「都会に緑のオアシスを」

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

南青山・店舗併用二世帯住宅の1階〜地階の階段ホールの壁面一体に

グリーンウォールを作っています。

ガーデンスペースも郊外の様に十分に確保出来ない都市部での

グリーン計画においては、とても有効的な演出です。

もともとは、自然光がなかなか地階まで届きにくい環境であることと、

1階と地階のテナントさんへの、豊かな空間を提供したい、という

オーナーさんの取り計らいで、計画に至りました。

 

 


 


間口は約3メートル、高さは6メートルの階段ホールの吹き抜け部分に

このグリーンウォールは作られています。

時間帯によっては光が届きにくい環境のため、紫外線投光器を設置。

見えない様にスプリンクラーも仕込んでおります。

階段脇など影になってしまう部分には、フェイクのグリーンも織りまぜつつ

全体の約1割くらいはフェイクグリーンを入れ、

グリーンウォールの面を繋げていくように工夫されています。

 

 

 


 


グリーンを乗せていくパネルでこの計画のためにオリジナルで考えられている

新しい試みとしては、通常は平に並べていくパネルに角度をもたせて、

グリーンが広がり、重なり合って見えていくような仕掛けをしている事です。

ウォールになってしまうと、実際は隠れてしまって見えない部分ですが、

角度をもたせることで、見えがかりはかなり変わってくるらしいです。

 

植栽自体は、山野草を中心に出来るだけ自然感を出すように構成され、

配置バランスをあらかじめ細かく計画しながら一鉢一鉢並べていきます。

 

ガーデナーさんの細かな気配りが、細部に渡り感じとれますね。

 

 

 

 


一通りの配置が終わると、たっぷりと水やりをして、

また、明日フィニッシュワークが行われます。

 

ホッと、都会に緑のオアシスが、そんなみずみずしいイメージが加わりました。

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)