「気密性能測定、ついにC値0.3を達成!」

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

いま、鎌倉市で進行中の「K様邸」で、気密測定が行われました。

今回の測定は結果により修正が出来るよう、プラスターボードを貼る前の段階で測定。

 

お金をかけて断熱の専門業者を入れて現場発泡ウレタン吹付け断熱を使えば、

ある程度の数値は見込めるが、ここは極力お金をかけずに、

大工さんの施工でグラスウールと気密シートを使ってそのクオリティを目指していく、

まさに、大工さんの腕と細部までの気使いが試される仕事になってきます。

 

 

いつも整理整頓された現場は、これを見ただけでも大工さんの家創りに対する想いが伝わってきます。

 

 

 

測定がはじまりしばらくすると、壁も天井も気密シートがパンパンに引っ張られていきます。

余計な隙間が他の部分にある場合は、そちらから引っ張れれてしまうため、いかに隙間なく気密シートが

張られているかが既に感じ取れます。

 

前回はこの引っ張りの圧で、シートを止めていたタッカー部の小さな穴から

引き剥がされてしまったため、

今回からは、そのタッカーの部分をひとつひとつテープ張りするという気の使いよう、流石です!

 

 

 

 

そして、今回出てきた結果が、なんとC値0.3という数値!

いままで、なかなかC値0.5の壁がやぶれませんでしたが、グラスウールと気密シートでこの数値は

物凄いことです!

 

C値0.3平方cmということは、建物にあるすべての隙間を集めたときに、1平方メートルあたり

0.3平方cmの隙間しか無い、ということです。

この数値は小さいほど隙間が小さいということで、その分熱が逃げにくく気密がとれた家、という事です。

なので、この数値はかなりの性能値を示しています!

 

 

 

今回、この現場を担当してくれている、遠藤大工さん。

この結果をみて、ホッと肩をなでおろし満面の笑みを浮かべてくれました。

断熱気密工事は、腕の良い大工さんの技術がなければ成り立ちません。

今回は、その技を見せてくれた大工さんに感謝しかありません!

本当にお疲れさまでした〜!

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主催)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com