Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

20.『高台に住む、週末CAFE』一覧

  • 2017/04/24

    「この見晴らしはサイコー!」

    00.現場20.『高台に住む、週末CAFE』

     

    千葉の鴨川ではじまったプロジェクト「高台に住む、週末カフェ」の家。

    晴天に恵まれた日曜日に、ようやく上棟を迎えることが出来ました。

     

    この日は日曜日でしたが、建築的な日取りの良い日ということで、

    朝から大工さんも大勢集まり、工事が行われました。

     

    上棟.1

     

    上棟.2

    1階に予定している、広いデッキテラスからの眺望もさることながら、

    2階レベルからの鴨川一望の見晴らしはサイコーでした。

    近くに展望台もあるような高台ですが、この現場はこのあたりでも最も高い位置にあり

    遮るものはなにも無く、海への眺望がひらかれます。

     

     

     

     

    上棟.3

    カフェスペースの贅沢な吹き抜けに見えてくる、この古材の太鼓丸太はとても

    力強くダイナミックで空間の良いアクセントとなる事でしょう。

     

     

     

     

    上棟.4

    上棟.4-2

    屋根勾配の違う三角屋根の家が二棟重なり合うように建つファサードデザイン、

    屋根勾配が丁度良いバランスで、シンプルながらしっかりその存在を主張する、

    モダンな外観となってきます。

     

     

     

     

     

     

    上棟.5

    この眺望を最大限に生かし切る、「高台に住む、週末カフェ」の家。

    今年の夏の完成を目指し、着々と進んでおります。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/03/04

    「鴨川の海を見下ろす立地で・今日は地鎮祭」

    00.現場03.ウィークエンド・ハウス03.眺望を取り込む20.『高台に住む、週末CAFE』

     

    今日は、高台から鴨川の海を見下ろす素晴らしいロケーションで、地鎮祭。

     

    ご主人が大の釣り好き、たまたま鴨川に家族で遊びに来ていたときに、

    今回の土地を見つけ、まさに一目惚れの様に即決してしまった、という巡り合わせ。

    きっとこの土地に呼ばれてきたんでしょうね。

     

    地鎮祭.2

    すぐ近くには、展望台もあり、このあたりでは一番高い場所にあって、

    こんな角度から鴨川の海が一望出来てしまいます。

    今日はあいにくの薄曇りでしたが、夜景も綺麗に見えそうです。

     

     

     

    地鎮祭.1

     

    地鎮祭.3

     

    地鎮祭.5

     

    地鎮祭.6

    この家は、ロケーションを生かしながら、当面「週末の家」といった使い方で、

    釣り好きのご主人と、奥様のスキルを生かした週末だけ限定のこだわりカフェをという

    構想で設計を進めてきました。

    元気なお兄ちゃんにとっても最高な環境ですね。

     

    こんなに海に近い現場、自然と足が向いてしまいそうで、この現場に来ることが

    多くなりそうですが、、、

     

    完成は2017年8月の予定、

    今回のプロジェクトタイトル「高台に住む、週末CAFE」で、進捗はまたこのブログから

    お届けします。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2015/05/31

    「土地を ・か ん じ る 」

    00.現場03.眺望を取り込む06.土地について20.『高台に住む、週末CAFE』

     

    今日の鴨川 波情報

    ハラ?胸 人も少なく良い状況です。
    天気も最高の日曜日。
    しか?し! 今日はSurfでは無く、
    建築地の確認でした。。
    高台から鴨川の海を見下ろすこの立地。
    緩やかな時間が流れていました。
    当たり前の事ながら、
    どこに計画をするのか、と言う事は、
    設計をするうえで、大きなモチベーションとなります。
    そして、その土地のポテンシャルを
    最大限に引き出すことが最も大切で、
    まずは、その土地に立って風や光、
    そして直感的に「感じる」事なんだと思います。
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop