Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

07.シンク・バスタブ・トイレなど衛生陶器一覧

  • 2016/11/21

    「シンクに落ちる水の音って意外と気になる」

    05.キッチン07.シンク・バスタブ・トイレなど衛生陶器

     

    今回使ったシンク、これなかなか良いかも。

     

    シンク自体はステンレスのアンダーカウンターシンクでキッチンの天板には

    クォーツ(水晶)を原材料とした人工大理石を使いました。

     

    このシンクの利点のひとつに、静音加工というのがあります。

    蛇口の水がシンクに落ちる音って意外と気になりますよね。

    このシンクは、あらかじめ静音加工済みのものなんです。

     

    シンク.1

    こんな感じにアンダーシンクがスッキリとおさまります。

     

     

     

     

    シンク.2

    シンク.3

    シンク.4

    そして、その静音処理というのがこんな感じで、シンクの裏側に

    厚さ5ミリの吸音材がシンクの側面にも裏面にもしっかり張りめぐらされてます。

     

    これで、水の音がかなり軽減される訳ですね。

    合わせて結露対策にもなっているようです。

     

    また、今回使った天板は、最も強い石のひとつであるクォーツ(水晶)を原材料に

    使った人工大理石。

    一般的な人工大理石に比べて、表面が非常に固いので、黒などのダークトーンの

    天板にも傷が付きにくく、黒が綺麗にそのまま生かせる、そんな素材です。

     

    パーツひとつひとつを組み合わせて作ることが出来るのが、

    オーダーメイドキッチンの良さですね。

    黒を基調とした 結構、クールなキッチンが出来そうです。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/07/05

    「遊び心いっぱいの洗面スペース!」

    03.幸せバスタイム05.バスルーム05.パウダールーム07.シンク・バスタブ・トイレなど衛生陶器

     

    どうしても、機能や実用性を重視で考えがちな洗面スペースですが、遊び心いっぱいの楽しいデザインの事例を紹介します。

     

    このお宅では、楽しい、心地良い、デザイン性が良い、そんなことをポイントに細かなディティールにこだわりながら計画しました。

    洗面.1

    洗面.2

    洗面スペースとバスルームは透明のテンパライトガラスで繋がり、

    天井材はチーク材、そして壁は鮮やかな藍色ブルーのタイルで素材を通していくことで洗面スペースとバスルームの一体化を図りました。

     

    洗面.3

    そしてこの大小様々なラタンで出来てるミラー。

    このミラー使い、面白いですよね〜

    家族の身長に合わせて、ミラーの位置を変えランダムに形状も違うミラーをちりばめています。

    洗面のミラーは四角い大きなもの、という固定概念を取り払い、これでも充分機能は満たせるはずです。

     

    洗面.4

    バスルームの中から見た感じはこんなイメージ。

    空間もゆったりと贅沢に使い、リゾートホテルの様な設えになっています。

     

    洗面.7

    そして、浴槽からの外の景色はこんな感じで遠くにはオーシャンビュー!

    バスタブの足下のガラスは、引き込みで全開口になり、露天風呂の様に外を感じて入浴出来る様になってます。

     

    んん〜、こんなバスタイム 長生き出来そう。

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/08/25

    「カラフルメキシカンタイル」

    00.現場01.造作家具02.タイル05.キッチン05.パウダールーム07.シンク・バスタブ・トイレなど衛生陶器12.リノベーション20.『サンタフェ・リノベーション』の家

    久々に使用した、カラフルなメキシカンタイルの施工事例です。

    いびつで、独特なカラーリング、懐かしさもあるこのタイルは
    やはり、とっても愛らしい ヤツです。

    1.キッチンとアイランドカウンターでの使用。
    1-1

    JPG

    JPG

    JPG

    2.洗面所での使用
    2-1

    2-2

    JPG
    シンクも、タイルの絵柄に合わせてセレクト出来ます。

    コーナーの竹タイルが、昔っぽい。

    3.パウダールームでの使用
    JPG

    JPG
    メキシカンタイルの赤みと合わせるように、
    パウダールームの壁をメキシカンなオレンジで華やかに可愛らしく。

    巾木も同じ色のブルーでまわしています。

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/01/07

    「研ぎ出しの天板 作りました」

    02.左官05.パウダールーム07.シンク・バスタブ・トイレなど衛生陶器20.『仕事場併用のペット共生住宅』

    確か昔、小学校のグランドの片隅の水飲み場にあった様な、

    レトロで懐かしい感じがします。
    研ぎ出し天板の洗面台を作りました。
    この洗面台は、天板だけでなく立ち上がりや側面もすべて研ぎ出しで仕上げてます。
    これは、現場作業で研ぎ出しを行ったのですが、やはり埃が凄い!
    あたり一体が、研ぎ出されたモルタルや石粉で真っ白になってしまうため、しっかりとした現場養生が必要です。
    仕上がりはこんな感じで、天板に傷や汚れも気にせず、タフに使える点は良いですね。
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2013/10/21

    「懐かしさもある洗面台」

    02.左官04.アジアンモダンスタイル05.パウダールーム07.シンク・バスタブ・トイレなど衛生陶器

    画像1

    この洗面台は黒い人研ぎで、オリジナル製作したものです。

    人研ぎとは、セメントに大理石と顔料を練り混ぜて塗り、

    その上からグラインダーで研ぎ出して仕上げていく、

    100%手作業の仕上げです。

    昔の小学校によくあった水飲み場にあったアレです。

     

     

     

     

    画像1

    今では人工大理石やタイルが主流で、

    手間の掛かるこの仕事をする職人さんも少なくなってきました。
    この二つの事例は、昔ながらの手業を個人邸で実現したものです。

    パウダールームのイメージは共に、

    モダンなアジアンリゾートSTYLEで表現しています。

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop