「今年はいろいろありました。。」

 

みなさん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

今年も一年、皆様方には大変お世話になりました。

お陰様で、なんとか無事に年の瀬を迎えることができました。

今年はいままで誰も想像しなかった事に、世界中の人々が翻弄された年でした。

そしてこの年の瀬に来ても、コロナの感染者数はますます増えていく一方です。

来年には収束していくのか?果たして東京オリンピックは実施されるのか?

まだまだ全世界的に先の見えない世の中になっていますが、そんな中ニューノーマルとして、明らかにいままでとは違う価値観、ライフスタイルの変化が見えてきました。

 

・働き方の変化により、家で過ごす時間の大切さ、より付加価値のある体験を自宅で、

・土地に対する価値観が変わり地方でのびのび自分らしいライフスタイルの実現、

・家族との距離感の変化、そして今までの◯◯DKといった間取りからの開放、

・物質的なものによる価値観より、精神的な充実感の大切さ、

・スキルよりセンス。スキルは代替可能、これでないとダメ!という「センス」の時代、

 

こう考えていくと、ますます自分らしい暮らしやそのライフスタイルにあった、

他にはない独自の家創り、暮らし創りというのが重要で、

いままで提唱してきた、ネイチャーデコールの家創りの考えが、これからのニューノーマルの時代にいよいよ必要になってくると思われます。

 

 

今年はコロナにより海外に出ていくことはできませんでしたが、そんな中 台湾ブランチでの仕事をいくつか紹介します。

 

まずはじめのお宅は、3年ほど前にデザインした家ですが、建物からの建設だったため結構時間が掛かっていましたが、ようやくいま仕上げ工事に突入しています。

 

テーマは「わび・さび」

材料も現地調達なのでいつもとは違う、独特な世界観になってます。

 

 

 

 

 

 

二軒目のお宅は、台湾の台北淡水区でデザインした家です。

このお宅はすでに完成しています。

ひらかれた眺望を空間に取り込んだ事例です。

 

 

ここのところ、台湾ブランチにも行けてませんが、来年は是非海外にも積極的に行けるようになれる時期が来ることを祈ります。

 

今年はいろいろありましたが、来年も変わらず、よろしくお願いいたします。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主催)

ネイチャーデコール www.nature-decor.com