09.大浦比呂志 LIFE

BLOG一覧

「今年のアートフェスティバルは、、」

03.ウィークエンド・ハウス03.ギャラリーハウス(趣味の家)08.アート&ディスプレイ09.NDオーナーのライフスタイル09.大浦比呂志 LIFE12.別荘

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

このブログでも毎年この時期になるとご紹介している、伊豆高原の地域全体で

自宅を開放してアートギャラリーなど様々な芸術を発信していくフェスティバル、

今年も行って参りました。

もっとも僕のお目当てはそのフェスティバルに参加している、

築11年目になるオーナーさんへ会いに行くことなのですが。

写真家であるその家のオーナーさんも、毎年色々な趣向を凝らし、海外の写真家と

コラボレーションしたり、若手で自分と同じ手法の写真家とコラボレーションしたりと

行くたびに新しい発見があるのも楽しみのひとつです。

そして今年は、なんとモノクロが作風のオーナーさんがカラー撮影に挑戦。

これ同じ写真の作品であってもまったく別物のような事なんだそうです。

そもそも、モノクロが=であったので、その鮮やかなカラーの作品を見たときに

少なからずショックを受けました。

それも、モチーフはなんと「キューバ」

きっかけは?と聞いたところ、若い頃から憧れていたヘミングウェイの軌跡を

巡って、とのこと。

なんと、ロマンがあることでしょう〜

オーナーさん、70才を越えて海外を自由に撮影旅することも凄いのですが、

憧れのヘミングウェイを追いかけ、その時にいままでのモノクロじゃ表現出来ない

といって、新たな作風に挑戦するって、格好良すぎませんか!

根っからのアーティストなんだなーと、、うれしくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、もうひとつの発見。

この家をデザインするときに、オーナーさんの作品がなによりも主役になる家、

そして作風であるモノクロが引き立つ、室内のカラーリングやマテリアル選び、

ということを大切に考え設計したわけですが、

カラーの写真が全くその空間に違和感なく、むしろ自然に融け込んでいました。

これにはオーナーさんも喜んで居られました。

 

築11年目にしてこうして家を見ると、

奇をてらわずシンプルに質感が表現され、今でもまったく古さを感じない、

伊豆高原という自然の緑の中に溶け込んだ、オーナーのライフスタイルと

身の丈にあった家なんだなーと感じた次第です。

同様なことをオーナーさんからもお話し頂き、このギャラリーに来られる方でも

写真作品と一緒に建築にも興味を持たれて質問されるお客さんが結構居るようですが

熱く家の話しもして頂いているようです。

こんな時、本当に設計者冥利に尽きます、うれしいお言葉でした。

 

これから何年も、より一層 自分に家をフィットさせていくこと、

それが住み心地良く、暮らしやすい家なんだな〜と。

身体に馴染んだ、肌触りの良いTシャツみたいなものですね。

 

 

 

 

帰りには、これまた恒例のワンズと入れる、長浜海岸近くの

オープンエアーのカフェに。

一年ぶりに再会した、お店の看板犬のフレンチブルのそうすけくんと、

ニコル&サンデイお揃いで一枚を。

ニコルも5月20日でなんと15才を迎えます。

もうすっかり、おじいちゃん犬。

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

「もっと火のある暮らしを楽しもう!」

03.ペットと暮らす03.暖炉の火を楽しむ04.サンタフェスタイル09.大浦比呂志 LIFE

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

ことしも我が家では暖炉が大活躍。

といっても、日常は床暖房が冬場の暖を取る設備としてはメインですが、

本当に芯から冷え込むときや、休みの日に火をみながらマッタリしたいとき、

薄雲入りの日に、早い時間からワインを開けながらリラックスしたいとき、

そんな感じで、プチ・イベント的に暖炉を使っています。

 

家の中で直火を見れる、というだけで非日常感が味わえ、

火の揺らめき、薪のはぜる音や香りなど、時間が経つのも忘れ、

いつまでも火を見ていたいという気持ちに駆られ、とても贅沢で緩やかな時間を過ごせる

それが暖炉の大きな役割ではないでしょうか。

 

住宅の設計でもこの感じをみんなに体感してもらいたく、

設計の中に盛り込むことも多いんです。

その中でも僕が特にオススメなのが、薪ストーブタイプではなく、扉が付いていない

オープンタイプの暖炉。

確かに、最近の薪ストーブは着火などの操作性も良く、温度をコントロール出来たり

安全性を考慮しながら使い易いモノがありますが、自分がこだわりたいのは「直火」。

キャンプファイヤーでみんなで火を囲むような、ファイヤーピットに近いのかも。

 

 

暖炉.1

暖炉.2

暖炉.3

 

 

 

 

暖炉.4

火の回りには自然と皆が集まってくるような、

直火は見た目から暖まってきます。

我が家のわんこたちも暖炉が大好き。

暖炉で焼きリンゴや焼き芋をしたり、なんていうのもイベント感覚で。

、、、わんこたちはそこに集まってきてるのかも。。(笑)

 

 

 

 

 

暖炉.5

よく、設計段階で暖炉を紹介すると、薪の入手が大変では? そんな話しも出てきますが

これが簡単。いまならネットで頼めば2〜3日で少量から頼むことも出来ます。

 

ひと冬分の薪を積み上げて、、といった場所も必要ありません。

我が家も使う分だけ少量ずつ調達しています。

 

 

火のある暮らしは、間違いなく生活の質をあげてくれます。

もっと火のある暮らしを楽しみましょう!

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

「犬とキャンプ・初デビュー」

03.ペットと暮らす09.大浦比呂志 LIFE

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

台風一過 晴天の秋晴れの中、家からも程近い七沢温泉そばで、

犬とキャンプ、初デビューをしてきました!

 

最近知り合い筋の話しから、キャンプの話題になり、

それからず〜と頭の中はキャンプで一杯。

思い立ったらすぐ行動! とにかく、良いタイミングでキャンプデビューを計画していました。

それも、我が家流アウトドアスタイルなら、絶対「犬とキャンプへ!」

こんなテーマで、雑誌などを買いあさり調べていました。

 

ただ、調べれば調べるほど、道具は何から調達したらいいのか?

初体験ではどのエリアが良いのか?

迷うことばかり、、

そんな訳で、ちょっとかっこ悪いけど、お試しキャンプデビューとして、

なにもかも用意されているところで、まずは体感してこよう〜

そんなスタートでGO!

 

 

キャンプ.1

 

キャンプ.2

 

今回選択したエリアも自宅から、1時間ちょっとで行ける場所。

近くには歩いてすぐの所に、温泉もあるという。

 

ちょうど、お昼過ぎの14時くらいにキャンプ場に到着すると、

すでに、テントは張られ、テーブルも椅子もBBQセットもたき火台まで用意してある状態。

身一つで利用出来ますよ〜 そんな行き届きようでした。

 

まあ、お試しだからこれも有りか、、

そんな感じで、キャンプ初デビューがスタート。

 

 

 

 

キャンプ.3

自然の中で、遊びモードになるとわんこたちも顔が笑ってます。

 

 

 

 

キャンプ.4

 

キャンプ.5

 

キャンプ.6

フィールドアスレチックも併設されてるこのキャンプ場は、

わんこたちをあそばせるのにも、もってこいの環境。

BBQをはじめるまえに、しっかりわんこと遊び、発散させておかないと、

この先、落ち着いてなにも出来ないだろうと思い、力一杯山を満喫。

 

犬と一緒のハンモック、メチャメチャ気持ちよかった〜!

 

 

 

 

 

 

キャンプ.7-1

 

キャンプ.8

 

キャンプ.7

 

キャンプ.9

だんだんと、日が沈みかけてきた頃、いよいよ火をおこし、BBQの用意。

 

やはりキャンプの醍醐味はこのたき火。

火を囲みながら、お酒を飲み、犬たちとまったり時間を気にせず過ごす。

本当に贅沢な時間。

 

そして小さなテントの中で、犬たちと川の字になって休む。

あらためて、このファミリーが愛おしく感じる、

テントでみんなで寝る、という非日常的な行為がかなりあがりました〜

 

 

結論から言うと、この体験キャンプデビュー 大正解でした。

実際に体験することで、はじめに何が必要か、

キャンプと言っても、幅が広く深〜いものだけど、そんなにガツガツとしたアウトドア派

ではない、我が家のキャンプスタイルは何か? そんなこともなんとなく感じ取れました。

 

当面は、「犬と過ごす」「火を楽しむ」「おいしい肉を食う」こんな風に

テーマを絞り込んで、緩く、ゆっくりとキャンプを楽しめれば良いね〜と。

欲張れば、ビーチキャンプで目がさめたら、犬と目の前のビーチで散歩、

そのままサーフィンを楽しみ、うまい肉を食らう、、そんなことを妄想してます(笑)

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

「久々の再会!」

09.大浦比呂志 LIFE09.想うこと11.ネイチャーデコール

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

久々の再会!

再会したのは、以前ネイチャーデコールに10年勤め上げ、

その後、ステージを替え某出版社の一事業部として、建築事業部を新たに立ち上げ、早9年。

過去の社員であり、同志であり、戦友のような仲間でもあります。

 

自分もまだ30代後半で、夢多き頃、一緒に戦い、一緒に苦労し、同じ夢を見てきた、

人生においても大切な一時代を共有した熱い男達。

そんな再会だったので、楽しい時間があっという間に過ぎてしまった感じ。

 

よく、人は生きていると、必要な時に必要な人と、出会うべくして出会う、

と言いますが、そんな事を強く思う一晩でした。

 

 

 

カル.2

 

カル.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カル.5

 

今の彼らの活躍は目を見張るモノで、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでもあります。

 

旗揚げ9年目にして、「仕事集」を出し、スタイルブックも継続して売れているらしい。

世の中的には「カリフォルニアスタイル」というブームを作り出し、

ハッキリと差別化されたブランディングも構築している。

 

悔しいけど、そんな若いパワーに刺激を受けてしまうのも、正直な気持ち。

ご丁寧に、彼らの本までプレゼントされて、、、(笑)

 

 

ただネイチャーデコールのDNAとして、

仕事を遊び、遊びの中から仕事を生みだす、といったオンもオフもないスタイル。

自らが楽しみ、ワクワクしたものの中からしか、人の心に響くモノは無いといった、

マインドが、離れていても脈々と流れていること、そして受け継がれていること。

これが、なにより嬉しく思いました。

ビジネスベースに流されず、このマインドをいつまでも共有できれば、

これからの活躍も、益々楽しみになってきます。

 

 

 

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「痛々しい、、、

09.大浦比呂志 LIFE

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

久々のブログ投稿ですが、今回は痛々しい話。。

いつも波乗りに通ってるHome beachが先日の台風12号の影響で散々な状態に。

 

毎年この時期になると出る、海の家が高波で破壊されほぼ壊滅!

 

 

ショック1

 

ショック3-2

海の家に置かれている、冷蔵庫や製氷機などの厨房機材関係や椅子テーブルなども

波にさらわれ海の中に消えていったしまい、

ここまでの破滅的な状態はいままでも無かった様です。

 

壊された12軒の海の家で、それでもこれから再開するお店も何軒かあるとのことですが

お盆過ぎまでが勝負の営業なので、再開もなかなか二の足を踏んでしまいますね。。

 

 

 

 

ショック3-3

29日の朝のテレビでこの状況を見て、なにか出来る事は無いかと車で海に駆けつけてみるが、

着いた頃には機械車も入り、ほぼほぼ片づいていました。

 

いつも海に入ってる、サーフィンの仲間もすでに何人か手伝いに来ていました。

やはり、自分たちの海、気になって仕方ないですね。

 

 

 

ショック.波

そんな昨日の海はこの台風で地形も変わり、良い感じに波が割れていました。

流石に、昨日はボードは家に置いていきましたが。。

 

自然の力は本当に怖いですね。 あらためて実感!

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)