「私の考えるリノベーションとは」

 

扶桑社から発売されている「住まいの設計」2015年1、2月号に事例が掲載され

出版社さんから雑誌が届きました。

 

今回は、「マジックリノベーション」というテーマで、

2013年7月に完成した、リノベーションのお宅が取材されました。

1

2

今回のお宅は、1階がオーナーさんの経営される店舗で

その2階、3階の住居部分で大がかりなリノベーションを行いました。

1階はなんと、ミシュラン・二つ星のカウンター8席だけの、こだわりのお寿司やさん。

そしてガラッとイメージを変えた住居部分は、オーナーさんの強い希望で、

テーマは「地中海の白い家」

これが「和」では無いんですね(笑)

オーナーさんは、今までの色々な想いがあって、

ようやくこのリノベーションに漕ぎ着けた様です。

 

 

4

5

6

 

最近 新築の住宅以外にも、こうしたリフォームやリノベーションのご相談も増えてきました。

しかし、残念ながら壁紙を貼り替えたり、水回りを新しくしたり、

収納を整理したり、ある一室だけを綺麗にしたい、、、

といったご相談は私どもにはふさわしくなく、むしろ町場のリフォーム屋さん

などに相談された方が、的確かと思います。

 

この取材の時にも聞かれたことが、「建築家の考えるリノベーションとはなにか?」

他の建築家の方々も色々なアプローチや差別化を図り

皆さんお考えのことと思いますが、

 

私の提案するリノベーションの一番のメリットは、こうです。

単に使い勝手を整理する、古くなったモノを新しくする、
コストを抑える為に新築ではなくリノベーションで…
といった物理的な事ではなく、
「生活スタイルの再構築」、といったライフスタイル全般を見直し
生活に新しい喜びや発見を得るためのリノベーションです。
同じ床面積、同じ開口部からの光の差し込み、
リノベーション故新築と違って変えられない制約が勿論あります。
だからこそ、それが私の提案によって、その制約から解放され、
様変わりしたアフターの生活が、今までと変わってきます。
聴く音楽は変わらなくてもその聴き方がかわったり、
同じ食事でも、照度やテーブルの質感、視界の抜け方で食事の楽しみ方が変わってくるはずです。
そうした、人の心理をも左右する全体感、そして内面的なものまでを変えて行くことが、

私に求められてるリノベーションだと思っております。

 

 

HPでもネイチャーデコールのリノベーションのご紹介を少しだけしております。

みなさま是非!