「こういう仕事、、いったい誰が出来るんだ??」

 

 

江戸川区で住職併用のリノベーションがはじまりました。

住職併用というのは、仕事場スペースを
兼ね備えた住居。
1階部分はジュエリーデザイナーのオーナーのための、アトリエです。
もの作りに関わるオーナーは、
またその審美眼も、とにかく並外れたこだわりで、独自の「WORLD」をお持ちの方。。
設計段階から、ガチでぶつかり合い、
変更に変更を重ね、ようやく現場に突入、そんな流れで来ています。(汗)
そんな訳で、修正だらけのスケッチと平面図を頼りに、細かな図面も無く突入したこの現場は、その場その場で確認しあいながら決めて行くので、通常の仕事とは違い、とにかく先に進みません。
設計図でも確認し合えないのであれば、
「現場で進めながら決めていきましょう」、、
そんな事を言ってしまったから、
すべて自分に降りかかってきた事なのですが。。。
オーナー支給という、
家具や照明、アンティークの材料、金物、タイルなどの建材に至るまで、
自らの「WORLD」を創り上げるため、
一切の妥協がありません。
このリノベーションの半分以上はオーナーが自分で手配した支給品です。
実際、この手の仕事って、
どこで出来るんでしょうか、、
誰がやるのでしょう?
スタイルを限定してる設計事務所では出来ないし、審美眼のあるオーナーの世界観を具現化するには、相当な引き出しとそれをアレンジできるキャパシティーが無いと出来ない。
勿論、なんでも出来ます的な建築屋さんでは、センスが追いつかない。。
「これって、私が必要な仕事ですかー」
と、正直 打合せの席で言ってしまった事もあるのですが、、
また、出会うべくして出会ってしまった、、、そんな仕事になりそうです。
いわゆるネイチャーデコールスタイルでは無いけど、新たなヒントと共に、

ものすごくいい感じのリノベーションが出来そうな予感が。

そもそも、新しいスタイルはこうして出来上がるのかもしれませんね。

進捗はまたこのブログで、、(汗)