「プリンスがでてきそうな家!」

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

以前こちらのブログでも紹介しましたが、

「クラシカルモダニズム」を希望されているお宅「K邸」

クラシカルモダニズムといいましても、あえてカテゴライズすれば、ということで、

一つの様式にはとらわれない、完全なる独自なスタイルになってきます。

ネイチャーデコールでもこの領域ははじめてなので、

デザインを進めていきながら、はやく具現化してみたい!

そんなおもいで、素材選びやデザイン、ディティールなどワクワクしながら

進めております。

 

これは初期段階の打合せで、オーナーのKさんが自分の実現したいイメージを

スケッチで説明してくれている様子です。

オーナーの熱量がビシビシ伝わってきますね〜

 

 

 

今回はインテリア好き、建築好き、デザイン好きのオーナーが、

いままで自宅マンションにコレクションしてきた家具や照明、ディスプレイを

中心にそれらがバッチリと空間に納まるような家にして欲しい、というオーダーから

はじまりました。

お持ちの家具も、自分でデザインして作ってもらったものや、アンティークなど、

とにかく濃厚でオリジナリティに溢れたものばかり。

今、計画している新しい家に納める家具などの一部をご紹介します。

 

 

なんかプリンスでも出てきそうですね〜

そう、はじめからプリンスのイメージが僕の中にはあって、

「プリンスがでてきそうな家!」 そんなことを頭の片隅に置きながら

プランの提案をさせていただきました。

 

 

そして初回提案のプランがこれ!

ファサードだけは、二度目の提案ですが、それ以外のインテリアシーンは

ほぼこのスケッチのイメージをベースに

更に肉つけしながら進んでおります。

 

 

 

 

 

 

 

図面にもこんな感じで、持ち込まれる家具や照明など実寸法で落とし込みながら、

スケールバランスをイメージできるように仕上げていきます。

 

自分の大切にしている、大好きな家具からはじまる家創り。

そんな流れも面白いですね!

 

この仕事が始まる前にオーナーのKさんからの熱いメッセージが今でも忘れられません。

それは長い長いメッセージのなかのほんの一節ですが、

「大浦さんの人生物語の登場人物の中に

僕ら夫婦もキャスティングしてもらいたいので、宜しくおねがいします」というもの。

こんな感じに、また熱量いっぱいの思いを共有しながら、

熱烈家創り、人生ドラマがはじまります。(笑)

 

 

場所は、遠くに海を臨む葉山。

工事は3月からのスタートで完成は10月以降の予定です。

こってりと濃厚な「プリンスが出てきそうな家!」

進捗はまたこのブログからお知らせしてまいります。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)