Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

05.サンルーム一覧

  • 2017/09/10

    「ボタニカルライフ!」

    03.ボタニカルライフ05.ガーデン&外構05.サンルーム09.NDオーナーのライフスタイル20.『ボタニカル・ライフ』

     

    晴天の青空に恵まれ、本日 横浜市金沢区で手掛けた「ボタニカル・ライフ」の家

    竣工撮影が行われました。

     

    ボタ.9

    この家は、奥様の一番の希望でもある植物と暮らす、

    「ボタニカル・ライフ」というテーマで築き上げられました。

    そして、竣工してほぼ6ヶ月、想像通り家の中は緑でいっぱいになっています。

     

     

     

     

     

     

    ボタ.1

     

    ボタ.2

     

    ボタ.3

    ボタ.11

    リビングと庭を繋ぐ部分に設置したグリーンルーム。

    約6帖ほどのそのスペースは、オシャレなボタニカルショップの様です。

    多肉系を中心とした観葉植物が、ハンギングされたり

    いろいろなテイストの鉢とともに、バランス良く飾られています。

     

    なにも置かれる前は、少し派手さを感じた柄タイルですが、

    みずみずしいグリーンと良い具合にマッチングしています。

     

     

     

     

     

    ボタ.4

    グリーンルーム内に設けたシンクスペースも大活躍。

    モールテックスの天板に古材のグレーウッド、

    これまたグリーンとよく調和しています。

     

     

     

     

     

    ボタ.5

     

    ボタ.6

    グリーンルームから、折れ戸を開けるとこのように外の

    ガーデンスペースと繋がります。

     

    奥のゾーンはまたシーンを変えたガーデンスペースで、パーゴラの下には

    可動のオーニングがセットされ、光を遮りながらも風を感じられる

    野外のリビングの様な設え。

     

     

     

     

     

     

    ボタ.10

    ダイニングから庭を見る。

    背の高い白い板塀に囲われ、お隣からの視線もシャットアウトでき、

    プライベート空間として確保されています。

     

     

     

     

    ボタ.8

    室内にも、要所要所に大ぶりな観葉植物が。

    抜けの良いLDKでは、緑が部屋のパーテーションになっているようです。

     

     

    豊かなライフスタイルですね〜

    こんな暮らし方を実現したい!をイメージしながらはじまる家創り。

     

    これぞ、ボタニカルライフ!

     

    このお宅は、近々ホームページ内の「WORKS]で紹介します、お楽しみに!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/03/13

    「大きなピクチャーウィンドを開くと、グリーンルームへ」

    00.現場02.古材02.床材・タイル03.ボタニカルライフ05.サンルーム07.窓20.『ボタニカル・ライフ』

     

    横浜市金沢区で進めてきた「ボタニカル・ライフ」の家も、

    今月3月末の引き渡しに向けて、今まさに現場は大詰めです。

     

    ボタニカルライフがテーマのこの家の見所を、まだ途中の段階ではありますが

    少しだけお届けします。

     

    グリーン.1

    リビングルームからは、ワイド2メートルの大きなピクチャーウィンド。

    この窓は、最近お気に入りの木製のヘーベシーベサッシを使っていて、

    窓全体が壁の中に引き込まれるようになっています。

     

     

     

    グリーン.5

    グリーン.2

    そして、この大きな窓を引き込んでしまえば、ご覧の通りリビングルームと

    グリーンルーム(サンルーム)が一体となって部屋ごと繋がってしまいます。

     

    室内のような外空間のようなこのグリーンルームには、これから沢山の観葉植物、

    多肉植物でいっぱいになります。

    天井からも植物をハンギング出来るよう、どこにでもビスや釘が打ち込める、

    板貼りをホワイトペイントして仕上げました。

    コーナーには、この部屋用の流し台も設置されます。

     

     

     

     

     

    グリーン.3

    気兼ねなく植物に水をシャワー出来るように、床には特徴のある柄タイルを使用。

    このタイル、なかなか良い感じです。

     

    植物をリズミカルに配置出来るよう、棚板も変則的に固定してます。

    厚みを持たせたこの棚は、これまた最近のお気に入りの素材である、

    「モールテックス」で仕上げていきます。

     

     

     

     

    グリーン.4

    植物が並べられる壁面は、古材のグレーウッドを使い、

    壁にも直接ビスや釘が打ち込んで、グリーンをハンギング出来るような素材を選定しました。

     

    このグリーンルーム、当初からの狙い通りの良い空間となりそうで、

    これからの最終フィニッシュがとても楽しみなお宅です。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/08/01

    「人生の質をあげる贅沢空間」

    03.ギャラリーハウス(趣味の家)03.ボタニカルライフ03.庭で過ごす03.自宅サロンとお教室05.ガーデン&外構05.サンルーム06.家創りのヒント20.『ボタニカル・ライフ』20.『地中海の白い家』

     

    今回は建物プラスアルファーの高付加価値スペースの提案です。

    ちょっとした庭があったり、屋上があったり、大きな木があったり、、

    そんなスペースに自分の趣味を反映出来るような小さな別世界があったら

    なんて幸せなんでしょう〜。

    ここは、実用的な生活の場ではなく、まさに人生の質をあげるための贅沢空間です。

     

    もうひとつ1

    この家は、庭の一角にサンルームを作った事例です。

    リビングに隣接したこのスペースでは、明るい時は外を感じながら食事をしたり、

    夜にはキャンドルを灯しながら、家族で団らんしたり、

    ガラスに覆われた自然光が溢れる、第二のリビングやダイニングとして活用されてます。

    また、ここでは奥様の自宅サロンとして、アロマセラピー教室なども行われていて、

    開放スペースとしてサロンに来客するお客様に、非日常な心地よい異空間を提供しております。

     

     

    そこで、今計画中のいくつかの人生の質をあげるための贅沢空間をご紹介します。

     

    これらの計画は、初期の建築の提案と合わせて、パートナーである

    軽井沢のガーデン&ファニチャーズ、長谷川さんとのコラボレーションで行われたデザインです。

     

     

    1.サンルームのある家

    もうひとつ2

    今、横浜市金沢区で設計中の「ボタニカル・ライフ」の家。

     

    約6帖のサンルームスペースは、リビングルームと間口2メートルの引き込みサッシで

    繋がり一体空間となります。

    サンルームから直接全開口折れ戸で、ガーデンスペースとも繋がり、

    リビングとガーデンとの中間ゾーンにあるサンルームで、

    リビング〜サンルーム〜ガーデンと回遊性を確保しました。

    床も水でザブザブ流せるような、アクセントのあるモザイクタイルにします。

    古材を一面貼った壁には、何段もの棚が用意され、ボタニカルショップさながら、

    植物好きの奥様のために、変わった観葉植物や多肉植物、花器などが並べられるようなデザインになっています。

     

     

    2.屋上CABIN

    もうひとつの3

    二年ほど前にリノベーションしたお宅の屋上部分に現在計画中の屋上CABIN。

     

    屋上で火を囲みながら、無心になれる場所。そんな場所、自分は大好きです!

    屋根のある小さなキャビンは奥行きのあるDAY BEDが設えてあり、風を感じながら

    お昼寝が出来ます。キャビンには折れ戸が付いて居て、戸を閉めてしまえばそのままアウトドアの家具やグッズがしまい込めるようにもなっています。

     

    キャビンからはパーゴラのついたデッキが伸び、パーゴラに一部葦簀をかけリゾート感をより演出しています。

     

    「アーバンキャンプ」、大勢の人が集まったときは芝の上にテントを張って、キャンプをしても楽しいですね〜

     

     

     

    3.ツリーハウスのある家

    もうひとつの4

    「ツリーハウス」もうこんな言葉にすぐ興奮してしまう自分です。

     

    先日プレゼンテーションした住宅の庭に提案したこのツリーハウス案。

     

    流石に、大がかりな計画なので費用面も含めまだ最終決定には至っておりませんが

    この夢のツリーハウス、是非実現させたいです!

     

    実は、この家の庭にはツリーハウスにふさわしい大きな木とホストツリーが無いため、このプランでは大きな木を植えてそこに絡みつくようにタイニーハウスを作ったツリーハウス風な計画なんです。

     

    ツリーハウスの中は勾配天井の吹き抜けになっていて、段差を持たせてロフトベッドになっています。外には階段で高低差を付けたベンチ付きのデッキテラス。

    こんな空間があると、家に戻ってこなくなってしまいそう(笑)

     

     

    いかがでしょう、この三つの計画。

     

    確かに、贅沢な空間ではありますが、こんなことにプライオリティを持たせた生活は、

    必ずや人生の質をあげてくれるのではないかと思います。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/11/22

    「雑誌掲載のお知らせ」

    05.ガーデン&外構05.サンルーム11.メディア20.『自分色に染める箱』

    扶桑社から発売されている

    「住まいの設計」2016年1-2月号に、
    ネイチャーデコールの家が紹介され、
    出版社から掲載誌が届きました。
    今回のテーマは「家と庭の素敵な関係」
    新しく生まれ変わった、
    横浜市青葉区の「S邸」が、6ページにわたり紹介されています。
    この家は「生活の変化や子供の成長に合わせ、自分らしい色に染めていける、余白のある家」がテーマでした。
    完成して15年近く経過しますが、
    計画当初は予算の関係もあり、庭造りまで十分な費用を掛けることが出来ませんでした。
    それが、満を持してようやく念願のコンサバトリー付きの庭を、
    ガーデンデザイナー「ガーデン&ファニチャーズ 」長谷川祐二さんの手により実現されました。
    流石に長谷川さん。なんの違和感も無く、夢のあるコンサバトリーを今までのリビングと見事に繋げてくれました。
    それにより、生活にゆとりと、奥行き感が生み出されました。
    家は進化し暮らしと共に成長するもの。
    そんな事を感じさせる事例です。
    是非、ご覧ください!
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2013/10/09

    「サンルームのある家」

    05.ガーデン&外構05.サンルーム09.NDのオーナーさん12.ガーデンデザイン20.『自分色に染める箱』

     

     

    画像1

    「サンルームのある家」

     
    築12年目の家に、念願のサンルームを増設しました。

    既成のキットでは無く、全て製作のオリジナルです。

    8畳も無いその空間ですが、家での過ごし方、楽しみ方が大きく変化しより豊かなライフスタイルが始まったようです。

     

    製作はいつもおつきあいさせていただいている、

    軽井沢のガーデナー、ガーデン&ファニチャーズさんによるものです。

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop