Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

02.石一覧

  • 2016/12/09

    「図面の中に表現しきれないモノって、、」

    01.アイアン02.タイル02.ブリック02.古材02.左官02.石04.ロフト&SOHOスタイル09.想うこと11.ネイチャーデコール20.『TOKYO LOFT STYLE』の家

     

    家作りにおいても、ものを事前に目で見て納得して買う、、

    それは、カタログだったり出来ているモノが展示されているショールーム

    だったり、、それが多分世の中の一般的な家の売り方でもあり、しっかりした

    モデルルームを持った、ハウスメーカーなどのやり方です。

     

    ところが、ネイチャーデコールの家には、図面の中の線や仕上げ表で

    表現出来ないモノがとても多いのです。

    実際のモノが、現物として事前に目にすることが出来ない、、

    新規のお客さんにネイチャーデコールの家の特徴を話すときのひとつに、

    そんなことをよく口にしますが、それでは実際にそれってどういうモノなの?

    という部分について、過去の事例から具体例をご紹介します。

     

    図面の中で表現でないもの、光や影・空気感・など感覚的なものも含め

    いくつかありますが、

    その中でも、今回はネイチャーデコールの家で最も特徴的な

    「素材・マテリアル」についての話しをしていきます。

    「素材」もカットサンプルや色見本で部位としての確認はして頂く事は

    出来るのですが、それが空間の中に立ち上がってきて、

    他の素材とどのように影響し合っていくかは、もはやイメージスケッチを

    見ながら、頭の中で想像してもらう、という部分が必要になってきます。

     

    今回の事例は、2011年完成の「TOKYO LOFT STYLE」の家。

    僕の中での自信作の一邸です。

     

    1.木の表現

    描けない.木1

    古材を使ったヘリンボーンの床

     

    カットサンプルを並べて事前に確認してもらいますが、

    古材の配置や色の濃淡、木目の感じや表面のプレーナーの処理で

    表情はかなり変わってきます。

     

     

     

     

    2.左官のテクスチャー

    描けない左官.1

    描けない左官.2

    描けない左官.3

    一番上は、室内の珪藻土のテクスチャー

    真ん中は、外部左官のテクスチャー

    一番下は、フランス漆喰アバナ

     

    これらの素材は、A4サイズの仕上げサンプルで事前に確認頂き、

    実際に現場で仕上げる時に再度立ち合いの上、テクスチャーを最終決定

    していきます。

    A4サイズのサンプル見本からこの左官のボリュームをイメージするのは、

    やはり一般のお客さんには難しい様です。

     

     

     

     

    3.石やタイルのバランス

    描けない石.1

    描けない石.2

    描けない石.3

    描けない石.4

    どれも、ネイチャーデコールの家ではおなじみの石やタイル、ブリック

     

    ここでポイントになってくるのは、素材ひとつひとつに表情があるので、

    それを大きな面に施工した場合の配置や色バランスです。

    同じような色やかたちを近づけ過ぎないで適度にばらしていく。

    目地の巾や色、そして目地の深さなどでも仕上がりの印象が変わります。

     

     

     

     

    4.スチールの表情

    描けない鉄.1

    描けない鉄.2

    描けない鉄.3

    鉄の素地の「黒皮」の状態をどのように自然に見せていくか。

     

    塗装の仕上げで色付けをしない鉄本来の「黒皮」の状態はとても良いもので

    自然素材の家にも馴染みます。

    ただ、素地がそのまま現しになると、鉄の黒い汚れやいずれ錆びてしまう、

    そこで、使う場所場所で鉄の素地感を生かした、仕上げ方を変えていきます。

     

    特に真ん中の写真の様なキッチンカウンターの上などは、光沢の出ない

    ウレタンでコーティングしていくなど、気を使う場所です。

    このような場所では、ウレタンを施してもいずれ色も落ちてきたりどんどん

    変化をしますが、それも楽しめる包容力も必要ですね。

     

    一番下の写真は外部で使用した場合。正直、鉄の素地感というのもからは

    かけ離れてしまいましたが、ここはやはり外部なので錆びや耐久性を優先しての

    選択で、全体的にはハンマートーンの塗装を施しました。

     

     

     

     

     

    5.個々の素材を組み合わせていくと、、、

    描けない組みあわせ.1

    描けない組みあわせ.2

    描けない組みあわせ.

    それらのひとつひとつの部位を組み合わせていき、

    このような空間が生まれていきます。

     

    こうして見てもらうと、ネイチャーデコールの家はひとつひとつの

    素材の持ち味や特徴を吟味し、それを全体に組み合わせたときの

    バランスを俯瞰でイメージしながら、積み上げていく。

    そんな家の創り方になってきます。

     

    確かに「家」とはとても高価なものです。

    そんな高価なものなのに、モノを見て納得して決められない、、、

    そこは勿論わかりますが、大切なのはモノ単体ではなく、

    個の素材がオーナーの求める全体感にマッチした空間であり、

    コーディネートのバランスとセンスです。

     

     

    家創りのコンセプトを明確化し、

    個対応でオーナーの求める独自の世界観を具現化していくためには、

    カタログやモデルルームではわからないもの、見えてこないものが、

    実は一番必要なのではないでしょうか。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/08/31

    「和を感じる浴室回り」

    00.現場02.床材・その他02.石04.和モダンスタイル05.バスルーム05.パウダールーム12.リノベーション20.『八ヶ岳山荘』

    最近バス回りの提案で増えてきているのが、「和」を感じる浴室回り。

    やはり日本人ですね~ 「和」を感じるお風呂は癒されるものです。

    特にひのきの香りを楽しみながらのバスタイム、これは良いものです!

    今回は、先日お引き渡しをした、八ヶ岳山荘での事例を紹介します。

    JPG

    JPG
    静かな別荘地の中のこの家は、お風呂もこのように温泉旅館の様。

    W.1300 H.1500の引き込みサッシュを開口すると、
    大きく外と繋がり、まるで露天風呂の様でもあります。

    奥行きを持たせた出窓に設えた開口部からは緑が溢れています。

    JPG

    壁はひのきではじめのうちは塗装をせず、数年間はひのきの香りを楽しみ、
    水染みが気になり出した頃に、色と塗膜をつけることにしました。

    床と浴槽には、十和田石を使ってます。
    十和田石の特性は以前にもこのブログで紹介しましたが、
    やはりなんといっても、滑りにくく、足の裏にきゅっと吸い付くような足触りでしょう。
    それを浴槽の中まで貼り込んでいるのが、とても贅沢な印象を与えます。

    透明のテンパライトガラスで洗面所と繋がってきます。

    JPG
    JPG

    洗面所も浴室同様、ヒノキの壁に十和田石の床で同じ仕上げになってます。

    今回使用した洗面台のトップは、傷の付きにくい人工大理石で
    「クォーツ人造石」というものを採用。
    それは、どうしても天板に濃いシックな色味を持っていきたかったので、
    傷が目立ちにくい材料は、、と探したところ行き着いたのが
    この「クォーツ人造石」でした。

    極力余計な装飾を排除して、この間接照明と素材感、
    そしてシンプルで上質な衛生陶器でまとめたのがこの洗面スペースです。

    「和を感じる浴室回り」は現在マイブームなので、
    しばらく事例として増えてくる予感です。(笑)

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/06/14

    「最近、シンプルな和に魅かれる」

    02.石04.和モダンスタイル05.バスルーム05.パウダールーム09.想うこと20.『COZYな時間の流れる家』

     

    ネイチャーデコールの家、というと、

    どうしても洋風テイストなライフスタイルに合ったデザインの家が多いのですが、僕自身ここ最近魅かれるのは「和」を感じるデザイン。
    厳密には「和」とか「洋」という

    ことでもなく、

    装飾を極力排除したシンプルでミニマムな中に「間」や奥行き感を演出していくような、「凛」とした大人な空間。
    これは「湯河原の家」の事例から。
    畳や和室の良さをあらためて気付き出している、自分。。
    「離れの部屋」なんてキーワードにも
    魅かれます。
    「湯河原の家」の洗面スペース。
    完全な「和」では無いのですが、和を感じさせる、雰囲気は出せてるかと思います。
    そして、その洗面スペースから
    バスルームへと繋がります。
    床はその土地の石、伊豆石を使用し
    壁には檜の板を貼りました。
    外に抜けて行くピクチャーウインドが、
    バスルームでの最高の癒しを演出してくれます。
    やはり、自分の年齢からくるものなんでしょうかね?
    洋食より和食がしっくりくるように、
    わかりやすい味、インパクトのある、
    ジャンクフードに魅かれた若い頃と比べて、味わい深い、だし味が良い。
    インテリアデザインの指向性も、
    そんな例えに近く、
    素材や色を抑えた、シンプルな構成の中に、光が射し込みその影が空間に取り込まれた様な、「感じるデザイン」
    そんな事を最近、意識しています。
    「五感に訴えるデザイン」という事は、
    そもそもがネイチャーデコールの
    コンセプトにあった様に、
    分かり易すぎる、ビジュアル的要素を
    そぎ落とした中に、「感じるもの」
    までをも、デザインしていくことが、
    これから、創っていくものなのかも
    しれない。
    …なんて、そんなことを感じている
    今日この頃です。。
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2014/10/02

    ネイチャーデコールでは珍しい「和」のバスルーム

    02.石03.幸せバスタイム04.和モダンスタイル05.バスルーム20.『COZYな時間の流れる家』

     

    今、計画中の「湯河原の家」、いつものサーフポイントに程近い住宅ですが、
    そこで、ネイチャーデコールでは珍しい「和」テイストのバスルームを提案しています。

    湯河原は昔からの有名な温泉宿が点在している、そんな場所でもあります。

    オーナーの希望もあり、他の空間とは違った趣のあるバスルームにしたい、と言うことで、
    パウダールームからバスルームを、落ち着いた和モダンな空間としました。

    1

    2

    今回は、床から浴槽も同じ石で作り上げました。

    そして、壁には檜。
    いわゆる檜風呂といわれる、檜の良い香りが快適なバスタイムへとしてくれそうです。

    3

    4
    その中でも、今回特にご紹介したいのが、この石。

    「伊豆石」という石で、この土地の湯河原から産する石で、
    淡い青緑色の石は、温泉などでも良く使用される「十和田石」と、
    見た目も、その特性も似ています。

    その特性には、以下のものがあげられます。

    1.多孔質の石のため、断熱効果と保温性を併せ持っている。
    2.水に濡れても滑りにくい。濡れると足がくいつくような滑らかな質感です。
    3.カビが苦手なアルカリ性なので防カビ、抗菌機能がある。
    4.体を芯から温めてくれる、蓄熱機能がある。
    5.水質浄化機能がある。

    まさに、お風呂に適したマテリアルであることが分かります。
    温泉場などでも度々見かけるのは、こういった効果があるからなんですね。

    近くに流れる川のせせらぎを聞きながら、檜の香りに癒され、
    こんなモダンな「和」のお風呂も良いですよね。

    「湯河原温泉」の完成が今から楽しみです。

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2014/04/26

    「長いアプローチの家」

    01.アイアン02.石05.玄関・アプローチ

    画像1

    演出性と期待感を高揚させる、長いアプローチのお宅の事例です。

    画像1

    シンプルな両開きのアイアン門扉をデザインしました。

    画像1

    長いアプローチの特長のひとつは、
    玄関の中まで伸びていく、お馴染みのサウスサンドストーン(琉球石灰岩)のダイナミックな壁です。

    リゾート感溢れる素材の演出です。

    画像1

    そして、背の高い木製の玄関ドアを開けると、玄関ホール正面に自然光の差し込むピクチャーウインドが見えます。

    ここは坪庭の様になっていて、四季を感じるシンボルツリーが鉢植えされてます。

    そして、その坪庭の壁までサウスサンドストーンが貼り巡らされています。

    都市型リゾートスタイルのエントランスアプローチです。

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop