「The東京の眺望を生かした、空の家 完成!」

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

豊洲で進めていたタワーマンション37階のフルリノベーションが完成しました。

この家のテーマは、Hacienda del cielo、スペイン語で「空の家」。

まさに東京一望の眺望を取り込み、空から見下ろした様なロケーション!

そこにインテリアデザインは、メキシコ好きのオーナーさんからのリクエストで

徹底したメキシカンスタイルの不思議なアンバランス感が楽しめる、そんな住まいです。

 

 

 

 

 

アーチ天井の長いエントランスはすでに都心のマンションであることを忘れさせてしまいます。

手作りの重厚なアイアンドアを開けると、この家のテーマであるHacienda del cielo(空の家)の文字が!

この字は奥様が何百枚も書いた直筆の字をそのままアイアンの文字で作りました。

 

 

 

 

 

眺望を取り込む、リビング&ダイニング部分の全景です。

当日は生憎な曇り空でしたが、「空の家」のテーマにピッタリなロケーションですね。

大きな窓部分を囲うように奥行きのある造付けのソファとベンチシートを造作しました。

それぞれに張地を変えて、雰囲気を違えて見せています。

窓のアルミサッシフレームに違和感あったので、古材で巻き込み太い古木のフレームにアレンジ、

天井にも素材感を出すために、古材の梁と板貼で仕上げました。

そしてメキシカンスタイルといえば、定番のテラコッタタイルの床、左官の壁という

王道スタイルの組み合わせです。

 

 

 

 

 

 

そして、奥様がこだわった、主寝室からのウォークインクローゼット。

旅行して巡ったメキシコのイメージを色や素材で表現していきたい、ということで

このゾーンには打合せでもかなり時間を掛けて作り上げてきました。

まずは、オリジナル製作によるアイアンのベッドヘッド。これは一枚のメキシコのホテルの一室の画像をもとに

デザインして、アイアンの工房にも何度も足を運びながら形にしていきました。

その背景のフランス漆喰アバナも現場進行中に色の変更をして最終的にこの仕上がりに落ち着きました。

主寝室から繋がるウォークインクローゼットも、単に収納を満たすためのものではなく、

どこよりもお気に入りの場所にしたい!というリクエストにより、

壁の仕上げや造付け家具もアレンジしながら、バックヤードといえども妥協なき空間に仕立てていきました。

ここに設置されたステンドグラスも、奥様の友人によるオリジナル制作品で、その値段を聞いてビックリ!

「ブランドのバッグにお金をかけるなら、自分はこういうところこそお金を掛けてこだわりたい!」

そんな奥様のお言葉、サイコー素敵です!

 

 

 

 

 

壁も天井もバラガンピンクによる、メキシカンで印象的なトイレ、

思い描いた通りの、良い色が出ました!

一枚のタイルのセレクトにおいても、ふんだんに思い出が詰まっています。(笑)

 

 

 

 

ここはご主人のこだわり所の、バス&洗面ゾーンです。

メキシカンスタイルの他のゾーンから一転、ここは和モダンなインテリアデザインで。

ユニットバスには、タイルや黒いシャワーセットを使うなどの洗練された「WABURO」を採用。

従来の機能優先したユニットバスとはまったく異なる、シンプルな和の高級感。

価格的にはなかなか使いやすいものではありませんが、これ、かなり良いですね!

ユニットバスも洗面ゾーンも同じタイルで床を繋げているので、

一体感のある洗練された和モダンゾーンになりました。

 

 

 

ダイジェストでご紹介させていただきましたが、いかがですか?

 

都心の無機質なマンションでも、フルリノベーションすることで、命が吹き込まれたように

有機的で温かさを感じる空間に仕立て上げることが出来ました。

家創りは、その体験すべてが一生一度のサイコーのエンターテイメントです!

悩んで決められないこと、思わぬハプニング、想像以上に時間がかかってしまうこと、

諸々の制約でどうしてもイメージ通りに具現化できないこと、

そんな事が毎回訪れます、想定通りにいかなくなってきたときに

そこをどうプラスに転換していくか、物事をポジティブに捉えていくことが成功の秘訣だと思います。

 

そうして出来上がった、Hacienda del cielo、「空の家」

そこは間違いなく、心が満たされる時間、そして人生の質をあげる空間に生まれ変わりました。

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主催)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com