「仕上げ工事が出来上がってきました!」

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

いま、平塚市で進めている、「ロフトスタイルの家」

段々と仕上げ工事が出来上がってきました!

外のテラスからの眺めを生かすために、

この家は、2階にLDKをもってきました。

 

01-5aスケッチ

 

01-6スケッチ

プレゼン時のダイニング&キッチン部分のイメージスケッチですが、

現在、ほぼこのスケッチのまま仕上がってきています。

ご覧の通り、テーマは「ロフト」

木造の家でありながら、インダストリアルで倉庫なような空間を

オーナーが希望され、デザインの方向が固まりました。

 

 

 

 

現場.1

 

現場.2

2階の利点を生かし、屋根勾配なりの高天井を設け、

北側のトップライトからは、一日を通して安定した光が差込みます。

 

床部分にも段差を付けてフロアごとにゾーニングをしています。

また、キッチンカウンターとひと繋がりになるダイニングテーブル

高さをキッチン作業台と揃えるために、キッチン部分を

15センチ程低く設定しています。

ここにダイニングテーブルが繋がると、約5メートルの

迫力あるロングカウンターになります。

 

 

 

 

 

現場.3

 

現場3-2

ファイヤープレイスゾーンはあえて天井を抑えて、

落ち着いたお籠もり空間としています。

ゾーンを変えたお籠もり空間は最近のネイチャーデコール設計では

必殺技化しています(笑)

 

木製の柱にはわざわざスチール鋼板を巻き込み、ロフト感を演出

煉瓦も質感のあるアンティークなものをセレクトしています。

ここに入れる目地は、「オーバーグラウトジョイント」と言って

煉瓦に重ねてくるような納め方で、

それにより更に時代感が出てきます。

 

 

 

 

 

現場.4

このメープルの古材のフローリングもかなり良い感じ。

あえて、肉厚の光沢ウレタンで仕上げる事で、古材の印象を

引き立たせているのと、素足でも足に優しい質感となります。

この素材、床暖房にはNGですので、ご注意下さい。

 

 

 

現場.5-2

 

現場.5

キッチンはデザインモルタルで、モルタルの素地に近いイメージを。

この素材は、表面の強度が高く割れに強く、熱にも強い、

汚れなどにもストレス無く手入れ出来るので、万能マテリアル。

大きなインダストリアル照明がたまらなくマッチしますね〜

 

ダイニングゾーンの床には800角の大判のモルタル調タイル、

このタイル、なかなかの精度でここまで質感を表現出来るのは

すばらしい! 素材として、とても安心感があります。

 

こんな感じで、3月末の完成に向けて追い込み中です。

このお宅は、アートパネルなどホームグラフィックも依頼されていて

これからの仕上がりが楽しみです。

 

 

 

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)