Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

02.モールテックス一覧

  • 2017/07/27

    「モールテックスで仕上げたパウダールーム」

    02.モールテックス02.床材・モールテックス05.パウダールーム20.『コンフォータブル・リゾートの家』

     

    そろそろ引き渡し間際の千葉県、習志野市で進めているお家。

    この家のパウダールームは「モールテックス」を随所に使用しています。

    このブログでも、「モールテックス」の利点は何度かお話ししていますが、

    その独特な風合いが、今とてもお気に入りのマテリアルのひとつです。

     

     

    モール.1

    階段吹き抜けの地層壁のドアを開けて、2階にあるパウダールームへ。

     

     

     

    モール.2

    パウダールームの天板、それに繋がる壁、そして床の一部が「モールテックス」の

    仕上げで統一されています。

    そして隣のバスルームも、「モールテックス」の壁、チーク材の天井で、

    トーメーガラスを通してパウダールームと同一素材で繋がっています。

     

     

     

     

     

    モール.3

    「モールテックス」の天板に白で染色された古材の太いミラーフレームが

    よく似合ってますね。

     

     

     

     

    モール.4

    壁部分の「モールテックス」

    水廻りに特に強い素材なので、パウダールームやバスルームの壁には最適。

    この独特なムラ感が何とも言えず、良い風合いです。

     

     

     

     

    モール.5

    壁から少し床まで折り返し使用し、それに合わせて床には柄タイルを貼ってます。

     

     

     

     

    モール.6

     

    モール.7

    トイレの手洗い部分にも「モールテックス」を使用。

    デコラティブなミラーフレームと良い感じにマッチング!

     

     

     

     

    モール.8

    トイレの中にはこんな可愛い表示プレートも(笑)

     

    このように様々な素材とマッチング出来るのも、「モールテックス」の魅力です。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/05/01

    「フロア面積20坪弱の雑居ビルの一室が生まれ変わりました」

    02.モールテックス04.フレンチスタイル12.リノベーション

    横浜市・菊名駅前の古い雑居ビル。

    もともとは事務所などが入っていた、約20坪の一室をご夫婦2人で使用するスペースに

    フルリノベーションしました。

    LDKとバス&トイレ、1ベッドルームというコンパクトな計画です。

     

     

    松葉.1-1

    このフロアの位置するのは3階部分で、3階までは階段で。

    エントランスホールやドア廻りも新しく製作しました。

    アンティークガラスを入れた、スチールドア&パーテーション。

     

     

     

     

     

    松葉.1

     

    松葉.2

    エントランスを入ると、コの字のゆったりとしたカウンターキッチン。

    このスペースを利用して料理教室を計画している奥様。

    キッチンは中心的な存在です。

     

     

     

     

     

    松葉.3

     

    松葉.4

     

    松葉.2

    ダイニング&キッチンから30センチの高低差を付けたリビングゾーン。

    ブルーグレーのアクセントカラーの壁に、奥行きの深い造り付けのベンチソファ。

    部屋のカラートーンを、ブルー〜淡いグレーのトーンでソファもカーテンも壁も

    バランス良くコーディネートし、狭いながら落ちついたシックなイメージでまとめています。

    LDとリビングを緩く仕切るのは、バイオエタノール暖炉。

    リビングからもダイニングからも、火を楽しむことができる仕掛けです。

     

     

     

     

     

     

    松葉.11

    インパクトのあるシャンデリアが特徴のリビングスペース。

    グロスのテカリを付けた濃い目のヘリンボーンの床に、オークの古材で製作した

    オリジナルダイニングテーブルを合わせています。

     

     

     

     

     

    松葉.6

    傷や汚れなどのストレス無くキッチンワークが出来るように、

    カウンタートップはお馴染みのモールテックスを使用。

     

     

     

     

     

     

    松葉.7

    松葉.1

    エントランスホールから玄関の中側までの床はモザイクタイルのパターン貼り

     

     

     

    松葉.8

     

    松葉.9

     

    松葉.10

    もともとは事務所だったので、バスや洗面所も無かったのですが、

    今回は少し広めの明るいパウダールームを作ることが出来ました。

     

    諦めないで下さい! 小さなスペースでも、古い建物でも、

    どんな空間でも、デザインで再生することが可能ですよ〜!

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/03/28

    「色々な場所で活躍してます!」

    02.モールテックス02.左官02.床材・モールテックス20.『ボタニカル・ライフ』

     

    最近お気に入りの万能マテリアルの「モールテックス」

     

    デザインコンクリートの塗り床は、海外の住宅事例では以前からよく目にする材料で、

    まだ日本には上陸して久しいのですが、店舗などを中心に最近では住宅などでの

    施工事例でも使われ出しています。

    ただ、まだまだ一般住宅の床として使用してる例は少ないようです。

     

    その「モールテックス」を今回完成した家では、色々な場所で使用しました。

     

     

    1. リビングの床や階段に使用

    モール.1

     

    モール.2

     

    モール.3

    このお宅では、玄関前のアプローチ〜玄関ホール、そしてリビングルーム〜階段と

    シームレスで使用しています。リビングの床では床暖房も敷設。

    クラックが出るモルタルと比べて薄い塗り厚でも、割れが出ないのが最大の魅力かも

    しれません。クラックを逃がすための化粧目地も入れる必要が無いので、

    空間の一体化が視覚的に図れます。

    写真からは分かり難いですが、これはSAND LIGHTというカラーです。

     

     

     

     

     

    2. プランター台の棚に使用

    モール.4

     

    モール.5

    これは、床と色を変えてグレー系のモールテックスで仕上げてます。

    プランター台の棚として、ここにはグリーンが陳列されます。

    防水性が良いので、直接水やりして水がかかってしまっても問題ありません。

     

     

     

     

     

    3. 玄関脇のベンチとして使用

    モール.6

     

    モール.7

    床にも使用できる強度、耐久性があるので、ベンチなどの使用でも大丈夫。

    床と同じ色・表情で玄関脇の靴を履いたり、ちょっと荷物を置いておけるようにと

    ベンチを作りました。

    ベンチには100㎜という厚みを持たせ、なかなかの存在感が出ています。

     

     

     

     

     

    モール.8

    大きな床面においては、トップコートの保護材によって汚れ防止加工をしていますので、

    神経質に汚れを気にせず、ガシガシ使えるのがノンストレスです。

     

    僕が一番好きなのは、このニュアンス。

    飽きの来ない、独特な表情と質感はどんなインテリアにもマッチしますね。

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/02/03

    「最近製作したオリジナルダイニングテーブル」

    01.造作家具02.モールテックス02.古材05.ダイニング08.インテリアコーディネート

     

    最近オリジナルで製作して納めたテーブルをご紹介します。

     

    ダイニングテーブルやセンターテーブルなど、良いアンティーク家具との出会いがあり

    その空間にマッチさせたり、既製品やブランド・デザイナー家具などで

    コーディネートさせていくことも、勿論良いのですが今回の2件の家は、

    ピッタリのサイズや兼ねる機能のモノが、出来上がってるものでは無かったため

    オリジナルで製作することになりました。

     

    1. ちょっと大きめサイズの8人掛けテーブル

    テーブル.1

     

    テーブル.2

    テーブルのサイズは、L.2400×d.900で8人でもゆったりと使え、
    人が大勢集まり皆でテーブルを囲むことを想定したものです。
    天板はスッキリと薄さを見せていくのと対照的に、存在感のある脚の部分が特徴的な
    デザインです。
    天板にも脚の部分にも古材を使用しています。

    天板には古材のオーク材を使用し、古材特有の木のシミやの釘の抜き跡などは残しながらプレーナーで滑らかに磨きあげ、クリアウレタンの艶消しで仕上げてます。

    やはりダイニングテーブルの場合は日々の使い勝手を考えウレタンの艶消しでフィニッシュしておくのがオススメです。

     

    そしてこの存在感のある脚の部分。

    材料には古材のヘムロックを使用しておりますが、

    流石にここまで太い大きな古材はなかなか手に入らないため、古材同士を抱き合わせ

    大きな柱状のものを一度作った上で、旋盤機で削りだしこのかたちを作ってもらいました。

     

    お宅に納まってるテーブルを見るとなんの違和感もなく、空間に融け込んでいますが

    製作過程にはいろいろなストーリーがあるんですね。

     

     

     

     

    2. キッチンカウンターと一体型のダイニングテーブル

    テーブル.3

     

    テーブル.4

    なんと全長4550ミリの大迫力のキッチンと一体型のダイニングテーブルです。

     

    このキッチンと繋がる大きなカウンターテーブルを素材を変えずまた段差を付けずに

    見せていきたい、と考え仕上げ材には「モールテックス」を採用しました。

    そして段差を付けない為に、キッチン部分は床を150㎜落として、

    作業台の高さも、テーブルの高さも不具合無く使える様にしました。

    ダイニングテーブルには、6人〜7人が座れます。

     

    この長いカウンターテーブルに対して天板も厚みを100㎜持たせ、

    カウンターテーブル自体がダイニングキッチンの中心になるような設えにしています。

     

    「モールテックス」のカウンターテーブルの背面には天井までの大きなブックシェルフがあり、趣味性の高いインテリアデザインは、この家のテーマでもある

    「ブルックリンスタイル」にピッタリはまってます。

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/12/17

    「全長4.6メートルのキッチン&ダイニングカウンター」

    00.現場02.モールテックス02.左官03.こだわりのキッチン03.眺望を取り込む05.キッチン20.『casa brooklyn』の家

     

    全長4.6メートルのキッチン&ダイニングカウンター、そしてその先には

    大開口窓から遠くに富士山が!

     

    一般のお家で全長4.6メートルのカウンターというのは、流石にボリューム感、

    とインパクトがあります。なんと贅沢なスペースでしょう。

    このお宅はクリスマスイブの日に引き渡しの

    藤沢市片瀬の「casa brooklyn」の家。 本日施主検査が行われました。

     

    キッチン.1

     

     

     

     

     

     

     

     

    キッチン.2

    カウンターは、最近お気に入りの素材「モールテックス」で仕上げました。

     

    天板を仕上げていく過程です。

    モールテックスは薄い塗り付けが可能で、接着性能が優れているため、

    色々な下地に仕上げていく事が出来ます。

    モルタルなどと比べて、クラックがおきない、というのも魅力です。

     

     

     

     

     

     

    キッチン.3

    天板には90㎜の厚みを見せボリューム感を出し、

    それを木の化粧脚で支えています。

     

     

     

     

     

    キッチン.4

    モールテックスには耐水性があるため、シンクもカウンターと一体型で

    つくりました。

    メーカー側ではモールテックスだけでも大丈夫という話しでしたが、

    使用頻度の高いシンクですので、一旦下地にFRP防水を

    施してからの仕上げにしています。

     

     

     

     

     

     

    キッチン.5

    ダイニングテーブルとキッチンとでは必要な高さが変わってくるため、

    キッチンスペースは180㎜の段差をつけて下げています。

     

    カウンターの奥行きは900㎜あるため、

    キッチンカウンター部分は両面から収納が使えます。

     

     

     

     

     

    キッチン.6

    毎日、こんな眺望を見ながら食事が出来るなんて素敵です。

     

    相模湾に沈む夕日も、もの凄く綺麗に見えます。

    なんか、長生き出来そう〜

     

     

     

     

    ○そしてこのカウンターキッチンの仕上がりはこんな感じに!(竣工後画像)

    モール.1

     

    モール.2

     

    モール.3

     

    モール.4

     

    モール.5

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop