たらずあまり活用されていなかったダイニングスペースを改装しました。

 

○提案のスケッチはこんな感じです

 

○完成したサロンコーナー

和の設えの玄関ホールから、蔵戸を開けると割烹風のカウンターコーナーが出現

 

これがご自宅の一角ですよ! まるでお店みたいですよね〜笑

まだセットされていませんが、ここにハイカウンターチェアが4脚

ゆったりと置かれます。着物が趣味のオーナーさん

カウンターの中から着物でゲストをもてなす姿がとても絵になりそうです。

中国黄土という黄土色の温かな色味と質感の左官とやさしい間接照明が柔らかく包み込んでくれるような、落ち着いた空間に設えました。

 

 

 

 

要所、要所に大正〜昭和初期の頃の年代の組子や欄間をパーツとして

建具や食器棚に取り込んだのが、なかなか良い趣になりました。

このようなパーツを新たに制作するのは大変なので、あえて古いものを使うことで、時代も加味した重さも表現できたように思います。

 

 

まだまだコロナ禍でこの家にゲストを呼んでおもてなしをするのには今しばらく時間が掛かりそうですが、

 

自分のライフスタイルをしっかり見つめたリノベーション、それこそが価値のあるリノベーションではないでしょうか。

あなたに合ったデザインで暮らしを豊かにしましょう!

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主催)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com

 

 

 

「次のお題は、、」

03.眺望を取り込む11.ネイチャーデコール12.リノベーション

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

次のお題は、、

 

豊洲のタワーマンション、その37階のフルリノベーション!

この、いかにも「The 東京」な眺望を取り入れ、オーナーさんからのリクエストが、

Hacienda del cielo、スペイン語で「空の家」というテーマです。

 

メキシコが好きで今まで何度もメキシコの色々な地方をまわり、自宅には是非あの色彩豊かで明るく開放感のある

メキシコを表現したいと。

今回もまた、ネイチャーデコール・カナダブランチの岡田さんと早速、何度もプランの調整中です。

この眺望を生かしてリゾートを彷彿とさせるようなモダンでラグジュアリーな空間をこれからデザインしていきます。

37階にまさかこんな空間が在るとは!という意外性を最大限に楽しめるようなものにしたいと考えています。

 

完成は11月ころの予定です。

またこのブログから進捗はお知らせします、お楽しみに!

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主催)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com

 

 

 

 

 

 

 

「竣工撮影 梅雨の合間にまとめて〜」

03.二世帯住宅(多世帯住宅)11.ネイチャーデコール12.リノベーション12.店舗併用住宅・いえみせ20.『MAISONS en French・物語を感じる住まい』20.『店舗併用二世帯住宅』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

ホームページサーバーのリニューアルで、しばらくの間ブログも書くことが出来ませんでした。

そんな梅雨の合間にまとめて竣工撮影が行われました。

今回の家も、またまた見応え満載ですよ〜

 

 

◯はじめのお宅は、南青山・骨董通りの裏手に建築した、「店舗併用二世帯住宅」

 

地下一階と一階部分をテナントスペースとして、二階と三階を二世帯住宅として計画しました。

70代の親世帯と40代の子世帯の幅広い生活様式とデザインの指向性を限られた空間の中にすべてモーラされています。

ハイブランドの連なる都会の喧騒を忘れてしまいそうな壁面緑化によるテナントファサード

有機的な質感と相反したモダンな表情、そして眩しいくらいなバラガンピンク!

街に異質なオーラを醸し出している建物です。

 

 

 

サンタフェをイメージした親世帯のエントランスから白いコロニアルシックのリビングダイニング、

階を一層上がり子世帯の住居部分は、モロッコテイストからナチュラルモダンそしてリゾートスタイルのリビングと、

まさに各部屋ごとに色々な国を旅しているような多彩なインテリア空間。世代を超えて自分たちそれぞれの「好き」を凝縮してしまったような楽しい住まいになりました。

 

 

 

 

 

◯次のお宅は、築年数の浅い戸建て住宅の全面リノベーションです。

 

設計の打ち合わせ中も、工事期間中も、オーナーの拘りとその熱量をビシビシ感じたこのお宅。

撮影に訪れてみると、ものの見事にオーナーの世界観が隅々まで滲み出ていました。まあお家愛が物凄い!ここまで徹底してもらえると、本当にこの家の仕事に携われたことを嬉しく思います。

もともとは、庭であった場所をサンルームにして、狭く自然光が取りづらかったLDに広がりと光を取り込むことが出来ました。このアイデアは大正解!

 

 

イメージは「MAISONS en French」

家創りの中での大きなテーマの一つに、オーナーが何年もかけて集めてこられた、アンティークの家具や小物、食器達がデザイン的にしっくりと収まる空間であること。そのひとつひとつにこだわりと思い出が詰まっていて、単なるものを超えたオーナー自身の物語を感じる住まいになりました。

徹底して「自分の好きな・自分だけの世界」にこだわり抜いた結果、洋書からそのまま飛び出してきたような、まるで日本に居ることを忘れてしまう程の、唯一無二な世界が誕生しました!

 

 

この2邸は、近々ホームページWorksにアップしていきます。

まだまだ、お見せしたいアングルやアイデアが一杯です。

10人居れば10通りの顔があり家のデザインも皆、変わってきます。

ネイチャーデコールのデザインスタイルの幅を是非御覧ください!

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

「コロナ禍での大変身リノベーション提案!」

03.ホームバーのある暮らし03.自宅がお店04.リゾートスタイル04.和モダンスタイル06.家創りのヒント09.NDのオーナーさん09.NDオーナーのライフスタイル12.リノベーション

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

世の中まだまだ落ち着く気配はなく、むしろ全国的にはコロナ感染者数が増えている状況。ロックダウンをせず、経済活動は動かしながらという日本型の政策が問われるのはこれからですね。老若男女関わらず、国民一人ひとりの意識が大切です。みなさんも三密を守りながら、あと少し辛抱していきましょう!

 

コロナ禍において、家の中での過ごし方や暮らしの価値観、プライオリティが本当に変わってきたな〜と感じる昨今ですが、僕らの業界においても、家での過ごし方をいかに豊かに楽しくしていくか、というテーマでちょっとしたリフォームや模様替えが増えてきている、とも聞いております。

 

そんな中、今回はいまデザインを進めているリノベーションのお宅の事例のお話をさせていただきます。そのお宅は築年数の経った、和のデザインを取り入れた趣のある住宅。外観的にはその佇まいを残しながらも、メンテナンスをしっかり入れ、内部は老朽化した設備を入れ替え、断熱も最新のものとし、趣は残しながらもレイアウトもイメージも大幅に変えていこう、という全面リノベーションの計画になりました。

 

リビングゾーンはいまあるデザインを最大限に生かしながら、「和の印象」を少し「アジアンテイスト」にふっていこうということで、イメージとしては租界時代の文化が融合した世界観をモチーフにしていきたい、というオーナーさんからの要望のもとこのようなスケッチでデザイン提案しました。

 

 

このプランを進めていた時期はコロナも、まだいまほど騒がれていない時期で、はじめのオーナーさんの希望をヒヤリングした頃は、コンセプトの一つにここからこだわった音楽をミニライブで定期的に発信し、気の合う人たちがワイワイと集まってこれるようなそんな場所にしよう、そして街に開かれたサロン的な場所にしよう、インテリアのイメージは外観から発する和のデザインから全く印象を変えた、土っぽいリゾートの様なデザインにしたい。そんなオーダーをいただき、このようなスケッチでサロンのデザインを提案しました。

二階のフロアをぶち抜き、その分天井高のある大きな吹き抜けと、今までは自然光が取り込めなかった空間に吹き抜けからのハイサイド窓を設けることで、日差しもサンサンでいつも明るい空間になるような設計をしました。また大勢の人が高低差のあるベンチでミニライブが楽しめるような変則的なベンチ、そこはデイベッドとしてお昼寝コーナーにもなります。

このように、気の合う仲間たちがワイワイと楽しめるような、開放的な空間を創ろう!というのが当初のコンセプトでした。

 

 

 

ところが、その後コロナが世界的に広まり、その空間のコンセプト自体も一から見直していくこととなりました。まずは、大勢でワイワイと、、ということではなく、しっぽりとしたおもてなしの場にしていこう、というもの。そうなると大きくコンセプトも空間の表現も変わってきます。そこでオーナーから出されたテーマが、品の良い少人数対応のカウンターのある、小料理屋さんの様な空間にしたい、というもの。土っぽいリゾートの様な開放的な空間から、しっぽりとした和風小料理屋空間へ。なんと180度も違うインテリアデザインになってきました

しかし、それをなんなりとやってのけるのがネイチャーデコールマジック!(笑)

そして提案した新たなデザインスケッチがこんな感じです。上のスケッチと同じアングルからの見えがかりです。

開放的に光を取り込むためにぶち壊した天井は閉じ、窓には和風組子の障子を入れて逆に光を殺して、照明の調光で空間を演出。分厚い無垢のカウンター(出来れば桧が良いな〜)にゆったりとしたシート、カウンターの中からお客さんをもてなすような小料理屋スタイル。

要所、要所に和の趣を散りばめた、落ち着いた和モダンスタイルに大変身しました!

 

同じ空間でも、そこでどう過ごしたいか、どう楽しみたいかでデザインの提案は全く変わってきます。自分のライフスタイルをしっかり見つめたリノベーション、それこそが価値のあるリノベーションだと思います。

そして、その人のライフスタイルを空間にデザインするネイチャーデコールは、デザイン提案の巾を持ち合わせてますので、いかようにもデザインで生活に彩りをつけていくことが出来ます。

 

暮らしやすさは勿論のこと、自分にあった、自分だけのデザインを身にまとうことで、暮らしはより一層豊かに生まれ変わります。それがネイチャーデコールの提案するリノベーションのあり方です。

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)