Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

03.暖炉の火を楽しむ一覧

  • 2017/06/01

    「WONダフル happy days!」

    03.ペットと暮らす03.ホームパーティを楽しむ03.暖炉の火を楽しむ05.ガーデン&外構05.屋上09.NDオーナーのライフスタイル12.ガーデンデザイン20.『地中海の白い家』

     

    昨年から続いている、「N邸・屋上ガーデン計画」

    ようやくガーデンキッチン部分が完成し、先日お招きにあがりました。

    N様は愛犬家のご夫妻、当然ワンコも同伴で、、ということでしたが、

    まだ我が家に来て3日目の「サンディ」、社交界デビューが無事つとまるか?

    不安いっぱいの中、先住犬の「ニコル」と共に、家族皆で参加させていただきました。

     

    屋上ガーデン計画は昨年末に先行して屋上キャビンが完成し、引き続きに今回の

    ガーデンキッチンとガーデンダイニングスペースを作ってきました。

    全体を細かく観ていただいた、ガーデン&ファニチャーズ・長谷川さん

    本当にお疲れ様でした〜

    お陰で、すばらしい空間が思わぬ所に誕生しました。

    そもそも庭のスペースが無かった都心の家。いままで主にモノ干し場としか活用されて

    いなかった場所が、人もワンコも寛げる屋上ガーデン、まるでオアシスのような場として

    生まれ変わりました!

     

     

    屋上.1

    日よけのタープが張られ、大人が6人ゆったり囲える大きなダイニングテーブル。

    日射しの強い屋上にはタープは欠かせませんね。

    そしてテーブルは、汚れも気にせず外部でもタフに使えるモールテックスの天板。

     

    早速テーブルセッティングがされ、冷たい飲み物も沢山冷やされていました。

    こうした外部で使うカトラリーや食器にこだわるのもオーナーNさんの美意識の高さ。

    ちょうど目線を隠すウッドフェンスの高さが、都心であることを忘れさせる完全なる

    プライベート空間になっていました。そこから見え隠れするさりげないグリーンの

    設えがさらにリゾート感を盛り上げてくれます。

     

     

     

     

    屋上.2

    グリル機器も本格的で、これで焼き上がったお肉やオーナー自慢のピザは絶品!

    料理のプロ、Nさんの腕をうならせるプロ仕様のキッチンで、

    外部でも本格的な料理が提供できる設備になっています。

     

     

     

     

     

    屋上.3

    我が家のおてんば娘「サンディ」もすっかり場の空気に癒され、

    「生まれて来て良かった〜!」そんな表情をずーとしていました(笑)

    やはり、犬はひとのエネルギーを敏感に感じる様です。

     

     

     

     

    屋上.4

    オーナーのかつさんは、料理を作ったり犬使いになったりと大忙し。

    ここではだれが料理を出してくれるのかを、即座に見極めるのも犬の本能。

    かつさんのまわりには、いつも犬たちが群がってきます。。

     

     

     

     

    屋上.5

    ハンモックで寛ぐ、奥様のみえこさん。「ラブ君」も笑ってる。

     

     

     

     

    屋上.12

    ここに来ると、なんども見間違ってしまう、Nさんの「ブル君」とうちの「ニコル」

    顔の白さ加減も似ている。

     

     

     

     

    屋上.6

    空は夕暮れ時のマジックアワー。

    一番空が綺麗な時間帯ですね。

    ガーデンキッチン部分から、こんなに綺麗な空が見えていました。

    ほんとうに、「ここはどこ?」 Kona Windが流れてきそう〜

     

     

     

     

     

    屋上.7

    今日もまたサイコーなおもてなしをしていただいた、Nさんご夫婦。感謝です!

     

     

    屋上.8

    そしてネイチャーデコールの家の古いオーナーであり友人のMさんご夫婦。

    Mさんは、いまNさんのお店のロゴデザインなどでも参画してもらっています。

    人の繋がりや縁って面白いですね〜

    Mさんの家のわんこはミニチュアピンシャーの「ルーシー」。

    野犬のようなうちのわんこたちと違って、シルエットの様にお上品(笑)

     

     

     

     

    屋上.9

    空の色を見ると、いつのまにかこんなに夜も更けてきました。。

     

     

     

     

    屋上.10

    暗くなると大活躍なのが、このバイオエタノール暖炉。

    温かくなってきても、外でこの「火」が見れるって幸せです。

    まったりと、時の経つのも忘れてしまいそう。

     

     

     

     

    屋上.11

    ほんとうに、今日はありがとうございました!

    人もわんこも笑顔が絶えない幸せなひとときでした〜

    「WONダフル Happy days!」

    「サンディ」の電池ももう切れてしまったようです。。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/01/29

    「インテリア性の高い暖炉」

    01.擬石・擬木・造形03.暖炉の火を楽しむ09.マイセレクション20.『三度目の家物語』

     

    今日ご紹介するのは、インテリアとしての「火」を手軽に楽しめる暖炉。

     

    先日引き渡しをした、「平塚の家」に導入した事例ですが、

    最近のネイチャーデコール設計のお宅ではかなり導入率の高いモノ、

    それが、このバイオエタノール暖炉です。

     

    バイオエタノールとは、トウモロコシやサトウキビなどを原料として作られた

    燃料で、有害物質や煙を発生させないエコな暖炉です。

    そしてなにより大げさな煙突工事が必要無く、まわりのデザインに合わせて

    「火」をインテリアの一部として楽しめることが一番大きな利点でしょう。

     

    暖炉.1

     

     

     

     

     

     

    暖炉.2

    リビングルーム側

     

    暖炉.3

    ダイニングルーム側

     

    この家では、部屋の中心に暖炉を設置し、

    ガラスを通して、リビングルーム側からもダイニングルーム側からも

    「火」を楽しめる様に設計しました。

     

    丁度部屋の中心に来る2本の構造柱を大きく巻き込み、

    構造柱を見せずに空間に馴染ませております。

     

     

     

     

     

    暖炉.4

    燃料の注入・着火・炎の調整や消火まで操作も覚えやすく、

    安全性というのもこのバイオエタノール暖炉の利点のひとつですね。

     

    静かに立ち上がるこのオレンジ色の火は、癒されます。

     

     

     

     

     

    暖炉.5

     

    暖炉.6

     

    そして、暖炉の廻りを演出してくれたのは、

    いつもの造形集団による擬石です。

    今回もかなりの精度でいかにも本物の石のごとく創り上げていただきました!

     

    実際はこんなに大きな石は一般の住宅において積み上げることは

    不可能なのですが、その非現実的なシーンを作れてしまうのが、

    擬石を取り入れていく上での、最大の魅力なんです。

     

     

     

     

     

    暖炉.7

    これは、以前お知らせした屋上テラスに導入した

    外部用のバイオエタノール暖炉です。

     

    内部にも外部にも、あらゆる場所で「火」を楽しむことが出来る、

    これからの空間の演出を彩る可能性を感じます。

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/11/25

    「この冬 初の暖炉の火入れ」

    03.ペットと暮らす03.暖炉の火を楽しむ04.サンタフェスタイル09.大浦比呂志 LIFE

     

    まだ11月だというのに、昨日は朝からの初雪が。

     

    今年は蒔きの調達もしていなかったのですが、

    去年の残りの蒔きでこの冬、初の暖炉の火入れを。

     

    火に中にはしっかり、焼きリンゴと焼き芋をホイルに包んで仕込んでいます。

     

    火.1

    火.2

    毎度おなじみの光景ですが、今年インテリアに加わった、

    イームズアームシェルのペンドルトン仕様がこの暖炉と空間にバッチリはまってます。

    まさに、この部屋のためにあるようなチェアです。

     

     

     

     

    火.3

    火.4

    ただ、この冬の大きな違いは、、、

    あんなに暖炉の火が好きだったビリーが、今はもう居ない、ということ。

    この存在はやはり大きなものです。

    こんな時に、どうしてもいつも思い出してしまう。

    まだまだペットロスは拭いきれません。

     

    そんな訳で、この場を独占しているのが、ニコル君。

     

    暖炉の火・美味しいワインと料理・可愛いパートナーズドッグと好きなBGM

    そして落ち着くインテリアと空間。

     

    決して高価なモノでは無いけど、

    この時間と空間は自分にとってプライスレスですね。

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/01/20

    「暖炉はひとをダメにする…」

    03.ペットと暮らす03.暖炉の火を楽しむ09.マイセレクション09.大浦比呂志 LIFE

    暖冬のこの冬、なかなか我が家の暖炉の

    出番も無い、今シーズン。
    そんな中、昨日今年初めての雪が降りました。
    朝 起きてみると昨晩からの雪で、
    庭も真っ白な雪景色。
    となると…いよいよ登場です!
    この日が、今年初めての火付けでした。
    毎年 お馴染みのこの光景。
    やはり直火は良いな~
    交通機関の乱れている午前中、
    あくせく出ていったところで、思うようにはいかないだろうと察し、
    午前中は家でゆっくり様子を見ることに。
    それにしても、根が生えたように、
    火の前から離れることが、出来なくなってしまう…
    休みの日なら、ここでイッパイやりながら、更にトリップしてしまうのですが、
    ここは平日、、ぐっとお酒は控えます。
    そして、火の前の特等席を陣取るニコル君。 彼も火の前から離れようとしません。
    暖炉はひともワンコもダメにしてしまいます。
    そして、この冬 我が家に加わったアイテムがひとつ。
    アラジン ブルーフレーム ストーブです。
    小学生の頃に友達の家に遊びに行くとあったりして、昔から馴染み深いやつ。
    冬場は床暖がメインの我が家ですが、
    単にインテリア的に欲しくなってしまい購入しました。
    アラジンは1930年代頃から、約80年近く、大きなデザイン変更もせずに今日に使い続けられてきました。
    そのレトロなデザインと存在感。
    使い続けて味わいの出る、ところもなんの違和感もなく、我が家にマッチしています。
    こんな、ハイブリッドな感じで、
    冬場の暖をしのいでいます。
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2014/03/09

    「竣工後 早 数ヶ月」

    03.暖炉の火を楽しむ09.NDのオーナーさん

     

    竣工後 早 数ヶ月で、もうすっかり自分らしく家を着こなしていました。

    そんな出来たてホヤホヤのお家にご招待され、設計担当者と建築会社の方、そしてその家を造った大工さん皆で行って参りました。

    画像1

    「子供達が伸び伸び過ごせる家」というオーダーのその家は、忍者扉やのぞき窓、屋根裏ロフト部屋など、家のあちこちに仕掛けたものを子供達が堪能してました。

    これは吹抜けの、のぞき窓から。

    画像1

    そして、大人達のお楽しみはストーブに火を灯すこと。

    こんなモダンなストーブなら、インテリアの一部として部屋に溶け込み、真夏でも違和感が無いですよね。

    画像1

    奥様がこだわったキッチンでは、
    プロ級の腕前の美味しい料理が振舞われました。

    本当にご馳走様でした!^_^

    家族みんなが自分たちの家を楽しみながら、使いこなしてる様子が随所に
    うかがえ、とても幸せな気分になりました。

    画像1

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop