「ちょっと、耳寄りなお話し」

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

今日はちょっと耳寄りなお話しを。

 

テレビコマーシャルや企業の雑誌の広告、対談番組の背景や通信販売のシーン、

ミュージシャンのプロモーションビデオ、場合によってはテレビや映画のワンシーン。

そんな様々なシーンのひとこまとしてネイチャーデコールの家が活躍しています。

 

過去の事例でも、皆が知っているブランドショップや

TVコマーシャルで目にするメーカーなど、

そんな流れで、自分の家にあのタレントさんやモデルさんがやってきた!

なんていう話しもよく聞きます。

そしてなんと言っても、建てたお家がお金を生んでくれる。

事前にコーディネート会社との、撮影使用料の取り決めや規約事項をしっかり結んでから

行われるため、ちょっとした副収入も。

 

そもそも、どんなコマーシャルでも一般的にはわざわざその為にセットを作ったり、

撮影専門のハウススタジオで行われたり、と作られた世界な訳ですが、

それを、リアルな生活のあるオシャレな一軒家で行う。

カメラを透しても映像を透しても、そこには本物か作りものかは明確に分かるはずです。

 

勿論、空間の広さや天井高さの制約、電気容量の問題、近隣への配慮等々

オシャレであればどんな家でもOKという訳にはいかないのですが、

ニッチなマーケットとして、こだわりの自宅を使ったハウススタジオ事業

これは、面白い動きであると思います。

 

このコーディネート会社は僕の友人でもある、「The home」 という会社です。

 

建てた家が、こんな形に発展していくネイチャーデコールの家、

やはりこだわりは大切ですね!

 

 

 

以下は、コーディネート会社「The home」のフェイスブックでのインフォメーションです。

 

ご興味のある方は、大浦までご一報ください!

 

 

 

能見台にある一軒家 ハウススタジオの特徴とは

京急線能見台駅徒歩15分くらいにある一軒家(個人邸)のハウススタジオ。

こちらのスタジオは駐車スペースが広いので、車関連や外構関連の撮影の問い合わせが多いのが特徴です。
最近の戸建て住宅は駐車場2台分も珍しくはないですが、こちらはサイズの大きな車(バンタイプ、ワゴン車)を置いてもまだ余裕が有ります。縦横詰めれば3台はいけるのか・・
日本車、輸入車どちらも相応しいですが30代から40代の少し良い暮らしをしている家族をイメージした問い合わせが目立ちます。

スタジオ.1

 

 

 

過去のロケハンや撮影を通して学んだことは玄関ドアから駐車場への距離が大切だということ。
玄関ドアから車両までの距離が短いと狭い印象を与え優雅さに欠けます。逆に遠すぎるとひとつの背景に収まらず間延びします。

スタジオ.2

 

 

室内での撮影も家族を対象とした問合せが多いです。
壁は左官材で全てのコーナーをR加工しているので優しい柔らかな感じが全体的に漂います。。
床は石張りやフローリングやモルタルなど様々な素材で構成されてますが、同系色を使っているので繋がりと広がりを感じます。

スタジオ.3

 

 

スタジオとしては決して広くは無いですが、この質感と背景は一般のハウススタジオではなかなかお目にかかることは出来ないかと。
因みにこの写真からは見えないですがリビングの隣にグリーンルームがあり可愛い多肉植物などが勢揃いしています。
家具はもちろんのこと、観葉植物は現地調達がおススメです。

 

改めてこの住宅をデザインされた方とスタジオ契約されたオーナーさんに感謝します。

 

 

Thehomeでは一般の方からのスタジオ登録を常時受け付けしています。
注意事項をよくお読みになり「我こそは!」という方は一度お問い合わせください。
https://thehome.jp/post/

 

厳選した一軒家を掲載したハウススタジオをご紹介

 

The home. とは

撮影専用のハウススタジオではなく、実際に家族が暮らしている個人住宅を厳選して公開しています。
東京にも多くの魅力的なハウススタジオはたくさん存在しますが、The homeでは生活感の漂うリアルなロケ地をひたすら追求しています。
撮影用に作られた一軒家のスタジオにも負けない素敵な個性的な住宅をどうぞご覧ください。
サイト運営管理、スタジオ発掘、スケジュール調整、現場マネージメント、制作会社からの料金回収までThe homeスタッフが一括対応致します。
質の高いロケ地を提供する一方で少しでも日本の住宅に対する付加価値を高められるようこのサービスの運営・提供に努めます。