20.『ON THE HILL COFFEE』

BLOG一覧

「ON THE HILL COFFEE この秋で4年目になります」

20.『ON THE HILL COFFEE』

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

久しぶりに「ON THE HILL COFFEE」に行ってきました。

この秋で丁度4年目になるこのお店。

もともとは自宅の一角を改装して家みせとしてスタートしたのですが、

以前からこの緑の中に溶け込んで存在していたかのように、

落ち着きと安定感を感じました。

 


 


 


自分たちのペースでゆっくりとやっていきたい、というオーナーのお言葉通り

ご夫婦二人で目が行き届き、心が通う範囲で温かなサービスを提供しています。

 

お客様もリピーター率が高く、おいしいコーヒーを求めて、

植物やガーデン好き・インテリア好き・野鳥好きな人達が集まってきて

静かな時を過ごしていくようです。

 

 

 


 


ここには、この絵にあるような、野鳥たちが集まってきて、

川崎市とは思えない、緑に溢れた環境でちょっと避暑に来た感じで

気持ちも解放されるのでしょう。

ピクチャーウインドの外に広がる里山も、いつものネイチャーデコールチームの

ガーデナーさん、テラシエラの山本さんがまるで自分の庭を手入れしていくかの様に

定期的に来ては、丁寧に作り込んで行ってくれるようです。

 

 

 

 


外のテラス席は犬連れもOK!

 

これからの暑い時期も、こんな近場で緑に溢れた環境で避暑を感じながら

美味しいコーヒーを楽しんでみて下さい。

 

「ON THE HILL COFFEE」  川崎市麻生区黒川136

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

「オープン前 竣工撮影」

03.自宅がお店09.NDのオーナーさん12.リノベーション12.店舗併用住宅・いえみせ20.『ON THE HILL COFFEE』

「いえみせ」リノベーションのカフェ

「ON THE HILL COFFEE」のオープンを控え、竣工撮影が行われました。
撮影はいつもの、息の合った女性二人組。
今回も良い光に恵まれ、気持ちの良い撮影が出来ました。

自宅の一部をリフォームして、

自分のスキルや外の世界との繋がりを求めて、新しい人生の一歩を踏み出す人達が増えています。
カフェやサロン、カルチャースクールなど様々ですが、「いえみせ」はここ何年かのブームではないでしょうか。
今回のオーナーも、今までのキッチン、ダイニング、リビングゾーンそして窓から見える外の景色を整えカフェとして大掛かりなリノベーションを決断しました。
自分のいれる美味しいコーヒーを飲んでもらいたい、そして自分の住んでる街と繋がり、ゆっくり寛いでもらえる場を提供したい、そんな思いで新しい人生の一歩を踏み出します。
そして、いわゆる客単価や売上げに縛られず、「丁寧な暮らしと時間」にこだわり、自分のペースでゆっくり歩んでいきたい、それがオーナーの想いでもあります。
オープンは、11月27日。
ON THE HILL COFFEE
川崎市麻生区黒川 136
044-987-6103
ホームページの準備 もうしばらくです(笑)
事例はネイチャーデコールホームページ
WORKSに近々アップします。

「カラフルなマグカップ」

03.自宅がお店09.NDオーナーのライフスタイル12.リノベーション12.店舗併用住宅・いえみせ20.『ON THE HILL COFFEE』

オリジナルのカラフルなマグカップも

出来上がり、オープンに向けて着々と
準備が整ってきました。
このマグカップは店内で販売もされる様です。
オペレーション期間…といっても、
そこは個人店舗の「いえみせ」。
自分の歩幅でゆっくりと、
イメージしながら、美味しいコーヒーを
落としていきます。
いつもスローな時間が流れていて、
ついつい長居してしまいます。

「ガラスの映り込みを計算できなかった、、件」

00.現場02.ガラス03.自宅がお店12.リノベーション12.店舗併用住宅・いえみせ20.『ON THE HILL COFFEE』

以前このブログで紹介した、

「ガラスの映り込みを計算できなかった。。」というテーマで、
今、進行中の「いえみせ リノベーション.カフェ」での出来事をお話しました。
折角の裏山を観る為のピクチャーウインドに、反射光の映り込みが出てしまい、
ピクチャーウインドとして機能せず、検討課題となりました。
今回のこのカフェは、都心では味わえない、丘の上の緑豊かな環境の中、
外の景色を楽しみながら、ゆったりとした時間と美味しいコーヒーを提供するお店、というのがコンセプトのひとつでもあったため、オーナーさんもこの部分は
真剣で、オーナー自らが色々と調べ、資料を取り寄せ、検討を重ねていきました。
そこで、採用したのが
旭硝子の「クリアサイト」という商品。
これが、以前の反射光の映り込みの状況

曇りの日でも、反対側の窓の景色がしっかり映り込んでしまい、

肝心な裏山の景色がよく見えませんでした。

それが、こんな状況で、ここまでしっかりと外の景色を取り戻す事が出来ました。
ショーウインドの反射を軽減するために、ショップのファサードやショーケースなどにも使用されてるガラスのようです。
「低反射ガラス  ガラスの向こう側が見やすいガラス」そんな素晴らしい機能のガラスです。
お値段は少々高いのですが、オーナーさんのこだわりポイントの高いこのカウンター越しの裏山の景色。
今回は採用していただくことが、出来ました。
郊外の丘の上の特等席で、
野鳥を観ながら、美味しいコーヒーで
スローな時間を是非、ご堪能ください。
詳しいお店の情報は、
あと少し、 オープンを待ってまたこちらから、お知らせします。

「チョークアート 完成!」

00.現場03.自宅がお店12.リノベーション12.店舗併用住宅・いえみせ20.『ON THE HILL COFFEE』

「On the hill coffee」チョークアートが完成しました!

店内が一気にお店らしくなってきましたね。
チョークアートの描き手は、ここまで4日間の現場作業で仕上げていったようです。

カウンターの上に描かれた、

商品アイテムをお知らせするサイン。
裏山に集まってくる、野鳥たちを描いた壁面。
まるで、洋書の野鳥図鑑のようで、
目を楽しませてくれます。
カウンター脇の大きな壁面はこんな感じ。
どんどん、お店のオリジナリティーが出てきます。
オープンが待ち遠しい ^_^