「インターフォンプレート 色々」

 

「インターフォンプレートいろいろ」
家の顔となるファサードに設置されるインターフォン、それがそのままむき出しになってしまっては、折角の顔も台無しになってしまいますね。
そこで、ネイチャーデコールの家では、
そこにインターフォンプレートとしてお化粧をします。
ただの化粧では無く、表札を兼ね、ベースプレートの色や素材もその家のイメージに合わせて提案していきます。
そんな事例の代表的なものを、ドバッと紹介します。

画像1

メキシカンタイルで縁取りし、赤錆のスチールプレートで仕上げてます。
画像1

これは、青銅古色のスチールプレート

 

画像1

黒サビに書体は抜き文字です。

 

画像1

シンプルなデザインで赤錆仕上げ

 

画像1

黒サビに真鍮色の切り文字

 

画像1

アレンジされたガンメタの仕上げに近似色の切り文字

 

画像1

赤錆プレートを縦使いし、表札の位置もデザインされた例

 

画像1

サウスサンドストーンに馴染ませたデザイン 赤錆と近似色の切り文字
画像1

男性的なガンメタ 黒サビ仕上げ

 

画像1
画像1

赤褐色に映える、青銅古色と赤錆で、
サンタフェスタイルな顔

この様に、ちょっとしたひと手間と工夫で
家の面構えが、様変わりします。